第30回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 第30回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1948年8月13日 - 8月20日
出場校 23校
参加校数 1,256校
優勝校 小倉福岡、2年連続2回目)
試合数 22試合
選手宣誓 石川喜一郎(石巻
大会本塁打 4本塁打
 < 19471949 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第30回全国高等学校野球選手権大会(だい30かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1948年8月13日から8月20日まで甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

学制改革により旧制中等学校新制高等学校に変更され、これに合わせて「優勝野球大会」を「野球選手権大会」に改めた。

また、全国公募による新しい大会歌『栄冠は君に輝く』が誕生した。

代表校[編集]

地方大会 代表校 出場回数
北海道 函館工 北海道 2年連続2回目
奥羽 青森 青森 9年ぶり2回目
東北 石巻 宮城 初出場
北関東 前橋 群馬 20年ぶり4回目
南関東 成田 千葉 3年連続3回目
東京 慶応 東京 2年連続12回目
神奈川 浅野 神奈川 10年ぶり3回目
山静 静岡一 静岡 16年ぶり8回目
愛知 享栄商 愛知 14年ぶり2回目
三岐 岐阜一 岐阜 初出場
信越 穂高農 長野 初出場
北陸 金沢一 石川 24年ぶり2回目
京津 西京商 京都 27年ぶり3回目
大阪 天王寺 大阪 初出場
兵庫 芦屋 兵庫 2年ぶり2回目
紀和 桐蔭 和歌山 2年ぶり18回目
東中国 関西 岡山 初出場
西中国 柳井 山口 22年ぶり3回目
北四国 丸亀 香川 初出場
南四国 高知商 高知 初出場
福岡 小倉 福岡 3年連続4回目
西九州 鹿島一 佐賀 初出場
東九州 大分二 大分 8年ぶり6回目

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 関西 9 - 5 石巻
  • 桐蔭 6 - 4 芦屋
  • 西京商 12 - 5 金沢一
  • 小倉 1 - 0 丸亀
  • 函館工 5 - 3 前橋
  • 享栄商 2x - 1 浅野
  • 静岡一 6 - 3 成田

2回戦[編集]

  • 高知商 8 - 4 柳井
  • 西京商 10 - 0 慶応
  • 関西 4 - 2 天王寺
  • 桐蔭 5 - 2 青森
  • 小倉 12 - 0 大分二
  • 函館工 4 - 2 穂高農
  • 享栄商 11 - 0 鹿島一
  • 岐阜一 3 - 1 静岡一

準々決勝[編集]

  • 小倉 2 - 0 関西
  • 桐蔭 6 - 0 函館工
  • 岐阜一 8 - 6 高知商
  • 西京商 5 - 0 享栄商

準決勝[編集]

  • 小倉 4 - 0 岐阜一
  • 桐蔭 1 - 0 西京商

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
桐蔭 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
小倉 0 0 0 0 0 1 0 0 X 1 3 0
  1. (桐) : 西村 - 広谷
  2. (小) : 福嶋 -
  3. 審判:球審…高瀬、塁審…伊達・牧野・布谷

大会本塁打[編集]

  • 第1号:沖田信雄(金沢一)
  • 第2号:佐藤巻一(函館工)
  • 第3号:種田吉富(西京商)
  • 第4号:西村修(桐蔭)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]