そいつどいつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
そいつどいつ
メンバー 松本竹馬
市川刺身
結成年 2015年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2015年4月 -
出身 NSC東京校18期
出会い NSC東京校
現在の活動状況 ライブ・テレビ
芸種 コント
ネタ作成者 松本竹馬
同期 ひょっこりはん
おばたのお兄さん
レインボー
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

そいつどいつは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビである。

メンバー[編集]

松本 竹馬(まつもと たけうま、 (1989-08-31) 1989年8月31日(29歳) - )

  • 身長170cm、体重60kg。
  • ボケ担当。立ち位置は向かって右。
  • 福岡県北九州市出身。血液型O型。
  • 趣味・特技はボクシング、武術拳法。
  • 学生時代、夢日記をつけており、その時は夢を操れたと言っている。
  • 園子温監督の映画がとても好きだと公言している。
  • 今のコンビを組む前に、何度も解散をしており、旧コンビ名は半熟ピカソ、コンビーズ、少年レベッカ、鳴いてる怪獣。
  • ネタ作りに異様なプライドを持っており、ネタをバカにされるとあからさまに不機嫌になる。
  • 事務所のライブで7回連続でスベり、8回目でやっとウケた時楽屋で号泣してしまい、今でもその事を先輩などにからかわれている。

市川 刺身(いちかわ さしみ、 (1989-12-27) 1989年12月27日(29歳) - )

  • 身長170cm、体重60kg。
  • ツッコミ担当。(ネタによってはボケ担当)立ち位置は向かって左。坊主。
  • 東京都福生市出身。血液型B型。
  • 趣味は銭湯、サウナ、漫画、音楽。
  • サウナが好きすぎて、暇さえあれば近くのサウナを探している。
  • 芸人としてデビューするまで学生時代からずっと髪型が弁髪で、周りから変人扱いされていた。
  • 大学時代に、ミスター東海大学グランプリにノリで出場。観客投票の時に一人だけブサイクがいるぞと話題になり、悪ふざけで投票が集まり、第8代ミスター東海大になった。
  • コロコロチキチキペッパーズのナダルのナダル軍団の一員。周りのメンバーが市川刺身よりポンコツな為、市川刺身が一番まともなやつと呼ばれている。
  • 常にBVDの白のブリーフを履いている。

略歴[編集]

東京NSC18期生。かつて別々に活動していたが、前のコンビを解散したばかりの松本竹馬が市川刺身を誘い、コンビ結成。

コンビ名の由来は、辞めた同期の芸人がつけてくれた。

2019年7月、第40回ABCお笑いグランプリで決勝進出[1]

2019年7月、ヨシモト∞ホールでファーストクラスに昇格[2]

芸風[編集]

主にコント。市川刺身の見た目を生かした、シュールで個性的なコントが持ち味。

年に1回、M-1グランプリの時期にだけ、漫才もしている。

賞レース成績[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ネット番組[編集]

  • お願い!マンピンコン(2016年9月)

映画[編集]

舞台[編集]

単独ライブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Inc, Natasha. “四千頭身・後藤に宮下草薙・草薙が「決勝で会おうぜ!」ABCお笑いグランプリ会見(写真27枚)” (日本語). お笑いナタリー. 2019年7月4日閲覧。
  2. ^ Inc, Natasha. “レインボー、そいつどいつ、スクールゾーン、バビロンが∞ホールで昇格(写真21枚)” (日本語). お笑いナタリー. 2019年7月4日閲覧。
  3. ^ Inc, Natasha. “そいつどいつ市川刺身、舞台「ギャグマンガ日和」で“東大編集くん”になる” (日本語). お笑いナタリー. 2019年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]