イヨマンテの夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イヨマンテの夜」(イヨマンテのよる)は、作詞・菊田一夫、作曲・古関裕而、歌・伊藤久男/コロムビア合唱団の歌謡曲。「イヨマンテ」とはアイヌ語で「送り儀式」のことで、「熊祭り」の字を当てることも多い。全2番。

概要[編集]

NHKラジオドラマ鐘の鳴る丘』の劇中の山男をテーマとした演奏曲として、古関が作曲し1949年に発表される。山男が「アーアー」と口ずさむだけのメロディだったが、菊田と古関が気に入り、ひとつの作品として残すことになった。

レコード化にあたり、ドラマの脚本を書いた菊田が後から歌詞を加えた。当時、アイヌの作品を手がけていたため、アイヌ的な単語を当てはめて作った。

「アーホイヨー」の歌い出しは雄叫びにも似て、伊藤が朗々と歌い上げる。リズム的にも大変難しく、男性的な歌謡曲の典型で、1950年から1952年頃の『NHKのど自慢』ではほとんどの男性出場者がこの曲を選択し、審査員を困らせた。その後ののど自慢でも、長らく声量自慢の年配者が歌う姿が見られた。

アイヌに題材を採ってはいるが、かがり火をたいて祭りを行うものになっていたり(送り儀礼は日中行われる部分が多く、夜間にもかがり火は焚かない)、アフリカの楽器であるタムタム(トムトム)(但しこの部分は単なる擬音ともとれる)が登場するなど、実際のアイヌの儀式や伝統曲とはかけ離れた面も多い。

アイヌを題材にした歌謡曲としては他に映画版『君の名は』第2部の主題歌『黒百合の歌』がある。異教的な雰囲気など、両者には共通点が見られる。作詞、作曲は同じく菊田・古関コンビで、織井茂子の歌でレコード化された。

持ち歌として唄っている歌手[編集]

梅垣義明の芸[編集]

劇団WAHAHA本舗に所属する梅垣義明が、この曲を伴奏として全身金粉の姿でコテカの上で皿回しをするなどといった扮装で踊る、という芸を売りにしていた時期がある。当初は劇場およびローカルテレビ局の深夜放送のみのため、一部の人にしか知られていない芸であったが、1994年元日夜に放送された『北野武政界進出宣言!?ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系列(地元の札幌テレビ放送(STV)を含む)21:00〜22:54)の中で、梅垣を筆頭に出演者9人がコテカと半纏をまとい、腰を振りつつその芸を披露したことにより、この芸が全国民に知れ渡ることとなり、アイヌ民族の団体「北海道ウタリ協会(現・北海道アイヌ協会)」等が「誤解を招く上に差別的である」として日テレ本社及びSTVへ抗議に訪れた。この抗議を受け、梅垣はこの芸を封印した。一方の日本テレビは、同年4月8日に放送した同番組において、本編終了後に永井美奈子アナウンサー(当時)が視聴者へのお詫び・謝罪を行った。なお、この日の放送は金曜ロードショー枠を使っての放送であったが、前週の4月1日から鹿児島地区での金曜ロードショーの放送は鹿児島テレビから鹿児島読売テレビに移行していた。この為、鹿児島読売テレビでは問題となった元日の放送がされていないにもかかわらず謝罪放送が流れたことになる。

関連項目[編集]