レキシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レキシ
出生名 池田貴史
生誕 (1974-02-15) 1974年2月15日(43歳)
出身地 日本の旗 日本福井県鯖江市
ジャンル ファンク
職業 歌手キーボーディスト
担当楽器 キーボード
活動期間 1997年 -
レーベル 東芝EMI/Capitol Music
(2007年)
avex/cutting edge
(2011年)
avex/commmons
(2012年 - 2014年)
ビクターエンタテインメント/
Colorful Records
(2014年 - )
事務所 Laughin'
共同作業者 SUPER BUTTER DOG
100s
公式サイト レキシオフィシャルHP うぇぶ城

レキシは、日本のミュージシャン池田貴史(いけだ たかふみ、1974年2月15日 - 、福井県鯖江市出身)によるソロユニット、かつユニットにおける池田自身の名称である[1][2][3]

本項目では池田本人についても記述する。

概要[編集]

SUPER BUTTER DOGキーボーディスト100sのメンバーとして活動していた池田貴史が、造詣が深い日本史をコンセプトとして立ち上げたソロプロジェクトで、その名の通り日本の歴史を主題とした楽曲を扱う「歴史縛りファンクネスバンド」[1][2][3][4]。その幅広い音楽性を生かしたソウルフルなサウンドに乗せて歴史(日本史)上の人物や史実について歌う独自のスタイルで注目を集める[1][2]いとうせいこう椎名林檎斉藤和義持田香織秦基博山口隆など多彩なゲストを迎えながら、コンスタントに作品を制作[3]。ゲスト参加したアーティストたちには本来の名前ではなく、「レキシネーム」(後述)という独自の名称が与えられる[5]

池田貴史個人としてはSUPER BUTTER DOG[注 1]や100sでのバンド活動の他、忌野清志郎などアーティストへの楽曲提供やサウンドプロデュース、レコーディングやライブサポートなどスタジオ・ミュージシャンとしての活動も行っている。またミュージシャンとしてだけでなく、ライブにおけるエンターテナーぶりと喋りのセンスを生かしてのテレビ番組などでのタレント活動や俳優としての映画テレビドラマへの出演、自身がサウンドロゴも制作したテレビCM「マルちゃん麺づくり」(東洋水産)への出演、バラエティ番組(フジテレビアフロの変」)のメインMCなど、多方面で活躍している[6]

デビュー当時からアフロヘアがトレードマーク[6]

経歴[編集]

1974年2月15日、福井県鯖江市に生まれる。専門学校在学中に「インド池田と紙袋たち」を結成。

1994年、同郷で高校の同級生であった竹内朋康に誘われ、竹内が東京で永積タカシと結成していたSUPER BUTTER DOGにキーボード担当として加入[注 2][8]

1997年SUPER BUTTER DOGがメジャーデビュー。在籍中にバンドメンバーの永積崇(レキシネーム「シャカッチ」)、沢田周一(レキシネーム「DJ書道」)と「レキシ」を結成[注 3]

2003年、池田がレギュラー出演していたスペースシャワーTV製作、熱血!スペシャ中学企画のイベントライヴ『熱血!スペシャ中学 学園祭2003〜LOVELOVEしようよ〜』にてレキシが久々の復活[10]2004年2005年も同イベントに参加した。

2004年から100sのメンバーとして活動開始。

2007年6月、デビューアルバム『レキシ』リリース。SUPER BUTTER DOG主催の野外イベント「ファンキー大百科」のオープニングアクトとしてレキシが出演。

2008年9月23日、日比谷野外大音楽堂をもってSUPER BUTTER DOG解散。

2011年3月、2ndアルバム『レキツ』リリース。

2012年12月に3rdアルバム『レキミ』リリース。全国ツアー「レキシツアー 〜今回は遺跡にいけるのですか?〜」開催。

2014年6月4日にビクターエンタテインメント・伽羅古録盤(Colourful Records)に移籍、4thアルバム『レシキ』をリリース。7月1日から全国ツアー「レキシツアー もう一度遺跡について考えてみよう」を実施。8月20日にはハニワの日として、自身初となる日本武道館ワンマン公演「レキシツアー もう一度遺跡について考えてみよう〜大きなハニワの下で〜」を開催。12月にはジャズピアニスト上原ひろみを迎えた東名阪ツアー「レキシ & オシャレキシ『レキシ 対 オシャレキシ〜お洒落になっちゃう冬の乱〜』」を実施。

2015年6月13日より役者として初出演した映画「海街diary」が公開。7月3日青森県の縄文遺跡群の魅力や価値に関する情報発信を行う親善大使「あおもり縄文大使」に任命され、9月に青森三内丸山遺跡でのワンマンライブを開催[11]。同年11月25日に初のシングル『SHIKIBU』リリース。12月からツアー「IKEMAX THEATER」を開催。

2016年4月17日より役者として初めてレギュラー出演するTBS日曜劇場99.9 -刑事専門弁護士-」が放送スタート。6月、5thアルバム「Vキシ」をリリース。7月1日より、2年ぶりの日本武道館公演も含む「ライブツアー2016」を開催。7月18日、自身の地元である福井県鯖江市から「サングラス大使」の第1号に任命される[12]

2017年4月、2ndシングル「KATOKU」を発売。

レキシネーム[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 チャート
オリコン Billboard
Victor Entertainment / 伽羅古録盤
1st 2015年11月25日 SHIKIBU VIZL-904 (CD)
VICL-37121 (CD)
21位 12位
2nd 2017年4月26日 KATOKU VIZL-1113 (CD)
VICL-37250 (CD)
17位 20位

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 チャート 備考
オリコン Billboard
東芝EMI / Capitol Music
1st 2007年6月6日 レキシ TOCT-26253 (CD) 38位 - -
avex / cutting edge
2nd 2011年3月16日 レキツ CTCR-14718/B (CD+DVD)
CTCR-14719 (CD)
78位 - -
avex / commmons
3rd 2012年12月5日 レキミ RZCM-59247/B (CD+DVD)
RZCM-59248 (CD)
20位 - 2014年2月14日にアナログ盤発売
Victor Entertainment / 伽羅古録盤
4th 2014年6月4日 レシキ VIZL-677 (CD+DVD)
VICL-64166 (CD)
7位 - 2015年5月15日にアナログ盤発売
5th 2016年6月22日 Vキシ VIZL-996 (CD+DVD)
VIZL-997 (CD+DVD)
VICL-64586 (CD)
7位 3位 -

楽曲提供・ プロデュース作品[編集]

CM音楽[編集]

  • 野外ロック・フェス「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」“NOTHING BEATS FUKUSHIMA, DOES IT?”(福島はどんなことがあってもくじけないぜ)(2011年8月)
  • DUNLOP 「WINTER MAXX」(2012年)
  • グリコ「みんなに笑顔を届けたい。冬篇」(2012年2月) - サウンドステッカー
  • 東洋水産「マルちゃん 麺づくり」(2013年9月 - 2014年)
  • 競輪 「開催告知 ソングリレー」篇(2014年4月)
  • テレビ朝日オフィシャルテーマソング(2015年3月)
  • 徳川家康没後400年記念「大関ヶ原展」(2015年3月)
  • 朝日新聞×J-WAVEラジオCM「あさひさん」(2015年3月 - 9月)
  • コカ・コーラ綾鷹」×レキシ「ちゃきなべいべー」(2015年8月) - WEB CM

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
あだうち充 きらきら武士 feat.Deyonna
遠藤主任 「どげんか遷都物語」「狩りから稲作へ feat. 足軽先生・東インド貿易会社マン(Live Ver. feat. シャカッチ)」「年貢 for you feat.旗本ひろし、足軽先生」「姫君Shake!feat.齋藤摩羅衛門」「SHIKIBU feat.阿波の踊り子」「KMTR645 feat.ネコカミノカマタリ
風とロック児玉裕一 「歴史ブランニューデイ」
北原栄治 最後の将軍 feat.森の石松さん
不明 トロピカル源氏」(エレキシ名義)

サポート[編集]

レコーディング参加[編集]

ライブサポート[編集]

出演[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

CM[編集]

TV[編集]

レギュラー[編集]

おはようそんぐ「重箱の隅つつくの助」(歌:担当)
作詞:佐藤雅彦うちのますみ / 作曲:近藤研二

ゲスト[編集]

ラジオ[編集]

  • 音楽ガハハ(2016年4月 - 、NHK FM) ※ 毎月最終水曜日 23:00 - 24:00 [19]

ネット配信[編集]

タイアップ[編集]

タイトル タイアップ先
SHIKIBU feat.阿波の踊り子 NTTドコモdヒッツ」CMソング
きらきら武士 feat.Deyonna ダイハツ工業トール」CMソング[17]
KATOKU ダイハツ工業「トール」CMソング

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

出演イベント[編集]

その他[編集]

2ndアルバム「レキツ」に合わせて「きらきら武士」のPVを制作するも、発売前に東日本大震災が発生する。PVでは池田が扮する武士が炎の中を演舞する(実際は赤い照明を大きく揺らしながら照らし炎上を演出)シーンがあったが配慮のため、公開されたPVでは、そのシーンはモノクロトーンに修正されている。制作当初、共演した仲川希良のブログにて炎のシーンが撮影されたことを紹介している[22]

2015年11月14日13日深夜)放送のテレビ朝日タモリ倶楽部』では「東京都の23特別区で唯一、区歌を制定していない江東区の区歌を作る」と言うテーマでタモリマキタスポーツとの合作により非公式の「江東区歌」を作成した[23]。放送後、区に対して第三者から正式な区歌としての採用提案が行われたが、区は拒否を表明している[24]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2008年に解散。
  2. ^ 専門学校卒業後、池田は大阪で働いていた[7]
  3. ^ トラックに乗せて日本史のことを歌おうと言い出したのはシャカッチだった[9]

出典[編集]

  1. ^ a b c プロフィール・バイオグラフィ・リンク”. 音楽ナタリー. 2017年11月23日閲覧。
  2. ^ a b c レキシの記事まとめ”. 音楽ナタリー. 2017年11月23日閲覧。
  3. ^ a b c レキシの記事まとめ”. rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム). 2017年11月23日閲覧。
  4. ^ 作品”. レキシ オフィシャルサイト. 2017年11月23日閲覧。
  5. ^ レキシネーム”. レキシ オフィシャルサイト. 2017年11月23日閲覧。
  6. ^ a b レキシ プロフィール”. ビクターエンタテインメント公式サイト. 2017年11月23日閲覧。
  7. ^ バンドからソロへ。本当にやってみたかったこと ハナレグミ 永積 崇(前編)”. 朝日新聞デジタル (2016年12月19日). 2017年11月23日閲覧。
  8. ^ 日本史の成績だけはよかった レキシ 池田貴史(前編)”. 朝日新聞デジタル (2016年7月8日). 2017年11月23日閲覧。
  9. ^ レキシ (2011年3月16日). レキシが歴史に名を刻む!“日本史ポップス”の集大成(1/4). インタビュアー:三宅正一. 音楽ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/rekishi 2017年11月9日閲覧。 
  10. ^ レキシのウラ歴史〜池ちゃんとボクと、時々、オカン。ボクだけが知るエモくてセンチな人情物語〜”. SPICE(スパイス) (2017年8月4日). 2017年11月23日閲覧。
  11. ^ 秦基博&レキシ、世界遺産登録目指す「あおもり縄文大使」に任命”. ナタリー (2015年7月3日). 2015年7月3日閲覧。
  12. ^ “レキシ池田貴史が福井県鯖江市「サングラス大使」第1号に就任”. 音楽ナタリー. (2016年7月19日). http://natalie.mu/music/news/195004 2016年7月19日閲覧。 
  13. ^ 関ジャニ∞、錦戸亮ドラマ主題歌シングル「侍唄」はレキシ作”. 音楽ナタリー (2015年10月20日). 2015年10月20日閲覧。
  14. ^ エビ中盆栽BOXに池ちゃん作「盆栽ガール」も”. 音楽ナタリー (2014年7月9日). 2014年7月9日閲覧。
  15. ^ マルちゃん「麺づくり」HP
  16. ^ “レキシ「SHIKIBU」流れるdヒッツCMに紫式部スタイルで登場”. 音楽ナタリー. (2015年11月24日). http://natalie.mu/music/news/166922 2016年7月5日閲覧。 
  17. ^ a b “「きらきら武士」流れるダイハツ新CM、レキシが遊園地スタッフに”. 音楽ナタリー. (2016年11月9日). http://natalie.mu/music/news/208617 2016年11月9日閲覧。 
  18. ^ a b BSスカパー版とスペースシャワーTV版は別編成・別楽曲で放送
  19. ^ “レキシ×マキタ×やついの「音楽ガハハ」レギュラー化!笑い声響いた初回収録”. 音楽ナタリー. (2016年4月25日). http://natalie.mu/music/news/184931 2016年4月25日閲覧。 
  20. ^ “レキシ×綾鷹の異色コラボ企画スタート、第1弾は爆笑グルメレポート”. 音楽ナタリー. (2015年6月23日). http://natalie.mu/music/news/151630 2017年7月28日閲覧。 
  21. ^ “レキシが踊る!綾鷹とのコラボ曲「ちゃきなべいべー」ビデオ完成”. 音楽ナタリー. (2015年8月17日). http://natalie.mu/music/news/157231 2017年7月28日閲覧。 
  22. ^ 仲川希良ブログ
  23. ^ “「タモリ倶楽部」マキタスポーツとレキシが江東区の区歌を勝手に作る”. 音楽ナタリーへ (ナターシャ). (2015年11月10日). http://natalie.mu/owarai/news/165583 2017年1月14日閲覧。 
  24. ^ “【編集局から】23区で唯一「区歌」がない江東区 「タモリ倶楽部」非公式ソングの“採用”は”拒否””. ZAKZAK (産業経済新聞社). (2016年3月3日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160303/enn1603031528017-n1.htm 2017年1月14日閲覧。 

外部リンク[編集]