東京大学運動会硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京大学運動会 > 東京大学運動会硬式野球部

東京大学運動会硬式野球部(とうきょうだいがくうんどうかいこうしきやきゅうぶ、The University of Tokyo, Baseball Club)は、東京六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。東京大学の学生によって構成されている。同大学には東京大学運動会準硬式野球部など別の野球部も存在するが、硬式野球部のことを指して「東京大学野球部」、「東大野球部」と略称することが多い。

創部[編集]

1917年。大学からの認可が1919年1925年東京帝国大学との民法典論争があり英法を由来とする中央大学が辞退したこともあって、独法と同じ大陸法たる仏法を由来にする明治大学法政大学らとの相性の点も考慮した明大野球部長内海弘蔵早大監督飛田穂洲らの仲立ちにより正式加盟することとなり、ここに東京六大学野球連盟が正式に発足した。

なお、東京大学の前身の一つである旧制第一高等学校には1872年創部の野球部があり、黎明期の日本の野球史上重要な位置を占めるが、現在の東大野球部は沿革に一高野球部を含めていない。

歴史[編集]

1925年に当時の東京五大学野球連盟に加盟、春に法大以外の各校と1試合ずつ行い、立大から勝ち星を挙げる。その年の秋から各校と総当たりで試合を行うようになった。

当時の学制の事情で、他校が予科含め5~6年在籍可能だったのに対し、東京帝国大学(以下、本稿においては新制東京大学を含めて東大と略す)は本科3年間のみとなり、戦力的には他の大学に見劣りする状況が続いていた。そうした中で東武雄、清水健太郎のバッテリーでチーム力が向上して最終的には加入を認められることとなった。しかし、その際、「東や清水の卒業後も戦力を維持すること」という条件がつけられていた。つまり入部難から戦力低下→惨敗の連続(最悪の場合廃部)になることのないよう努めよという、現在の大学野球連盟加盟条件には考えられないような項目が条件としてついていた。

東大が加盟したことにより、早慶戦復活の機運がいよいよ高まり、ついに東京六大学野球連盟(以下、本稿では東京六大学リーグ戦と略す)のスタートと同時に早慶戦復活が実現した(1925年秋季リーグ戦)。最初のリーグ戦で東大は5勝を挙げ4位と健闘を見せた。

その後、東大は東京六大学リーグ戦の中で苦戦を続けることとなる。優勝はなく、3位以上も1946年春季の2位が1回あるのみである[1]。開幕試合は前季優勝校と最下位の東大との対戦がほとんど定番化し、連敗・連続最下位など東京六大学リーグワースト記録の多くを東大が占めている。

最後に最下位でなかったのは1997年秋季リーグ戦の5位。2017年春季リーグ戦まで連続最下位は39シーズンと最長記録を更新している。

しかし、第二次世界大戦後初のリーグ戦となった1946年春季は4連勝、最終戦の慶大に勝てば悲願の初優勝となるところであった。0-1で敗れ2位となったが、東大の躍進は大きな話題となった。また1960年春季には早大から勝ち星を挙げ、その1敗がたたって早大がリーグ優勝を落とした。これ以外にも数多くの激戦を繰り広げてきた。

1974年秋季法大1回戦では江川卓に初黒星をつけ、TV中継(テレビ神奈川)が予定外の放送延長を行い、1981年春季には早大を史上初の連続完封、慶大からも勝ち点を挙げ優勝争いに加わり、TBSが急遽対立大4回戦をTV中継するなど話題を集めた。また、2010年10月2日には開幕戦初登板以来白星を献上し続けて来た早大の斎藤佑樹に初めて黒星を付け話題を呼んだ(早大1回戦・東大4-2早大。勝利投手は2失点完投の1年生・鈴木翔太)。

東京六大学野球秋季リーグ戦、法政大2回戦にも勝ち2連勝の瞬間(2017年10月8日撮影)

しかしこの後、白星を挙げることが出来ず、2014年の春季リーグ戦では、自らが1987年から1990年にかけて作ったリーグワースト記録の70連敗を更新[2]。その間には、2011年春季の東大3-3早大(9回に追いつかれ延長11回引き分け)、2011年秋季の東大0-1法大(先発鈴木と法大・三上朋也の投手戦で9回裏サヨナラ負け)、2012年秋季の東大5-5慶大(0-4の7回に5点を奪い逆転も8回に追いつかれ9回引き分け)、2013年秋季の東大2-5立大(9回裏に2点を挙げ追いつくも延長10回に勝ち越され65連敗)など惜しい試合もあった。2014年秋季リーグ戦終了時点で86連敗となり、4年生は在学中に勝利することが1度も出来なかった[3]。2015年春季リーグ戦も開幕から連敗を重ねたが、5月23日の法大1回戦において、延長10回6-4で勝利し、ついに連敗を94(2引き分けをはさむ)で止めた[4]

2017年東京六大学野球秋季リーグ戦で、10月7日の法政大1回戦に9-2で勝ち、10月8日の法政大2回戦に8-7で勝って連勝し、2002年秋の立大戦以来15年ぶり(30シーズンぶり)の勝ち点を挙げた。連勝での勝ち点は、1997年春の立大戦以来20年ぶりとなった[5]

本拠地[編集]

東京都文京区向丘1-5-9  一誠寮

各校が相次いで都心から離れていくのに対し、東京六大学野球連盟加盟大学中唯一23区内に本拠地を構える。グラウンドは文京区弥生の東大農学部内にある。

ちなみに一誠寮に掲げられている看板は、『誠』の字の旁部分「成」の最後の一画が欠けている(『ノ』の部分がない)。揮毫した野球部長長與又郎の書き損じだったが、この一画は「野球部が六大学のリーグ戦で優勝したら入れる」ということになった。しかし、東大野球部は未だリーグ戦で優勝したことがないため、現在も欠落したままとなっている。このエピソードは漫画『栄光なき天才たち』でも取り上げられた。

1983年、国内の大学野球部でははじめてグラウンドに人工芝が敷かれた。ただし6,500㎡ほどの面積の長方形のもので、レフトにあたる部分は土のままであった。

ユニフォーム[編集]

ロゴマークは、当初胸に「TIU」(Tokyo Imperial Universityの略)を円形にあしらったものだった。その後「LB」(Light Blue)「TOKYO UNIV.」などを経て、現在の「TOKYO」となる。TOKYOのロゴタイプも読売ジャイアンツのロゴに倣ったものが多かったが、1991年に現在の形となった。また帽子には、「T」の一文字が取り付けられている。

チームカラーはライトブルー(淡青)。ユニフォームも長く白地にロゴを淡青色で表していたが、1991年に現在の色に変えた。ロサンゼルス・ドジャースのビジター用をイメージしたものである。東京大学運動会のチームカラーと違うのだが、こちらは弱いイメージがあり、それを払拭したかったものといわれる。199勝目から70連敗していたチームが、初お披露目となる東京六大学リーグ戦の試合で200勝目を挙げ、以来マイナーチェンジはあるものの、そのユニフォームのまま現在に至る。

記録[編集]

  • リーグ戦2017年秋季リーグ戦終了時点。
  • 優勝:なし (最高順位は1946年春季の2位)
  • 勝敗:253勝1618敗55分け 勝率.135
  • チームシーズン最多勝利は1981年春季の6勝
  • 個人最多勝利(通算):岡村甫(17勝) シーズン最多は東武雄(1925年秋季)大山雄司(1981年春季)の5勝
  • 1試合最多奪三振:宮台康平(13奪三振、2016年春季)
  • 個人最多本塁打(通算):下島忍、草刈伸之(6本)
  • チーム本塁打(通算):180本
  • 1イニング最多得点:11点
  • 1イニング最多安打:10本
  • シーズン最少得点:2点
  • 最多連続イニング無得点:65イニング
  • 一試合最多併殺:6併殺
  • 一試合最多失策:16失策
  • リーグ首位打者:三島東作(1928年秋季)、廣岡知男(1931年秋季)、梶原英夫(1934年春季)、野村正守(1937年春季)、堺竜平(1953年春季)、遠藤昭夫(1974年春季)、立迫浩一(1984年秋季)、間宮敦(1995年春季)
  • 無安打無得点試合 東武雄(1927年春季、対立教2回戦)
  • リーグベストナイン:2017年秋季の楠田創まで22人、23回受賞(杉山守久(1962年春季・秋季)のみ2回受賞)
  • 日米大学野球代表:大越健介(投手、1983年)、宮台康平(投手、2016年
  • 1回裏初球本塁打:浜田一志(1985年春季)
  • 初打席本塁打:下島忍(1979年春季)、竹中良太(2015年春季、ランニングホームラン)
  • 連勝記録:4(1946年春季、1949年秋季、1976年秋季~77年春季)
  • 連敗記録:94(2010年秋季より2015年春季まで(2引き分けを含む))
  • 連続最下位:40シーズン(1998年春季より2017年秋季まで)

OB[編集]

プロ野球選手となった人物は後述。※Category:東京大学野球部の選手を参照。

  • 内村祐之 - 投手、獨協中 - 一高出身 / 3代目東大野球部長、3代目日本野球機構コミッショナー、野球殿堂入り
  • 古海忠之 - 捕手、京都一中 - 三高出身 / 野球部に属し、またラグビー部などでも活躍した。満州国国務院総務庁次長
  • 島田叡 - 外野手、神戸二中 - 三高出身 / ラグビー部などでも活躍。沖縄戦さなかの沖縄県官選知事
  • 東武雄 - 投手、天王寺中 - 一高出身 / 1925年秋季法大戦で六大学初の本塁打、東大生唯一のノーヒッター、東大史上2位の通算16勝。東龍太郎は兄
  • 広岡知男 - 野手、市岡中 - 五高出身 /市岡中時代甲子園出場。 首位打者朝日新聞社社長、日本学生野球協会会長、野球殿堂入り
  • 高橋一 - 投手、京城中 - 法大予科 - 五高出身 / 法大時代に東武雄に六大学初ホームランを浴びる。のち東大に入学
  • 梶原英夫 - 投手、高松中 - 一高出身 / 1928年夏の甲子園和歌山中と名勝負を演じた。三原脩と中学同期。首位打者。 
  • 由谷敬吉 - 投手、鳥取一中 - 一高出身 / 鳥取一中時代甲子園出場
  • 神田順治 - 元監督、第二東京市立中 - 八高出身 / 東大教養学部教授、監督を2度務める
  • 山崎喜暉 - 唯一の2位時の主将・外野手・投手、東京府立一中 - 旧制静岡高出身 / 博報堂プロデューサー
  • 山崎諭 - 同上時の投手、掛川中 - 旧制山形高出身 / 東海大三高校長兼監督として第52回センバツ出場
  • 岩佐守 - 投手、東京府立一中 - 静岡高出身 / 両山崎後の1948年シーズンの大黒柱として奮闘
  • 加賀山朝雄 - 外野手、東京府立一中 - 一高出身 / 東大の1949年全8本塁打中、春2・秋1本放つ大型スラッガー
  • 瀬川昌治 - 外野手、旧制学習院中 - 旧制学習院高出身 / 映画監督
  • 蒲池信二 - 主将・投手、旧制成城高出身 / 岩佐の後の大黒柱。明法立などに投げ勝つ / 日立製作所
  • 成田豊 - 一時在籍、京城中 - 佐賀中 - 旧制佐賀高出身 / 電通会長
  • 竹田晃 - 元監督・主将、東京高師附属高出身 / 旧制東京高師附属中4年時に夏の甲子園出場、チームとして初めて土を持ち帰る。東大名誉教授
  • 脇村春夫 - 主将・内野手、湘南高出身 / 湘南高時代に夏の甲子園優勝。前高野連会長
  • 藤井裕久 - 捕手、東京教育大附属高出身、一時在籍 / 卒業後大蔵省へ 、元財務大臣
  • 渡辺融 - 元監督、武蔵丘高校出身 / 1958年以降の岡村時代と、さらに1978年の空白期に監督を引き受け東大野球部の屋台骨を支えた。東大教養学部体育教官
  • 原田靖男 - 主将・投手、湘南高出身 / アジア野球大会日本代表(六大学選抜代表で参加、長嶋茂雄らがいて六大学史上最強選抜チームとも)
  • 吉田治雄 - 副将・投手、高崎高出身 / 3年生だった1956年秋季、東大通算98勝から一気に100勝へ
  • 海老坂武 - 副将・遊撃手・一番打者、小山台高出身 / 同上。原田・吉田らと同期
  • 岡村甫 - 元監督、投手、土佐高出身 / 東大史上最多の17勝、東大工学部教授、前 高知工科大学長。東大野球部監督や六大学野球連盟理事長等も歴任。
  • 岡田彬 - 元監督・捕手、戸山高出身 / 新治とバッテリー、のち三菱重工京都、東大監督時に江川卓に初黒星をつける
  • 杉山守久 - 外野手、日比谷高出身 / 1962年春秋リーグ戦ベストナイン
  • 橘谷健 - 投手、都立西高出身 / 田淵幸一谷澤健一らと対決。のち川崎重工第41回都市対抗野球大会久慈賞(東大OBとして都市対抗史上唯一の受賞)
  • 小西隆裕 - 一時在籍、小石川高出身 / よど号グループ
  • 河野敏章 - 元監督、日比谷高出身 / のち日本生命。監督在任時の1987年秋季リーグ戦開幕戦(対慶大戦)で志村亮を攻略して通算199勝目を挙げる。
  • 遠藤昭夫 - 内野手、国立高出身 / 1974年春季首位打者
  • 春日井昌生 - 野手、戸山高出身 / 1974年春季法大2回戦にて広島商で甲子園優勝の1年佃正樹投手からホームラン放ち5-0で勝つ
  • 山本隆樹 - 投手、木更津高出身 / 打倒江川卓時代の主戦、1974年秋季法大1回戦にて3-2で投げ勝ち江川に六大学最初の黒星を与える
  • 魚住弘人 - 内野手・外野手、都立富士高出身 / 1974年秋季法大1回戦で江川から3安打放つ / 日立製作所
  • 御手洗健治 - 投手、現監督。戸山高出身 / 1974年秋季法大2回戦では0-5で敗戦、通算4勝
  • 小笠原文也 - 元監督、日比谷高出身 / 江川最後の1977年シーズンに監督として六大学春4位・秋5位と善戦
  • 西山明彦 - 投手、湘南高出身 / 同上時に活躍
  • 中沢文哉 - 元監督・投手、姫路西高出身 / 同上、のち三菱重工神戸
  • 伊藤仁 - 元監督・主将・内野手、私立東海高出身 / 同上
  • 野村雅道 - 1978年主将・野手、湘南高出身 / 江川から3打数3安打3四球、四球のなかには敬遠もあった。為替ディーラー、国際金融コメンテーター
  • 平野裕一 - 元監督、戸山高出身 / 1981年「赤門旋風」時の監督、再任後の最初のシーズンの1991年春季リーグ戦開幕戦(対立大戦)でチーム200勝を達成。1994年には年間8勝を挙げる。再任時に任期2年という規定が廃止され、再建の切り札としての復帰だった。東大教育学部教授、国立スポーツ科学センター主任研究員
  • 下嶋忍 - 野手、国立高出身 / 東大ホームラン記録6本保持者。81年春季「赤門旋風」4番。初打席初アーチなど数々の逸話もつ「豪傑」。のちプリンスホテル
  • 大山雄司 - 投手、学芸大附属高出身 / 1981年春季に5勝を挙げ「赤門旋風」4位の立役者
  • 國友充範 - 投手、虎姫高出身 / 1981年春季に大山と共に早大を連続完封。また自ら試合を決めるホームランを放つ。卒業後NHKに入局、現 番組制作局プロデューサー
  • 八重樫永規 - 主将・内野手、盛岡第一高出身 / 1982年春季ベストナイン(二塁手)。1978年、高校1年生時に夏の甲子園にレギュラー(三塁手)として出場。卒業後外務省入省。
  • 立迫浩一 - 内野手、浦和高出身 / 1984年秋季首位打者
  • 大越健介 - 投手、新潟高出身 / 東大生初の日米大学野球代表。NHKワシントン支局長を経て、2010年4月度より「ニュースウオッチ9」のメインキャスターを担当。
  • 市川武史 - 投手、国立高出身 / 国立高エースとして都立校初の甲子園出場
  • 川幡卓也 - 東大助監督・捕手、国立高出身 / 市川とのバッテリーで甲子園にも出場
  • 布施英一 - 内野手、国立高出身 / 1983年入部の昭和最後の甲子園経験者
  • 朝木秀樹 - 捕手、千種高出身 / 当時最強の法大戦(1984年秋季)で満塁本塁打、10-1で勝つ。通算ホームラン4本の内訳は満塁・3ラン・2ラン・ソロでいわば「サイクルホームラン」
  • 草刈伸之 - 主将・外野手、浦和高出身 / 下嶋に並び東大ホームラン記録6本
  • 井坂聡 - 野手、戸山高出身 / 映画監督
  • 秋原正俊 - 野手、日比谷高出身 / 映画監督
  • 高橋崇展 - 投手、北野高出身 / 投手として通算7勝
  • 青野滋 - 外野手、県立千葉高出身 / 1990年秋季ベストナイン、打率2位
  • 石田和之 - 元助監督・内野手、菊里高出身 / 1993年春季ベストナイン
  • 間宮敦 - 主将・野手、横浜翠嵐高出身 / 1995年春季首位打者、「東大のイチロー」
  • 階猛 - 投手、盛岡一高出身 / 衆議院議員
  • 須貝謙司 - 内野手、湘南高出身 / 1998年春季ベストナイン
  • 井出庸生 - 主将・内野手、武蔵高出身 / 衆議院議員
  • 竹本恵 - 投手、新潟高出身 / リーグ史上初の日本人女性選手として登板を果たす
  • 入山聡 - 内野手、開成高出身 / 2002年秋季ベストナイン
  • 越智啓一朗 - 内野手、浅野高出身 / 2001年秋季ベストナイン
  • 杉岡泰 - 内野手、木更津高出身 / 2003年春季打率2位でリーグ戦ベストナイン、秋も高打率。翌年主将
  • 太田鉄也 - 外野手、長野高出身 / 2004年秋季ベストナイン
  • 中村信博 - 捕手・投手、高松高出身 / NHKアナウンサー

日本全国の高等学校から大学受験成績で優秀な生徒が集まることから、他の大学では聞かれないような高等学校卒業の選手たちが選手名鑑を飾っている。

  • 東武雄に東京六大学野球リーグ戦初本塁打を浴びた法大の高橋一は、その後東大に入り直し、エースとして活躍した。その後高橋のようなケースはプレーを認められなかったが、早大野球部に在籍していた加治佐平(ラ・サール高)が1999年東大に入学、議論を呼んだ末に晴れて東大の投手としてプレーした。なお、現在でも他大学野球連盟を含めて、原則として規定の関係で2つのチームで出場することはできない。
  • 東大合格は「難関の中の難関」と言われ、何年も浪人を重ねて入学する選手も多い。また、社会人や他大学から入学するケースもある。なかでも、1996年に入学した高橋將人投手は1960年生まれ。史上最年長出場なるかと思われたが、4年間出場なしに終わった。2015年にも1976年生まれの伊藤一志投手が、他大学の医学部卒業後に医師として働きつつも文科Ⅲ類に合格し休学を経て退職し硬式野球部に入部した。
  • 1999年にはリーグ史上初の日本人女性投手・竹本恵が入学し話題を集めた。2001年春季リーグの開幕戦(対慶大)で初登板を果たし、明治大学の小林千紘と女性同士で投げ合った。
  • 2007年には20年ぶりに理科Ⅲ類からの入部者が3名あり、うち2名が早速同年秋のリーグ戦から神宮でプレーしている。

甲子園大会出場経験者の入部[編集]

氏名 出身校 出場大会
三島東作 岡山一中 T10夏
広岡知男 市岡中 T13春
高橋一 京城中 T13夏
片桐勝司 前橋中 T14夏T15夏
梶原英夫 高松中 S3夏
古南謙一 鳥取一中
大村文夫 S4夏
由谷敬吉
山崎諭 掛川中 S13夏
鈴木冨美男 山形中 S21夏
迫本哲二 東京高師附中 S21夏
竹田晃
脇村春夫 湘南高 S24夏
原田靖男 S24夏、S26春
鈴木武春 希望ヶ丘高 S26夏
八重樫永規 盛岡一高 S53夏
浅川岳夫 国立高 S55夏
市川武史
川幡卓也
布施英一
楠井一騰 松江北高 H14春
中村信博 高松高 H17春

以上22名。

NPB選手となった東大野球部出身選手[編集]

指名年 順位 氏名 出身高校 ポジション 球団 通算成績
1965年 なし 新治伸治 東京都立小石川高等学校 投手 大洋 登板88試合、投球回156 1/3、9勝6敗、奪三振82、防御率3.29
1966年 2次3位 井手峻 東京都立新宿高等学校 投手→外野手 中日 出場359試合、12安打、1本塁打、2打点、4盗塁、打率.188
1991年 8位 小林至 神奈川県立多摩高等学校 投手 ロッテ 一軍出場なし
1999年 7位 遠藤良平 筑波大学附属高等学校 投手 日本ハム 登板1試合、投球回0、0勝0敗、奪三振0、防御率0.00
2004年 9巡 松家卓弘 香川県立高松高等学校 投手 横浜→日本ハム 登板14試合、投球回23 2/3、0勝1敗、奪三振14、防御率4.01
2017年 7巡 宮台康平 神奈川県立湘南高等学校 投手 日本ハム
(入団前)

新治はドラフト制度施行前入団のため、ドラフト順位はない。指名年は入団年とする。

その他[編集]

  • 1946年の2位躍進を契機に東京大学運動会応援部が発足したことから、同部との関係は深い。現在、野球部と応援部が合同で雑誌「ただひとつ」を年1回定期発行している。
  • 1969年には東大紛争により入試が中止されたため、1年生ゼロという事態となった。このことから翌1970年春季リーグ戦では、連盟理事会の決議により留年生の試合出場が認められる特例措置が取られた。さらに、1972年度には4年生がゼロだったことから、3年生の選手が主将を務めた。
  • 2007年10月21日の対立教2回戦では生まれつき左手と足に障害を持つ加藤善之投手がリーグ戦初登板を果たした。同投手は栄光学園高2年次の2003年全国高等学校軟式野球選手権大会出場を果たしている。
  • 2013年1月、桑田真澄を特別コーチとして招聘した。「最高の頭脳を持つ選手達に“考える野球”が出来ない訳がない」とは当人の弁。週に1度のペースで主に投手陣を指導したが2014年12月末でコーチを退任した[6]
  • 与謝野馨は在学中、硬式野球部でマネージャーを務めていた。

脚注[編集]

  1. ^ 1932年春季に3位となっているが、早大がリーグを脱退(秋季から復帰)、さらに明大が渡米遠征で欠場していた。
  2. ^ 東大71連敗 リーグワースト記録更新 早大に完敗スポーツニッポン2014年5月9日配信
  3. ^ 東大 34季連続最下位、連敗記録は86に 4年生は白星なしで神宮を去るスポーツニッポン2014年10月26日配信
  4. ^ 東大94連敗でストップ!10回6-4で法大下す
  5. ^ 東大、15年ぶりの勝ち点1! 連勝での獲得は20年ぶりスポーツニッポン2017年10月8日配信
  6. ^ 桑田氏東大コーチ退任へ「更新」意思なし

関連項目[編集]

外部リンク[編集]