ストレッチーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ストレッチーズ
メンバー 高木貫太
福島敏貴
結成年 2014年
事務所 太田プロダクション
活動時期 2012年 -
出身 太田プロエンタテイメント学院8期
出会い 埼玉県立浦和高等学校
現在の活動状況 ライブ、テレビラジオ
芸種 漫才
ネタ作成者 高木貫太
現在の代表番組 ストレッチーズのプリ右でごめん(GERA放送局
過去の代表番組 笑あがき
学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!
同期 さすらいラビー
宮下草薙
ノブナガ
しらすのこうげき!
公式サイト ストレッチーズ | 太田プロダクション
受賞歴
2012年 大学生M-1グランプリ 優勝
2019年 お笑い全日本カップ 優勝
2021年 K-PROアワード2021 MVP
2022年 第3回ツギクル芸人グランプリ 優勝
テンプレートを表示
ストレッチーズ
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年 -
ジャンル コメディ
登録者数 4,250人
総再生回数 199,953回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月16日時点。
テンプレートを表示

ストレッチーズは、太田プロダクションに所属する日本お笑いコンビ

メンバー[編集]

エピソード、来歴[編集]

  • 埼玉県立浦和高等学校のバスケ部で出会う。自己紹介の際、好きな女優が市川由衣で被ったことをきっかけに、仲を深める。
  • 男子校だったため、女子が居るイベントの度に目立とうとしていた。
  • 高校生クイズの地方予選の際、ドンキで高木がビール、福島がおにぎり、同級生のぐっちゃんが蟹の被り物を買い、予選に挑んだが周りにもコスプレをしている人が多数いたため目立てなかった。しかし、その前の年に全国優勝した同じ高校の別チームの答えをカンニングしたため、〇×クイズを突破し、コスプレ勢唯一の快挙を遂げた。
  • 2人とも平成のJ-POPが好きなため、ライブなどでは大塚愛day after tomorrowORANGE RANGEなどの出囃子を流す。
  • 両者とも慶応義塾大学お笑い道場O-keis6期生であり、高木は大学時代に細田祥平(現ひつじねいり、元バーニーズ)と「安全ナイフ」というコンビを組み、大学生M-1グランプリ2011において優勝しプロを目指していたが、芸能関係者に「君はツッコミの才能が無い」と言われ、プロの道を諦めるが、福島と大学の思い出としてコンビを組んでいたストレッチーズで、大学生M-1グランプリ2012において優勝をした。
  • 大学卒業後はフリーで活動し、タイズブリックに所属する。タイズブリックを退所した後、事務所探しで悩んでいると、ヤマザキモータースから声を掛けられたことを機に、太田プロエンタテイメント学院に入学する。2016年9月に太田プロエンタテイメント学院を8期生として卒業した後は、太田プロダクションに所属する。
  • 福島は同じ事務所の上島竜兵に「ラストサン(最後の息子)」と言われてかわいがられていた[1]。転じてコンビとしての二つ名としても使用されている[3]竜兵会入りはヤマザキモータースの紹介がきっかけで、二つ名「上島竜平のラストサン」は有吉弘行の命名[3]
  • 高木はハノーバー曰く、にっちもさっちもいかないぐらい背中が汚いらしい。

芸風[編集]

  • 主に漫才[4]。正統派のしゃべくり漫才や、福島が奇抜なキャラクターを演じ、それに高木がツッコむコント漫才を行う。高木はツッコむ際、肘で福島の身体を押す。
  • 大学時代は「はい!ストレッチ!ストレッチ!...」と言いながらストレッチをして「運動前に大切なのは?」「眼力!」と言うツカミをしていた。また、漫才中のコントに入る前に、「鉄火丼」と言うボケもある。

賞レースの成績[編集]

M-1グランプリ[編集]

年度 結果 エントリー
No.
備考
2015年(第11回) 3回戦進出 1102
2016年(第12回) 2回戦進出 1709
2017年(第13回 準々決勝進出 688
2018年(第14回 883
2019年(第15回 1114
2020年(第16回 1974
2021年(第17回 1344

その他[編集]

現在レギュラー出演中の番組[編集]

ネットラジオ[編集]

  • ストレッチーズのプリ右でごめん(GERA放送局、毎週水曜日)
  • ストレッチーズの恋のダンクシュート(ニコニコ生放送、毎月第3水曜日)

出演歴[編集]

テレビ
ウェブテレビ
ラジオ
ライブ
  • 太田プロライブ「月笑」
  • 毎月200組の頂点を決める「レフカダモータースライブ」
  • 学生芸人OB,OG新ネタライブ「お笑い畜生道」
  • K-PRO若手ユニットライブ「エイトクラベル」
  • K-PROユニットライブ「GUAM」
  • K-PROライブ「ヘビセン」
  • K-PROライブ「咄人」
  • K-PROユニットライブ「ナルゲキロックス」
  • K-PROライブ「ナルロク」
ソロライブ、新ネタライブ
  • 「鉄火丼」(2018年1月28日、中野440スタジオ)
  • 「横浜の芝生」(2018年5月24日 下北沢シアターミネルヴァ)
  • 「ゴリポンは松葉杖を返してください」(2019年1月24日 しもきたDAWN)
  • 「本居宣長」(2019年4月11日、新宿バティオス)
  • 「よっちゃんの1500m」(2019年8月8日、新宿バティオス)
  • ファイヤーサンダーとの新ネタライブ「火雷伸」(2021年6月12日、2022年3月4日、西新宿ナルゲキ)
  • ストレッチーズのソロライブ (2021年9月19日、西新宿ナルゲキ)
  • 東京芸人60分vol.1~ストレッチーズ編~[7] (2022年5月3日、楽屋A)
単独ライブ
  • 「ヘマル」(2022年7月18日、北沢タウンホール)[8][9]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 上島竜兵さんがかわいがったストレッチーズが「ツギクル芸人」優勝「飲みに連れて行ってくれた」”. 日刊スポーツ (2022年5月22日). 2022年5月22日閲覧。
  2. ^ Timez, Quick (2022年3月15日). “ストレッチーズ高木、自身の高校生活を振り返る「普通の人の致死量くらいはスベってる」”. Quick Timez. 2022年3月16日閲覧。
  3. ^ a b 集英社『週刊プレイボーイ』2022年6月27日号No.26 60‐62頁
  4. ^ ストレッチーズ | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2020年8月15日閲覧。
  5. ^ 総勢821組から"笑いの量"だけで最も面白い芸人を決める!『笑ラウドネスGP』ABEMAで放送決定 【ABEMA TIMES】”. ABEMA TIMES (2021年7月6日). 2021年7月24日閲覧。
  6. ^ 2020年12月25日(金)放送”. TBSラジオ. 2021年1月23日閲覧。
  7. ^ Inc, Natasha. “東京芸人を大阪に招く新ライブ始動、第1弾はストレッチーズ編” (日本語). お笑いナタリー. 2022年7月22日閲覧。
  8. ^ ストレッチーズ第1回単独ライブ「ヘマル」開催決定”. お笑いナタリー (2022年5月30日). 2022年6月5日閲覧。
  9. ^ ツギクル芸人「ストレッチーズ」初単独ライブ大盛況 M-1用のネタも披露”. Sponichi Annex (2022年7月19日). 2022年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]