ライオンのごきげんよう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライオンのごきげんよう
ジャンル 帯番組 / トーク番組 / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 三宅恵介
監修 高平哲郎スーパーバイザー
プロデューサー 渡辺琢、笠井雅旭
渡辺俊介CP
出演者 小堺一機司会
田淵裕章(アシスタント)
ゲスト2組
音声 ステレオ放送月曜
解説放送(ステレオ2)火曜 - 金曜
字幕 文字多重放送[注 1]
外部リンク 公式サイト
番組開始から2014年度まで
放送時間 月 - 金曜日 13:00 - 13:30(30分)
放送期間 1991年1月7日 - 2015年3月27日
2015年度
放送時間 月 - 金曜日 12:55 - 13:25(30分)
放送期間 2015年3月30日 - 2016年3月31日(7847回)

特記事項:
放送回数は2015年5月22日放送分まで。
テンプレートを表示

ライオンのごきげんよう』は、フジテレビ系列にて1991年1月7日から2016年3月31日まで、毎週月 - 金曜日12:55 - 13:25(JST)に放送されていたトークバラエティ番組である。CMに入る時のタイトルロゴと通称は「ごきげんよう」。

概要[編集]

ゲストが順番にサイコロを振って、サイコロに書いてあるテーマに沿ったトークをしていく番組。ハイビジョン制作・字幕放送ステレオ放送解説放送が実施されていた。

1964年10月放送開始の『ライオン奥様劇場』から続く同時間帯におけるライオン一社提供番組であり、タイトルにも冠しているが、当番組のヒッチハイク枠で他企業のCMが流されている。1991年1月7日に、ライオンの創立100周年を機に会社ロゴ表記がカタカナの「ライオン」からアルファベットの「LION」へ(CI導入に伴い)変更されたことを機に、それまで同時間帯に放送していた小堺司会の番組『ライオンのいただきます』→『ライオンのいただきますII』の後継番組としてスタート。小堺のほかには「ライオンちゃん」の着ぐるみも『いただきます』に引き続き出演していた。

前身番組『いただきます』ではスタジオアルタからの生放送であったが、当番組では撮って出し形式であった。2014年3月までは毎週水曜日にお台場のフジテレビ本社スタジオ(1997年3月のフジテレビ本社移転前は東京テレビセンター浜町スタジオで収録)で一週間分の収録(観覧方法は公式サイトに掲載)が行われていた。

2014年3月31日から12月末までは、毎週月曜日の13時より月曜日放送分を生放送し、以後火曜日 - 金曜日の放送分を収録する方式となった。『いただきますII』以来23年3ヶ月ぶりにこの枠の生放送が復活した[1]。2015年以降は再び全曜日収録となっていた(収録は毎週火曜日)。

「サイコロトーク」は長らく毎回3組のゲストが出演し、3組のゲストのうち1組が3日間に渡って出演するシステムであった。ゲストは1回に1人(1組)ずつ交代していき、1人(1組)につき都合3回出演する。木曜・金曜に登場したゲストは次の週に繰り越して出演する(2週分の収録に参加する必要がある)。基本的に1日おきにゲストが男女交互に登場する[注 2]。収録は月曜日 - 水曜日放送分が第1部、木曜日 - 金曜日放送分が第2部の2部構成。1部と2部では観客の総入れ替えを行っている(このパターンとは異なる時期あり)。なおこの流れとは別に「○○トリオフェア(後述)」など特別企画を放送することがある。

また、年1 - 2回、地方のホールにて公開録画[注 3]を行っていた。

当初はサイコロはなく、事前取材を基にあらかじめ決められた3つのテーマにより話をしてもらうコーナーと、一週間同じゲストに出てもらう歌のコーナーがあった。スタジオに観客はなく、台本で決められた進行・台詞で収録が行われていた。更に2つ目のテーマはゲストの思い出の曲で、曲名をさわやかで落ち着いたBGMとともにダジャレで表現(例:「波止場」であったら、「鳩」が「いないいないばあ」をする「鳩ばあ」と表現するオブジェ。また使われたオブジェは、視聴者からの強い要望で視聴者プレゼントとなった)、それを小堺が当てるコーナーがあった。第1回のゲストは八千草薫と、歌のコーナーは美川憲一であった。

「サイコロトーク」が登場したのは開始から8ヶ月後からであった。収録番組でありながら生放送のようなハプニング性を採り入れるべく、放送作家の鶴間政行が発案し[2]、当時構成作家の一人であった高平哲郎が提案した企画がサイコロトークである。このサイコロトークを「夏休み特別企画」として同年7月29日放送から8月2日放送まで1週間の間に放送したところ視聴者から好評だったため、同年9月9日放送分からレギュラー化、さらに『いただきます』同様、スタジオに観客を入れる形式に戻した。サイコロトークの最初(夏休み特別企画時)のゲストは結城貢早見優佐野量子(同年7月29日)。レギュラー化後初日ゲストはマルシア松尾伴内高見恭子(同年9月9日)。1993年4月29日(みどりの日)には、番組歴代最高となる視聴率22.2%を記録した[3]

2014年10月6日の放送回から12月末にかけて、前番組の『いただきます』から数えて30周年を迎えたことを記念し、「お昼の1時で30年!」と題して12月までの3か月間は特別企画として放送。「3人のゲストが1人ずつ入れ替わっていく」のではなく、特定の共通性のある2 - 3組のゲストが登場する形式となった(ゲストが1組だったり、2日連続の場合もあった)。サイコロの出目もその日のゲストに合わせた内容となった。2015年以降も日替わりゲスト制は継続(同時に月曜日の生放送を終了)され、24年間続いたゲスト入れ替え制は廃止された[注 4]

2015年4月20日放送回からは、番組初となるアシスタント(兼レポーター)として田淵裕章(フジテレビアナウンサー)を起用。オープニングナレーションを務めたほか、スタジオで企画コーナーの進行を行い小堺を補佐した(5月18日 - 22日の1週間だけ、ハワイに行ったため、先輩アナウンサーの牧原俊幸がアシスタントを務めた)。

10月の第2月曜日(体育の日)の『出雲駅伝』中継[注 5]の際は放送休止となる[注 6]。また、大事件・大事故・地震などの災害や関心ごとが高い会見が発生した際にはFNN報道特別番組が編成され放送休止となる。その場合、翌日以降の通常時間帯での放送に支障をきたさないように翌日未明(当日深夜)に振替放送している[4](1991年1月 - 1994年3月まではFNN NEWSCOM&プロ野球ニュースの後ステブレ接続、1994年4月 - 2003年3月まではニュースJAPANの後ステブレ接続、2003年4月 - 2014年3月まではニュースJAPAN&感動ファクトリー すぽると!の後ステブレ接続、2014年4月から2015年3月までは月曜 - 木曜放送分のみ第8地区エリア1とエリア2のつなぎ番組扱い(金曜放送分はニュースJAPAN&すぽると!の後ステブレ接続)だったが2015年4月 - 最終回まではあしたのニュース&すぽると!の後ステブレ接続)[注 7]。ただし、2011年3月14日から18日は11日の放送後に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)に関する『FNNスピーク』拡大版を放送したため休止となり、栃木からの公開収録の回は『森田一義アワー 笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」のつながりの関係で一時お蔵入りとなったが、6月27日から7月1日にかけて放送された。

放送時間は開始から一貫して13:00 - 13:30であったが、2015年3月30日よりフジテレビが午後の新ワイドショー『直撃LIVE グッディ!』を立ち上げ、開始時刻を13:55とするため、『バイキング』を同年3月27日までより5分早終了とし、本番組および『東海テレビ制作昼の帯ドラマ』の放送時間がそれぞれ5分繰り上げられる[5][6][7][8][9]。これにより、1964年10月開始の『ライオン奥様劇場』以来続いたフジテレビ昼のライオン提供帯番組は、50年半で初めてフライングスタートとなった。

記念放送回[編集]

1995年に放送1000回、1999年8月25日に放送2000回、2003年8月4日に放送3000回、2007年7月2日に放送4000回、2011年6月17日に放送5000回、2013年8月20日に5555回、2015年5月22日に6000回を達成した。

2011年1月に放送20周年、2014年10月で『ライオンのいただきます』放送開始から13:00開始の番組を司会小堺一機が担当してから通算で30周年を迎えた。当番組自体は放送開始から25周年を迎えた。

2013年8月20日の放送で5555回を迎え、その日の放送では番組史上初めて外国人ゲスト(トミー・リー・ジョーンズマシュー・フォックス、横綱・白鵬)に出張サイコロを行なった[10]

スポンサー・ライオンのキャラクター着ぐるみで、『いただきます』から引き続き出演していた。小堺のアシスタント的な動きをするが、基本的には番組本編には関わらない。

番組終了後は、枠拡大後の『バイキング』の12時55分頃からのコーナーや、後継番組として新しく設けられたライオンの一社提供枠『ライオンのグータッチ』に出演している。

番組終了とその後[編集]

2015年10月28日スポーツニッポンにて、フジテレビが2016年4月度の改編で、平日昼の時間枠の大改編を進める計画があり、13時台に放送されてきた本番組と東海テレビ制作昼の帯ドラマを終了させることが決まったと報じられた[11][12]。同年11月17日に、フジテレビ側が本番組の終了、および2016年4月から小堺出演番組を別枠で放送開始することを正式発表した[13]。本番組および『昼の帯ドラマ』の後枠として、2016年4月4日より『バイキング』を11:55 - 13:45に50分後拡大および『直撃LIVE グッディ!』を番組全体で13:45からの10分前拡大(第1部は10分繰り上げ・5分拡大、第2部は5分前拡大)[14]で放送している。

これにより、本番組は25年3か月[注 8]の歴史に幕を下ろし、同時に連続ドラマ枠『ライオン奥様劇場[注 9]から51年6か月にわたる、平日お昼のライオン一社提供番組としては幕を下ろした。本番組終了後はそれに伴い拡大された『バイキング』の13時またぎのコーナーをライオン提供枠で継続しているほか、ライオン一社提供番組は『ライオンのグータッチ』(土曜9:55 - 10:25、2016年4月2日放送開始)に移行されている。また、フジテレビでの小堺出演番組自体は『かたらふ〜ぼくたちのスタア〜』(土曜17:00 - 17:30、2016年4月9日開始。ただしローカルセールス枠)が放送開始されている[注 10]

最終回前日となった2016年3月30日(水曜日)の通常放送の最後のゲストは、小堺と親交が深い明石家さんま関根勤中山秀征が出演した[15]。なお、同日夜にはスペシャル番組『ライオンのごきげんようゴールデン! 大物だらけのサイコロSP』が放送された(詳細はこちらを参照)。翌日の3月31日(木曜日)の放送をもって、番組は最終回を迎えた。当日は生放送で、台本がなく、ゲストも一切出演せず、司会の小堺1人だけでトークを行う[注 11]「独り舞台」として放送された[16]。エンディングでは「会場に来てくれている皆さん、スタッフの皆さんに支えられてやってきました。2万人近くの人にお会いして、毎回毎回、楽しい思いをさせていただきました」と述べ、「最初はドッキリと思って始まったこの番組が31年も続きました。きょうでその長いドッキリが終わります」と感慨深く挨拶し、約31年半の番組を締め括った[17][注 12]。『ライオンのいただきます』時代から31年6ヶ月の総放送回数は7847回、出演者数は延べ1万9千人以上に及んだ(番組内では“大勢”と紹介していた)[17]。この回の平均視聴率は3.3%(ビデオリサーチ、関東地区・世帯。以下略)であった。

終了直後の4月19日に長年の裏番組であるNHK総合の『スタジオパークからこんにちは』に出演。司会者に突っ込まれたり、サイコロのBGMが流れるなど話題になった[18]。また9月5日には、それ以上に長寿であり、2014年3月まで裏番組だったテレビ朝日徹子の部屋[注 13]に出演した[19][注 14]

サイコロトーク[編集]

初期はサイコロトークのみで、オープニングはゲストが登場した後はゲストと小堺が軽くフリートークした後にCM入りとなっていた。しかし、後に5 - 10分程度のオープニングコーナーが設けられた。内容は曜日ごとに異なるが、主にゲストの趣味・好み・特技などを問うものが多かった。2014年10月から、「30周年企画」開始に伴い廃止。

最も上手に座っているゲストがサイコロを振り、サイコロの出た目に書いてあるテーマに沿ったトークをしていく。1997年より6つの目に書かれたテーマを表示する表示板がスタジオの左側に設置されている。司会の小堺がゲストが座った後すぐに6つの目を紹介していたが、稀におやつの後に6つの目を紹介する場合もあった。

使用されたサイコロは、全体的に丸みを帯びていて転がりやすくなっている。初期は角だけが丸く、目が平面のサイコロであった(小堺は過去になんども「サイコロは何代も入れ替わっている」とネタにしている)。ゲストの両手に抱え込まれたサイコロは、観客席の前にある空間に放り投げるようにして振られるが、ごく稀にサイコロが壁に付いて止まり、出目を判断し辛い場合は、2つのトークテーマを合体させた話をしてもらう[注 15]

1997年から「今日の当たり目」が新設された。この目が出た場合、目を出したゲストと視聴者5名にライオン製品のプレゼントが贈られ、また後にスタジオ観覧者1名にもプレゼントが贈呈されるようになった。原則1つだけだが、2つ以上の場合もある。目を出したゲストとスタジオの観客には主にライオンの新製品を数本ラッピングしたもの、視聴者にはライオン製品のギフトセットが贈られた。当たり目のトークテーマは表示板に隠されており、通常のトークと異なり、小道具を使うものが多い。月曜日と木曜日はサイコロトーク前に当たり目についての説明が小堺から行われた。

小堺が出たサイコロの目を読み上げる際にその略称(例「情けない話」→「なさばな」)あるいは出目にちなんだギャグ(例「信じられない話」→ビートたけしのものまねをしながら「アンビリーバブル!(『奇跡体験!アンビリバボー』と掛けている)」)を披露したり、番組後期では、出目にはほとんど関係ないが、その前のトークで話題となったキーワードを発言し、それを観客が復唱するのが番組の特徴であった。ちなみに1回の放送で同じ目が2回出たときは、ギャグの後に「パート2」(3回出たときは「パート3」、時間の都合上、4回連続で出た時は「パート4」)と客のみが唱和していた。ゲストが振った後のサイコロは小堺が所定の位置に移動させた。サイコロトーク開始当初は席の後ろに置いていたが、1996年以降は観客席に見えるように右前に、出た目を正面にして置いていた。

また、サイコロトークの前に、スタッフが用意したおやつがゲストに供された。季節により、放送日にちなんだ飲食物を提供することがあり、その際は小堺が説明を行った[注 16]。過去にはジュンイチ・フミヤ・フトシの「おやつボーイズ」[注 17]、和・洋・中の料理人の卵である「めしあがレンジャー」という男性3人組が調理を担当・出演していた時期もある。番組末期にはおやつはなくなったが、お茶が用意されていた。

1つの話が終わると、スタッフの判断で席替えを促すチャイムが流れた(チャイムの音は1996年4月、2002年4月の2回変更された)。ただしあまり強制力はなく、チャイムが鳴った後も話が盛り上がった時、延々と話が続けられ再度チャイムを鳴らされることもあった。席替えでは、上手に座っているゲストは下手に移動し、その他2組は上手に移動した。

2014年10月以降、ゲスト2組制となったため席替え制度はなくなった(ごくまれにゲストが3人の時に、席替えを行う場合もあった)。また、サイコロトーク自体も短くなり、後半はサイコロなしで企画に基づいたトークを行うようになった。

サイコロを振るときにかかるBGMは、薬師丸ひろ子の「ハートデーズラグ」の一部であった(初出の1991年夏休み特別企画時では、番組側作成の別のBGMが用いられ、そのBGMも1991年9月から2002年3月まで席替え時に使用された)。

番組終了までのサイコロ投数は1万9459回であった[20]

おもなサイコロの目[編集]

その目が出た場合の、小堺のギャグ・リアクションも一部記載している。

怒りの話[編集]

  • ありえない話(一時期、「ありえねー!」「ありえへーん!」と混合していた)
  • 腹の立つ話 - サイコロトーク開始当初からサイコロに書かれている目。「んー、ぴょっ」という奇声とともに腹の前に手を出して指を立てる仕草を行う
  • 怒った話
  • あきれてものも言えない話
  • どうでもいい話
  • 何だ、それ?(何だそれ!)
  • もうウンザリ

哀れの話[編集]

  • 情けない話 - サイコロトーク開始当初からサイコロに書かれている定番の目。「なさばな」と略される
  • シャレにならない話 - 「しゃればな」
  • ホントに情けない話
  • 恥ずかしい話
  • 恥も涙も捨てた話
  • 今だからゴメンナサイ話
  • アッ、やっちゃった!
  • ありゃりゃ!?
  • そんな無茶な! - ギャグで「no tea(ノーティー)」と言う
  • へこんだ話 - 「ベコッ!」という擬音とともに何かが凹むようなジェスチャーをする
  • ショックな話
  • 痛かった話
  • シュンとした話
  • 信じてもらえない話 - 『奇跡体験!アンビリバボー』でのビートたけしの物真似を行う
  • 出来れば言いたくない話
  • 言い訳させて下さい
  • 若気の至り話
  • こんなハズじゃなかった

○○の話[編集]

  • 初めて○○した話 - 「はじまる」と略して言う
  • 私は○○の達人 - 「まるたつ」と略して言う
  • きっかけは○○ - 「きっまる」と略して言う
  • ○○はじめました
  • こうみえても○○した話
  • こうみえても私○○なんです
  • 旬なきっかけは○○ - 「旬きっかけ」と言う
  • ○○さんに言いたい事
  • ○○を愛する話

「私」の語がある話[編集]

  • 私、こってます - 肩こりをほぐすように首や肩を動かしながら「コリッ、コリッ」と言う
  • 私を変えたあの人
  • 私、変わりました
  • 私バカよね - 細川たかしの曲「心のこり」の一節を口ずさむ
  • 私の弱点 - 「いやぁ〜んそこ弱いの〜」とオカマ口調でしゃべる
  • 私の秘密
  • 私のクイズ
  • 私だけのルール
  • ひょっとしたら私だけ(旧:ひょっとして私だけ) - 英語で「only me?(オンリーミー)」と言う
  • 私の重大ニュース
  • 私の得意料理

驚きの話[編集]

  • 驚いた話
  • 信じられない話 - 「アンビリバボー!」と肩を上げてビートたけしの物真似を行う
  • もう大変! - 額にゲンコツをかざし、初代林家三平のものまねで「大変です」と言う
  • ドヒャー! - そのまま「ドヒャー!」と叫ぶ
  • ア然とした話
  • 危機一髪 - 逆から読むと、「髪 一機 危」となることを小堺がネタにしている
  • パニくった話 - 「パニ」という謎の食べ物の感想を口にする(『パニ』食った)

泣ける(?)話[編集]

  • うるうるした話
  • せつない話
  • 幸せだと…思う話
  • 涙した話
  • 感謝した話
  • お世話になりました - 井上順の曲「お世話になりました」の一節を口ずさむ。又は「井上順です」と言う
  • ありがとう(旧:ありがとうの話) - 水前寺清子の曲「ありがとう」の一節で「♪さわやかに〜」を口ずさむ(井上陽水奥田民生の曲「ありがとう」や、英語で「Thanks」という場合もある)
  • 私の傷跡

幸福の話[編集]

  • 恋の話
  • 恋愛話
  • 恋の告白 - 略して「こいこく」と言う
  • カワイイ話
  • 自分をほめてあげたい話 - 自分の頭を撫でる仕草をして「よちよち」と言う
  • ムフフ
  • のろけ話
  • 笑える話
  • ごきげんな話
  • ウキウキした話
  • ちょっとイイ話
  • おいしい話(旧:おいしかった話)
  • 好きな人の話
  • どや顔した話
  • いいね!と思った話
  • 昨日の面白い話
  • ラブストーリーは突然に
  • やっぱ好きやねん
  • 好きなんだけど
  • 超ラブ♥ラブ
  • メラメラ燃える恋

恐怖の話[編集]

  • 怖い話(コワイ話) - 稲川淳二出演時には必ず含まれている
  • 旬な怖い話 - 「フレッシュ!」と大きな声を上げる
  • ピンチ!
  • とんでもない話 - ギャグで「no jump(ノージャンプ)」と言う
  • 鳥肌の立つ話 - 「イヤー!ぴょっ」という奇声とともに腕の上で指を立てるしぐさを行う
  • ヒヤッとした話
  • ドキッとした話
  • びびった話

その他の話[編集]

  • 旬な話 - 「フレッシュ!」と大きな声を上げる
  • 忘れられない話 - 「アンフォーゲッタブル!」と外国人風に喋るか、ピンキーとキラーズの曲「恋の季節」の一節を口ずさむ
  • たまに思い出す話
  • ここだけの話 - 口の脇に手を当てて「人に言うなよ」とささやくように喋る
  • 小さな悩み - 小声で「なやみ」とつぶやく
  • ここだけは譲れない
  • ついつい - 「つ〜いつい」と言いながら、指でつつくような動作をする
  • 初体験
  • でっかい話・ちっちゃい話 - 「でっかい・ちっちゃい」(「でっかい」を大きな声で、「ちっちゃい」を小さな声で)と早口で言う
  • アゲアゲな話・サゲサゲな話
  • 芸能界の友達の話 - おかま口調で「げいとも」と略して言う
  • ひとつ勉強になった話
  • 気になってしょうがない事
  • これ、はじめて話します
  • 国際的な話 - 「インターナショナル!」と外国人風に喋る
  • 今年の重大ニュース(12月放送時のみ)
  • 今年やり残したこと(12月放送時のみ)
  • 心よりお願い申し上げます
  • 今さらですが
  • 最近、どう?
  • 最近、若い人の話
  • 変な夢
  • まるで夢のような話
  • うわさ話 - 略して「うわばな〜」と言う
  • なるほどねぇ
  • やめられない話
  • 夏の思い出
  • 思い出の曲
  • 短い話
  • もしも…
  • 皆さん、どう思います?
  • これといってオチのない話
  • お昼からすいません
  • 昔の一大事
  • 他の番組での話
  • 急に思い出した話
  • 私のプチ自慢
  • ソチも悪るよのぉ〜 - 2014年2月17日初登場。初登場回放送時にソチ冬季オリンピックが開催されていたことに掛けている。
  • 留守番電話 - 視聴者が番組宛に残した留守番電話のメッセージに、ゲストが答えるというもの。
  • ものまね! - ものまねを披露する。今のところ唯一のトークではない目である。
  • 世界にひとつだけのはなし
  • どうでもいい話 - 略して「どいばな」と言う。
  • 自分の性格が出た話
  • 実の名をあげられない話

今日の当たり目[編集]

サイコロトーク初期には、当たり目の代わりに「POST CARD」という出目があり、視聴者のハガキを引いて、視聴者の聞きたいトークテーマで話すというシステムがあった。また、そこで出された「芸能界の友達の話」が後に定番出目となった。なお、当たり目の出目によっては、与えられた出題にゲストが最後まで答えられると、ライオン製品がもう1品もらえる場合もある。

  • COROZOクエスチョン(2004年1月12日より)
  • COROZO人生相談(2007年3月14日より)
  • 恐怖の顔写真館
  • 幸福の顔写真館
  • 日頃のウップン溜まって箱 - ウップン溜まって箱に日頃のうっぷんを叫び、そのことについて話す。
  • マシンガンQ
  • ○○と言えば - ○○にはゲストの名前が入る
  • 相方にダメ出し10(お笑いコンビのみ)
  • ○○に1、2、パンチ - ○○にはお笑いコンビなら「相方」、グループならグループ名が入る
  • 演歌3つの心(演歌歌手のみ)
  • ○○一言相談 - ○○にはゲストの名前が入る
  • 芸能界の親友・悪友&ライバル
  • クイズ・師匠に聞きました(師匠のいる芸能人のみ)
  • ごきげん!私の採点の祭典
  • ○○さんへの手紙
  • ○○のスゴイ所10 - ○○にはゲストの出身地が入る
  • ○○の爆弾発言 - ○○にはゲストの出身地が入る
  • パパの通信簿(父親の芸能人のみ)
  • 新○○ワールド - ○○にはゲストの名前が入る
  • アノ人からの教え
  • 芸能界!要注意人物!!
  • クイズ○○ - ○○にはゲストの名前が入る
  • ナイショのメガホン
  • 察してクエスチョン
  • 1分間でわかる○○ - ○○にはゲストの名前が入る
  • 即決!順番!BANG!BANG!BANG! - 5秒以内にテーマに沿った順番を決める。
  • どっちがバトル(お笑いコンビのみ)
  • 不気味な国の○○ - ○○にはゲストの名前が入る
  • 世界な○○のちっちゃなトコロ - ○○にはゲストの名前が入る
  • ○○グランプリ - ○○にはゲストに応じたテーマが出題され、それを勝ち抜き方式で決める
  • ○×調査
  • もしもの総選挙
  • キメ顔百面相
  • ブラックサイコロ(お笑いタレントのみ) - 話し辛いテーマ(「絡みづらい芸能人」や「所属事務所に一言」など)が書かれているサイコロを振り、出た目に書かれていたテーマに沿ってトークをする。
  • 真実の鼻 - 当たり目を出したゲストの後ろに「真実の口」を模した黒い目の小堺の像が設置され、ゲストに関するアンケート結果を本人が予想する。正解なら紙吹雪が降りライオン製品がもう1品貰えるが、不正解なら像の鼻からゲストの背後に向かって冷却ガスが噴射される。
  • 懺悔の鼻 - 2014年7月24日初登場。真実の鼻同様に、当たり目を出したゲストの後ろに「真実の口」を模した黒い目の小堺の像が設置され、当たり目を出したゲスト本人が過去に起こした悪事(番組では、「若気の至り」と表現)を懺悔(ざんげ)する。その懺悔の内容を許すか許さないかを残りのゲストと小堺がひょうきん懺悔室の要領で判定する。多数決で○が過半数なら紙吹雪が降る(ライオン製品が貰えるかは不明)が、多数決で×が過半数を超えたら像の鼻からゲストの背後に向かって冷却ガスが噴射される。なお、○と×が半分の場合は、紙吹雪と冷却ガス噴射が同時に行われる。
  • ごきげんマンボNo.5 - 2014年6月17日初登場。当たり目を出したゲストに関するアンケート結果を、他2組のゲストを含めてみんなで予想する。予想する際のBGMはマンボNo.5
  • ミワちゃまの言うとおり - 2015年初登場。美輪明宏[注 18]がVTRで出題したクイズなどに答える。
  • ごきげんラケット - 指定されたテーマに関する事を30秒以内で、ラケットを振りながら10個言う(例:「収録で大変なこと」「奥さんの好きなとこ」など)。30秒以内に10個言えた場合はライオン製品がもう1品もらえる。

COROZO(コロゾー)[編集]

サイコロをモチーフとしたロボット人形2004年1月12日放送で初登場。体と顔が四角く、体には「COROZO」という文字が書かれており、目は渦を巻いていて口は大きい。

通常の出目ではなく、今日の当たり目の専用コーナーで登場したほか、2014年夏以降の毎週木曜日に限りオープニングでも登場するようになり、その日のゲストを紹介した。初回のCOROZOの当たり目を出したゲストは奈美悦子。声は高く、時々意地悪な喋り方をする。「COROZOクエスチョン」で小堺とトークするゲストの間の後ろのセットから専用BGMと共に出てきて、他のゲストや観客から面と向かって聞きにくい質問を、単刀直入に質問相手であるゲストにぶつける。また、2007年3月14日放送より「COROZO人生相談」というコーナーが始まり、COROZOがゲストの悩み事を一言で解決する。

最終回では、司会の小堺が、事前収録によるボイスオーバーでCOROZOの声を担当していたことが明らかに[注 19]なった。

耳よりカード[編集]

トークの途中で、ゲストをよく知る人物から得た耳寄りな情報が記載されたカードを、小堺が読み上げる。

特別版[編集]

ごきげんよう大賞[編集]

1993年から、年間で最も面白かったトークを選出する「ごきげんよう大賞」が年末に放送されていた(1994年から2002年までは上下半期ごとに大賞が選出されていたため、7月末にも放送された)。「年間(下半期)ごきげんよう大賞」は1998年から2004年は12:00 - 14:00(2000年のみ『笑っていいとも!』を通常放送したため13:00 - 15:00の放送)の特番として放送されたが、2003年・2004年はランキングごとに受賞者が登場しプレゼンター(2003年磯野貴理子、2004年は柳沢慎吾)からトロフィーを渡すスタイルに通常のサイコロトークなどを展開した。2005年は12月26日 - 12月28日のレギュラー枠でこれまでの受賞者が登場するスタイルから桂三枝(現・六代目桂文枝)・横峯良郎前田美波里の3人を審査員に迎え月間大賞を選びその中から年間大賞を決めるスタイルに変更された。そのため、この年の12月29日(12:00 - 14:00)は特別編として通常のサイコロトークがなくテーマごとにトークするスタイルをとった。なお、1997年以前は通常の30分枠で5日間に渡り放送されていた。この形態は2006年以後も継続されたが、年末スペシャルは2007年以降行われなかった。

夏休み期間の放送[編集]

夏休み期間の放送
2012年7月23日から8月24日まで夏休み期間の放送(8月27日から8月31日は夏休みトリオフェア)。
  • 街角一言サイコロ(小堺が、東京、神奈川など街角の人にサイコロを振ってもらい、出た目のトークをする)
  • オープニング(前日までの2組が登場した後に、「今日のゲストは誰でしょう?」として小さいころの写真が紹介されゲストが登場する)
オープニングの後にCMには行かず、今日のサイコロの目を紹介しながらゲストが席に座る。テーブルにはおやつはなく、飲み物が入ったカップが置かれているためおやつ紹介はない。
  • サイコロトーク(3 - 4回行う、1回目のトーク終了後に最初のCMに入る。以降はトーク終了ごとにCMに入る)
  • ごきげんプチ相談(視聴者から送られた相談にゲストが答える。サイコロトークの後に行うエンディング前のコーナー、トリオフェアでも行い、9月3日からの通常放送でもコーナー継続)
  • エンディング(当たり目の当選者紹介、今日でお別れするゲストの紹介(本、CD、舞台、番組などの告知や宣伝を行う)など)

2013年は8月5日の放送分より「夏休み1週間通し企画」として、オープニングコーナーを5日連続で放送する形をとっていた。

2014年は金曜日のみ「最強のふたり」と題し、1日限定で2人のゲストを招いてトークを行った。このため木曜に出演したゲストは、月曜に再出演していた。この2組ゲスト制は、同年10月以降レギュラーのスタイルとなった。

  • 夏休みごきげん子供スナップ
0歳~3歳の子供の写真を2枚ずつ放送する。当初はタイトル通り夏休み期間中の予定だったが、大好評につき期限延長となった。

ライオンのごきげんようゴールデン! 大物だらけのサイコロSP[編集]

番組終了に合わせ、通常放送最終回の前日にあたる2016年3月30日(水曜日)の19:00 - 20:54(ゴールデンタイムプライムタイム枠)に、2時間のスペシャル番組『ライオンのごきげんようゴールデン! 大物だらけのサイコロSP』が放送された[21][注 21]。同特番はライオンが単独協賛の上、複数社が提供スポンサーを務めた。

なお、ゴールデンタイム・プライムタイムでの放送はこれが最初で最後となった。

この番組は、以下の6つのコーナーで構成された。また今回の特番仕様のスタジオパートでは小堺のほか、ゲストとして勝俣州和磯野貴理子清水ミチコYOUが出演し、各コーナーのVTRを観覧しながらトークを展開した。

記録[編集]

  • サイコロ投数 - 19462投[17]
  • ゲスト最多出場 - 磯野貴理子(142回)※2016年2月25日放送分で小堺が発言
  • 当たり目連続回数 - 次長課長河本準一井上聡)(5回連続)
  • 最長トーク記録 - 香田晋(1人で時間一杯)
  • 最短トーク記録 - 明石家さんま(4秒、2008年12月18日)※2002年12月24日に記録した7秒を抜いて更新。
  • サイコロトークができずに放送終了 - マキタスポーツ(2013年12月23日)

歴代スタジオセット・演出[編集]

初代から6代目までの間において、1996年5月頃以降、2005年9月までの7代目に変わるまでは、数週ごとに先代とのスタジオセットを交互に繰り返し、組み立て直して使用していた。背景にある小道具や花などは、改装やセット変更時以外にも頻繁に交換をしている。

  • 初代(1991年1月 - 1996年9月)
    この初代の1991年1月7日 - 12月27日放送のみ、小堺・ゲストの入口にドアがあり、小堺・ゲストはドアを手で開けて入場していた。サイコロトーク方式になった同年9月9日放送以後もそのまま使用していた。1992年に最初のマイナーチェンジ(改装)を実施した際には、セット右側の小堺・ゲスト入口横にあった3つの小型モニターと一部の縦長スリガラスの窓を撤去、テーブルやソファーを全て変更したほか、小堺・ゲスト入口のドアがなくなり、小堺・ゲストがそのまま入れるようになった。水槽も一旦撤去され、その場所は横長のスリガラスに変更された。1994年に再びマイナーチェンジ(改装)を実施し、横長のスリガラスだった場所に水槽を再び設置し、スリガラス窓の外側は水槽のように泡が吹いている演出が施された。
  • 2代目(1996年1月 - 1999年9月)
    先代とは雰囲気が大きく変わり、洋風の雰囲気を強調したセットになった。観客席の拡大により観客数が増加した。このセットは浜町スタジオ時に使用されたが、スタジオのお台場移転後も使用された。
  • 3代目(1996年9月 - 1998年6月)
    浜町スタジオ時代の新規セットとしては最後となる。1997年1月6日放送から「今日の当たり目」が加わったことにより、当たり目ボードが下手側に設置された最初のセットとなっている。このセットで、初代と2代目セット背景にあった水槽が一旦撤去された。このセットも浜町スタジオ時に使用されたものだが、スタジオのお台場移転後も使用された。
  • 4代目(1997年4月 - 2000年9月)
    赤と白をイメージしたセットであった。ゲストの入口横には “931” と書かれたポストを模したものが置かれていた。この4代目が、お台場のスタジオになってから初めて新規に作られたスタジオセットであった。この4代目途中から観客席がさらに拡大され、より出演者に近い位置となったことから、セット全景がカメラに映る時も1列目の観客の頭が見えるようになる。また、出演者の座る席にソファーを使用していた最後のセットであった。
  • 5代目(2000年10月 - 2005年8月)
    このセットから、出演者の座る席がソファーから木の椅子に変更された。また2004年1月12日放送から、上手側ゲスト席・小堺の背景にある暖炉を模したセットの部分に、「COROZO」の出入口が増設された。このセット以降、下手側の背景にモニターが設置され、番組タイトルロゴが表示されていた。
  • 6代目(2001年4月 - 2005年9月)
    中華風の雰囲気を強調したセットになった。初代と2代目セットの背景にあった水槽が再び復活・設置したが、この6代目が最後となった。出演者の座る席が木の椅子であった最後のセットとなっている。
  • 7代目(2005年10月 - 2011年6月)
    セットは街角にあるカフェ「Lion Cafe」(電話番号:(221)-247-4211,42st)という設定となっており、小堺らはカフェでトークをするということになっていた。設定上のカフェの営業時間は、番組と同じく13時からの30分間となっている。椅子もベンチに背もたれをつけたようなものになっていた。このセットから、新旧のセットの繰り返しがなくなり、全期間通して同じセットとなった。
  • 8代目(2011年7月 - 2014年3月)
    約6年ぶりのセット変更となった。
  • 9代目(2014年3月 - 2016年3月)
    約3年ぶりのセット変更となった。ゲスト入場口に、初代セットの初期以来23年3か月ぶりにドアが復活した。そのため、ゲストは22年半ぶりにドアを手で開けて入場するようになった。ただし初代セットと異なり、下手側にもドアを設置しており、下手側からもスタジオに入場するようになった(なおこれまでは、番組開始以来23年間一貫してゲスト入場口は上手側だけだった)。
演出
  • 1991年1月7日 - 1991年3月29日:「オリジナルBGM」作曲者不明。
  • 1991年4月1日 - 1991年9月6日:「オリジナルBGM」作曲者不明。
  • 1991年9月9日 - 2002年3月29日:「マンボのビート」作曲:ペレス・プラード、演奏:東京パノラママンボボーイズ
  • 2002年4月1日 - 2010年11月26日:「オリジナルBGM」作曲者不明。
  • 2010年11月29日 - 2014年12月26日・2016年3月31日(最終回):「あっけらカンとごきげんよう」作詞:秦典子、作曲:秦万里子、歌:キヅカイカズコ(小堺一機)

※夏休み特別企画時など、スペシャル企画時はテーマ曲は省略される。また番組末期の2015年1月5日 - 2016年3月30日もテーマ曲が省略された。

歴代スタッフ[編集]

  • スーパーバイザー:高平哲郎
  • 構成:滝大作鶴間政行舘川範雄 ほか
  • スタイリスト:菅原田鶴子 ほか
  • カメラ:丸育三 ほか
  • 音声:松本孝 ほか
  • 映像:小宮幸雄
  • 音響効果:来代直
  • 美術制作:鈴木武治、重松照英
  • デザイン:山本修身
  • 美術進行:吉田敬
  • 大道具:梅津勝
  • 装飾:高野城二
  • イラスト[注 26]いしいひさいち
  • 技術協力:浜町スタジオ(1991年1月 - 1997年3月)→fmt(旧八峯テレビFLT
  • 編集:IMAGICA
  • アシスタントディレクター:岡村洋平
  • ディレクター:平林長務、豊島浩行、窪田豊、庄司裕暁 ほか
  • キャスティングプロデューサー:高橋味楓 / 中村倫久、八木信人、中垣佐知子
  • プロデューサー・ディレクター:笠井雅旭
  • 歴代プロデューサー:
  • 演出:三宅恵介[注 27]
  • チーフプロデューサー:三宅恵介 → 渡辺俊介(実質5代目)
  • 制作協力:FCC
  • 制作著作:フジテレビ

ネット局[編集]

『ライオンのごきげんよう』最終回時点のネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ
関東広域圏 フジテレビ(CX)
制作局
フジテレビ系列 月 - 金曜日
12:55 - 13:25[注 28]
同時ネット
北海道 北海道文化放送(uhb)
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県
鳥取県
山陰中央テレビ(TSK)
岡山県
香川県
岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
山梨県 山梨放送(YBS) 日本テレビ系列 月 - 金曜日
15:50 - 16:20
2時間55分遅れ
徳島県 四国放送(JRT)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一部CMにおいても字幕対応。月曜日が生放送だった時代はリアルタイム字幕放送
  2. ^ 稀に同性ゲストが続くことがあるが、3人とも同性とはならないように調整されている。
  3. ^ 地方のホールでの公開録画の観覧方法はライオンスーパーマーケットチェーン及びドラッグストアチェーン及びホームセンターチェーン店で実施しているクローズド懸賞の特賞でプレゼントしている。必ずやFNS加盟局主導のもとスーパーマーケットチェーン及びドラッグストアチェーン及びホームセンター主催の「ライオンフェア」を実施し、ライオン製品を含むレシートを葉書に貼って必要事項を記入してから地方のホールでの公開録画を主催するFNS加盟局へ郵送する。
  4. ^ 最後の入れ替わりゲストは2014年10月2日ラッキィ池田であった。
  5. ^ 2014年は台風接近により中止となりゴール地点の出雲ドームからの現場リポートと映画『ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女』が放送された。
  6. ^ 2014年までは11月23日(勤労感謝の日)の『国際千葉駅伝』中継でも同様の対応を取っていた(同年をもって大会自体が廃止)。
  7. ^ 後続の東海テレビ制作のドラマ枠とセットで振替放送を行う場合もある。
  8. ^ 前身番組『ライオンのいただきます』→『ライオンのいただきますII』時代から換算すると31年6か月となり、『森田一義アワー 笑っていいとも!』(1982年10月 - 2014年3月)に並ぶ記録となった。
  9. ^ 後に『ライオン午後のサスペンス』→『ライオン劇場』と改題。
  10. ^ なお最終回まで他系列で遅れネットを実施していた日本テレビ系列2局については、本番組放送時間帯の系列外ネットを取りやめている。
  11. ^ ただし番組後半には、アシスタントの田淵裕章アナウンサー、キャラクターのCOROZOも出演した。
  12. ^ 小堺が挨拶をした後、スタジオセットの一部が動き、セットに「31年半有難うございました」の文字が掲げられ、銀テープ発射される中、提供クレジットの後、エンドテロップ「ライオンのごきげんよう 完」を表示して終了した。
  13. ^ 1996年4月から1997年9月までは14時台(13:55 - 14:50)だったため裏番組ではなかった。なお、2014年4月1日より現在の正午枠(12:00 - 12:30)となっている。
  14. ^ なお、『徹子の部屋』司会の黒柳徹子は同番組の枠移動後に『スタジオパーク』に出演したことはあるが、本番組への出演は一度もなかったため、本番組終了から5か月を経てようやく共演が実現した。
  15. ^ 一例として、「情けない話」と「ウルウルした話」の中間に止まった場合は、「ウルウルして情けない話」などと言う場合がある。
  16. ^ 一例として、1月7日が放送日にあたる場合は七草粥、1月15日が放送分にあたる場合はが提供される等
  17. ^ 2014年11月12日放送分で、マツコ・デラックスの希望で、16年ぶりに登場した。
  18. ^ 最初はデフォルメしたイラストで登場するが、途中で実写映像に切り替わる。
  19. ^ 明確に言及はしていないが、声の収録風景を写したフリップボードを出した際、目線をシールで隠して正体不明っぽく装っていたものの、その人物は極めて特徴的な髪型に金髪に染めており、誰がどう見ても正体が明らかであった。
  20. ^ ただし、8月20日放送分のみ放送5555回記念の特別放送を行ったため、初回放送・1111回・2222回・3333回・4444回記念の小堺の写真を掲載した「ごきげん あ〜カイブ」を放送した。
  21. ^ 日本テレビとのクロスネット局テレビ大分では、当該曜日の編成の関係から非ネット。
  22. ^ 恵は『ひるおび!』開始前には当番組に出演経験がある。
  23. ^ 大阪・読売テレビ本社の『ミヤネ屋』生放送終了直後のスタジオ内にてサイコロトークを行った。
  24. ^ 1995年4月の番組開始から2014年3月まで本番組の裏番組だった。
  25. ^ 小堺はかつて、堺が司会を務めていた『NTV紅白歌のベストテン』→『ザ・トップテン』(日本テレビ系)でリポーターとして出演していた。
  26. ^ 2015年より番組冒頭で登場する田淵の似顔絵を担当。
  27. ^ フジテレビ定年後も嘱託で担当。当初はプログラムディレクター→プロデューサー(2009年8月3日 - 8月28日)→チーフプロデューサー。
  28. ^ 2015年3月27日までは13:00 - 13:30。

出典[編集]

  1. ^ マスコミ研究会 2014年3月13日 - 14日発行分より。
  2. ^ 鶴間政行『人に好かれる笑いの技術』アスキー、2008年 ISBN 4756150934
  3. ^ “「ごきげんよう」最終回視聴率は3・3% 昼の顔31年に幕”. Sponichi Annex. (2016年4月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/01/kiji/K20160401012319130.html 
  4. ^ 〈速報〉小保方氏会見でフジが番組予定を変更 - 日刊スポーツ芸能速報 - 朝日新聞デジタル&M、2014年4月9日
  5. ^ TV Bros 2015年3月21日号。
  6. ^ 2015年1月度社長会見要旨(2015.1.30) フジテレビ 2015年3月2日閲覧。
  7. ^ 安藤優子、新情報番組にワクワク 「スーパーニュース」は卒業 SPonichi Annex 2015年3月2日閲覧。
  8. ^ フジ大型情報番組タイトル「直撃LIVEグッディ!」に決定 SANSPO.COM 2015年3月2日閲覧。
  9. ^ 榊原郁恵&池上季実子&宮崎美子の熟女トリプル主演で昼ドラスタート SANSPO.COM 2015年3月2日閲覧。
  10. ^ 「ごきげんよう」20日で5555回 小堺一機「意識しないから続いている」”. スポーツニッポン (2013年8月13日). 2013年8月13日閲覧。
  11. ^ フジ平日昼帯を大改革 「ごきげんよう」来春で終了(スポニチ2015年10月28日 同日閲覧)
  12. ^ フジ“昼ドラ”52年の歴史に幕 来年3月終了(スポニチ2015年10月28日 同日閲覧)
  13. ^ 「ごきげんよう」来年3月末終了 31年の歴史に幕、小堺還暦で節目 スポーツ報知 2015年11月18日閲覧。
  14. ^ “フジは毎日生放送15時間!目ん玉飛び出る4月改編”. サンスポ. http://www.sanspo.com/geino/news/20160205/geo16020505040017-n1.html 2016年2月5日閲覧。 
  15. ^ “小堺「ごきげんよう」最後のゲストにさんま、関根勤、ヒデちゃん”. スポーツ報知 (フジテレビ). (2016年3月30日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000061-sph-ent 
  16. ^ 週間番組表 3月31日(木) - 高知さんさんテレビ
  17. ^ a b c “小堺一機、31年半の番組は「財産」 感謝の言葉で『ごきげんよう』終了”. オリコン. (2016年3月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2069401/full/ 
  18. ^ “小堺一機“元裏番組”に初出演 お昼のNHK「生なのでドキドキ」”. http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/19/kiji/K20160419012432680.html 
  19. ^ “小堺一機「徹子の部屋」初出演、子供の頃から変わらない顔検証”. お笑いナタリー (ナタリー). (2016年9月2日). http://natalie.mu/owarai/news/200471 2016年9月3日閲覧。 
  20. ^ 2016年3月31日最終回冒頭にて。
  21. ^ a b “31年続いた『ライオンのごきげんよう』みなさまへの感謝を込めてスペシャル番組放送決定!”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2016年3月8日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/160308-082.html 

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 月 - 金曜日12:55 - 13:00枠
前番組 番組名 次番組
バイキング
※11:55 - 13:00
2014年4月1日 - )
【5分縮小して継続】
ライオンのごきげんよう
2015年3月30日 - 2016年3月31日
バイキング
(2016年4月4日 - )
※11:55 - 13:45
【50分拡大して継続】
フジテレビ系列 月 - 金曜日13:00 - 13:25枠
ライオンのごきげんよう
1991年1月7日 - 2016年3月31日)
バイキング
(2016年4月4日 - )
※11:55 - 13:45
【50分拡大して継続】
フジテレビ系列 月 - 金曜日13:25 - 13:30枠
ライオンのいただきますII
ライオンのごきげんよう
(1991年1月7日 - 2015年3月27日
プラチナエイジ
※13:25 - 13:55
(2015年3月30日 - 5月29日)
【これより東海テレビ制作昼の帯ドラマ
フジテレビ系列 ライオン一社提供番組
ライオンのいただきますII
ライオンのごきげんよう
(1991年1月7日 - 2016年3月31日)
ライオンのグータッチ
※土曜日9:55 - 10:25