九州大学先導物質化学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

九州大学先導物質化学研究所(きゅうしゅうだいがくせんどうぶっしつかがくけんきゅうじょ、英称:Institute for Materials Chemistry and Engineering, Kyushu University)は、九州大学の附置研究所(物質・デバイス領域共同研究拠点の1つ)である。福岡県春日市(九州大学筑紫地区)および福岡市西区(同伊都地区)に位置し、物質の構造および機能に関わる研究をおこなっている。略称は先導研またはIMCE

研究所の概要[編集]

九州大学の附置研究所だった機能物質科学研究所と、学内共同教育研究施設だった有機化学基礎センターを融合・再編成する形で発足した。 新しい機能性分子の合成、新しい分子集積の化学、有機・無機融合材料の化学、先端材料の素子化に関する化学など、多岐にわたる研究に取り組むとともに、各分野の研究グループが連携して、「物質化学における先導的な総合研究」を展開することを目的としている[1]

沿革[編集]

  • 1944年 九州帝国大学木材研究所が設立。
  • 1949年 九州大学生産科学研究所として再編。
  • 1987年 九州大学機能物質科学研究所として再編。
  • 1993年 九州大学基礎有機化学研究センター設立。
  • 2003年 九州大学機能物質科学研究所と九州大学有機化学基礎研究センターを融合・改組して、先導物質化学研究所が設立。
  • 2010年 物質・デバイス領域共同研究拠点(ネットワーク型共同利用・共同研究拠点)に認定。

組織[編集]

  • 物質基盤化学部門
    • ナノ界面物性分野
    • 反応・物性理論分野
    • 分子物質科学分野
    • 多元分子触媒分野
    • 生命有機化学分野
  • 分子集積化学部門
    • クラスター分子化学分野
    • 多次元分子配列分野
    • 集積分子機能分野
    • 医用生物物理化学分野
    • 複合分子システム分野
    • ソフト界面分野
  • 融合材料部門
    • ナノ組織化分野
    • ヘテロ融合材料分野
  • 先端素子材料部門
    • ナノ構造評価分野
    • 先端光機能材料分野
    • 極限環境プロセス分野
    • エネルギー材料分野
    • ミクロプロセス制御分野
  • ソフトマテリアル部門
    • ソフトマテリアル学際化学分野
  • 物質機能評価センター
    • 物質機能評価室
    • 研究支援室

大学院教育[編集]

先導物質化学研究所の研究室に所属する学生は、下記のいずれかの学府・専攻に所属して学ぶことになっている。

所在地[編集]

  • 筑紫地区 福岡県春日市春日公園6丁目1番地
  • 伊都地区 福岡県福岡市西区元岡744番地

脚注[編集]

外部リンク[編集]