第28回全国中等学校優勝野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 第28回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1946年8月15日 - 8月21日
出場校 19校
参加校数 745校
優勝校 浪華商大阪、初優勝)
試合数 18試合
選手宣誓 田丸道夫(京都京都二中
大会本塁打 4本塁打
 < 19411947 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第28回全国中等学校優勝野球大会(だい28かいぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかい)は、1946年8月15日から8月21日まで阪急西宮球場で実施された全国中等学校優勝野球大会である。

前回大会から6年間の空白を経て、敗戦からちょうど1年で復活した大会であり、甲子園球場が米軍により接収中のため、全試合阪急西宮球場で行われた。

概要[編集]

1945年(昭和20年)秋に朝日新聞社が大会復活についての全国調査を行い、その結果に基づき1946年1月21日に「夏に大会を復活する」旨の社告を出した。甲子園球場が接収中のため、全試合阪急西宮球場で行われた。 開会式では前回優勝校の海草中から6年間保管していた大優勝旗が返還(一旦、海草中が1942年12月3日に大阪の朝日新聞社本社を訪れて返還していた[1])され、連合国軍最高司令官総司令部武官の祝辞や米国製ボールの贈呈、米軍機の超低空祝賀飛行などが催された。

なお、前回まで外地として参加していた台湾朝鮮満州代表は実質的に日本の施政下から外れたため消滅した。同様に沖縄からも不参加。戦前に全国大会への出場がなかった高知県から、城東中が初出場を果たした。

準決勝にて優勝校・浪華商業に敗れた東京高等師範附属中(現・筑波大学附属中学校・高等学校)の佐々木迪夫監督が、「さあ、5年生(最上級生)はいいから、他は自分のポジションへ行って土を取ってこい。来年、またここへ返しに来よう」と言い、選手らが各ポジションの土を手ぬぐいに包んで持ち帰った。これは甲子園の土の持ち帰りの最初の記録である[2]

出場校[編集]

  • 京都二中(京津・京都、28年ぶり4回目)
  • 浪華商(大阪、9年ぶり5回目)
  • 芦屋中(兵庫、初出場)
  • 和歌山中(紀和・和歌山、14年ぶり17回目)
  • 松江中(山陰・島根、23年ぶり2回目)
  • 下関商(山陽・山口、6年ぶり4回目)
  • 城東中(四国・高知、初出場)
  • 小倉中(北九州・福岡、27年ぶり2回目)
  • 鹿児島商(南九州・鹿児島、10年ぶり5回目)

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 京都二中 1 - 0 成田中
  • 愛知商 2 - 0 沼津中
  • 城東中 6 - 2 芦屋中

2回戦[編集]

  • 鹿児島商 11 - 4 一関中
  • 松江中 11 - 8 敦賀商
  • 浪華商 11 - 2 和歌山中
  • 京都二中 2 - 1 桐生工
  • 函館中 13 - 5 山形中
  • 東京高等師範付中 7 - 1 小倉中
  • 下関商 6 - 2 愛知商(延長11回)
  • 松本市立中 7 - 2 城東中

準々決勝[編集]

  • 京都二中 6 - 0 鹿児島商
  • 浪華商 6 - 0 函館中
  • 下関商 2 - 0 松江中
  • 東京高等師範付中 3 - 2 松本市立中

準決勝[編集]

  • 京都二中 5 - 3 下関商
  • 浪華商 9 - 1 東京高等師範付中

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
京都二中 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
浪華商 0 0 0 0 0 1 0 1 X 2
  1. (京) : 田丸 - 金森
  2. (浪) : 平古場 - 広瀬
  3. 審判:球審…浜崎、塁審…伊達・牧野・弘世

大会本塁打[編集]

  • 第1号:大野一郎(城東中)
  • 第2号:広瀬吉治(浪華商)
  • 第3号:宇都宮一(浪華商)
  • 第4号:広瀬吉治(浪華商)

主な出場選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊甲子園の夏 第18号、朝日新聞出版 2008年
  2. ^ 「よみうり寸評」読売新聞(2009年8月14日夕刊)、『「甲子園の土」ものがたり』(三浦馨著、明治書院)より。

関連項目[編集]