全国高等学校野球選手権山梨大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国高等学校野球選手権山梨大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんやまなしたいかい)は、山梨県で開催されている全国高等学校野球選手権の地方予選大会のこと。

概要[編集]

山梨県勢は1918年第4回大会から地方予選に参加。
1977年第59回大会までは山梨大会の上位校が2次予選へ進出し、全国大会への出場校を決めていた[注 1]。特に山梨県の場合は周辺の県と比べても参加校が少ないため、2次予選の大会編成の変動が激しかった。なお、1958年1963年1968年1973年の予選は記念大会で1県1代表となったため、2次予選は開催されなかった。

年度 参加県
甲信大会
1918年(第4回) - 1922年(第8回) 山梨・長野
甲信越大会
1923年(第9回) - 1930年(第16回) 山梨・新潟・長野
甲神静大会
1931年(第17回) - 1935年(第21回) 神奈川・山梨・静岡
山静大会
1936年(第22回) - 1957年(第39回) 山梨・静岡
西関東大会
1959年(第41回) - 1974年(第56回) 埼玉・山梨
北関東大会
1975年(第57回) - 1977年(第59回) 群馬・山梨

歴史[編集]

山梨県勢が初めて甲子園に出場した時期は1935年の第21回全国中等学校優勝野球大会であり、山梨県立甲府中学校(現:山梨県立甲府第一高等学校)が初めて甲子園の土を踏んでいる。なお、戦前の出場はこの1回のみ、戦後を含めても2回のみと山梨県勢にとって甲子園の土を踏むことは非常に困難であった。

学制改革が行われた後は記念大会による1県1代表制と優勝決定大会の相手の数が減少したことにより全国大会に出場する機会が増え、1960年代になると堀内恒夫擁する甲府商業が3回戦、西村公一擁する甲府工業がベスト8に進出するなど健闘を見せる。しかし、1970年代には低迷期を迎え、甲子園に勝利はおろか出場も困難な状況であった。

1978年より1県1代表制となり、山梨県内の高校は必ず甲子園の土を踏むことができるようになったが勝利することはできず、1980年まで7出場大会連続初戦敗退(13年夏の甲子園未勝利)という状態が続いた。1981年大八木治監督が赴任し着実に力をつけてきた東海大甲府1981年に県内私立高校として初めて甲子園の土を踏むと、翌1982年に10出場大会(16年)ぶりに甲子園で勝利を挙げる。以降県大会では1988年までの8大会中7大会において県代表になるなど圧倒的な強さを誇り、1985年には県勢初のベスト4まで進出した。

1990年代前半に入ると大八木監督が勇退した東海大甲府が低迷期に入り、代わりに甲府工業や市川などといった公立勢が復権。特に市川は「ミラクル市川」と呼ばれ、甲子園でも度重なる逆転勝利を収めていた。また、私立高校も山梨学院大附(2016年より山梨学院)と日本航空が成長し、公立勢と出場権を争うようになる。2000年代には低迷していた東海大甲府が復活し、甲子園では2004年2012年とベスト4に進出。

歴代代表校[編集]

年度 県勢参加 代表校(出場回数) 決勝スコア 準優勝校 全国大会
甲信大会
1918年(第4回大会 2校 長野師範(長野) 3-1 諏訪中 -
1919年(第5回大会 なし 長野師範(長野) 6-3 松本中 -
1920年(第6回大会 なし 松本商(長野) 7-0 長野師範 -
1921年(第7回大会 なし 長野中(長野) 4-1 松本商 -
1922年(第8回大会 なし 松本商(長野) 4-2 松本中 -
甲信越大会
1923年(第9回大会 なし 新潟商(新潟) 9-5 長岡中 -
1924年(第10回大会 1校 松本商(長野) 16-3 長野商 -
1925年(第11回大会 1校 長野商(長野) 4-1 松本商 -
1926年(第12回大会 2校 新潟商(新潟) 3-0 松本商 -
1927年(第13回大会 5校 松本商(長野) 10-0 新潟商 -
1928年(第14回大会 1校 松本商(長野) 18-6 長野商 -
1929年(第15回大会 1校 諏訪蚕糸(長野) 13-1 柏崎中 -
1930年(第16回大会 5校 諏訪蚕糸(長野) 5-1 長野商 -
甲神静大会
1931年(第17回大会 10校 神奈川商工(神奈川) 2-1 静岡中 -
1932年(第18回大会 11校 静岡中(静岡) 6-0 島田商 -
1933年(第19回大会 11校 横浜商(神奈川) 4-1 浅野中 -
1934年(第20回大会 9校 島田商(静岡) 18-0 静岡商 -
1935年(第21回大会 8校 甲府中(初出場) 5-4 神奈川工 2回戦
山静大会
1936年(第22回大会 8校 静岡商(静岡) 11-1 島田商 -
1937年(第23回大会 6校 島田商(静岡) 1-0 静岡中 -
1938年(第24回大会 7校 掛川中(静岡) 1-0 島田商 -
1939年(第25回大会 7校 島田商(静岡) 19-0 静岡中 -
1940年(第26回大会 7校 島田商(静岡) 22-2 静岡商 -
1941年(第27回大会 7校 韮崎中(出場なし) 5-4 日川中 (中止)
1946年(第28回大会 11校 沼津中(静岡) 7-3 掛川中 -
1947年(第29回大会 12校 谷村工商(初出場) 4-2 富士中 1回戦
1948年(第30回大会 12校 静岡一(静岡) 10-5 沼津一 -
1949年(第31回大会 14校 静岡城内(静岡) 11-5 日川 -
1950年(第32回大会 14校 浜松商(静岡) 8-3 静岡商 -
1951年(第33回大会 15校 静岡城内(静岡) 12-3 浜松北 -
1952年(第34回大会 16校 都留(初出場) 2-1 甲府商 1回戦
1953年(第35回大会 15校 静岡商(静岡) 4-2 浜名 -
1954年(第36回大会 15校 静岡商(静岡) 2-1 沼津東 -
1955年(第37回大会 15校 静岡(静岡) 7-3 沼津東 -
1956年(第38回大会 16校 静岡(静岡) 7-0 甲府一 -
1957年(第39回大会 19校 清水東(静岡) 9-1 掛川西 -
1958年(第40回大会 20校 甲府商(初出場) 6-0 石和 2回戦(初戦)
西関東大会
1959年(第41回大会 22校 川越(埼玉) 2-1 甲府工 -
1960年(第42回大会 23校 大宮(埼玉) 6-5 甲府工 -
1961年(第43回大会 23校 甲府一(26年ぶり2回目) 7-6 甲府工 1回戦
1962年(第44回大会 26校 甲府工(初出場) 3-2 上尾 1回戦
1963年(第45回大会 26校 甲府商(5年ぶり2回目) 8-4 機山工 3回戦
1964年(第46回大会 28校 熊谷商工(埼玉) 1-0 甲府商 -
1965年(第47回大会 28校 熊谷商工(埼玉) 6-5 大宮工 -
1966年(第48回大会 27校 甲府工(4年ぶり2回目) 1-0 上尾 ベスト8
1967年(第49回大会 28校 大宮(埼玉) 2-1 大宮工 -
1968年(第50回大会 28校 甲府一(7年ぶり3回目) 1-0 吉田 1回戦
1969年(第51回大会 28校 川越工(埼玉) 3-2 深谷商 -
1970年(第52回大会 27校 熊谷商(埼玉) 2-1 塩山商 -
1971年(第53回大会 29校 深谷商(埼玉) 3-0 熊谷商 -
1972年(第54回大会 29校 峡南(初出場) 2-1 熊谷商 1回戦
1973年(第55回大会 29校 甲府工(7年ぶり3回目) 5-4 巨摩 1回戦
1974年(第56回大会 29校 上尾(埼玉) 6-4 塩山商 -
北関東大会
1975年(第57回大会 30校 巨摩(初出場) 8-4 樹徳 2回戦(初戦)
1976年(第58回大会 32校 塩山商(初出場) 4-2 高崎商 1回戦
1977年(第59回大会 33校 高崎商(群馬) 5-0 甲府商 -
山梨大会
1978年(第60回大会 34校 日川(初出場) 1-0 塩山商 2回戦(初戦)
1979年(第61回大会 34校 吉田(初出場) 2-1 峡南 1回戦
1980年(第62回大会 34校 日川(2年ぶり2回目) 12-5 甲府西 1回戦
1981年(第63回大会 38校 東海大甲府(初出場) 9-5 巨摩 2回戦(初戦)
1982年(第64回大会 38校 東海大甲府(2年連続2回目) 3-2 甲府商 3回戦
1983年(第65回大会 39校 吉田(4年ぶり2回目) 3-2 市川 1回戦
1984年(第66回大会 37校 東海大甲府(2年ぶり3回目) 10-1 塩山商 3回戦
1985年(第67回大会 40校 東海大甲府(2年連続4回目) 4-3 駿台甲府 ベスト4
1986年(第68回大会 39校 東海大甲府(3年連続5回目) 8-4 日大明誠 2回戦
1987年(第69回大会 40校 東海大甲府(4年連続6回目) 15-7 甲府工 2回戦(初戦)
1988年(第70回大会 39校 東海大甲府(5年連続7回目) 4-3 山梨学院大付 3回戦
1989年(第71回大会 41校 吉田(6年ぶり3回目) 4-1 駿台甲府 3回戦
1990年(第72回大会 41校 甲府工(17年ぶり4回目) 3-1 東海大甲府 2回戦
1991年(第73回大会 42校 市川(初出場) 3-2 東海大甲府 ベスト8
1992年(第74回大会 42校 東海大甲府(4年ぶり8回目) 3-2 日川 3回戦
1993年(第75回大会 42校 甲府工(3年ぶり5回目) 9-0 富士学苑 2回戦
1994年(第76回大会 42校 市川(3年ぶり2回目) 3-2 富士学苑 2回戦
1995年(第77回大会 42校 山梨学院大附(初出場) 6-3 帝京三 2回戦
1996年(第78回大会 42校 山梨学院大附(2年連続2回目) 5-0 市川 2回戦(初戦)
1997年(第79回大会 43校 甲府工(5年ぶり6回目) 4-3 市川 3回戦
1998年(第80回大会 42校 日本航空(初出場) 13-4 甲府工 1回戦
1999年(第81回大会 40校 甲府工(2年ぶり7回目) 9-1 東海大甲府 2回戦
2000年(第82回大会 41校 山梨学院大附(4年ぶり3回目) 7-4 市川 1回戦
2001年(第83回大会 41校 日本航空(3年ぶり2回目) 5-4 東海大甲府 3回戦
2002年(第84回大会 40校 日本航空(2年連続3回目) 2-0 市川 2回戦(初戦)
2003年(第85回大会 40校 東海大甲府(11年ぶり9回目) 5-0 甲府工 1回戦
2004年(第86回大会 40校 東海大甲府(2年連続10回目) 3-2 甲府工 ベスト4
2005年(第87回大会 39校 日本航空(3年ぶり4回目) 13-3 山梨学院大付 3回戦
2006年(第88回大会 39校 甲府工(7年ぶり8回目) 11-10 東海大甲府 2回戦(初戦)
2007年(第89回大会 39校 甲府商(44年ぶり3回目) 6-2 甲府工 2回戦
2008年(第90回大会 39校 日本航空(3年ぶり5回目) 1-0 帝京三 1回戦
2009年(第91回大会 39校 山梨学院大附(9年ぶり4回目) 3-1 甲府工 2回戦(初戦)
2010年(第92回大会 38校 日川(30年ぶり3回目) 4-3 富士学苑 2回戦(初戦)
2011年(第93回大会 38校 山梨学院大附(2年ぶり5回目) 10-3 日本航空 1回戦
2012年(第94回大会 38校 東海大甲府(8年ぶり11回目) 8-4 甲府工 ベスト4
2013年(第95回大会 38校 日川(3年ぶり4回目) 8-5 日本航空 2回戦
2014年(第96回大会 37校 東海大甲府(2年ぶり12回目) 9-8 日本航空 1回戦
2015年(第97回大会 37校 東海大甲府(2年連続13回目) 4-3 甲府城西 3回戦
2016年(第98回大会 36校 山梨学院(5年ぶり6回目) 12-5 東海大甲府 2回戦
2017年(第99回大会 36校 山梨学院(2年連続7回目) 14-3 東海大甲府 1回戦
2018年(第100回大会 35校 山梨学院(3年連続8回目) 12-4 帝京三 1回戦
2019年(第101回大会 35校 山梨学院(4年連続9回目) 5-4 東海大甲府 1回戦
  • 1941年は県予選のみ実施
  • 参加校数は日本高野連の発表に基づき連合チームを1校としてカウント

使用球場[編集]

使用球場[編集]

北麓球場が使用されるのは2・3回戦の一部試合のみで、殆どの試合が小瀬球場(山日YBS球場)で開催される。

過去の球場[編集]

2007年までは上述の小瀬球場および北麓球場との3球場で開催されていたが、この年の秋季大会で三塁側へ飛んだファウルボールが民家に飛び込み窓ガラスを破損する事故があり、これ以降当球場での試合は行われなくなった

放送体制[編集]

  • NHK甲府放送局(テレビ、ラジオとも準決勝以降を県内向けに中継)
  • 山梨放送(ラジオで県大会決勝戦を中継しているが、2010年までは準決勝も中継していた。テレビは県大会決勝を2007年までと2010・2013年・2016年に中継。なお2014・2015・2017・2018年は録画中継した)
  • テレビ山梨(全国大会決勝戦の試合を放映(2013年は、番組編成上の都合で非ネット)、かつては県大会決勝の中継も行っていた)
  • 日本ネットワークサービス(小瀬球場で行われる全試合を自主放送チャンネルで中継、2007年より同社と資本関係が深い山梨放送のアナウンサーの他、2012年以降は小松明美深沢弘樹等の同局のOBアナウンサーも実況に参加。)

脚注[編集]

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、1930年第16回大会までは各県の参加校数が少なかったため県予選は実施されず、全参加校は直接甲信越大会へ出場していた。

関連項目[編集]