全国高等学校野球選手権千葉大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全国高等学校野球選手権千葉大会
ZOZOマリンスタジアム前景.jpg
ZOZOマリンスタジアム
競技 野球
大会形式 トーナメント
主催 千葉県高等学校野球連盟
朝日新聞
会場 千葉マリンスタジアム(ZOZOマリンスタジアム)
千葉県野球場
青葉の森スポーツプラザ野球場
船橋市民球場
習志野市秋津球場(第一カッター球場)
市川市国府台球場
浦安市運動公園野球場
県立柏の葉公園野球場
成田市営大谷津球場
長生の森公園野球場
市原臨海球場(ゼットエーボールパーク)
袖ケ浦市営球場
開催期間 7月
参加数 157校
前回優勝 専大松戸
公式サイト
千葉県高等学校野球連盟
テンプレートを表示

全国高等学校野球選手権千葉大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんちばたいかい)は、千葉県で開催されている全国高等学校野球選手権の地方予選大会。

概要[編集]

全国で4番目に参加校数の多い激戦区域。実力的に伯仲した学校が多い上、大都市圏の地方大会の中では、非常に公立の高校が健闘していることが特筆される(その様子は、メディアや、高校野球ファンの間で「戦国千葉」と形容されることもある)。これらの影響で千葉大会の独立開催以後、連続出場を果たしたのは1973年~1974年の銚子商、1996年~1998年の市立船橋(1998年は西千葉代表)、2012年~2013年および2016年~2018年の木更津総合(2018年は東千葉代表)の4例に留まっている。(千葉大会の独立開催以前は、南関東代表として1931年~1932年および1935年~1936年の千葉中、1939年~1940年の千葉商、1946年~1948年の成田(1946年・1947年は旧制中学)、東関東代表として1970年~1971年および1973年~1974年の銚子商が甲子園へ連続出場を果たした。)

第80回記念大会より、大会回数の下1桁が0の大会時(西暦の下1桁が8の年)のみ、東千葉と西千葉の2ブロックに分けて予選を行う(ブロックの分け方は後述)[注 1]

2018年7月21日より熱中症予防の対応策として、3回、6回終了時にグラウンド整備、散水を実施する[1][注 2]

2019年の第101回大会では、松戸関宿流山の連合チームが1回戦で行徳、2回戦で清水に勝利を収め、千葉県大会として初めて連合チームが勝利を挙げた。[2]

歴史[編集]

千葉県勢は1918年第4回大会から地方予選に参加。
1972年の第54回大会までは千葉大会の上位校が2次予選へ進出し、全国大会への出場校を決めていた[注 3]。なお1958年1963年1968年の予選は記念大会で1県1代表となったため、2次予選は開催されなかった。

年度 参加県
関東大会
1918年(第4回) - 1919年(第5回) 茨城・栃木・千葉
1920年(第6回) 茨城・栃木・群馬・千葉
1921年(第7回) - 1925年(第11回) 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉
南関東大会
1926年(第12回) - 1935年(第21回) 茨城・千葉
1936年(第22回) - 1947年(第29回) 埼玉・千葉・神奈川
1948年(第30回) - 1957年(第39回) 埼玉・千葉
東関東大会
1959年(第41回) - 1972年(第54回) 茨城・千葉

記念大会における東西の境界線について[編集]

2018年については、習志野市船橋市市川市浦安市鎌ケ谷市松戸市柏市流山市野田市我孫子市白井市印西市八千代市佐倉市四街道市を「西千葉」、それ以外の地域を「東千葉」としてブロック分けされた。2020年の大会の地区分けで言えば、第2〜第5:「西千葉」、第1および第6〜第8:「東千葉」ということになる。

なお、1998年及び2008年の記念大会では、千葉市が「東千葉」ではなく「西千葉」と、我孫子市、白井市、印西市(合併前の本埜村印旛村も含む)、八千代市、佐倉市、四街道市が「西千葉」ではなく「東千葉」とされていた。

使用される球場[編集]

※使用球場に命名権が付いている場合は、正式名称と併記する。

現在使用されている球場[編集]

ここでは、2022年の第104回大会で使用される球場を示す(例年使用されているが、現在工事中の球場を含む)。基本的に、千葉マリンスタジアムと千葉県野球場以外は、概ね3回戦まで(または、2020年代替大会の地区トーナメントのみ)の使用。船橋・柏の葉・市原臨海は準々決勝までで使用されることがある。

過去に使用された球場[編集]

本大会で使用されたことのある球場[編集]

  • 八千代市総合運動公園野球場(八千代市) - 2011年まで本大会で使用されていた(その後は本大会では使用されていない)。2020年代替大会に第5地区トーナメントで使用された。
  • 大栄野球場(成田市大栄地区) - 大栄と同じ成田市にある大谷津が使用されない間の代替会場として2015年〜19年の限定利用予定だったが、2020年代替大会も第6地区トーナメントで使用された。いずれの年も、命名権により「ナスパスタジアム」となっていた。

下記2球場は、いずれも現存しない。

2020年代替大会のみで使用されたことのある球場[編集]

下記はいずれも2020年代替大会のみで使用された球場であり、本大会で使用されたことはない。

歴代代表校[編集]

年度 県勢参加 代表校(出場回数) 決勝スコア 準優勝校 全国大会
関東大会
1918年(第4回大会 2校 竜ヶ崎中(茨城) 6-2 千葉師範 -
1919年(第5回大会 3校 竜ヶ崎中(茨城) 11-3 茨城商 -
1920年(第6回大会 3校 竜ヶ崎中(茨城) 7-1 前橋中 -
1921年(第7回大会 4校 竜ヶ崎中(茨城) 10-1 茨城商 -
1922年(第8回大会 5校 竜ヶ崎中(茨城) 8x-7 大田原中 -
1923年(第9回大会 4校 宇都宮商(栃木) 7-5 千葉中 -
1924年(第10回大会 8校 宇都宮中(栃木) 4x-3 前橋中 -
1925年(第11回大会 4校 前橋中(群馬) 13-3 茨城商 -
南関東大会
1926年(第12回大会 6校 千葉師範(初出場) 8-7 水戸中 2回戦(初戦)
1927年(第13回大会 4校 茨城商(茨城) 7-3 千葉中 -
1928年(第14回大会 8校 関東中(初出場) 3-2 竜ヶ崎中 2回戦(初戦)
1929年(第15回大会 5校 水戸中(茨城) 4-2 千葉師範 -
1930年(第16回大会 12校 水戸中(茨城) 7-4 茨城工 -
1931年(第17回大会 12校 千葉中(初出場) 9-8 茨城工 1回戦
1932年(第18回大会 12校 千葉中(2年連続2回目) 5-3 茨城工 1回戦
1933年(第19回大会 12校 水戸商(茨城) 3-2 銚子商 -
1934年(第20回大会 13校 関東中(6年ぶり2回目) 17-4 銚子商 2回戦(初戦)
1935年(第21回大会 13校 千葉中(3年ぶり3回目) 5x-4 茨城工 2回戦
1936年(第22回大会 12校 千葉中(2年連続4回目) 4x-3 横浜商 ベスト8
1937年(第23回大会 12校 浅野中(神奈川) 11-0 神奈川商工 -
1938年(第24回大会 11校 浅野中(神奈川) 1x-0 関東中 -
1939年(第25回大会 10校 千葉商(初出場) 4-3 関東中 2回戦(初戦)
1940年(第26回大会 13校 千葉商(2年連続2回目) 3-0 大宮工 ベスト8
1941年(第27回大会 13校 千葉商(出場なし) 8-1 関東中 (中止)
1946年(第28回大会 13校 成田中(初出場) 5-4 横浜商 1回戦
1947年(第29回大会 23校 成田中(2年連続2回目) 7-0 川崎中 ベスト4
1948年(第30回大会 24校 成田(3年連続3回目) 1-0 本庄 1回戦
1949年(第31回大会 29校 熊谷(埼玉) 5-3 千葉 -
1950年(第32回大会 32校 千葉一(14年ぶり5回目) 6-1 安房一 2回戦(初戦)
1951年(第33回大会 35校 熊谷(埼玉) 5-3 佐原一 -
1952年(第34回大会 34校 成田(4年ぶり4回目) 6-5 川越工 ベスト4
1953年(第35回大会 37校 千葉一(3年ぶり6回目) 4x-3 深谷商 2回戦(初戦)
1954年(第36回大会 37校 千葉商(14年ぶり3回目) 6-0 浦和商 2回戦
1955年(第37回大会 43校 成田(3年ぶり5回目) 5-3 鴻巣 2回戦(初戦)
1956年(第38回大会 44校 千葉商(2年ぶり4回目) 8-3 銚子商 2回戦(初戦)
1957年(第39回大会 44校 大宮(埼玉) 5-2 成田 -
1958年(第40回大会 46校 銚子商(初出場) 5-0 千葉商 3回戦
東関東大会
1959年(第41回大会 46校 下館一(茨城) 3-1 成東 -
1960年(第42回大会 48校 水戸商(茨城) 7-5 銚子商 -
1961年(第43回大会 49校 銚子商(3年ぶり2回目) 4-0 市銚子 2回戦
1962年(第44回大会 49校 習志野(初出場) 7-5 市銚子 1回戦
1963年(第45回大会 50校 銚子商(2年ぶり3回目) 6-1 千葉経済 ベスト8
1964年(第46回大会 56校 千葉商(8年ぶり5回目) 4-1 成東 1回戦
1965年(第47回大会 59校 銚子商(2年ぶり4回目) 9-0 日立一 準優勝
1966年(第48回大会 62校 竜ヶ崎一(茨城) 5-1 千葉商 -
1967年(第49回大会 64校 習志野(5年ぶり2回目) 8-0 竜ヶ崎一 優勝
1968年(第50回大会 66校 千葉商(4年ぶり6回目) 2-1 銚子商 2回戦
1969年(第51回大会 68校 取手一(茨城) 1-0 土浦日大 -
1970年(第52回大会 68校 銚子商(5年ぶり5回目) 2x-1 成東 2回戦
1971年(第53回大会 75校 銚子商(2年連続6回目) 12-1 竜ヶ崎一 ベスト8
1972年(第54回大会 77校 習志野(5年ぶり3回目) 2-0 銚子商 1回戦
千葉大会
1973年(第55回大会 79校 銚子商(2年ぶり7回目) 9-7 木更津中央 ベスト8
1974年(第56回大会 82校 銚子商(2年連続8回目) 2-0 市銚子 優勝
1975年(第57回大会 84校 習志野(3年ぶり4回目) 5-2 君津 優勝
1976年(第58回大会 95校 銚子商(2年ぶり9回目) 15-0 安房 ベスト8
1977年(第59回大会 103校 千葉商(9年ぶり7回目) 3-1 習志野 2回戦(初戦)
1978年(第60回大会 111校 我孫子(初出場) 4-0 銚子商 2回戦(初戦)
1979年(第61回大会 124校 市銚子(初出場)※ 6-4 習志野 1回戦
1980年(第62回大会 132校 習志野(5年ぶり5回目) 9-1 成東 2回戦
1981年(第63回大会 140校 市銚子西(初出場)※ 1-0 銚子商 1回戦
1982年(第64回大会 141校 東海大浦安(初出場) 2-0 千葉商 2回戦(初戦)
1983年(第65回大会 151校 印旛(初出場) 11-3 君津商 3回戦
1984年(第66回大会 158校 拓大紅陵(初出場) 9-5 東海大浦安 2回戦(初戦)
1985年(第67回大会 166校 銚子商(9年ぶり10回目) 10-0 市柏 1回戦
1986年(第68回大会 172校 拓大紅陵(2年ぶり2回目) 8-0 印旛 3回戦
1987年(第69回大会 175校 習志野(7年ぶり6回目) 6-4 東海大浦安 ベスト8
1988年(第70回大会 174校 拓大紅陵(2年ぶり3回目) 12-0 市柏 3回戦
1989年(第71回大会 175校 成東(初出場) 1-0 拓大紅陵 2回戦
1990年(第72回大会 175校 成田(35年ぶり6回目) 6-2 暁星国際 2回戦
1991年(第73回大会 175校 我孫子(13年ぶり2回目) 2-0 銚子商 3回戦
1992年(第74回大会 176校 拓大紅陵(4年ぶり4回目) 2-1 二松学舎沼南 準優勝
1993年(第75回大会 177校 市船橋(初出場) 4-0 成田 ベスト4
1994年(第76回大会 177校 志学館(初出場) 8-7 成田 1回戦
1995年(第77回大会 177校 銚子商(10年ぶり11回目) 4-3 拓大紅陵 3回戦
1996年(第78回大会 174校 市船橋(3年ぶり2回目) 6-1 二松学舎沼南 2回戦
1997年(第79回大会 173校 市船橋(2年連続3回目) 5-2 流通経済大柏 ベスト8
1998年(第80回大会 東84校 八千代松陰(初出場) 1-0 成田 1回戦
西89校 市船橋(3年連続4回目) 4-2 東海大浦安 1回戦
1999年(第81回大会 172校 柏陵(初出場) 1x-0 市銚子 ベスト8
2000年(第82回大会 171校 東海大浦安(18年ぶり2回目) 4-1 木更津中央 準優勝
2001年(第83回大会 174校 習志野(14年ぶり7回目) 6-0 東海大望洋 3回戦
2002年(第84回大会 174校 拓大紅陵(10年ぶり5回目) 4-0 中央学院 1回戦
2003年(第85回大会 179校 木更津総合(初出場) 4-2 志学館 2回戦
2004年(第86回大会 180校 千葉経大附(初出場) 5-1 習志野 ベスト4
2005年(第87回大会 181校 銚子商(10年ぶり12回目) 5-3 拓大紅陵 3回戦
2006年(第88回大会 180校 千葉経大附(2年ぶり2回目) 5-3 拓大紅陵 1回戦
2007年(第89回大会 178校 市船橋(9年ぶり5回目) 9-1 木更津総合 1回戦
2008年(第90回大会 東81校 木更津総合(5年ぶり2回目) 2-0 東海大望洋 2回戦
西94校 千葉経大附(2年ぶり3回目) 2-1 沼南 2回戦
2009年(第91回大会 175校 八千代東(初出場) 5-4 拓大紅陵 1回戦
2010年(第92回大会 175校 成田(20年ぶり7回目) 1-0 東海大望洋 ベスト4
2011年(第93回大会 172校 習志野(10年ぶり8回目) 14-2 東京学館浦安 ベスト8
2012年(第94回大会 172校 木更津総合(4年ぶり3回目) 9-0 柏日体 2回戦(初戦)
2013年(第95回大会 171校 木更津総合(2年連続4回目) 6-5 習志野 3回戦
2014年(第96回大会 170校 東海大望洋(初出場) 13-2 専大松戸 2回戦(初戦)
2015年(第97回大会 170校 専大松戸(初出場) 7-3 習志野 1回戦
2016年(第98回大会 170校 木更津総合(3年ぶり5回目) 3-2 市船橋 ベスト8
2017年(第99回大会 168校 木更津総合(2年連続6回目) 4-3 習志野 1回戦
2018年(第100回大会 東83校 木更津総合(3年連続7回目) 10-2 成田 3回戦
西80校 中央学院(初出場) 6-2 東京学館浦安 1回戦
2019年(第101回大会 170校 習志野(8年ぶり9回目) 8-1 八千代松陰 2回戦
2020年(第102回大会 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止(独自大会
2021年(第103回大会 157校 専大松戸(6年ぶり2回目) 10x-6 木更津総合 2回戦
2022年(第104回大会 153校 ()

※現在の市銚子は、2008年銚子西(第63回大会優勝)が旧・市銚子(第61回大会優勝)を吸収のうえ市銚子に校名を変更したものである。その際公式記録も合算されているため、次に優勝すれば、「〇年ぶり3回目(の甲子園出場)」と表記されることになる。

  • 1941年は県予選のみ実施
  • 参加校数は日本高野連の発表に基づき連合チームを1校としてカウント

選手権大会成績[編集]

高校別全国大会出場回数[編集]

チーム(前身校) 優勝
回数
優勝年度
銚子商 12 1958,1961,1963,1965,1970,1971,1973,1974,1976,1985,1995,2005
習志野 9 1962,1967,1972,1975,1980,1987,2001,2011,2019
成田(成田中) 7 1946,1947,1948,1952,1955,1990,2010
千葉商 7 1939,1940,1954,1956,1964,1968,1977
木更津総合 7 2003,2008,2012,2013,2016,2017,2018
千葉(千葉中、千葉一) 6 1931,1932,1935,1936,1950,1953
拓大紅陵 5 1984,1986,1988,1992,2002
市船橋 5 1993,1996,1997,1998,2007
千葉経大附 3 2004,2006,2008
千葉敬愛(関東中) 2 1928,1934
市銚子(旧・市銚子、銚子西) 2 1979(旧・市銚子),1981
我孫子 2 1978,1991
東海大浦安 2 1982,2000
専大松戸 2 2015,2021
千葉師範 1 1926
印旛明誠(印旛) 1 1983
成東 1 1989
志学館 1 1994
八千代松陰 1 1998
柏陵 1 1999
八千代東 1 2009
東海大市原望洋(東海大望洋) 1 2014
中央学院 1 2018

要綱等[編集]

  • 入場料は大人600円・学生100円

2回表・裏攻撃前に球場内に校歌が流される。県高野連発行の出場校選手名簿が各球場で販売されており、2010年代になってからは全部員名も掲載されている。

延長は15回までとなっているが、1日に3試合組まれている球場では、その日の最終試合でなければ試合開始から3時間半を超えて同点の場合、次のイニングに入らず引き分け再試合となる。

7月20日(休日の場合は直近の平日)は、県内各高校で終業式のため、天候や大会の進捗にかかわらず調整日として試合は行われない。雨天中止などで前日までに順延があった場合でも、当該日は午後のみ試合が行われる(例として、2015年7月17日(金曜)は元々終業式に伴う調整日だったが、前日16日に台風11号の影響で全試合中止となり、17日午後のみに試合が設定された)。

2016年[編集]

同年7月10日に参議院選挙が行われ、この選挙より18歳以上に選挙権が与えられることから、一部選手や応援団などに選挙権があることや、丁度この時期が県内各高校の期末試験であることに配慮し[5]、イレギュラー対応を行うことになった。例年開会式後に行われる開幕試合(1回戦1試合)は、この年より行われなくなった。なお、20日の終業式に伴う調整日も例年どおり設定される。当初の予定では、前日7月9日に開会式を行った後、10・11日は調整日として試合を行わず、試合は12日から開催される予定だった。しかし、雨で開会式が10日に順延した為選挙と日程が重なった。

2019年[編集]

同年から、従来の終業式による調整日に加え、準々決勝の翌日、準決勝の翌日も調整日とすると予定されていた[6]。しかし、2019年7月は千葉県を含めた関東地方で雨天が相次ぎ日照不足になるなどの異常気象に見舞われ[7]、雨天中止が相次いだ。その結果、本来ならば終業式当日で調整日になるはずの7月19日は午前中から試合が行われるなど、当初予定より大幅な変更となった。

2020年[編集]

同年7月24日から東京オリンピックが開幕し、主会場である千葉マリンスタジアムに隣接する幕張メッセでも一部競技が行われるため、混乱を回避することや高校の期末試験などを避ける目的で例年より日程を繰り上げ、7月1日から21日までの開催予定となっていた。また、千葉マリンスタジアムでも千葉ロッテマリーンズ横浜DeNAベイスターズ[注 5]の主催試合で使用できない期間があるため、該当日は別会場での開催になる予定としていた[9]

しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止対策で高校の長期休校が続いており、授業時間を確保するために登校日や授業日を増やす動きがある中での地方大会の開催は学業の支障になりかねないこと、全国大会についても代表校が全都道府県から長時間かけて移動することなどを考慮すると、感染と拡散のリスクが避けられないことを踏まえ、日本高等学校野球連盟(日本高野連)は5月20日、第102回全国高等学校野球選手権大会と全ての地方大会を中止にすることを発表した[10]

2021年[編集]

同年7月23日から、前年より延期された東京オリンピックが開幕する予定で、引き続き県内(幕張メッセ)が一部の競技会場となり、開催前に終了させる必要があるため、イレギュラー対応となる[11]。6月30日に千葉マリンスタジアムで開会式を行い、7月1日から19日までの開催予定となっている[12]。また、7月15日に準々決勝、17日に準決勝、19日に決勝を予定していた。なお、各校の期末試験実施への配慮のため、5日 - 8日の4日間を休養日扱いとして、試合は行われない。

その後、同年6月2日の運営会議にて、以下の方針が発表された[13]

  • 開会式は無観客かつ登録選手のみ(控え選手は不可)での実施。プラカード持ちも登録選手が行い、行進後は主将とプラカード持ちの各校2名のみグラウンドに残り、その他の選手はスタンドに移動してから開会式を進行する。
  • 4回戦までは無観客とするが、学校関係者および選手の保護者のみ入場可。
  • 5回戦以降の千葉マリンスタジアム開催分についてのみ、上記の学校関係者・保護者を含めて約5000人を上限に観客を入れる方針であることを発表した。前売り券のみの販売となり、当日券の販売は行わない。また、例年と異なり、入場料は一律に1,000円となっている[14]。なお、千葉マリンスタジアム以外の球場は、4回戦までと同様無観客開催となる。
    • 無観客開催の試合が殆どであるため、入場料収入がなく大会開催にあたり財政状況が厳しいことから、千葉県高校野球連盟(千葉県高野連)はクラウドファンディングにより開催費用を捻出することになった[15]

しかし、同年7月1日 - 3日に開催を予定していた試合が雨天により全て中止となった[16]。これを受けて、千葉県高野連は一部の試合日程を変更、18日に準々決勝、20日に準決勝(終業式に伴う休養日設定なし)、21日に決勝になった[17]。更には4日も予定されていた29試合の内、実施したのは4試合にとどまった[18][19]。また、使用球場の変更も相次いだ。

2022年[編集]

前年まで2年連続で日程上イレギュラーであったが、3年ぶりに本来の7月中旬 - 下旬の開催に戻ることになる。前年と比較して、新型コロナウイルス対応は以下の通りある程度緩和されるものの、それでも2019年までと比較するとある程度制限した形での開催となる[20][21]

  • 全試合を有観客で開催。当日券と前売り券の併用に変更。ただし、観客数は各球場の内野席数を上限とする(ZOZOマリンスタジアムを除き、原則5,000人以下)。
  • 各校のブラスバンドも、50人を限度に受け入れ再開。チアリーディングも受け入れる。ただし、声を出しての応援は禁止。
  • 開会式については、以下の通り。
    • 前年同様、行進後は主将と副主将の各校2名のみがグラウンドに残り、その他の選手はスタンドに移動してから開会式を進行する。プラカード持ちについては、前年は選手が兼務していたが、例年同様の植草学園大学附属高等学校女子生徒による担当が復活。
    • スタンドを主将・副主将以外の選手が使用するため、開会式のみ観客数を大幅制限し、前売り販売のみとなる。
    • 演奏・合唱は生で行わず、事前録音を用いる。
    • 2015年を最後に[22][23]、開会式後に当日中の開幕試合は行われていなかったが、7年ぶりに復活する[24]
    • 日程の都合上、開会式が雨天中止の場合は翌日に順延しない(開会式自体が行われない[注 6])。

2020 夏季千葉県高等学校野球大会[編集]

日本高野連が全国高等学校野球選手権大会並びに地方大会の開催を中止にしたことを受けて、千葉県高校野球連盟(千葉県高野連)は代替大会として、独自に「2020 夏季千葉県高等学校野球大会」を2020年8月に開催することを発表した。期間は同月20日から秋季関東地区高等学校野球大会の地区予選が行われることから同大会の日程に抵触しない形で8月2日から同月18日までの開催となり、開会式と閉会式は実施しない[25][26]

長距離移動を避ける観点から、8月2日から10日の期間に県内を地域ごとに8つの地区に分けた「地区トーナメント」を各地区の最寄り球場で行い(地区の区分けは後述)、それを勝ち上がった8チームが8月15日から18日の期間に「決勝トーナメント」として、会場は主に千葉県野球場と船橋市民球場で行う。

なお、当初の時点では、千葉マリンスタジアムは使用しないと発表していたが[26][27][28]、後日ロッテ球団による協力もあり、地区トーナメントの一部試合を千葉マリンスタジアムでも開催できるように日程を再割当することを発表した[28][29]

2020年8月8日、東海大学付属市原望洋高等学校は同校野球部員の新型コロナウイルス感染が判明したため、本大会への出場を辞退したことを千葉県高野連が発表した。同校は同日、千葉マリンスタジアムにて、木更津総合高等学校との4回戦を行う予定だったが、出場辞退に伴い、木更津総合高等学校の不戦勝となった。日本高野連によると、加盟校の野球部関係者で同ウイルスによる感染者が発生したのは今回の事案が初めてとのことである[30]。不戦勝となった木更津総合高等学校は、その後第8地区を制し、決勝トーナメントも制して優勝した[31]

  • 決勝(8月18日:千葉県野球場)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
専大松戸 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 4 1
木更津総合 0 0 0 1 1 0 0 0 X 2 3 0

地区トーナメントの地域区分け[編集]

8つ全ての地区で、一部の試合を千葉マリンスタジアムで実施。それ以外は、原則地区内の球場で実施。

  • 第1地区 - 千葉市(使用球場:千葉県野球場、青葉の森スポーツプラザ野球場)
  • 第2地区 - 船橋市、習志野市、鎌ケ谷市(使用球場:船橋市民球場、第一カッター球場)
  • 第3地区 - 松戸市、市川市、浦安市(使用球場:浦安市運動公園野球場、船橋市民球場)
  • 第4地区 - 柏市、流山市、野田市(使用球場:柏の葉公園野球場、野田市営球場)
  • 第5地区 - 我孫子市、印西市、白井市、八千代市、四街道市、佐倉市(使用球場:八千代市総合運動公園野球場、長嶋茂雄記念岩名球場、(決勝のみ)千葉県野球場)
  • 第6地区 - 成田市・銚子市匝瑳市などの、香取・東総地域(使用球場:成田市営大谷津球場、ナスパスタジアム)
  • 第7地区 - 東金市・茂原市・鴨川市・館山市などの、外房・安房地域(使用球場:長生の森公園野球場、鴨川市営球場)
  • 第8地区 - 市原市・木更津市富津市などの、内房地域(使用球場:ゼットエーボールパーク、袖ケ浦市総合運動場野球場)

試合中継[編集]

千葉テレビ放送[編集]

千葉テレビ放送(CTC・チバテレ)にて、開会式と、1回戦から決勝まで生中継(後述のとおり、1回戦の中継を行わない時期があった)。

基本的に大会前半を千葉県野球場(2011年は市原臨海球場または青葉の森公園野球場、2021年は市原臨海球場または習志野市秋津球場)、後半は千葉マリンスタジアムの試合を中継する。2004年までは1回戦から放送されていた。2005年から2010年までは開幕試合の中継はなかった。2013年以降は1回戦も032チャンネル(現:チバテレ ミライチャンネル)で放送され[注 7]ていたが、2016年以降は1回戦も通常の031チャンネルで中継される。また、これまで準々決勝は千葉マリンスタジアムの2試合のみ中継されていたが、こちらも2016年以降は031チャンネルで千葉マリンスタジアムの2試合、032チャンネルで県野球場の2試合を中継し、4試合すべて中継対象になる[32]。2019年は千葉マリンスタジアムで1回戦から全日程で開催され、同球場を中心とした中継になる[33]

2020年の代替大会では、千葉マリンスタジアムが使用可能な8月3日 - 8日は千葉マリンスタジアムの2試合を、9日以降は千葉県野球場の試合を中継(大会初日である2日は、予定試合が少なく中継無し)。15日は地上デジタル放送のマルチ編成を活用して、千葉県野球場と船橋市民球場双方で行われる計4試合を中継する[34]。なお、1日に最大2試合であり、試合開始は基本的に9:00と14:00であるため、間が空く時間帯である12:30 - 13:30に、視聴者投票により選出された過去の決勝の名勝負をプレイバックする『夏の高校野球千葉大会 決勝セレクション 白球の残像』を、13:30-14:00はテレビショッピングを穴埋め番組として放送する[35]。なお、この『白球の残像』は、2021年・2022年も大会直前の事前番組や[36][37]、2021年7月4日・9日両日の第1試合の中継が雨天により試合開始が遅れたことに伴う穴埋めとして放送された。

2009年までは標準画質映像での中継であったが、2010年から千葉マリンスタジアム、2011年から全試合でハイビジョンでの中継を行っている。032チャンネルについても、2020年11月の機器更新に伴い、2021年からHD画質での中継を行っている。

2012年以降はメインチャンネルの放送枠以降も試合が続いている場合、マルチ編成を使用して中継を継続する。

2015年から[38]朝日放送テレビ朝日新聞社運動通信社(スポーツブル)が共同運営している「バーチャル高校野球」内でも同時配信している。2018年は準々決勝からライブ配信され、準々決勝は2球場とも配信[39]。2019年は1回戦(一部試合を除く)からライブ配信を行った[40]。2020年の代替大会についても同サービスにおいてライブ配信を行う[41]。2021年はチバテレ『高校野球ダイジェスト』にて放送した準々決勝以降の試合ダイジェストについても同局のYouTubeチャンネルにて期間限定で配信する[42]

長年使用している中継のテーマ曲は、「スパーツ将軍」。かつては、試合中継におけるスポンサーがたくさん存在したため、その名残でロールテロップにて表示している(現在も、1試合につき概ね10社以上のスポンサーが存在している)。

試合中継とは別に、ダイジェスト番組として、試合日の夕方には『高校野球ダイジェスト 白球ナイン』(旧:『速報!今日の高校野球』→『高校野球全力応援TV ガチファン』)、夜には『高校野球ダイジェスト』が放送される。ただし、2020年以降は『高校野球ダイジェスト』のみの放送となり、夕方の番組は放送しない。

その他のメディア[編集]

NHKは決勝戦のみ関東ブロックで総合テレビ[43]・関東ローカルでEテレ[44] のどちらかで放送される。 ラジオNHK千葉FM放送で準決勝・決勝が生中継される[45] 2019年は決勝のみに変更[46]かつては文化放送が決勝戦を中継していたことがあった[要出典]

県内のケーブルテレビ(J:COM広域高速ネット二九六いちはらコミュニティー・ネットワーク・テレビイースト・コミュニケーションズ)で柏の葉公園野球場で行われる全試合を生中継する(2014年から)。2016年は柏の葉(1-3回戦)に加え千葉県野球場(4・5回戦)の試合を生中継する[47]

ベースボールマガジン社より「千葉大会展望号」が発売されている。シード校は1~2ページ、その他出場校(チーム)は1/2ページでチーム紹介とメンバーが掲載されている。県内以外でも大型書店等で販売。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この年は、他に埼玉、神奈川、愛知、大阪、兵庫が2代表制となる。
  2. ^ 同様の措置は埼玉県大会でも行われている。
  3. ^ ただし、1929年第15回大会までは各県の参加校数が少なかったため県予選は実施されず、全参加校は直接南関東大会へ出場していた。
  4. ^ 当初は柏の葉公園野球場が準々決勝で使用される予定だったが、後述する雨天順延が相次いだことに伴い、日程の都合上ゼットエーに変更された。
  5. ^ 本拠地である横浜スタジアムが東京オリンピック野球ソフトボール種目の会場となっており、開催前後が使用不可能になるための代替措置[8]
  6. ^ この場合、選手宣誓も行われないかは、明言されていない。
  7. ^ 同日に1・2回戦が両方行われる場合はメインチャンネルで中継。

出典[編集]

  1. ^ 東西千葉大会で猛暑対策、散水や給水タイムを実施 2018年7月21日 日刊スポーツ
  2. ^ “【ちば高校野球】「野球続けて良かった」 心一つに連合チーム初勝利 県松戸・県柏・関宿・流山”. 千葉日報. (2019年7月12日). https://this.kiji.is/522229127165183073?c=428427385053398113 
  3. ^ a b c “【速報】170校、163チーム出場決定 第101回夏の高校野球千葉大会”. 千葉日報. (2019年6月5日). https://www.chibanippo.co.jp/news/sports/600061 2019年6月8日閲覧。 
  4. ^ 国府台球場”. 市川市. 2020年7月31日閲覧。
  5. ^ “第98回全国高校野球千葉大会、7月9日開会式”. 朝日新聞. (2016年6月9日). http://www.asahi.com/articles/ASJ6844KLJ68UDCB00D.html 2016年7月1日閲覧。 
  6. ^ “千葉大会、準々決勝の翌日と準決勝の翌日を調整日に”. 日刊スポーツ. (2019年6月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201906050000487.html 2019年6月8日閲覧。 
  7. ^ “今後1週間、日照不足と低温 東北太平洋側と関東甲信、東海 気象庁”. 時事通信. (2019年7月16日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071600936&g=soc 2019年7月18日閲覧。 
  8. ^ 2020年度セントラル・リーグ選手権試合日程”. 一般社団法人日本野球機構(2019年7月22日作成). 2020年2月22日閲覧。
  9. ^ 7月1日開幕 夏の高校野球千葉大会 21日決勝 五輪受け前倒し”. 千葉日報(2020年2月20日作成). 2020年2月22日閲覧。
  10. ^ 高野連が夏の甲子園、49地方大会も中止発表 理由説明「リスクなくすことできない」”. デイリースポーツ (2020年5月20日). 2020年5月20日閲覧。
  11. ^ 夏の高校野球千葉県大会は前倒し開催、ZOZOマリンのみ5回戦以降有観客”. 日刊スポーツ (2021年6月2日). 2021年7月2日閲覧。
  12. ^ 高校野球 夏の千葉県大会は6月30日開幕 2021年度大会日程”. 千葉日報(2021年1月21日作成). 2021年6月1日閲覧。
  13. ^ “夏の高校野球千葉県大会は前倒し開催、ZOZOマリンのみ5回戦以降有観客”. 日刊スポーツ. (2021年6月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202106020000518.html 2021年6月2日閲覧。 
  14. ^ チケット販売7日から マリン5回戦以降限定 第103回全国高校野球選手権千葉大会”. 千葉日報 (2021年6月27日). 2021年6月27日閲覧。
  15. ^ 千葉県高野連がクラウドファンディング 夏の大会開催費調達へ”. 千葉日報(2021年6月10日作成). 2021年6月15日閲覧。
  16. ^ 【千葉】3日連続雨天中止。決勝予定日も未定に…。<3日の試合・トーナメント表>”. 高校野球ドットコム (2021年7月3日). 2021年7月3日閲覧。
  17. ^ 7月4日の高校野球 千葉”. 朝日新聞 (2021年7月5日). 2021年7月5日閲覧。
  18. ^ ゼットエーなどで1回戦始まる 第103回全国高校野球 千葉大会 第2日”. 千葉日報 (2021年7月4日). 2021年7月4日閲覧。
  19. ^ 創部1年目、初出場初勝利 今春共学化の光英VERITAS 楽しむ野球で"第一歩"”. 千葉日報 (2021年7月4日). 2021年7月4日閲覧。
  20. ^ “夏の高校野球、3年ぶり全試合有観客 ブラバン・チア応援可に 第104回全国高校野球 千葉大会”. 千葉日報. (2022年6月8日). https://www.chibanippo.co.jp/news/sports/944103 2021年6月11日閲覧。 
  21. ^ “開会式から全試合が有観客に、吹奏楽・チアも可 高校野球千葉大会”. 朝日新聞. (2022年6月9日). https://www.asahi.com/articles/ASQ686W1PQ68UDCB00L.html 2021年6月11日閲覧。 
  22. ^ “千葉県高校野球 10日開幕”. 千葉日報. (2015年7月10日). http://www.chibanippo.co.jp/news/sports/266490 2021年6月11日閲覧。 
  23. ^ “雨天順延、きょう開会式 第98回全国高校野球選手権千葉大会”. 千葉日報. (2016年7月10日). https://www.chibanippo.co.jp/news/sports/336296 2021年6月11日閲覧。 
  24. ^ “夏の高校野球千葉大会組み合わせ決まる 3年ぶり有観客開催”. 産経新聞. (2022年6月23日). https://www.sankei.com/article/20220623-E2VHIATJTZNDJGBPYSDKKWCFS4/ 2022年6月23日閲覧。 
  25. ^ 千葉県は8月に代替大会を開催/高校野球”. サンケイスポーツ (2020年5月22日). 2020年6月5日閲覧。
  26. ^ a b <高校野球>千葉独自大会8月2日開幕 無観客、トーナメントで”. 千葉日報 (2020年6月16日). 2020年6月17日閲覧。
  27. ^ 千葉県高野連が代替大会の開催を正式発表 8・2開幕でZOZOマリンは使わず”. スポーツ報知 (2020年6月16日). 2020年6月17日閲覧。
  28. ^ a b 【千葉】球児にロッテからうれしい申し出…代替大会ZOZOマリン使用OK”. スポーツ報知 (2020年7月16日). 2020年7月16日閲覧。
  29. ^ <高校野球>千葉県独自大会に158チーム参加 3年保護者の観戦可、ZOZOマリンも使用”. 千葉日報 (2020年7月15日). 2020年7月16日閲覧。
  30. ^ 東海大望洋、野球部員の感染判明 千葉県の代替大会出場を辞退”. 共同通信 (2020年8月8日). 2020年8月8日閲覧。
  31. ^ 高校野球千葉大会、優勝は木更津総合 エース・篠木投打に活躍”. 産経新聞 (2020年8月18日). 2020年9月14日閲覧。
  32. ^ 組合せ決まる!7/9(土)いよいよ開幕 170チームの熱戦を1回戦から生中継 「第98回全国高等学校野球選手権千葉大会」 千葉テレビ放送 2016年6月20日
  33. ^ 2019年7月タイムテーブル 千葉テレビ放送 2019年6月24日
  34. ^ チバテレ【公式】@chiba3chのツイート” (2020年8月10日). 2020年8月11日閲覧。
  35. ^ 夏の高校野球千葉大会 決勝セレクション 白球の残像 千葉テレビ放送 2020年7月21日
  36. ^ 夏の高校野球千葉大会 過去の名勝負をチバテレミライチャンネルで! 千葉テレビ放送 2021年6月15日
  37. ^ 2022年6月タイムテーブル 千葉テレビ放送 2022年5月25日
  38. ^ 「バーチャル高校野球」サイトで、26の地方大会決勝と甲子園大会の全試合を生中継!”. 株式会社朝日新聞社・PR TIMES(2015年7月17日作成). 2019年8月2日閲覧。
  39. ^ 2018年7月21日のツイート 梅中悠介twitter
  40. ^ 「バーチャル高校野球」が「SPORTS BULL(スポーツブル )」にて地方大会約900試合のライブ中継をスタート”. 株式会社運動通信社(2019年7月5日作成). 2019年7月31日閲覧。
  41. ^ 2020夏季千葉県高等学校野球大会について” (2020年8月1日). 2020年8月8日閲覧。
  42. ^ 高校野球はチバテレで!夏の高校野球千葉大会2021まもなく開幕!”. 千葉テレビ放送. p. 3 (2021年6月22日). 2021年6月22日閲覧。
  43. ^ NHKネットクラブ番組表2016年7月26日 千葉水戸宇都宮前橋
  44. ^ NHKネットクラブ番組表2017年7月25日
  45. ^ NHKネットクラブ番組表2016年7月 準決勝決勝
  46. ^ 夏の高校野球&茂原七夕まつり ~遠藤由佳子~ NHKちばブログ 2019年7月5日
  47. ^ 夏の高校野球 千葉大会 柏の葉公園野球場と千葉県野球場の試合を7月12日(火)から生中継! J:COMニュースリリース 2016年6月8日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]