Portal:化学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
編集  

ポータル:化学

Glass is Liquide.jpg

化学ポータルへようこそ

ここは化学分野のウィキポータルです。化学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。ご提案がありましたらノートまで。化学項目全般に関するご提案・ご意見などはプロジェクトのノートにどうぞ。


編集  

秀逸・良質な記事

プロトン化水素分子の空間充填モデル
プロトン化水素分子、H3+ は水素原子核3個と電子2個からなる+1の電荷を持ったカチオンである。星間空間や水素ガスの放電中に、多量に存在する。星間空間は密度の比較的大きなところでも、地球上に比べて低圧(およそ10–15気圧以下)であり、他の分子との衝突頻度が少ないことからこのような反応性の高いイオンでもある程度の量が存在することができる。星間空間ではこの分子が他の多くの分子生成にとって出発分子であり、星間空間の化学において最も重要な役割を担っているといえる。また、H3+ は分子中にある2つの電子が共に価電子であり、最も単純な三原子カチオンでもある。良質な記事
編集  

人物紹介

キャヴェンディッシュ(1851年作)
ヘンリー・キャヴェンディッシュ(1731年–1810年)は、イギリスの化学者・物理学者である。金属と強酸の反応によって水素が発生することを見出し、これに関する研究を行った。電気火花を使った水素と酸素の反応により、水が化合物であることを示した。さらに水素と窒素の電気火花による反応で硝酸が得られること、空気中からこれらの方法で酸素と窒素を取り除くと、のちにアルゴンと呼ばれる物質が、容器内に残ることを示した。

彼の死後には、生前に発表されたもののほかに多くの実験記録が見つかっている。その中には、ドルトンやシャルルによっても研究された気体の蒸気圧や熱膨張に関するものや、クーロンの法則およびオームの法則といった電気に関するものが含まれる。これらの結果はのちに同様の実験をした化学者にも高く評価された。良質な記事

編集  

ピックアップ

  • 2-メチルイソボルネオールは、藍藻類が生成する化学物質のひとつ。ボルネオールのexo異性体イソボルネオールの二位にメチル基が付いた化合物である。水道水への不満としてあげられることの多い、カビ臭の原因物質の1つとして知られる…
  • カルノシン酸は、ローズマリーやセージに含まれている天然のベンゼンジオールアビエタンのジテルペンである。ローズマリーやセージの乾燥葉には、1.5-2.5%のカルノシン酸が含まれている。 カルノシン酸は、強力な抗酸化物質であり、紫外線UV-Aに対する皮膚細胞を保護(光保護)する薬効を有する。…
  • ウィリアム・ウィザリングはイギリスの植物学者、地質学者、化学者、薬学者である。ジギタリス(ゴマノハグサ科)の臨床試験を行い、強心利尿剤としての薬効を発見した。実験薬理学のパイオニアとされる。ルナー・ソサエティの一員でもあった。…
編集  

画像紹介

蒸留塔
作者: User:Luigi Chiesa

工業的に使われる蒸留塔。数十メートルの高さに達する塔は、蒸留による成分の分離を非常に効率よく行うことができる。石油化学などの化学工業で使われる。

編集  

新着項目

新しい項目を作成したときは、ここへ追加してください!


* は整理・修正が必要な項目、☆は充実した項目(いずれも確認時)

2016年 12-4: 2-ナフタレンチオール酢酸2-メチルブチル 12-3: イオン散乱*、住木諭介*、ヴィルヘルム・シュレンク動力学的回折理論 12-2: Β-ナフトールメチルエーテルジヒドロカルベオール 12-1: コバリオン 11-30: リン酸三カルシウム 11-29: Tert-ブチルクロリドレフ・シュガエフ 11-27: 運動学的回折理論三重臨界点 11-26: エシェル回折格子ラウエの式エワルド球* 11-24: 計数放電管ポリエーテルイミド*、ポリアミドイミド*、ローランド円* 11-23: クラプコ脱炭酸コスター-クローニッヒ遷移ガスクロマトグラフィー–質量分析法四重極型質量分析計 11-22: 粒界拡散合金法GAMESS (UK) 11-21: デクスメデトミジンオルトメタル化Chemical Reviews 11-20: チオ酢酸エチル酢酸ミルセニルジメチルベンジルアミン 11-19: クラスター化合物* 11-18: ベンジャミン・シリマン 11-16: トリイソプロピルアミン 11-15: 海洋酸性化 11-14: プロパンチオール 11-12: 深部非弾性散乱 11-11: プルトニウムの同素体 11-9: ラザフォード後方散乱分光 11-8: 表面増強ラマン散乱 11-7: 脂肪分解リポトロピン抗胸腺細胞グロブリンポリクローナル抗体 11-6: 1-デオキシノジリマイシン瀧川修 11-4: バイオアセンブラ富澤純一 11-2: 自己集合Organ-on-a-chipLung-on-a-chipHuman-on-a-chipナノ構造体分子素子 11-1: 金属有機構造体ナノダイヤモンド 10-31: 電子捕獲型検出器ダイヤモンド窒素-空孔中心走査型透過電子顕微鏡 10-30: 熱伝導度型検出器水素炎イオン化型検出器檜山カップリング 10-29: DIIS 10-28: シアノ酢酸オートサンプラー 10-27: カテネーション 10-25: ラボラトリーオートメーション 10-24: 酸化スズ(IV) 10-23: ハイスループットスクリーニング2,3-ジメチル-1,3-ブタジエン 10-22: 半反応式酸化インジウム(III)ベンゾトリフルオリドヘキサフルオロ-2-プロパノール 10-21: 総トリハロメタン硫化鉛(II)ベンゾトリクロリド澤本光男 10-20: 回転円盤電極 10-19: ターフェル式レビッチ式 10-18: 酸化モリブデン(VI)アンドロゲン受容体 10-16: カルボシステイン 10-15: 酒石酸カリウムブロムフェナク 10-11: プリンテッド・エレクトロニクスナンセンス変異依存mRNA分解機構 10-8: 分子エレクトロニクスナノマテリアル自己組織化リソグラフィ 10-7: σビスホモ芳香族性ベルナルト・L・フェリンハナノトランスファープリンテイングLADI 10-6: フレイザー・ストッダートジャン=ピエール・ソヴァージュ自己組織化単分子膜マイクロコンタクトプリンティング 10-5: 変成シリコーンサマリウム鉄窒素磁石窒化鉄 10-3: 蒸発皿 10-1: 非在来型石油 9-30: 骨炭 9-28: ADB-PINACA 9-25: 動的核偏極法 9-23: ゼロ磁場核磁気共鳴低磁場核磁気共鳴 9-22: エトドラクミロプロフェンオゼノキサシン 9-19: ナジフロキサシン地磁気核磁気共鳴 9-14: CDP-コリン 9-13: フィダキソマイシン 9-11: ヒト胎盤性ラクトゲン 9-10: ホモ芳香族 9-9: エチレンジアミンテトラメチレンホスホン酸二塩化ゲルマニウム 9-8: 新KS鋼 9-7: ロミデプシン 8-28: アンチモン化インジウム 8-27: シリルエノールエーテルアセトニド塩化クロム 8-26: シトラコン酸テルル石 8-25: カリウムヘキサメチルジシラジドライソシンEオマセタキシンメペスクシナートバニリルマンデル酸 8-24: エチルフェニルエーテル四酸化ルテニウム 8-23: オルニチンα‐ケトグルタル酸方沸石 8-21: クロロニトロベンゼンビスマス系超伝導体 8-20: アジピン酸ジヒドラジドジアセトンアクリルアミドREBCO銅酸化物超伝導体 8-19: グルシン酸ホスホランポール・ヴィエイユ鉄雲母 8-17: アーサー・コープ 8-14: 海緑石塩化白金 8-11: ベンゾトリアゾールJournal of the Chemical Societyケイ酸アルミニウム 8-10: ナフチオン酸ライオニウムリエイト 8-9: シアン酸銀三ヨウ化リン 8-8: 9,10-ビス(フェニルエチニル)アントラセン 8-7: フェニルイソチオシアネートフェネチルイソチオシアネートフィコシアノビリンフェニルアジドピロ硫酸カリウム 8-6: ニトラミン 8-4: レネ41 8-2: ピリドントルイル酸ニトロアニリンメピチオスタントリシクロヘキシルホスフィン 7-29: ルグドゥニンマンノース-6-リン酸 7-28: ネビラピン 7-27: インターロイキン-8 7-26: 銅合金 7-24: シンタクチックフォーム 7-23: トラニラストC4H9N3O2C4H9Br 7-22: エメダスチン 7-21: マーカス理論ブリンゾラミド 7-19: パゴダンテトラゼン 7-18: ウラシルマスタード 7-17: P2X受容体 7-16: 多参照配置間相互作用法 7-15: P2Y受容体 7-14: ペンチル基 7-11: トリフルオロメタンスルホン酸トリメチルシリル 7-10: 下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ペプチド 7-7: カルフィルゾミブ 7-6: ミグルスタット 7-5: マンノサミンヘキソサミンポリメラーゼYInMnブルー 7-4: トルテロジン 7-3: World Association of Theoretical and Computational Chemists巨大共鳴 7-2: イドクスウリジンラピリストーン 7-1: ジェミナルジオールアスパラギン酸カルバモイルトランスフェラーゼ 6-25: コハク酸ナトリウム 6-24: スリンダク 6-21: ニコチンアミドモノヌクレオチドフェオホルビドa部分 (化学)ソーレー帯 6-20: 4-メチル-3-ヘキセン酸 6-19: プリマキングルクロン酸転移酵素チモロール 6-18: 受容体逆作動薬 6-17: スルファニルアミド 6-15: イブルチニブ 6-14: サイトカイン放出症候群 6-13: オシメルチニブ 6-6: パイナップルミント 6-5: イソプロピルアンチピリンアクリル酸2-ヒドロキシエチル六員環 6-2: メスナケイ酸カルシウム 6-1: ペフグルコシノレートプロゴイトリン 5-30: フェロニッケル細胞外高分子物質 5-28: 基質 (化学)反応段階 5-27: ホスファチジルエタノールアミン 5-25: 非配位性アニオン 5-24: ホスファチジルコリン塩谷優リブロース一リン酸経路セリン経路 5-22: オラパリブユークレースエンドペプチダーゼSo 5-21: セルピン等吸収点 5-20: 密度行列繰り込み群法メバスタチンセリチニブ 5-17: ケトチフェン 5-16: アゼルニジピン 5-13: TEMPOL 5-10: 1-ジメチルアミノ-2-プロパノール4-アセトアミド安息香酸 5-8: イソトレチノイン 5-5: ポリヘキサメチレングアニジン 5-3: パクリチニブ 4-29: フェロセリウム 4-28: 硫化ハフニウム(IV) 4-25: 高配向性熱分解グラファイトアセチルシステイン 4-23: ゼアーズ・プレンティ・オブ・ルーム・アット・ザ・ボトム 4-21: 高濃度過酸化水素X線磁気円二色性 4-20: ラチマー図 4-19: Stem-bulge RNAY RNAレボノルゲストレル 4-8: ウィア=フェラン構造 4-5: 水モデルデブロモアプリシアトキシンアリルイソプロピルアセチル尿素 4-4: チザニジン 4-3: ベキサロテンアピキサバン 4-2: 永久磁石式核磁気共鳴分光計 3-31: テトラフェニルポルフィリンブンテ塩 3-30: 局所上昇法エネルギー地形 3-24: 非局在化電子 3-22: メタダイナミクス法ボレピンアンブロキシド 3-19: ゲルマン=ロウの定理圧力レギュレータ 3-14: オフロキサシン 3-12: 分子蒸留 3-8: フェノプロフェンイブプロキサムトリフェニル酢酸トリフェニル酢酸オルセリン酸デプシドデプシドギロホール酸ジプロシステス酸レカノール酸レニエラテンレニエラテンメルドニウムトリフェニル酢酸エチル 3-4: 鮒信学 3-2: IMX-101 3-1: 人工タンパク質ペロブスカイト半導体 2-29: バリシチニブ 2-28: アプラマイシン 2-27: 分子認識 2-25: アルキルレゾルシノール 2-23: 有機薄膜撮像素子有機薄膜太陽電池 2-22: フェネチリン 2-21: 内成岩外成岩 2-20: ポリキナン内部転換 (化学) 2-19: ドデカヘドラン分子電子遷移 2-17: ジラジカル 2-16: マイクロ波成形 2-14: ボルタ電位差ガルバニ電位差 2-13: 代替酸化酵素 2-12: エントラントクラウスベンゼン振動回転スペクトル 2-11: 末端水酸基ポリブタジエン 2-10: ウィグナーの分類 2-9: 5-エチリデン-2-ノルボルネンペンタジン (化合物) 2-8: 松脂岩湿式シリカ 2-5: 沈降シリカスエバイト 2-2: デスモグレイン1デスモグレイン2フェニルアセチルグルタミン脱オートクレーブ成形法 1-31: アルギナーゼ 1-28: テレフォール酸ポリオゼリンキナプシン砂質 1-27: erbB-2アスコクロリンザクロ石角閃岩 1-26: ベンズ(a)アントラセンベンゾ(a)フルオレンベンゾ(b)フルオランテンストークスシフト 1-25: ジコロニレンジインデノペリレン 1-24: 正規順序積 1-23: オキシカチオンバナジルイオンバナジルアセチルアセトナート 1-22: フッ化ウラン(III)塩化ウラン(V)塩化ウラン(VI)プルトニルイオンフッ化アメリシウム(IV) 1-21: ヨウ化ウラン(III)炭化ウラン二ホウ化ウラン 1-20: 酢酸ウラニル(VI)ウラノピル石重ウラン酸ナトリウム重ウラン酸アンモニウムフッ化ウラン(V) 1-19: イソリクイリチゲニンチアプリドプロクロルペラジン水素化ウラン(III)ピモジド塩化ウラン(IV)塩化ウラン(III) 1-17: チクロピジンプロントジル 1-16: プルトニウムガリウム合金 1-15: ハフノントール石フェルグソン石イットリア石パイロクロアマイクロ石コルンブ石タンタル石 1-14: シュトゥット石ホウ化プルトニウム 1-13: シェップ石コフィン石四フッ化ウラン酸化スカンジウム(III) 1-12: 六フッ化ルテニウム六フッ化ルテニウム準鉱物フッ素18五フッ化ニオブシデロホア 1-11: 六フッ化プルトニウム三フッ化プルトニウム四フッ化プルトニウムFLUOREX法LIMEX酸化プルトニウム(IV)六フッ化ネプツニウム六フッ化ネプツニウム六フッ化テクネチウム 1-10: PUREX法 1-9: 拡散律速凝集 1-7: M50ガスマスク 1-6: ギ酸無水物ヘテロフラーレンボラフラーレン硝酸ガドリニウム(III) 1-5: ケリダム酸ケリドニン4-ピロン-2,6-ジカルボン酸4-ピロン-2-カルボン酸ベンゼン-1,2,4,5-テトラカルボン酸 1-4: 低次フラーレン 2015年 12-30: 束縛電子 12-26: オンタリオ水俣病 12-22: グロス=ピタエフスキー方程式ランタンフェリ赤坂石ランタンフェリアンドロス石 12-13: オレアミド 12-12: チタン酸リチウム 12-11: 日本のアルミニウム製錬 12-10: C4H6O3 12-9: ユルゲン・オットー・ベーゼンハルト 12-5: 遊離Qカーボン3,3'-ジクロロベンジジン 12-2: 基底関数重なり誤差ナリルチンONIOMC4H8O2


ログ: 2015年 - 2014年 - 2013年 - 2012年 - 2011年 - 2010年 - 2009年 - 2008年 - 2007年 - 2006年 - 2005年 - 2004年 - 2003年

編集  

主要な項目

化学の諸分野

無機化学 - 有機化学 - 物理化学 - 量子化学 - 計算化学 - 生化学 - 高分子化学 - 分析化学 - 錯体化学

Sciences exactes.svg

元素原子

周期表 - 原子番号 - 元素記号 - 同位体 - 原子核 - 電子 - 陽子 - 中性子 - 軌道 - 軌道角運動量 - 分子軌道法 - エンタルピー - エントロピー - モル

分子化学結合

高分子 - 化合物 - イオン結合 - 共有結合 - 金属結合 - 配位結合 - ファンデルワールス結合 - 水素結合 - キラル

化学反応

化学反応式 - 置換反応 - 付加反応 - 脱離反応 - 転位反応 - 加水分解 - 縮合重合 - 酸化 - 還元 - 中和 - 酸と塩基 - 触媒 - 状態変化 - 化学平衡 - 反応速度論 - 質量保存の法則

Benzene circle.png

有機化学

有機化合物 - 有機合成化学 - 炭化水素 - 炭水化物 - - ベンゼン環 - アミン - アミノ酸 - アルコール - アルデヒド - ケトン - エーテル - エステル - ニトリル

分析化学

滴定 - クロマトグラフィー - 電気泳動 - 赤外分光法 - 質量分析法 - 核磁気共鳴 - 試薬

AlphaHelixBALL.png

生物の化学

生化学 - 生体高分子 - 核酸 - タンパク質 - アミノ酸 - 酵素 - 代謝 - 脂質 - 脂肪酸 - 神経伝達物質 - 抗生物質 - 栄養素

化学の応用

工業化学 - 医化学 - 毒性学 - 薬品 - 医薬品 - 農薬 - 香料

Lab bench.jpg

一覧

化学に関する記事の一覧 - ノーベル化学賞 - 化学者の一覧 - 化学の分野一覧

資料

IUPAC命名法 - 周期表 - 元素の一覧 - 化合物一覧 - 無機化合物の一覧 - 有機化合物の一覧- 化学接頭辞・接尾辞一覧 - 化学物質関連法規の一覧 - 化学略語一覧 - 化学式インデックス

CuSO4 5H2O.jpg

関連分野

数学 - 物理学 - 生物学 - 地球科学 - 薬学 - 医学 - 栄養学 - 農学 - 工学

編集  

主要なカテゴリ

下位カテゴリを表示するには
"►" をクリックしてください。
化学
編集  

加筆依頼

-- Portal:化学/化学分野の加筆が望まれる記事の一覧も参照してください。
  • Category:化学関連のスタブ項目: テンプレートは {{chem-stub}} を使ってください。 {{chem-stub|よみ}} のように、記事名の読みも付けてください。ただし、スタブカテゴリ張替えや読み付加だけの編集は、サーバーに負荷がかかるため控えてくださるようお願いします。
編集  

執筆依頼

物理有機化学(en) クラスター化学(en) 湿式化学(en) 化学教育(en) 酸化スズ(IV) 許容濃度 (en) カテネーション (en) 檜山カップリング(en) 旭化成ケミカルズ 鯉沼秀臣 水谷仁 久我羅内 高橋孝志 接触法 (en) マーカス理論 (en) テクネチウム99mテクネチウムの同位体への転送)(en) 鉛208鉛の同位体への転送) ラドン222ラドンの同位体への転送) トリウム232トリウムの同位体への転送) プルトニウム239プルトニウムの同位体への転送)(en) カリホルニウム252カリホルニウムの同位体への転送) フェルミウム257 セシウム133セシウムの同位体への転送) シアノアクリレートen鉱物の一覧で記事のないもの Template:ハロメタンの未執筆記事 フッ素系不活性液体フロリナートen硝煙反応 光活性化局在性顕微鏡法(パームの曖昧さ回避に追記。en) 白蝋(en:Chinese waxカイガラムシの分泌液から採取する蝋。会津蝋とも) マッフル炉(en) 羽毛(組成など化学的な記述を追記。en) 青化法(青酸化合物を使った冶金法。en) 冶金法(en) ディディミウム(en) 石油蛋白 微生物蛋白(単細胞蛋白とも。en) ハイドロックス (ガス)en銀ナノ粒子(en) グレムリン (タンパク質)enポリエーテルイミド(ウルテムULTEMを転送ページに。en) ジオポリマー(en) フロニカミド(en) チアメトキサム(en)

人物 ベンジャミン・シリマンenベンジャミン・シリマン・ジュニアen

化学分野の執筆が望まれる記事の一覧 /2 /3 /4 /5 /6 /7 /8 /9 /10 /11 /12 /13 /14 も参照してください。