栄冠は君に輝く

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
映像外部リンク
吹奏楽演奏
《吹奏楽行進曲》栄冠は君に輝く(行進曲ヴァージョン) - YouTube - ミュージックエイト
《吹奏楽ヒット》栄冠は君に輝く - YouTube - ミュージックエイト
WSL-17-011 栄冠は君に輝く(吹奏楽セレクション) - YouTube - ウィンズスコア

栄冠は君に輝く』(えいかんはきみにかがやく)は、加賀大介が作詞、古関裕而が作曲した歌・行進曲で[1]、「全国高等学校野球大会の歌」という題名[2]1948年に発表された。

概要[編集]

兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場で開催される夏の全国高等学校野球選手権大会の大会歌として大会の開会式、閉会式で演奏され奉唱される。さらに、現在では大会の主催新聞社である朝日新聞社の告知CMや、大会中の5回裏終了時から6回表攻撃開始前のグラウンド整備時の球場内BGMとして、下記の大会イメージアーティストが歌う同曲が使用されている。また、NHKテレビ中継番組では出場校のふるさと紹介にてNHK学校紹介用BGMがバックに流れたり[注 1]、かつては朝日放送テレビBS朝日朝日放送ラジオの各中継のテーマ曲としてインストで流れたりした[注 2]。また、バラエティ番組でも野球のゲームコーナーや野球がらみのネタなどで頻繁に使用される。大会を象徴するテーマ曲として、知名度は非常に高い。原曲の調性は変ロ長調であるがハ長調の楽譜も初心者の演奏用に提供されている。

本来は、全国高等学校野球選手権大会の大会歌であるが、学校・地域によっては運動会や夏以外の地方大会・地区大会の行進曲、応援団応援歌として使用することもある。なお、全国高等学校野球選手権大会で入場行進に用いられるのは第21回大会(1935年)から使用されている山田耕筰作曲、富田砕花作詞の『(全国中等学校野球)大会行進曲(歌)』であり、本作は大会歌として行進とは別に歌唱される。

なお、本楽曲は日本コロムビア管理楽曲であり、使用には許諾が必要である。

歴史[編集]

策定の経緯[編集]

1948年に学制の改定に伴い、それまでの「全国中等学校優勝野球大会」が「全国高等学校野球選手権大会」に改称する事になったことにあわせ、更にこの年の大会が第1回大会から数えて30回目の節目の大会であったことから主催者である朝日新聞社が新しい大会歌として全国から詞の応募を募った。応募総数5,252編中から、最優秀作品に選ばれたのが加賀の詞であった。

当初作詞者は加賀道子[3][2][4](本名は旧姓高橋道子、結婚後は中村道子。松江安見の大姪)名義となっていたが、これはプロの文筆家で地元・石川で執筆活動をしていた加賀(当時の本名:中村義雄)が、周囲から懸賞金(大賞賞金は5万円で、当時の公務員の平均給与の10倍以上であった)目当てと思われるのを嫌い、婚約者の名を使って筆名「加賀道子」で応募した[4]ためであり、第50回記念大会1968年)を機に加賀夫妻が作詞の真相を語り[4]「加賀大介作詞」と改められた[5]。その頃、本名も中村義雄からペンネームの1つであった「加賀大介」に改名している。

加賀は野球球児であったが、試合中の怪我による骨髄炎のために右足切断を余儀無くされ、野球を断念した経緯がある。この詞には、野球に対する加賀の熱い想いが強く込められている。

創唱歌手(発表当時のオリジナル)は、当時の名流行歌手である伊藤久男である。ちなみに伊藤は当歌の作曲者である古関裕而とは戦前からの深い付き合いである同郷(福島県)の友人同士であり、戦前から歌謡曲・軍歌・戦時歌謡においても名タッグとして活躍していた関係を持つ(2人の代表作は『イヨマンテの夜』、『暁に祈る』など)。

歌碑の建立[編集]

1989年、根上野球場に歌碑が建立された[6]。加賀の出身地である石川県(ペンネームの“加賀”は旧国名から)根上町(現・能美市)には、歌碑が立てられている。なお、出身の能美市立浜小学校の後輩に、甲子園に出場して第74回選手権大会における5打席連続敬遠で有名な松井秀喜(当時・星稜高)がいる。

エピソード[編集]

曲の利用
その他
  • この大会歌が制定された1948年小倉高校は夏の甲子園2連覇を果たす。小倉は全国中等学校野球大会の最後の年に優勝し、全国高等学校野球大会の最初の年にも優勝したのである[8]。その栄光を記念して、小倉高校明陵同窓会は学校創立80周年にあたる1988年にグラウンドの隅に2連覇記念碑を建立した。その大きな大理石の碑には「ああ栄冠はわれに輝く」と刻まれ、同校生徒の誇りとなり、心の糧となっている。
  • NHK総合テレビ2020年度上半期の連続テレビ小説エール」では、「夏の全国高等学校野球選手権大会の歌」の制作を朝一新聞社(モデルは朝日新聞大阪本社)から依頼された主人公の古山裕一(演:窪田正孝、モデルは古関裕而)が、大会本部や同社の関係者と共に選んだ多田良介(演:寺内崇幸、モデルは加賀大介)の詞[9]を基に書き上げた楽曲を、旧知にして窮地に陥っていた佐藤久志(モデルは伊藤久男)を説得した末に歌わせたエピソードが第100回(2020年10月30日放送分)に盛り込まれた[10]
    • 佐藤久志役を演じた俳優は、ミュージカルを中心に人気を博している山崎育三郎で、「古山と2人だけで赴いた阪神甲子園球場(実際に撮影されたのは栃木県総合運動公園野球場)のマウンド上から『栄冠は君に輝く』を歌う」という設定で独唱。放送中から視聴者の大きな反響を呼んだため、このシーンのメイキング動画が『エール』の公式サイトから急遽配信される事態に至った[10]。山崎自身も、「『エール』コンサート」と銘打たれた最終回(2020年11月27日放送分)で森山直太朗(古山の恩師である藤堂先生役で出演)と組んでアコースティックバージョンを披露した[11]ほか、最終回の放送後もNHK総合テレビの他番組(『あさイチ』『うたコン』など)で何度も独唱している。
    • 山崎の独唱が視聴者の大きな反響を呼んだ背景には、2020年の日本において、 『エール』の放送開始前(年頭)から新型コロナウイルス(COVID-19)への感染が拡大していたことが挙げられている。現に、『エール』は春先に撮影の休止を余儀なくされたため、本放送を6月からおよそ2ヶ月間休止[10]。また、山崎は第102回全国高等学校野球選手権大会の第1日(8月10日)に阪神甲子園球場で「栄冠は君に輝く」を歌うことを予定していたが、COVID-19感染拡大の影響で大会自体が中止に追い込まれていた。
    • 2021年に入ってからもCOVID-19への感染拡大傾向に収束の目途は立っていないが、日本高等学校野球連盟では第103回全国高等学校野球選手権大会を開催することを決定。この決定を受けて朝日新聞社が制作した第103大会の告知CMには、「第1回大会から高校球児を見守り続けてきた“全国高校野球選手権大会の化身"」に扮した山崎が、甲子園球場のネット裏スタンドで「栄冠は君に輝く」を独唱した映像が使われている[12]。さらに、8月10日に催された開会式の冒頭には、山崎による甲子園球場での独唱がちょうど1年越しで実現[13]。NHK総合テレビの開会式中継でも、その模様が全国に向けて放送された。ちなみに、山崎は開会式の終了後に、「僕の中で、今日『エール』が完結した気がします。このような素晴らしい機会を与えて頂き感謝しています。また一つ、忘れることの出来ない時間が出来ました。甲子園に出場する球児達を、みんなで応援しましょうね」とのメッセージを寄せている[14]

イメージアーティスト一覧[編集]

1996年まではアーティストを起用せず、関西地区の高校生による合唱を放送していた。

第79回大会 1997年 BORO
第80回記念大会 1998年 なし[注 3]
第81回大会 1999年 なし
第82回大会 2000年 なし
第83回大会 2001年 中島啓江
第84回大会 2002年 大友康平HOUND DOG
第85回記念大会 2003年 森山良子
第86回大会 2004年 MIYUZONE
第87回大会 2005年 錦織健
第88回大会 2006年 夏川りみ
第89回大会 2007年 サーカス
第90回記念大会 2008年 小椋佳
第91回大会 2009年 馬場俊英 / 夏川りみ[注 4]
第92回大会 2010年 平原綾香
第93回大会 2011年 岩手県宮城県福島県の高校生と、1995年に生まれた兵庫県の高校生
第94回大会 2012年 熊本県水俣鹿児島県松陽鶴丸鹿児島の4校の高校生
第95回記念大会 2013年 大阪府・兵庫県・奈良県京都府の高校生
第96回大会 2014年 愛知県岐阜県三重県の15校の高校生
第97回大会 2015年 東京都神奈川県の高校生 / Dream5[注 5]
第103回大会 2021年 山崎育三郎

なお第70回記念大会1988年)の開会式プレイベントでは山本直純指揮、さだまさし歌唱で観客全員に歌詞カードを配布のうえ「5万人の大合唱」として歌われたことがある。

資料[編集]

  • 『ピアノ伴奏付 思い出のラジオ歌謡選曲集 2』(全音楽譜出版社、ISBN 4117693115

レコード[編集]

  • 『栄冠は君に輝く〜全国高等学校野球大会の歌〜』(作詞:加賀大介、作曲・編曲:古関裕而、歌:伊藤久男・コロムビア男声合唱団、録音:1949年6月2日、発売:1949年7月1日、日本コロムビア、A597)
    • なお1984年には朝日新聞社より新たに吹き込まれたレコードが発売され、その後CDにもなり大会期間中球場内で販売されている。また通信販売で入手可能。

収録曲[編集]

ここでは2003年版について記す。

CD
全作詞: 加賀大介、全作曲: 古関裕而。
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.「栄冠は君に輝く」(合唱バージョン)加賀大介古関裕而古関裕而
2.「栄冠は君に輝く」(行進曲)加賀大介古関裕而久石譲
3.「栄冠は君に輝く」(NHK学校紹介用BGM)加賀大介古関裕而龍野順義
4.「栄冠は君に輝く」(オリジナル復刻盤)加賀大介古関裕而古関裕而


脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 2017年の第99回までと、2021年の第103回から。
  2. ^ ただし和歌山放送は、今でも夏の大会のテーマ曲として歌入りで使用。
  3. ^ ただしこの大会の開会式のプレイベントで当時のジャニーズJr.により歌われ、大会中は毎試合のグラウンド整備時でも流された。
  4. ^ 夏川バージョンは8月11日の試合で流された。
  5. ^ テレビCM「ダンス編」にて使用(ラジオCMでは、地方大会では合唱バージョンのみ。全国大会は合唱バージョン・Dream5バージョンの両方存在)。
出典
  1. ^ <朝ドラ「エール」と史実>「やはり球場に立ってよかった」甲子園で脳裏に湧いた「栄冠は君に輝く」実話(辻田真佐憲) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年11月1日閲覧。
  2. ^ a b “全國高等學校野球大會の歌”. 朝日新聞. (1948年8月4日) 
  3. ^ “高校野球 大会歌決る”. 朝日新聞. (1948年7月20日) 
  4. ^ a b c “「高校野球大会の歌」「作詞者は夫でした」加賀さん、20年ぶり真相”. 朝日新聞. (1968年2月22日) 
  5. ^ 朝日新聞百年史編修委員会 『朝日新聞社史 昭和戦後編』 朝日新聞社、1994年、68-69頁。 
  6. ^ 丹下友紀子 第10回 開会式のドラマ、2015年7月8日、毎日新聞(東京朝刊)。
  7. ^ a b “福島駅に古関メロディー 出発合図音変更でセレモニー”. 福島民友. (2009年4月12日). オリジナルの2009年4月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090416141827/http://www.minyu-net.com/news/news/0412/news2.html 2021年3月24日閲覧。 
  8. ^ 大羽武著『甲子園2連覇 -焼け野原から立ち上がった球児・福嶋一雄-』(朝日クリエ 2012年7月25日)、 大羽武著『甲子園2連覇 -夏の甲子園大会12勝0敗、5試合連続45イニング無失点、甲子園の土を最初に持ち帰った球児、平成25年野球殿堂入り・福嶋一雄-』(電子書籍、BookWay、2015年5月5日)。
  9. ^ 「エール」元巨人・寺内崇幸氏「栄冠は君に輝く」作詞者役「まさか」BC栃木監督 ドラマ撮影「勉強に」(『スポーツニッポン2020年10月30日付記事)
  10. ^ a b c コロナ禍の人々に「エール」 山崎育三郎が「栄冠は君に輝く」熱唱(『J-CASTニュース2020年10月30日付記事)
  11. ^ 「エール」最終回 森山直太朗は「栄冠は君に輝く」山崎育三郎とコラボ「本物の音楽番組以上の出来栄え」(『スポーツニッポン2020年11月25日付記事)
  12. ^ 山崎育三郎 夏の甲子園のCMに登場 「栄冠は君に輝く」歌唱で球児にエール(『スポーツニッポン2021年7月22日付記事)
  13. ^ 【甲子園】山崎育三郎が開会式冒頭で「栄冠は君に輝く」独唱 美声響かせる(『日刊スポーツ2021年8月10日付記事)
  14. ^ 【甲子園】山崎育三郎「今日『エール』が完結した気がします」大会歌を独唱(『日刊スポーツ2021年8月10日付記事)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]