デニス (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デニス
DENNIS
メンバー 植野行雄
松下宣夫
結成年 2010年8月
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2010年8月 -
出身 東京NSC15期生
出会い 東京NSC
現在の活動状況 ライブ、テレビなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 松下宣夫
同期 きみきみエッグ矢沢おかずクラブビスケッティニューヨークマテンロウなど
テンプレートを表示

デニスは、吉本興業東京本社(東京吉本よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ。

メンバー[編集]

植野 行雄(うえの ゆきお、1981年7月17日 - )
立ち位置は左。ボケ・ツッコミはネタによって変わるが、主にツッコミを担当(後述)。
出身地:大阪府吹田市大阪府立茨木西高等学校卒業、高校1年生で2回留年し、卒業時には20歳だった。
身長:178cm、体重:80kg、血液型:O型、喫煙者。
特技:相撲、南米玉すだれ(南京玉すだれにブラジルの要素を加えたもの)
日本ブラジルとのハーフ。実父の母国語のポルトガル語等は話せない。
同じ吉本芸人のマテンロウのアントニー、JOY関口メンディーと共にハーフ会を結成している[1]
愛称は「行雄ちゃん」。コンビ名をファーストネームのようにつけた「デニス植野」としての出演も多い。
松下 宣夫(まつした のぶお、1984年5月28日 - )
立ち位置は右。ネタによって変わるが、主にボケ担当。
出身地:徳島県板野郡玉川大学卒業。
身長:176cm、体重:60kg、血液型:A型、喫煙者。
特技:全国の昔話を語る、人間ポンプ
愛称は「のぶくん」。
Instagramのライブ配信をよしもと芸人さんの中で(おそらく)日本一、活用している。

来歴[編集]

  • 2010年 M-1グランプリ 準々決勝進出(予選65位)
  • 2012年 THE MANZAI 上位50組が認定漫才師に選出されるなか、51位で落選し、ワラテンのテスト要員として番組の最後に出演してネタを披露した。
  • 2015年 Ⅿ-1グランプリ 2回戦進出
  • 2016年 Ⅿ-1グランプリ 3回戦進出
  • 2017年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2018年 Ⅿ-1グランプリ 準々決勝進出

芸風[編集]

  • 主に漫才。ボケ・ツッコミは全体の流れとしては固定されておらず、話の流れで入れ替わる[2]。ハーフである植野の外国人然とした容姿風貌を利用したネタが多い。
  • 植野を「ロナウド」というブラジル人に見立てたコントもある。
  • 2016年くらいからは、サンバの衣装で歌うリズムネタ「台無しサンバ」にも取り組んでいる。

エピソード[編集]

  • 植野は芸人になる以前にバーでアルバイトをしていた。当時の客にYOUがおり、そのころから現在に至るまで仲が良い[3][4]。そのバーには他にDragon AshRIP SLYMEのメンバーもよく来ていた。
  • 植野のかつてのアルバイト先の後輩に向井理がいた。スカウトを受け芸能界入りを考えていた向井に対し、当時まだ芸人ではなかった植野は「芸能界のことは分からないが、甘くない世界だからやめておけ」とアドバイスした。しかしそのアドバイスからわずか2ヶ月後向井はテレビ出演を果たしている[5]
  • 笑っていいとも!」登場の際には、松下はタモリから必ず「カンボジアのハーフ」「デニスのカンボジアの方」といじられていた。そのため街中でも「カンボジアの人」と声をかけられたり、twitterでカンボジア関係のアカウントからフォローされたりしている(なお、松下本人は日本人である)[6]
  • 2014年より1年間、岡山県、鷲羽山ハイランドのPRを担当する「アミーゴ大使」にコンビで任命される。植野がブラジル人と日本人のハーフであることから打診を受けた[7]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

レギュラー[編集]

植野

単発[編集]

植野

テレビドラマ[編集]

植野

映画[編集]

植野

吹き替え[編集]

CM[編集]

MV[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]