Portal:天文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天文学ポータル
Saturn false color Voyager-1.jpg

天文学てんもんがく)とは、天体天文現象など、地球外で生起する自然現象の観測、法則の発見などを行う自然科学の一分野。地球科学物理学の一分野とされることもあり、位置天文学天体力学天体物理学などから構成される。位置天文学は天体の位置を、天体力学は天体の運動を研究する学問で、天文学の中でも古典分野とみなされている。

これに対し、天体物理学は天文学の近代分野とみなされており、天体の物理状態や進化を研究する学問である。宇宙物理学は、天文学で観測した天体のふるまいを物理学的に解明しようとする学問である。天文学のほとんどの分野は物理学を前提として成り立っており、観測結果は物理的に説明されることがほとんどである。そのため、天体物理学と宇宙物理学は非常に近い意味で使われている。……

お知らせ

ウィキポータル 天文学天文学に関するポータルページです。天文学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。特集、今週の一枚、新着項目などのコラムのメンテナンスはどなたでも可能です。自由に編集してください。

  • 2006年8月14日: ウィキポータル 天文学が正式リリースされました。
  • 2006年6月5日: Category:天文学関連のスタブ項目が作成されました。テンプレートは、{{Sci-stub}} の代わりに {{Astro-stub}} を使ってください。その際、{{DEFAULTSORT}} を用いて項目のソートキーを一括して指定して下さい。ただし、スタブカテゴリ張替えや読み付加だけの編集は、サーバーに負荷がかかるため控えてください。
  • 2006年9月1日: Category:天文学関連のスタブ項目のサブカテゴリとしてCategory:宇宙開発関連のスタブ項目が作成されました。ロケット宇宙船などの記事では、{{Astro-stub}} の代わりに {{Space-stub}} を使ってください。その際、{{DEFAULTSORT}} を用いて項目のソートキーを一括して指定して下さい。また同じく、スタブカテゴリ張替えや読み付加だけの編集は、サーバーに負荷がかかるため控えてください。
  • 決議広告: 2007年10月25日(UTC)、ノート:小惑星にて、「『確定符号がついたが命名されていない小惑星』の記事名は『(小惑星番号) 仮符号』とする」との決定がなされましたので広告いたします。
協力者募集中
  • ウィキポータルの更新

翻訳協力依頼[編集]

執筆依頼[編集]

参考:Wikipedia:多数の言語版にあるが日本語版にない記事/天文

天文学[編集]

天体[編集]

研究者[編集]

その他[編集]

加筆依頼[編集]

リダイレクトになっている記事[編集]

書きかけの項目のカテゴリ[編集]

特集項目
暗黒物質による重力レンズ効果(中央)

暗黒物質(あんこくぶっしつ、dark matter )とは、宇宙にある星間物質のうち自力で光っていないか光を反射しないために光学的には観測できない、とされる仮説的物質のことである。「ダークマター」とも呼ばれる。"人間が見知ることが出来る物質とはほとんど反応しない"などともされており、そもそも本当に存在するのか、もし存在するとしたらどのような正体なのか、何で出来ているか、未だに確認されておらず、不明のままである。

暗黒物質が存在するとその質量により光が曲げられ、背後にある銀河などの形が歪んで見える重力レンズ効果が起こる。銀河の形の歪みから重力レンズ効果の度合いを調べ、そこから暗黒物質の3次元的空間分布を測定することに日米欧の国際研究チームが初めて成功したことが2007年1月に科学誌『ネイチャー』に発表された。同年5月15日アメリカ航空宇宙局の発表によれば、米ジョンズ・ホプキンズ大学の研究チームがこれを利用して、ハッブル宇宙望遠鏡で暗黒物質の巨大なリング構造を確認したという。10億~20億年前に2つの銀河団が衝突した痕跡で直径が約260万光年(銀河系の26倍)、衝突によりいったん中心部に集まった暗黒物質が、その後徐々に環状に広がっていったものとされる。続きを読む

特集画像
水素によって赤く光るばら星雲
議題


新着記事

(探す|編集)

日付は初版の投稿日時で、UTCで表示

新規記事作成後は索引にも追加してください。 10.19 ニュートリノ検出器 10.18 GW170817 10.14 レチクル座ゼータ星,日本平観光天文センター(要出典) 10.12 アークトゥルス・ストリーム,つる座イプシロン星 10.7 測光 (天文) 10.6 ウラニアの鏡 10.4 レイナー・ワイス,逆行衛星 10.2 みずへび座ガンマ星 9.29 ウィリアム・ジョージ・ファスティー 9.24 りゅうこつ座シータ星 9.20 地心座標時(要出典),太陽系座標時(要出典) 9.18 国際天文学連合が固有名を定めた恒星の一覧 9.17 ケンタウルス座イオタ星,中津川市子ども科学館 9.16 星周円盤 9.15 地球時 9.14 ハヤブサ大陸 9.10 おおかみ座ゼータ星 9.9 大論争 (天文学),いっかくじゅう座3番星 9.5 エイブラハム・シャープ,きょしちょう座ベータ星 9.4 眉星 (小惑星),ほうおう座ガンマ星 9.3 りゅうこつ座オメガ星,りゅうこつ座カイ星,りゅうこつ座ウプシロン星 9.2 りゅうこつ座p星,りゅうこつ座q星 9.1 とも座クシー星,とも座シグマ星,とも座ニュー星,とも座タウ星 8.31 おおかみ座イータ星,おおかみ座デルタ星,ケンタウルス座ニュー星,ケンタウルス座ラムダ星 8.30 はえ座ベータ星,わし座シータ星,ほ座ファイ星,ヘルクレス座パイ星,ヘルクレス座ミュー星,ほうおう座ベータ星,へびつかい座カッパ星,へびつかい座シータ星 8.29 ロバート・スタウェル・ボール,しし座イータ星,ケフェウス座ゼータ星,いて座ファイ星,わし座デルタ星,わし座ラムダ星,うさぎ座イプシロン星,くじゃく座ベータ星 8.28 ケンタウルス座カッパ星,ヘルクレス座ゼータ星,ケフェウス座イータ星,へび座イータ星 8.27 おおかみ座ベータ星,BDF-3299,りゅうこつ座a星 8.26 おとめ座ゼータ星,わし座ゼータ星,や座ガンマ星,とも座パイ星 8.25 さいだん座ガンマ星 8.24 さそり座イオタ1星 8.23 ウィリアム・デラム,とも座19番星,うさぎ座ミュー星 8.22 王立協会フェロー 8.21 BOSSグレートウォール 8.19 RG 0050-2722 8.18 ヨハネス・ファン・ヘーク 8.16 ローマ教皇庁科学アカデミー 8.15 2012 VP113 8.14 福岡市科学館,へびつかい座45番星,2017年8月21日の日食(孤立) 8.13 グランド・タック・モデル(翻訳途中) 8.10 カシオペヤ座50番星 8.9 ケンタウルス座デルタ星,GRB 060614 8.8 ポロフィラックス 8.7 2013 SY99(要出典),WASP-121b 8.6 Gliese 180,NGC 1600 8.5 膨張する宇宙の未来,アントニン・ベチヴァル 8.4 おおかみ座イプシロン星 8.3 NGC 4030,R85,やぎ座ニュー星,アストロノミー・アンド・アストロフィジックス 8.2 うお座ゼータ星,NGC 4026 8.1 ケフェウス座デルタ星,いて座イータ星,りゅうこつ座l星,エリダヌス座タウ2星,うみへび座イプシロン星 7.31 エリダヌス座ウプシロン3星,WISE J224607.57-052635.0 7.30 カシオペヤ座ゼータ星,さそり座ニュー星 7.28 やまねこ座31番星 7.27 ふたご座オミクロン星 7.26 おおぐま座カイ星 7.24 うしかい座ラムダ星,富康隕石(暫定名称) 7.21 砂漠惑星,ルーシー (探査機) 7.20 おひつじ座41番星 7.19 ほ座N星,離心率ベクトル,さそり座ミュー星,EBLM J0555-57 7.17 りゅう座7番星,りゅう座8番星 7.16 うみへび座ウプシロン1星 7.15 R136a2 7.14 おとめ座カッパ星 7.13 コペルニクスの原理 7.12 岡武史(要出典) 7.6 さそり座G星,おとめ座デルタ星,ふたご座クシー星 7.4 国際報時局 7.3 主要銀河カタログ 7.2 アレクサンダー・ジェイミソン 6.18 ロラン・ボナパルト,ムーンレット 6.16 カルダシェフ・スケール,GW170104,観測された重力波の一覧 6.15 スヴェトラナ・ゲラシメンコ,クリム・チュリュモフ 6.9 バルマー・クレーター 6.8 KELT-9b 6.4 ケプラー838b,ケプラー1365b,ケプラー1365c,ケプラー598b,ケプラー1121b 6.2 ガンマ線望遠鏡


過去ログ:2017年/2016年/2015年/2014年/2013年/2012年/2011年/2010年/2009年/2008年/2007年/2006年/2005年/2004年/2003年

ウィキプロジェクト
姉妹プロジェクト
ウィキブックス ロゴ

ウィクショナリーでは、天文学分野の執筆・加筆者を募集しています。

ウィキブックス ロゴ

ウィキブックスでは、天文学分野の執筆・加筆者を募集しています。

コモンズ ロゴ

ウィキメディア・コモンズでは、天文学分野の画像・メディアファイルを募集しています。