東京大学物性研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京大学物性研究所
東京大学物性研究所 本館(A棟)。千葉県柏市。
東京大学物性研究所(千葉県柏市
正式名称 東京大学物性研究所
英語名称 The Institute for Solid State Physics, the University of Tokyo
略称 物性研、ISSP
組織形態 大学附置研究所
共同利用・共同研究拠点
所在地 日本の旗 日本
277-8581
千葉県柏市柏の葉五丁目1番地5
東京大学柏キャンパス
北緯35度54分6.8秒東経139度56分13.5秒座標: 北緯35度54分6.8秒 東経139度56分13.5秒
人数 2018年[1]
*教職員数定員 124人
*大学院生 131人
所長 森初果
設立年月日 1957年4月1日[2]
上位組織 東京大学
公式サイト 東京大学物性研究所
テンプレートを表示

東京大学物性研究所(とうきょうだいがくぶっせいけんきゅうじょ、英称:The Institute for Solid State Physics, the University of Tokyo)は東京大学の附置研究所で、基礎物性科学を総合的に推進する[3]ことを目的としている研究所である。略称はISSPまたは物性研

共同利用・共同研究拠点に指定されている(「物性科学研究拠点」[4])。

1999年までは六本木に所在した[5]

概要[編集]

1957年4月1日、全国物性研究者の要望と日本学術会議の勧告および、文部省科学技術庁の合意に基づき[2]、設立。六本木の旧歩兵第三連隊兵舎の一角に設置された[5]

1980年代には先端的実験技術の開発が目標となり[2]、設備重点5計画(超低温物性、超強磁場、極限レーザー、表面物性、軌道放射物性)を順に整備していった(1980年~1986年)。

1980年(「第2世代」)、従来の固有21部門を、極限物性(超強磁場、極限レーザー、表面物性、超低温物性、超高圧を含む)、軌道放射物性、中性子回折物性、凝縮系物性、理論の5大部門に改組。1996年(「第3世代」)、新物質科学、物性理論、先端領域、極限環境、先端分光の5大研究部門と軌道放射物性研究施設、中性子散乱研究施設、物質設計評価施設の3施設に改組された。

東京大学柏キャンパス

六本木キャンパスの一角で拡充を繰り返した設備は2000年千葉県柏市柏の葉地区の柏キャンパスへ、東京大学の第3極として全面移転。なお、同時期に宇宙線研究所が移転、新領域創成科学研究科が新設されている。

2006年に国際超強磁場科学研究施設を新設、2011年に計算物質科学研究センターを新設、2012年、極限コヒーレント光科学研究センターが発足した。

2019年4月現在、ナノスケール物性、物性理論、凝縮系物性、社会連携、データ統合型材料物性の5研究部門と6施設からなる。

附属施設[編集]

  • 物質設計評価施設
  • 中性子科学研究施設
  • 国際超強磁場科学研究施設
  • 計算物質科学研究センター
  • 極限コヒーレント光科学研究センター
    • 軌道放射物性研究施設

大学院教育[編集]

物性研究所は東京大学大学院の教育も担当している。以下の研究科専攻から大学院生を受け入れている。

所在地[編集]

東京大学柏キャンパス

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]