第13回全国中等学校優勝野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗 第13回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1927年8月13日 - 8月20日
出場校 22校
参加校数 389校
優勝校 高松商四国香川、2年ぶり2回目)
試合数 21試合
大会本塁打 11本塁打
 < 19261928 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第13回全国中等学校優勝野球大会(だい13かいぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかい)は、1927年8月13日から8月20日まで甲子園大運動場で実施された全国中等学校優勝野球大会である。

概要[編集]

この年より、ラジオによる野球実況中継放送が始まった(日本初のスポーツ実況中継である)。また、主催者が選手に傷害保険をかけることとなった。治療費は1人あたり1,000円であった。1927年の春の優勝校であった和歌山中は主力選手がアメリカ遠征に行っていたが、控え選手だけで夏の大会の予選を制し、全国大会に出場している。

出場校[編集]

地方大会 代表校 出場回数
北海道 札幌一中 北海道 初出場
奥羽 青森師範 青森 初出場
東北 福岡中 岩手 初出場
南関東 茨城商 茨城 初出場
北関東 桐生中 群馬 初出場
東京 早稲田実 東京 6年連続7回目
神静 静岡中 静岡 4年連続4回目
東海 愛知商 愛知 2年連続2回目
甲信越 松本商 長野 3年ぶり4回目
北陸 敦賀商 福井 3年連続3回目
京津 平安中 京都 初出場
大阪 北野中 大阪 初出場
兵庫 第一神港商 兵庫 4年連続4回目
紀和 和歌山中 和歌山 13年連続13回目
山陽 広陵中 広島 4年ぶり2回目
山陰 鳥取一中 鳥取 2年連続8回目
四国 高松商 香川 2年ぶり4回目
北九州 佐賀中 佐賀 3年ぶり4回目
南九州 鹿児島商 鹿児島 初出場
朝鮮 京城中 朝鮮 2年連続4回目
満州 大連商 満州 5年連続6回目
台湾 台北商 台湾 2年連続3回目

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 札幌一中 4 - 1 青森師範(延長12回)
  • 愛知商 8 - 6 佐賀中
  • 北野中 4 - 3 大連商
  • 鳥取一中 9 - 1 茨城商
  • 鹿児島商 8 - 0 和歌山中
  • 高松商 8 - 1 第一神港商

2回戦[編集]

  • 松本商 8 - 1 京城中
  • 早稲田実 5 - 4 静岡中
  • 平安中 5 - 3 台北商
  • 広陵中 8 - 0 敦賀商(広陵中の八十川胖無安打無得点試合
  • 福岡中 4 - 1 桐生中
  • 愛知商 12 - 4 札幌一中
  • 高松商 8 - 1 北野中
  • 鹿児島商 7 - 3 鳥取一中

準々決勝[編集]

  • 愛知商 8x - 7 早稲田実(延長12回)
  • 高松商 1x - 0 福岡中(延長12回)
  • 広陵中 8 - 2 鹿児島商
  • 松本商 6 - 0 平安中

準決勝[編集]

  • 広陵中 4x - 3 松本商(延長14回)
  • 高松商 1 - 0 愛知商

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広陵中 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 6 5
高松商 0 1 0 0 3 0 0 1 X 5 5 2
  1. (広) : 八十川 - 小川
  2. (高) : 水原、井川、水原 - 多胡
  3. 審判:球審…梅田、塁審…加藤・二出川

大会本塁打[編集]

  • 第1号:宮脇環(鳥取一中)
  • 第2号:井川喜代一(高松商)
  • 第3号:佐藤茂美(松本商)
  • 第4号:稲田照夫(平安中)
  • 第5号:三浦芳郎(広陵中)
  • 第6号:中尾長(広陵中)
  • 第7号:五十嵐利三(札幌一中)
  • 第8号:高谷信一(愛知商)
  • 第9号:大矢直三(愛知商)
  • 第10号:岩瀬彊四郎(早稲田実)
  • 第11号:佐藤茂美(松本商)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]