第39回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第39回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1957年8月12日 - 8月20日
出場校 23校
参加校数 1769校
優勝校 広島商西中国広島、27年ぶり4回目)
試合数 22試合
選手宣誓 上浜肇(三国
始球式 松永東文部大臣
大会本塁打 0本
 < 19561958 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第39回全国高等学校野球選手権大会(だい39かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1957年8月12日から8月20日まで甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

本年より大阪テレビ放送(後、1959年にチャンネルを継承した朝日放送が引き継ぐ)より、民放テレビでの中継放送が開始された。

概要[編集]

この大会から試合終了後に勝利チームの校旗が校歌演奏のうちにスコアボードのセンターポールに掲揚されることになり、開幕戦の再戦に勝利した坂出商が第1号となった。

代表校[編集]

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • (坂出商 4 - 1 山形南)(2回裏・降雨ノーゲーム
  • 坂出商 4 - 0 山形南
  • 函館工 5 - 0 佐賀商
  • 宮崎大宮 14 - 1 三国
  • 岐阜商 7 - 0 津島商工
  • 大宮 10 - 5 松江商
  • 寝屋川 3 - 1 黒沢尻工
  • 土浦一 4 - 0 県和歌山商

2回戦[編集]

  • 戸畑 2 - 1 高知
  • 上田松尾 3 - 1 平安
  • 法政二 3 - 0 清水東
  • 広島商 5x - 4 育英(延長10回)
  • 早稲田実 1 - 0 寝屋川(延長11回)
  • 大宮 7 - 6 宮崎大宮(延長10回)
  • 坂出商 5 - 1 函館工
  • 岐阜商 2 - 0 土浦一

準々決勝[編集]

  • 広島商 5 - 0 上田松尾
  • 大宮 2 - 1 岐阜商
  • 法政二 2 - 1 早稲田実
  • 戸畑 5 - 0 坂出商

準決勝[編集]

  • 法政二 3 - 1 大宮
  • 広島商 6 - 3 戸畑

決勝[編集]

8月20日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
法政二 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 5 1
広島商 0 0 3 0 0 0 0 0 X 3 5 1
  1. (法):延藤、青木 - 中村
  2. (広):曽根 - 南波
  3. 審判
    [球審]相田
    [塁審]久保田・鈴木・山本
  4. 試合時間:1時間50分
法政二
打順守備選手
1[遊]二宮博(3年)
2[一]野口真次(3年)
3[二]小川博(3年)
4[左]中山才夫(2年)
5[右]吉田純(2年)
6[三]河東真(3年)
7[中]藤田芳雄(3年)
8[捕]中村富士男(3年)
9[投]延藤謙吉(3年)
青木武文(2年)
広島商
打順守備選手
1[二]佐々木明三(3年)
2[左]右島田卓爾(3年)
3[遊]河野聖四郎(3年)
4[中]益井勝彦(3年)
5[投]曽根弘信(2年)
6[捕]南波正三(3年)
7[右]今田順彦(3年)
打左迫田穆成(3年)
8[一]平川正信(3年)
9[三]伊佐貞彦(3年)

記録[編集]

記録 選手名 対戦校 補足
ノーヒットノーラン 清沢忠彦(岐阜商) 1回戦・対津島商工 大会史上13人目
王貞治(早稲田実) 2回戦・対寝屋川 大会史上14人目

その他の主な出場選手[編集]


脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]