第37回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 第37回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1955年8月10日 - 8月17日
出場校 23校
参加校数 1,721校
優勝校 四日市三岐三重、初優勝)
試合数 22試合
選手宣誓 吉沢徳則(法政二
始球式 村山長挙(大会会長、朝日新聞社取締役会長)
大会本塁打 1本塁打
 < 19541956 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第37回全国高等学校野球選手権大会(だい37かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1955年8月10日から8月17日まで甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

代表校[編集]

地方大会 代表校 出場回数
北海道 芦別 北海道 初出場
奥羽 岩手 岩手 初出場
東北 新庄北 山形 初出場
北関東 桐生 群馬 4年ぶり10回目
南関東 成田 千葉 3年ぶり5回目
東京 日大三 東京 3年ぶり4回目
神奈川 法政二 神奈川 3年ぶり2回目
山静 静岡 静岡 4年ぶり11回目
愛知 中京商 愛知 3年連続7回目
三岐 四日市 三重 初出場
信越 伊那北 長野 初出場
北陸 若狭 福井 5年ぶり2回目
京津 立命館 京都 32年ぶり3回目
大阪 浪華商 大阪 2年ぶり8回目
兵庫 市神戸商 兵庫 初出場
紀和 新宮 和歌山 2年連続4回目
東中国 玉島 岡山 初出場
西中国 岩国工 山口 初出場
北四国 坂出商 香川 17年ぶり2回目
南四国 城東 高知 初出場
福岡 小倉 福岡 2年連続9回目
西九州 熊本 熊本 2年ぶり2回目
東九州 津久見 大分 3年ぶり2回目

試合結果[編集]

1回戦[編集]

8月10日

  • 城東 3 - 0 静岡
  • 岩手 3 - 0 法政二
  • 伊那北 1 - 0 新庄北(延長11回)

8月11日

  • 桐生 3 - 1 玉島
  • 坂出商 4 - 3 岩国工
  • 日大三 1 - 0 市神戸商

8月12日

  • 新宮 3 - 2 浪華商

2回戦[編集]

  • 津久見 10 - 0 成田
  • 中京商 5 - 0 熊本

8月13日

  • 四日市 3 - 1 芦別
  • 立命館 4 - 1 若狭
  • 新宮 2 - 0 小倉

8月14日

  • 城東 4 - 1 伊那北
  • 坂出商 3 - 1 岩手
  • 日大三 10 - 4 桐生

準々決勝[編集]

8月15日

  • 四日市 1 - 0 城東
  • 中京商 6 - 0 新宮
  • 坂出商 10 - 1 日大三
  • 立命館 3 - 0 津久見

準決勝[編集]

8月16日

  • 坂出商 2 - 1 立命館
  • 四日市 6 - 1 中京商

決勝[編集]

8月17日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
四日市 1 0 1 0 0 0 0 2 0 4 12 2
坂出商 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 6 2
  1. (四) : 高橋 - 成瀬
  2. (坂) : 岡崎 - 中川
  3. 審判:球審…久保田、塁審…相田・布谷・山本
  4. 試合時間:2時間26分

大会本塁打[編集]

  • 第1号:佐久間芳克(日大三)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]