バチバチエレキテる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バチバチエレキテる
ジャンル バラエティ番組
放送時間 水曜日 0:45 - 1:10
(火曜日 24:45 - 25:10)(25分)
放送期間 2013年4月17日 - 9月18日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 日置祐貴
プロデューサー 明松功(CP)
出演者 濱口優よゐこ
白石麻衣乃木坂46
ほか
オープニング パスピエ「電波ジャック」
エンディング でんぱ組.inc「強い気持ち・強い愛」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

バチバチエレキテる』は、2013年4月17日から9月18日までフジテレビ系列で放送されたバラエティ番組[1]

概要[編集]

濱口曰く「明日のナイナイを目指す番組」。前番組にあたる『ロケットライブ』にて選抜された若手芸人がロケやコントなどの企画を行って互いにバチバチと刺激し合うというコンセプトである。若手芸人らのレギュラーはあくまでも暫定的となっており、2ヶ月に一度後述の「バチバチメンバー総選挙」が行われその都度最下位だったメンバーを別の若手芸人に交代させる方式になっている[1]。2013年8月25日に生配信された「24時間ゼロテレビ」(ゼロテレビ)の番組終盤で、9月いっぱいで番組が終了する旨がMCの濱口から発表された。2013年12月11日からはゼロテレビ内の生配信番組として復活し、タイトルも『バチバチエレキテるZer0』になるなど一部がゼロテレビ仕様に変更された。

出演者[編集]

MC[編集]

現在の暫定メンバー[編集]

コンビ名 メンバー 在籍期間
うしろシティ 金子学・阿諏訪泰義 2013年4月17日 - 9月18日
プリマ旦那 野村尚平・河野良祐 2013年4月17日 - 9月18日
デニス 松下宣夫・植野行雄 2013年4月17日 - 9月18日
ラブレターズ 塚本直毅・溜口佑太朗 2013年4月17日 - 9月18日
ニューヨーク 嶋佐和也・屋敷裕政 2013年4月17日 - 9月18日
ベイビーギャング りんたろー・北見寛明 2013年7月3日 - 9月18日

過去の暫定メンバー[編集]

コンビ名 メンバー 在籍期間
カーニバル 山口ゆきえ・武内茜 2013年4月17日 - 6月26日
シリフリ 原リベロ・松丸ホルモン 2013年7月3日 - 2014年11月13日

放送内容[編集]

バチバチVTR[編集]

メンバーの中からの数組によるロケ企画。濱口と白石はロケには同行しないため、メンバーが司会進行を行う。

  • 花より団子より芸人クギヅケバトル(2013年4月17日、うしろシティ/ニューヨーク/プリマ旦那)
    • 花見客の前で芸を披露し、目を離さずに見てもらえるかに挑戦する企画。最初のロケは雨のため花見客が殆どおらず中止になり、後にリベンジとして改めてロケが行われた。
  • ニドミール(2013年4月24日、カーニバル/デニス/ニューヨーク/ラブレターズ)
    • エスカレーターですれ違う人何人に二度見されるかを競う企画。
  • ラテアート大喜利 (2013年5月1日、ニューヨーク/プリマ旦那/ラブレターズ)
    • ラテアートで客を笑わせる企画。最後に元プロボクサーの竹原慎二が登場した。
  • カワイイ言葉しりとり(2013年5月8日、うしろシティ/デニス/プリマ旦那)
    • 金子考案の可愛らしい言葉でしりとりをしていくゲーム。失敗するとカワイイ罰ゲームが待っている。
  • ボウリング場で100ボケ(2013年5月15日、うしろシティ/デニス/カーニバル/ニューヨーク)
    • ボウリング場で100個ボケを披露していく企画。ADが考えたボケをすると罰ゲームを受けた上に強制退場となる。
  • 8秒間で印象を残せ!握手会DEインパクト(2013年5月22日、うしろシティ/カーニバル/ラブレターズ)
    • ℃-ute鈴木愛理の握手会に、メンバーがファンを装って参加して、8秒間という短い時間で誰が最も印象を残せたかを競う。
  • BB弾全て拾い集めまSHOW(2013年5月29日、うしろシティ/ニューヨーク)
    • 嶋佐のかなり汚いといわれる家にBB弾50万個を撒き、このBB弾を片付けながら部屋を掃除していく。
  • 芸人生命の危機!!プリマ旦那 河野のある問題!(2013年6月5日、プリマ旦那/うしろシティ/ニューヨーク/カーニバル/デニス/ラブレターズ)
    • プリマ旦那・野村が「相方の河野はマラソン病だ」と心配していることから行われた企画。河野がフルマラソンをし、給水所でメンバーのボケにツッコミを入れる企画。無視をしたら強制終了。
  • カーニバルゆきえの「アイドルひねり潰す!!」(2013年6月12日、カーニバル/プリマ旦那/デニス/ラブレターズ溜口)
  • ベイビーギャングのお泊まりナンパ!(2013年7月3日 - 8月14日 ベイビーギャング)
    • ロケットライブ時代にナンパロケに挑戦したベイビーギャング・北見が1都6県の女性をナンパをし、その女性の自宅に泊めてもらう生活を1週間続ける。泊めてもらう約束をするまではテレビ番組の企画であることを話してはいけない。ナレーションは相方のりんたろーが務める。他のロケ企画とは異なり、企画は数週に渡り放送され、8月14日放送をもって完結した。
  • シリフリ松丸のロケハングルメ映像(2013年7月17日 シリフリ)
    • 本来は2013年7月9日に放送する予定であったが、予定を変更しゼロテレビ「めちゃ×2ユルんでるッ!」にメンバーが出演したときの様子を放送したため1週繰り下げでの放送となった。食にこだわりのあるシリフリ・松丸がこだわりのつけ麺を紹介。
  • 検証企画 ぽちゃカワ女子はモテるのか!?(2013年8月28日 シリフリ/プリマ旦那/佐々木もよこ
    • ぽっちゃりしていてカワイイ女子代表のシリフリ・松丸と、スリム女子代表の佐々木もよこがビーチチェアに寝そべった状態でどちらが先にナンパされるかを検証する。
  • 料理している阿諏訪を面白くしよう(2013年9月11日、うしろシティ/プリマ旦那)
    • 料理本を出版する程料理をするのが好きなうしろシティ・阿諏訪が黙々と料理している姿を、プリマ旦那と金子が阿諏訪をアレンジして面白い格好で料理をさせる。

コント[編集]

  • タトゥーアーティスト ユキオ・ハーディ
    • カリスマタトゥーアーティストのユキオ(植野)が嶋佐に虎のタトゥーを彫るが…。
  • バチバチ星人
    • ギャツビーのCMのパロディ。ニューヨークが番組のグレーなことを言うコント。
  • ひこ先輩とくまもっちゃん
  • ニャンウィズアミッション
    • バンド「MAN WITH A MISSION」に影響を受け猫の被り物を着用した漫才師ニャンウィズアミッション(嶋佐・植野)がお笑いオーディションを受けるが、面接官(屋敷・阿諏訪・塚本)から被り物でネタ中の表情が分かりにくい、メンバーの一人で日本とブラジルのハーフの鈴木太郎(植野)の容姿を生かせていないなどと酷評を受ける。オチでは、ニャンウイズアミッションが尊敬している先輩芸人のおっぺけぺー→ニコチンタール(溜口・松下)がオーディションを受け、ニャンウィズアミッションの迷走を見た面接官に「お前らのせいだ」と罵倒される。
  • ジョ女の奇妙なOL
    • 失敗続きで、驚くとジョジョ立ちしてしまうOL、空条ノム子(野村)の物語。「バアアアアン」や「ゴゴゴゴゴゴゴ」などの効果音の文字がコント中に入る。
  • 低予算ヒーローエレキライザー
    • 制作費を削られた悲運のヒーロー、エレキライザー(阿諏訪)のコント。火薬のお金がないため、爆発音を口や体で表現したりしている。
  • アイアンアンマン
    • アイアンマンのパロディ。高い戦闘力を持つが全身が性感帯のヒーロー(植野)が戦う。
  • きょうの剛力
    • 剛力彩芽に扮した(?)カーニバル山口が楽屋でスタッフに注文を付ける。カーニバルが番組を降板したため終了。
  • カレーに懸けた男
    • 店主(河野)が多くの物を犠牲にして理想のカレーを作り上げたカレー店「レバーナ」にインド人(植野)が来店。
  • ガリエロ 「幽霊る」
    • ガリレオのパロディ。ラブホテルにて全裸の女性が殺された事件の現場に「変態ガリエロ」ことのむかわ教授(野村)が論理的に事件を解決しようとする。
  • 決戦直前インタビュー
    • 勝てばW杯出場が決まる試合会場の埼玉スタジアムに入るノム島永嗣(野村)がテレビ局のインタビューを受けている時、男(植野)の悪戯で顔にレーザーポインターを当てられる。
  • 30歳の高校生
    • 現実主義の30歳の男子高校生(阿諏訪)が、部活を頑張っている生徒や注意をした先生に向かい、現実的なことを言い放つ。
  • DIB48選抜総選挙
    • アイドルの総選挙で、第一位が白石になるとほぼ決定している状態で、明らかに圏外だと思われるメンバー(カーニバル)がかなり緊張している。
  • クイズ王の最期
    • 危篤状態のクイズ王・溜口がその仲間と最後のクイズに挑戦する。
  • ともだちだから
    • 阿諏訪が武内のことを振ったことに山口が苦情を言う。
  • 時をパシる少年 THE BULLYING BOY WHO LEAPT THROUGH TIME
    • 現代のいじめのある学校や1945年第2次世界大戦中の日本などさまざまなシチュエーションにいる少年(溜口)の前に、100年後(2113年)からキャネコ(金子)が現れる。キャネコは未来の世界でいじめられており、不良にタイムマシンで昔の様々な物を取りに行くように言われている。
  • 臆病な2人 チンアナゴとニシキアナゴ
    • 夜の水族館でニシキアナゴ(河野)の話す怪談の細かいところをチンアナゴ(金子)が口出しする。
  • ベイビーギャング北見 緊急記者会見
    • 北見が記者会見を行うコント。カメラのフラッシュで画面が点滅する演出があるため、コント冒頭で注意を促すテロップが表示される。
  • 名奉行北さん
    • 北見町奉行所で、奉行様北さん(北見)がなぜかお洒落なタトゥーを見せる。
  • それがROCKだ
  • THE WORKING DEAD 働くゾンビ
    • 川角出版の入社試験の面接に小学4年の時にゾンビになった少年、大川和也(嶋佐)が受け、面接官(河野・白石)を驚かせる。
  • セカンドライフ
    • 定年退職した父親(野村)がセカンドライフとしてニコニコ生放送で「ジャスティス」と名乗り、様々な曲を歌っていることを知った、一人暮らしをしている息子(屋敷)は愕然とする。
  • リメイク
    • 友達グループ(野村、松丸、河野、阿諏訪、屋敷)が、映画のDVDを見るが、その前に予告編が流れる。予告編では、北見が「伝説の名作」をリメイクしてしまう。

ミニコーナー[編集]

  • いいLINE
    • LINEのパロディで、LINEスタンプのムーンに扮したメンバー1名が白石のコメントに対する返事のコメントを言う。
  • ○○対決
    • メンバーのうちの2人が、腹筋や腕相撲で対決し、勝者はタイトルコールをすることができる。

入れ替えジャッジタイム[編集]

毎回の放送終了時に行われる。バチバチVTRの映像などを判断材料とし濱口から入れ替え候補に一歩近づいたと感じたメンバーが発表される。

バチバチメンバー総選挙[編集]

2か月に一度実施。第1回は2013年6月26日の「生放送でガチガチ入れ替エテるSP」で行われ[2]、毎回行われる「入れ替えジャッジタイム」の結果とホームページで行われた視聴者投票を中心に、入れ替えが決定したと仮定したお別れのスピーチのリハーサルや、相撲対決の結果を合計したポイントが一番低かったメンバーが入れ替えとなった。また、途中で成功できたら入れ替えの企画を中止にできる入れ替え中止ゲーム「バチバチ暗転長縄跳び」も行われたが失敗した。結果、カーニバルが入れ替えとなり、この回限りで降板した。

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送期間 遅れ
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 水曜日 0:45 - 1:10 2013年4月16日 - 9月17日 制作局
宮城県 仙台放送 同時ネット
長野県 長野放送
岡山県・香川県 岡山放送
広島県 テレビ新広島 水曜日 0:35 - 1:00 2013年4月23日 - 9月24日 7日遅れ
福島県 福島テレビ 水曜日 0:40 - 1:05
新潟県 新潟総合テレビ
近畿広域圏 関西テレビ 水曜日 1:30 - 1:58
福岡県 テレビ西日本 水曜日 1:30 - 1:55
北海道 北海道文化放送 水曜日 0:40 - 1:05 2013年4月24日 - 9月25日 8日遅れ
高知県 高知さんさんテレビ 水曜日 0:45 - 1:10
富山県 富山テレビ 土曜日 1:35 - 2:00 2013年4月26日 - 9月27日 10日遅れ
島根県鳥取県 山陰中央テレビ 日曜日 1:30 - 1:55 2013年4月27日 - 9月28日 11日遅れ
秋田県 秋田テレビ 火曜日 0:35 - 1:05 2013年4月29日 - 10月7日 13日遅れ
福井県 福井テレビ 火曜日 0:45 - 1:10 2013年4月29日 - 9月30日
長崎県 テレビ長崎 火曜日 1:45 - 2:10
静岡県 テレビ静岡 水曜日 0:35 - 1:00 2013年4月30日 - 10月1日 14日遅れ
山形県 さくらんぼテレビ 2013年4月30日 - 10月8日
佐賀県 サガテレビ
岩手県 岩手めんこいテレビ 金曜日 0:40 - 1:05 2013年5月2日 - 10月3日 16日遅れ
沖縄県 沖縄テレビ 水曜日 1:43 - 2:13 2013年5月8日 - 9月25日 22日遅れ
熊本県 テレビくまもと 金曜日 0:35 - 1:05 2013年5月9日 - 10月10日 23日遅れ
中京広域圏 東海テレビ 金曜日 1:35 - 2:05 2013年6月20日 - 12月5日 65日遅れ

スタッフ[編集]

  • ナレーション:桐井大介
  • 構成:渡辺真也、藤谷弥生、向田邦彦、はせがわ仏具店、狩野孝彦、オークラ
  • TD・SW:坂本淳一
  • CAM:横山大輔
  • VE:澤田将人
  • AUD:元山拓巳
  • 照明:後藤雅彦、三宅由姫
  • 美術プロデューサー:桐山三千代→古江学
  • 美術デザイン:寺本夏美
  • ロゴデザイン:武田紗代子
  • 美術進行:西嶋友里
  • 大道具:丸野彰久
  • 装飾:岡田寿也
  • アクリル装飾:堀内重彰
  • 電飾:富谷聡
  • 特殊装置・電飾:後藤佑介
  • CGデザイン:鈴木鉄平
  • 衣裳:古川富美子
  • 衣裳デザイン:荒尾美穂子
  • 持ち道具:西岡希実
  • メイク:大高里絵
  • 編集:田中友裕、青木秀幸、違俊一、山崎洋(IMAGICA
  • MA:民幸之介、鈴木久美子、伊藤一馬(IMAGICA)
  • 音響効果:石川良則(SPOT
  • VWS:小池潤
  • 技術協力:八峯テレビfmt
  • 制作協力:MTG
  • 広報:為永佐知男
  • デスク:市川亜希
  • TK:楮本眞澄
  • ディレクター:相澤雄、亀山剛志、永野博子、安部聖之、北山拓
  • 制作プロデューサー:向井美科
  • プロデューサー:飯村徹郎、緒方昌孝
  • チーフプロデューサー:明松功
  • 演出:日置祐貴
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター
  • 制作著作:フジテレビ

バチバチエレキテるZer0[編集]

「バチバチエレキテるZer0」は、バチバチエレキテるの地上波復活を目指しゼロテレビで不定期に配信されているインターネット番組である[3]。詳細はゼロテレビ#バチバチエレキテるZer0を参照。

放送日程[編集]

  • 第1回 2013年12月11日
  • 第2回 2014年4月9日
  • 第3回 2014年6月25日
  • 第4回 2014年11月12日
  • 第5回 2015年4月8日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “未来のナイナイ探す! よゐこ濱口と若手が深夜バラエティ”. ナタリー (ナターシャ). (2013年4月2日). http://natalie.mu/owarai/news/87742 2015年6月4日閲覧。 
  2. ^ “「バチバチエレキテる」初の入れ替えSPが明日深夜生放送”. ナタリー (ナターシャ). (2013年6月24日). http://natalie.mu/owarai/news/93489 2015年6月4日閲覧。 
  3. ^ “バチバチぶり健在、第2回「バチバチエレキテるZer0」配信”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月10日). http://natalie.mu/owarai/news/114197 2015年6月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 水曜日0:45 - 1:10枠
前番組 番組名 次番組
バチバチエレキテる