物理化学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

物理化学(ぶつりかがく、: physical chemistry[1])は、化学の対象である物質、あるいはその基本的な構成を成している化合物分子などについて、物質の構造、物質の性質(=物性)、物質の反応を調べる[2]ために、物理学的な手法を用いて研究する領域に対する呼称。

概要[編集]

理論的な基礎として熱力学量子力学[3]、およびこれら2つをつなぐ統計力学[4]を大きな柱とする[5]

化学は対象とする物質によって有機化学、無機化学[6][7][8]などがあるが、物理化学でも対象によって有機物理化学、無機物理化学と呼び分けられている[9]

物理化学の中の分野としては以下のものがある。

脚注[編集]

  1. ^ McQuarrie, D. A., & Simon, J. D. (1997). Physical chemistry: a molecular approach (Vol. 1). Sausalito, CA: University science books.
  2. ^ a b c 知恵蔵2012 市村禎二郎 東京工業大学教授 執筆【物理化学】
  3. ^ Flügge, S. (2012). Practical quantum mechanics. Springer Science & Business Media.
  4. ^ Tolman, R. C. (1979). The principles of statistical mechanics. Courier Corporation.
  5. ^ 田中一義; 田中庸裕 『物理化学』 丸善、2010年。ISBN 978-4-621-08302-4 
  6. ^ Bailar, J. C., & Trotman-Dickenson, A. F. (Eds.). (1973). Comprehensive inorganic chemistry (Vol. 3, p. 1387). Oxford: Pergamon press.
  7. ^ Cotton, F. A., Wilkinson, G., Murillo, C. A., Bochmann, M., & Grimes, R. (1988). Advanced inorganic chemistry (Vol. 5). New York: Wiley.
  8. ^ Cotton, F. A., & Lippard, S. J. (Eds.). (1959). Progress in inorganic chemistry (Vol. 4). John Wiley & Sons.
  9. ^ 伊藤俊洋, 伊藤祐子, & 岡本義久. (1995). 生命科学のための基礎科学 無機物理化学編: 丸善株式会社.
  10. ^ 林茂雄. (2012). エンジニアのための電気化学. コロナ社.
  11. ^ Levine, I. N., Busch, D. H., & Shull, H. (2009). Quantum chemistry (Vol. 6). Upper Saddle River, NJ: Pearson Prentice Hall.
  12. ^ Lowe, J. P., & Peterson, K. (2011). Quantum chemistry. Elsevier.
  13. ^ Hollas, J. M. (2004). Modern spectroscopy. John Wiley & Sons.
  14. ^ Pavia, D. L., Lampman, G. M., Kriz, G. S., & Vyvyan, J. A. (2014). Introduction to spectroscopy. Nelson Education.
  15. ^ Vold, R. D., & Vold, M. J. (1983). Colloid and interface chemistry (pp. 345-371). Reading, MA: Addison-Wesley.
  16. ^ Rock, P. A. (2013). Chemical thermodynamics. University Science Books.
  17. ^ Jensen, F. (2017). Introduction to computational chemistry. John wiley & sons.
  18. ^ Cramer, C. J. (2013). Essentials of computational chemistry: theories and models. John Wiley & Sons.
  19. ^ 川添良幸, 三上益弘, & 大野かおる. (1996). コンピュータ・シミュレーションによる物質科学: 分子動力学とモンテカルロ法. 共立出版.
  20. ^ 北川浩. (2003). 分子動力学法の考え方. 溶接学会誌, 72(6), 485-488.
  21. ^ 藤永茂, 入門分子軌道法‐分子計算を手掛ける前に‐, 講談社サイエンティフィク (1990).

関連項目[編集]

外部リンク[編集]