第39回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 第39回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1957年8月12日 - 8月20日
出場校 23校
参加校数 1769校
優勝校 広島商西中国広島、27年ぶり4回目)
試合数 22試合
選手宣誓 上浜肇(三国
始球式 松永東文部大臣
大会本塁打 0本塁打
 < 19561958 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第39回全国高等学校野球選手権大会(だい39かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1957年8月12日から8月20日まで甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

本年より大阪テレビ放送(後、1959年にチャンネルを継承した朝日放送が引き継ぐ)より、民放テレビでの中継放送が開始された。

概要[編集]

この大会から試合終了後に勝利チームの校旗が校歌演奏のうちにスコアボードのセンターポールに掲揚されることになり、開幕戦の再戦に勝利した坂出商が第1号となった。

出場校[編集]

地方大会 代表校 出場回数
北海道 函館工 9年ぶり3回目
奥羽 黒沢尻工 初出場
東北 山形南 5年ぶり2回目
北関東 土浦一 初出場
南関東 大宮 初出場
東京 早稲田実 2年連続18回目
神奈川 法政二 2年ぶり3回目
山静 清水東 初出場
愛知 津島商工 初出場
三岐 岐阜商 2年連続6回目
信越 上田松尾 初出場
北陸 三国 初出場
地方大会 代表校 出場回数
京滋 平安 2年連続15回目
大阪 寝屋川 初出場
兵庫 育英 21年ぶり3回目
紀和 県和歌山商 6年ぶり4回目
西中国 広島商 2年連続9回目
東中国 松江商 17年ぶり3回目
北四国 坂出商 2年ぶり3回目
南四国 高知 2年ぶり2回目
福岡 戸畑 初出場
西九州 佐賀商 22年ぶり2回目
東九州 宮崎大宮 初出場

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • (坂出商 4 - 1 山形南)(2回裏・降雨ノーゲーム
  • 坂出商 4 - 0 山形南
  • 函館工 5 - 0 佐賀商
  • 宮崎大宮 14 - 1 三国
  • 岐阜商 7 - 0 津島商工(岐阜商の清沢忠彦が無安打無得点試合
  • 大宮 10 - 5 松江商
  • 寝屋川 3 - 1 黒沢尻工
  • 土浦一 4 - 0 県和歌山商

2回戦[編集]

  • 戸畑 2 - 1 高知
  • 上田松尾 3 - 1 平安
  • 法政二 3 - 0 清水東
  • 広島商 5x - 4 育英(延長10回)
  • 早稲田実 1 - 0 寝屋川(延長11回。早稲田実の王貞治が無安打無得点試合)
  • 大宮 7 - 6 宮崎大宮(延長10回)
  • 坂出商 5 - 1 函館工
  • 岐阜商 2 - 0 土浦一

準々決勝[編集]

  • 広島商 5 - 0 上田松尾
  • 大宮 2 - 1 岐阜商
  • 法政二 2 - 1 早稲田実
  • 戸畑 5 - 0 坂出商

準決勝[編集]

  • 法政二 3 - 1 大宮
  • 広島商 6 - 3 戸畑

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
法政二 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 5 1
広島商 0 0 3 0 0 0 0 0 X 3 5 1
  1. (法) : 延藤、青木 - 中村
  2. (広) : 曽根 - 南波
  3. 審判:球審…相田、塁審…久保田・鈴木・山本
  4. 試合時間:1時間50分

大会本塁打[編集]

なし[1]

脚注[編集]

  1. ^ この大会を最後に春夏通じて本塁打が記録されていない大会はない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]