第10回全国中等学校優勝野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 第10回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1924年8月13日 - 8月19日
出場校 19校
参加校数 263校
優勝校 広島商山陽広島、初優勝)
試合数 18試合
大会本塁打 19本塁打
 < 19231925 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第10回全国中等学校優勝野球大会は、1924年大正13年)8月13日から19日まで甲子園大運動場(現・阪神甲子園球場)で実施された全国中等学校優勝野球大会である。

概要[編集]

前回大会の準決勝で観衆が球場から溢れて試合が中断したことを契機として、阪神電気鉄道専務の三崎省三の尽力により、この年の7月31日に甲子園大運動場(甲子園球場)が完成した。また、この大会より初めて指定席に限って入場料を徴収した。

大会3日目で甲子園は超満員となり、5万人入るには10年かかると見ていた関係者を驚かせたという[1]

優勝した広島商は兵庫以西、また実業学校として初の全国制覇となった[1]

出場校[編集]

地方大会 代表校 出場回数
北海道 北海中 北海道 2年ぶり3回目
東北 秋田中 秋田 2年ぶり3回目
関東 宇都宮中 栃木 初出場
東京 早稲田実 東京 3年連続4回目
神静 静岡中 静岡 初出場
東海 愛知一中 愛知 2年連続6回目
甲信 松本商 長野 2年ぶり3回目
北陸 金沢一中 石川 初出場
京津 同志社中 京都 5年ぶり2回目
大阪 市岡中 大阪 2年ぶり6回目
兵庫 第一神港商 兵庫 初出場
紀和 和歌山中 和歌山 10年連続10回目
山陽 広島商 広島 2年ぶり5回目
山陰 鳥取一中 鳥取 4年ぶり6回目
四国 松山商 愛媛 6年連続6回目
九州 佐賀中 佐賀 3年連続3回目
朝鮮 京城中 朝鮮 2年ぶり2回目
満州 大連商 満州 2年連続3回目
台湾 台北商 台湾 初出場

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 北海中 5x - 4 静岡中(延長12回)
  • 台北商 6 - 2 金沢一中
  • 鳥取一中 10 - 0 京城中

2回戦[編集]

  • 宇都宮中 10 - 7 佐賀中
  • 大連商 4 - 3 愛知一中
  • 広島商 4 - 2 和歌山中
  • 市岡中 8 - 5 北海中
  • 松本商 7 - 2 台北商
  • 鳥取一中 15 - 2 同志社中
  • 第一神港商 11 - 5 早稲田実
  • 松山商 13 - 1 秋田中

準々決勝[編集]

  • 大連商 6 - 3 市岡中
  • 広島商 13 - 10 第一神港商(延長10回)
  • 鳥取一中 5 - 4 宇都宮中
  • 松本商 5 - 2 松山商

準決勝[編集]

  • 広島商 7x - 6 大連商(延長12回)
  • 松本商 9 - 3 鳥取一中

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
松本商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4
広島商 0 0 0 0 0 0 0 3 X 3 8 3
  1. (松) : 伊藤 - 手塚
  2. (広) : 浜井 - 杉田

大会本塁打[編集]

  • 第1号:田中市太郎(静岡中)
  • 第2号:田子栄一(台北商)
  • 第3号:中島均(鳥取中)
  • 第4号:横山保正(鳥取中)
  • 第5号:横山保正(鳥取中)
  • 第6号:土肥梅之助(市岡中)
  • 第7号:土肥梅之助(市岡中)
  • 第8号:小林駒次郎(北海中)
  • 第9号:田子栄一(台北商)
  • 第10号:中島均(鳥取中)
  • 第11号:山下実(第一神港商)
  • 第12号:山口七郎(早稲田実)
  • 第13号:森茂雄(松山商)
  • 第14号:小柴重吉(第一神港商)
  • 第15号:梶上初一(広島商)
  • 第16号:森茂雄(松山商)
  • 第17号:梶上初一(広島商)
  • 第18号:西村成敏(松本商)
  • 第19号:西村成敏(松本商)

脚注[編集]

  1. ^ a b アサヒグラフ増刊1978.8.1号『熱球にかけた青春の記録 甲子園大会60年の歩み』 pp45

関連項目[編集]

外部リンク[編集]