新宮奇病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
汚染物質であるアクリルアミド

新宮奇病(しんぐうきびょう)とは、1974年(昭和49年)3月、福岡県糟屋郡新宮町で発生した井戸水汚染事件である。

一家5人が神経に異常をきたし、幻覚や麻痺、失調、生理不順などの症状に襲われた。その異常な症状からこの事件は大きく報道され、アクリルアミドモノマーの大幅な規制強化につながった[1][2][3]

原因[編集]

井戸から水を引く蛇口

近所で行われた土木工事で、アクリルアミドモノマーを含む凝固剤が使用されており、これが井戸水に混入した。アクリルアミドは毒性の強い劇物であり、水に溶けやすい。それを飲用したことが原因と判明している。

症状[編集]

「孫悟空が飛んでいる」、たばこの煙を見て「火事だ!」などという激しい幻覚症状が現れ、運動に失調をきたし、一家全員次々と倒れ込み、入院となった。 また、当時40歳だった女性は生理が来なくなり、麻痺が改善されるまで半年以上かかっている[4]

その後[編集]

この事件を契機に、アクリルアミドモノマーの規制は強化されることとなったが、アクリルアミドポリマーは現在も凝固剤の成分として使用されている。

2019年には日本軽金属の関連会社がアクリルアミドポリマーを含む凝固剤を使用した後の汚染汚泥を不法投棄していたことが発覚し、サクラエビの不漁との関連性が指摘されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アクリルアミドによる環境汚染とその毒性 (PDF)”. 環境展望台. 2022年6月29日閲覧。
  2. ^ No.916 アクリルアミド汚染飲料水摂取による中毒 – H・CRISIS” (日本語). 2022年6月29日閲覧。
  3. ^ 森本まさひろ、さる田南海雄、松尾和彦「福岡県新宮町におけるアクリルアミド混入井戸水に起因する中毒患者の発生 1 原因究明調査」『用水と廃水』第17巻第10号、1975年、 1307–1318。
  4. ^ 静岡新聞社. “AAM 47年前、福岡で中毒事件 「劇物」へ変化に懸念も【サクラエビ異変 母なる富士川 堆積汚泥の正体㊦】|あなたの静岡新聞” (日本語). www.at-s.com. 2022年6月29日閲覧。

関連項目[編集]