松村和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松村 和子(まつむら かずこ、1962年3月23日 - )は、日本演歌歌手ポップス歌手

北海道天塩郡遠別町生まれ、苫小牧育ち。ヒット曲「帰ってこいよ」で知られる。

来歴・人物[編集]

苫小牧市立緑小学校、和光中学校卒業。歌手で北海芸能プロダクション社長の松村一郎は実父。実母は民謡歌手で、民謡茶屋「じょんがら」を経営していた。3人兄弟の真ん中。O型。既婚。

1980年4月21日、ロングヘアー姿で津軽三味線をギターの様に操る[1]、演歌歌手としては異色のスタイルでビクター音楽産業からデビュー。デビュー時のキャッチフレーズは、「帰ってきた男衆(やんしゅう)演歌」。デビュー曲の「帰ってこいよ」(作詞:平山忠夫、作曲:一代のぼる、編曲:斉藤恒夫)がヒットを記録し、この年の第22回日本レコード大賞新人賞を受賞した[2]。翌1981年には『NHK紅白歌合戦』に出場を果たした。その後、シングル「お加代ちゃん」「菜の花咲いてた」「こんな男に惚れてみろ」「かえりの港」「天」などを発売。2008年発売の「風の津軽」では、久しぶりに三味線を弾きながらのスタイルを披露。

1997年ごろからフジテレビの『ものまね王座決定戦』にレギュラー出演。工藤兄弟大石まどかとのユニットでも出演。出場2度目で優勝した。

2001年、入籍。

主なテレビ出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1981年(昭和56年)/第32回 帰ってこいよ 03/22 山本譲二
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

その他[編集]

毎年8月第3土・日曜日に、千葉県市川市ニッケコルトンプラザにて「コルトン盆踊り」が開催される。ちなみに同イベントで使用されるオリジナル曲「えいやさコルトン」は、松村がボーカルを務めている[3][4][5]

脚注[編集]

  1. ^ デビュー時、実際には三味線を弾く事は全くできず、「帰ってこいよ」のみ練習して弾けるようになった(『ライオンのごきげんよう』2010年10月28日放映分より)。
  2. ^ 1981年オリコン年間シングルチャート第17位(出典:1981年の音楽)。
  3. ^ 明日は、えいやさコルトン! - 2013年8月17日、松村和子オフィシャルブログ
  4. ^ 5年振りコルトン! - 2013年8月18日、松村和子オフィシャルブログ
  5. ^ News letter vol.88「第25回コルトン盆踊りを開催」 - 日本毛織(2013年9月11日)

外部リンク[編集]