佐久間一行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐久間 一行
本名 佐久間 一行
ニックネーム さっくん
生年月日 (1977-09-03) 1977年9月3日(39歳)
出身地 茨城県水戸市
血液型 A型
身長 178cm
方言 共通語茨城弁
最終学歴 茨城県立勝田高等学校
出身 NSC東京校2期
コンビ名 あべさく
芸風 コント
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1998年 -
同期 井上マー
ギンナナ
くまだまさし
松田洋昌(ハイキングウォーキング
など
過去の代表番組 メンB
ヨシモト∞
など
配偶者  未婚
公式サイト 公式ブログ
受賞歴
2011年 R-1ぐらんぷり 優勝

佐久間 一行(さくま かずゆき、1977年9月3日 - )は、日本ピン芸人

茨城県水戸市(旧東茨城郡常澄村)出身。茨城県立勝田高等学校出身。吉本興業東京本社(東京吉本)所属。東京NSC2期生。R-1ぐらんぷり2011優勝者。

プロフィール[編集]

  • 身長178cm、体重68kg。B93/W82/H99。通称「さっくん」。
  • 下ネタが非常に嫌いで、そういう話を振られるとキレる[1]。以前次長課長河本準一が下ネタを言った際、「おい、やめろよ!」と一瞬タメ口になった。
  • 中学生の時に転任する先生のお別れ会でやった一発ギャグがウケたことから芸人に目覚めた[1]
  • 高二の時、友達にNSCに誘われ、一緒に芸人の道を目指していたが、その友達はすぐに気が変わり入学前にやめてしまった。ちなみに佐久間の通っていた高校は、進路に関する二者面談で佐久間が先生に「NSCに行くので大学には進学しません!!」と言ったところ、佐久間が先生のいる前ではふざけず真面目なキャラを演じていたこともあり先生から「オレは一度もお前を面白いと思ったことはないぞ?」というダメ出しをくらったという[1]
  • いつもの衣装は自作のTシャツ、手ぬぐい、ジャージ。自作のTシャツは、毎年夏の単独ライブでデザインが変わり、常澄村に伝わるダイダラボウが主役で物語になっている。手ぬぐいは首に巻いており、365枚以上持っていて、そのほとんどがファンからのプレゼント。ジャージは膝までまくっていて、色が1年ごとに変わる。ちなみに2008年はピンク、2007年は赤、2006年は紫色、2005年は緑色、2004年は黄色だった。その前に水色、オレンジ、青の時期もあった。
  • 主に1人コントを行う。茨城訛りの早口で主役も演じながら状況説明も自ら行うため、独特な雰囲気をかもし出している。観客が状況を把握できていなさそうなときは「ついてこーい」または「つたわれー」というギャグでつかむ。そしてネタの終わりには「くるっと平和解決」で締めくくる。
  • 2004年、2006年の『M-1グランプリ』には、同じく吉本興業所属のピン芸人あべこうじとのコンビ「あべさく」として出場。結果は3回戦敗退。あべこうじとはプライベートでも仲が良い。
  • 2007年6月4日放送の『嵐の宿題くん』で片瀬那奈が「さっくんがお気に入り」と語った[2]
  • 2011年の『R-1ぐらんぷり2011』では、1本目は「井戸のお化け」、2本目は「民族」、3本目は「中学の休み時間」を披露し、優勝した。ちなみに1本目は「歌ネタ」、2本目は「フリップネタ」、3本目は「1人コント」と3本とも違うジャンルのネタだった。佐久間の他に決勝のファーストラウンドを勝ち上がったCOWCOW善しAMEMIYAスリムクラブ真栄田はそれぞれ1本目と同じ「フリップネタ」「歌ネタ」「1人コント」を披露しており、セカンドラウンドで披露する2本目のネタのジャンルを変えてきたのは佐久間だけだった[1]
  • 歌が上手く、『R-1ぐらんぷり2011』の決勝の1本目でもその歌唱力を生かし、ロマンシング サ・ガ3の「最果ての島」のメロディに乗せた「井戸のお化け」という歌ネタを披露した。『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』第5話ではこのネタのまま「井戸の怪人」役で出演した。
  • B'z好きで、B'z会(ブロードキャスト吉村主催)の一員[3]。「井戸のお化け」のネタも、B'zのライブでの演出(「だれにも言えねぇ」演奏時など)に由来するとインタビューで語っている[4]
  • 中学時代からロックバンドT-BOLANの大ファンであり、ライブで度々トークしたりネタに取り入れている。2010年8月13日にはディスクガレージのウェブサイトで、同じT-BOLANファンの2700との対談「佐久間一行&2700〜嵐士に憧れて〜」が掲載された[5]。その後、2013年にはT-BOLANのボーカルである森友嵐士のラジオ番組『森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!』にゲスト出演[6]、森友嵐士のファンミーティングイベント「Singing Tree FAN CLUB meeting 2013」へのゲスト出演を果たす[7]。また、2014年2月22日より公開されたドキュメンタリー映画『T-BOLAN THE MOVIE〜あの頃、みんなT-BOLANを聴いていた〜』に出演している[8]
  • 2011年3月30日放送の『ショーバト!』合いの手対決コーナーでの藤森慎吾あやまんJAPANとの合いの手対決で、MAXとチームになり勝負をしたが、あまりにもMAXのカッコいいPV風だったために自信作と言いながら最後に披露した「間接大集合」がウケたものの軽いギャグで浮いてしまい、田村淳からは「ミスマッチの極地」、MAXからは「真剣に歌ってる耳元で訳の分からない事を言ってくるのでうるさかった」「笑わずに表情を作るのが大変だった」と笑顔で批評されたが、審査員の投票では圧勝した。
  • 上記の通りR-1ぐらんぷりには2011年に優勝を果たしたが、後日「はねるのトびら」にゲストで出演した際に誤って「2010年R-1チャンピオン」と紹介されてしまった事がある[9]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ほか多数

ラジオ[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

  • 青い春』(豊田利晃監督、2002年) - お礼参りする学生 役
  • 『T-BOLAN THE MOVIE〜あの頃、みんなT-BOLANを聴いていた〜』(2014年)

主なライブ[編集]

  • 単独ライブ 『むらいちばん』 於:渋谷シアターD (2002.9.16)
  • 単独ライブ 『ふゆまつり』 於:新宿シアターモリエール (2003.1.28)
  • 単独っぽいライブ 『ころもがえ』 於:銀座小劇場 (2003.6.5)
  • 単独ライブ 『なっつり』 於:新宿シアターモリエール (2003.9.24)
  • 単独っぽいライブ 『じんぐり』『としのせ』 於:渋谷シアターD (2003.12.23)
  • 単独っぽいライブ 『はるおね』 於:渋谷シアターD (2004.3.3)
  • 単独ライブ 『佐久間一行SHOW 〜 まなっつ』 於:ルミネtheよしもと (2004.8.22)
  • 単独っぽいライブ 『おしくら』 於:新宿シアターモリエール (2004.12.20)
  • 年末恒例ライブ 『くるっと'04』 於:新宿シアターモリエール (2004.12.20)
  • 単独ライブ 『佐久間一行SHOW 〜 ピッケル』 於:ルミネtheよしもと (2005.7.30)
  • 年末恒例ライブ 『くるっと'05』 於:新宿シアターモリエール (2005.12.17)
  • 単独ライブ 『佐久間一行SHOW 〜 フラワー』 於:ルミネtheよしもと (2006.9.3)
  • 年末恒例ライブ 『くるっと'06』 於:新宿シアターモリエール (2006.12.29)
  • 単独ライブ 『佐久間一行SHOW 〜 スマイパー』 於:ルミネtheよしもと (2007.8.25)
  • 年末恒例ライブ 『くるっと'07』 於:新宿シアターモリエール (2007.12.29)
  • 単独ライブ 『佐久間一行SHOWアニマルピンク』 於:ルミネtheよしもと (2008.9.14)
  • 年末恒例ライブ 『くるっと'08』 於:新宿シアターモリエール (2008.12.16)
  • 単独ライブ 『佐久間一行SHOWグリーンパレード』 於:ルミネtheよしもと (2009.8.2)
  • 単独ライブ全国ツアー 『くるっと平和解決』 於:ルミネtheよしもと他 (2011.06.03-)
  • 単独ライブ全国ツアー 『元気でみるみる』 於:ルミネtheよしもと他 (2012.07.14-)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]