葵わかな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あおい わかな
葵 わかな
生年月日 (1998-06-30) 1998年6月30日(18歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 158 cm[1]
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2009年 -
活動内容 2009年:CM・ドラマデビュー
2012年12月:乙女新党結成
2014年7月:乙女新党卒業
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
わろてんか
映画
ホラーの天使

葵 わかな(あおい わかな、1998年6月30日 - )は、日本女優[2]

神奈川県出身[3]スターダストプロモーション所属[4]。アイドルユニット「乙女新党」元メンバー。

略歴[編集]

幼い頃より「バラエティー番組に出て、ピンポンとボタンを押したかった」とタレントを志し、小学5年生のときにオーディションの提出書類を作成するため写真を撮影しに行った先の東京原宿でスカウトされて、芸能界入り[5][6][7][8]。事務所に所属して約1週間後に受けたCMのオーディションに合格し、2009年7月14日、ファミリーマート「霧島の天然水」CMによりデビュー[9]。同年10月に『サムライ・ハイスクール』(日本テレビ系)にての幼少期を演じて、女優としてデビューする[10]

2012年12月には『ようこそ!東池袋ヒマワリ荘』(日本テレビ)の出演者により結成されたアイドルユニット「乙女新党」のメンバーに選抜され[11][12]、2013年2月にCDデビュー。「乙女新党」のメンバーとして活動するかたわらで、映画初出演となる2013年10月公開の『陽だまりの彼女』で上野樹里演じるヒロインの中学生時代を演じて注目を浴び[13]、翌2014年5月公開の『瀬戸内海賊物語』に主要キャストとして出演[注 1]し地方に住む少女役を等身大で演じて注目される。また、東京海上日動火災保険ヤマザキナビスコ「エアリアル」「ビッツサンド」のCMに出演して「この美少女は誰?」と話題を呼ぶ[15]

芝居を続けていくことを理由に2014年7月の『乙女新党 3rdワンマンライブ 〜卒業 そして始まりのうた〜』をもって「乙女新党」を卒業し[14][16]、女優業に専念する。『表参道高校合唱部!』(2015年、TBS系)、『マネーの天使〜あなたのお金、取り戻します!〜』(2016年、日本テレビ系)などのテレビドラマ、『くちびるに歌を』(2015年)、『罪の余白』(2015年)などの映画に出演[17] 。また、アート引越センター(2015年〜)、ケイ・オプティコムmineo」(2016年〜)などCMに次々に出演し、新たな“CMの女王”として注目を集める[18]。2016年3月放送のスペシャルドラマ『女優堕ち』(BS朝日)でテレビドラマ初主演を果たし[5]、同年11月公開の『ホラーの天使』で映画初主演[18]

もともと勉強が好きで、幼いころから興味を持っていた慈善活動について幅広く学びたいと、女優業の合間に猛勉強して受験に備え2017年1月に慶應義塾大学総合政策学部AO入試にて合格。同年4月からの入学を予定し、入学後も女優業との両立を目指している[19]

2017年3月には3度目の挑戦となったNHK連続テレビ小説のヒロインオーディションで2,378人の候補者の中からヒロインに選出され、2017年度下半期放送予定の連続テレビ小説『わろてんか』にて吉本興業の創業者・吉本せいをモデルとしたヒロイン・藤岡てん役を演じる[15][20][21]。同年5月から翌2018年3月までの撮影期間中も学業との両立は続ける[22]

人物[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

  • GJ部(2013年1月9日 - 3月27日、日本テレビ) - ジェラルディン・バーンシュタイン 役[51]

バラエティ[編集]

音楽番組[編集]

  • 音龍門(2012年10月2日、日本テレビ) - 朗読少女

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

広告[編集]

  • 日本放送協会 「NHKフレッシャーズキャンペーン2016」(2016年) - イメージキャラクター [72]
  • 地盤PR大使(2016年)[73]

PV[編集]

WEBラジオ[編集]

書籍[編集]

カレンダー[編集]

  • 葵わかなオフィシャルカレンダー2014.4→2015.3(2014年3月下旬発売、SDP[76]
  • 葵わかなスクールカレンダー2015.4→2016.3(2015年3月下旬発売、SDP)[77]
  • 葵わかなオフィシャルカレンダー2016.4→2017.3(2016年3月30日、SDP)[78]
  • 葵わかなオフィシャルカレンダー2017(2016年12月11日、SDP)[79][80]

受賞歴[編集]

  • 第35回読者が選ぶ講談社広告賞新人タレント部門3位(2013年)[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ クランクインは2012年8月で[14]、撮影は本作が先となる。
  2. ^ モデルは吉本興業創業者の吉本せい[20]
  3. ^ a b CM+スチール広告。

出典[編集]

  1. ^ 葵 わかな|日本タレント名鑑
  2. ^ “いまから覚えておいて損はなし! 2015年、活躍が期待される10代女性タレント25人”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2014年12月9日). https://tokyopopline.com/archives/33134 2014年12月28日閲覧。 
  3. ^ a b 葵わかな (2013年8月23日). 葵わかなが語る、映画『陽だまりの彼女』、ドラマ『たべるダケ』の撮影話と、これからの目標。. インタビュアー:池上愛. プラスアクト.. http://www.wani.co.jp/act/interview/interview.php?id=87 2014年3月29日閲覧。 
  4. ^ “2015年、注目の若手 女優&男優トレンド分析”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年2月9日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82241920S5A120C1000000/ 2015年2月20日閲覧。 
  5. ^ a b 北林靖彦 (2016年3月17日). “トーク 葵わかな 「女優堕ち」井元三津子(清嶋ルイ)役”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/articles/20160317/dde/018/200/020000c 2017年3月9日閲覧。 
  6. ^ 日経エンタテインメント! 2016年5月号『今月のコンテンツガイド』p.93
  7. ^ “15歳・葵わかな、目標は「歌える女優」柴咲コウ”. サンケイスポーツ. (2014年4月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140429/oth14042905020005-n1.html 2014年4月29日閲覧。 
  8. ^ a b ツボ娘|2014/03/06(木)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2014年11月27日閲覧。
  9. ^ 葵わかな (2013年4月5日). 女優とアイドル、“天が二物”を与えた少女. (インタビュー). オリコンスタイル.. http://www.oricon.co.jp/special/462/ 2014年3月29日閲覧。 
  10. ^ “【今月の映画美少女】永野芽郁、久保田紗友らをチェック!”. ウォーカープラス (KADOKAWA). (2015年10月2日). http://news.walkerplus.com/article/65701/ 2017年3月9日閲覧。 
  11. ^ “ポジティブな2軍”中学生アイドル、乙女新党がマニフェスト発表”. BARKSニュース (2012年12月27日). 2012年12月30日閲覧。
  12. ^ 乙女新党の葵わかな、デビューを前にして「来年の紅白に出る!」と宣言”. マイナビニュース (2012年12月27日). 2012年12月30日閲覧。
  13. ^ “葵わかな「大好きな思い、まだ言えてなくて」 『陽だまりの彼女』で上野樹里と共演”. エンタメOVO (共同通信社). (2013年11月19日). https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/60137 2017年3月9日閲覧。 
  14. ^ a b 水崎泰臣 (2014年5月30日). “乙女新党の卒業控える葵わかな、アイドルと女優の間で揺れる本音と決断…そして覚悟「もっと上のレベルに行くために」”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/articles/2014/05/30/aoi-wakana/001.html 2015年2月20日閲覧。 
  15. ^ a b “今秋朝ドラ“ヒロイン”に葵わかな「まだ夢のよう」 97作目『わろてんか』”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年3月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2087203/full/ 2017年3月9日閲覧。 
  16. ^ “乙女新党、新メンバー4人加入で6人編成に”. ナタリー (ナターシャ). (2014年7月5日). http://natalie.mu/music/news/120577 2014年11月6日閲覧。 
  17. ^ “葵わかな 朝ドラ新ヒロインはこんな人! かつての主演作が自信に 慶応大入学の予定も……”. 毎日新聞. (2017年3月9日). http://mainichi.jp/articles/20170309/dyo/00m/200/011000c 2017年3月9日閲覧。 
  18. ^ a b “注目のCM美少女・葵わかな、初主演作で恐怖顔連発!”. ウォーカープラス (KADOKAWA). (2016年11月24日). http://news.walkerplus.com/article/93463/ 2017年3月9日閲覧。 
  19. ^ “葵わかな慶大合格!AO入試で一足早くサクラサク「苦じゃなかった」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年1月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170129/geo17012905050016-n1.html 2017年1月29日閲覧。 
  20. ^ a b c 葵わかなさんがヒロイン!平成29年度後期 連続テレビ小説「わろてんか」”. NHK (2017年3月9日). 2017年3月9日閲覧。
  21. ^ “葵わかな 3度目の正直で朝ドラヒロインに 今秋放送の「わろてんか」”. 毎日新聞. (2017年3月9日). http://mainichi.jp/articles/20170309/dyo/00m/200/006000c 2017年3月9日閲覧。 
  22. ^ “葵わかな、両極の魅力が“朝ドラ・ヒロイン女優”の資質”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2087643/full/ 2017年3月19日閲覧。 
  23. ^ ““泉ピン子の孫娘”加奈子は現役中学生 葵わかな、「天誅」で奮闘中”. MSN産経ニュース: p. 1. (2014年2月13日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140213/ent14021315340001-n1.htm 2014年2月13日閲覧。 
  24. ^ 浜ちゃんが!|2014/11/06(木)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2014年11月6日閲覧。
  25. ^ 現代の情報社会に一石を投じる。映画「サバイバルファミリー」出演、若手人気女優【葵わかなさんインタビュー】”. 電子書籍ランキング.com. 株式会社e-book.Ranks. 2017年2月8日閲覧。
  26. ^ 葵わかな (2013年2月4日). “ちゃろ★”. 葵わかなオフィシャルブログ. 2014年11月6日閲覧。
  27. ^ aoiwakana0630のツイート (528451698109321216)
  28. ^ “松本潤&上野樹里にソックリ!? 『陽だまりの彼女』出演の若手俳優に注目!”. ぴあ映画生活 (ぴあ株式会社). (2013年9月9日). http://cinema.pia.co.jp/news/161397/53480/ 2016年12月31日閲覧。 
  29. ^ “『瀬戸内海賊物語』柴田杏花&葵わかな&大森研一監督インタビュー”. MOVIE Collection (キッチュ). (2014年5月26日). http://www.moviecollection.jp/interview_new/detail.html?id=321 2014年11月6日閲覧。 
  30. ^ “葵わかな 映画「くちびるに歌を」出演決定!”. スターダスト オフィシャルサイト ニュース (スターダストプロモーション). (2014年7月8日). http://www.stardust.co.jp/news/?id=3533 2014年11月6日閲覧。 
  31. ^ “葵わかな、実写『暗殺教室』オリジナルキャラクターで出演主人公の幼なじみ役”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年10月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2043860/full/ 2014年11月6日閲覧。 
  32. ^ “葵わかな 映画「罪の余白」出演決定!”. スターダスト オフィシャルサイト ニュース (スターダストプロモーション). (2014年11月20日). http://www.stardust.co.jp/news/?id=3837 2014年11月27日閲覧。 
  33. ^ “「ホラーの天使」葵わかな、沖縄国際映画祭でフェイクドキュメンタリーの苦労を回想”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年4月23日). http://natalie.mu/eiga/news/184733 2016年8月16日閲覧。 
  34. ^ “葵わかな主演「ホラーの天使」が11月に公開、京都国際映画祭での上映も決定”. 映画ナタリー. (2016年9月7日). http://natalie.mu/eiga/news/200876 2016年9月7日閲覧。 
  35. ^ “小日向文世&深津絵里の夫婦が電気のない世界を旅、矢口史靖「サバイバルファミリー」”. 映画ナタリー. (2016年7月15日). http://natalie.mu/eiga/news/194674 2016年7月15日閲覧。 
  36. ^ “タナカカツキ原作映画『逆光の頃』 ヒロイン役は次期朝ドラ主演・葵わかな”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年3月30日). http://www.cinra.net/news/20170330-gyakkonokoro 2017年3月30日閲覧。 
  37. ^ “原田泰造が主演!家族の再生を描く映画制作”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年2月27日). https://thetv.jp/news/detail/101964/ 2017年2月27日閲覧。 
  38. ^ “マナー違反のファンに怒り心頭の葵わかなの事務所がブログで警告、さてその反応は”. IRORIO (マッシュメディア). (2014年12月10日). http://irorio.jp/entame/20141210/186123/ 2014年12月28日閲覧。 
  39. ^ aoiwakana0630の2014年11月25日のツイート2017年5月11日閲覧。
  40. ^ 第7話案件”. 女はそれを許さない. TBSテレビ. 2014年11月27日閲覧。
  41. ^ CINRA.NET (2014年11月21日). “連ドラ『翳りゆく夏』の女優陣9人発表、ヒロインの門脇麦、風俗嬢役の前田敦子ら”. 2014年11月21日閲覧。
  42. ^ 表参道高校合唱部!の2015年6月10日のツイート2016年12月31日閲覧。
  43. ^ 小籔千豊、ドラマ初主演に弱気「メチャメチャ演技ヘタ」 片瀬那奈と金銭トラブル解決 20151205”. オリコン (2015年12月5日). 2015年12月5日閲覧。
  44. ^ 河原れん氏の『女優堕ち』ドラマ化 森口瑤子と葵わかなが2人一役”. ORICON STYLE (2016年2月16日). 2016年2月16日閲覧。
  45. ^ “葵わかなが舞った!広島伝統芸能「神楽」題材ドラマ”. 日刊スポーツ. (2016年11月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1734967.html 2016年11月8日閲覧。 
  46. ^ “葵わかな、伝統芸能・神楽に吹き替えなしで挑戦「筋肉痛になりながら頑張った」”. 映画.com. (2016年11月8日). http://eiga.com/news/20161107/17/ 2016年11月8日閲覧。 
  47. ^ “須賀健太:徳川宗春役で連ドラ主演 ヒロインは葵わかな SKE高柳明音もゲスト出演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年1月6日). http://mantan-web.jp/2017/01/06/20170106dog00m200022000c.html 2017年1月6日閲覧。 
  48. ^ 『サバイバルファミリー』サイドストーリー「サバイバルボーイ&ガール」”. 日本映画専門チャンネル. 2017年1月27日閲覧。
  49. ^ “Boys Republicスウンと葵わかなの純愛描く新感覚ドラマ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年5月10日). http://natalie.mu/music/news/231962 2017年5月11日閲覧。 
  50. ^ &美少女 NEXT GIRL meets Tokyo 【無料】meets 3 2017/5/10放送 秋葉原×AM5:42 &葵わかな”. FOD. フジテレビ. 2017年5月11日閲覧。
  51. ^ キャラクター”. TVアニメ「GJ部」公式サイト. 2014年11月6日閲覧。
  52. ^ 春特番『GJ部@』のキービジュアルが初公開! 5月14日には「Blu-ray・DVD」と「キャラソン&サウンドトラック集」が発売決定!”. アニメイトTV. 2014年3月14日閲覧。
  53. ^ いーだしんいち (2014年10月22日). “劇場版『空の境界』脚本家が、原発事故から3年の福島を描くラジオドラマ”. KAI-YOU.net (カイユウ). http://kai-you.net/article/9844 2014年11月6日閲覧。 
  54. ^ シュガー・ソネット”. NHK オーディオドラマ. 日本放送協会. 2015年9月16日閲覧。
  55. ^ 予言村の転校生”. NHK オーディオドラマ. 日本放送協会. 2014年11月6日閲覧。
  56. ^ nhk_dramasのツイート (537886974623764480)
  57. ^ “【CMのツボ】天が二物を与えた少女「葵わかな」ブレイクの予感(1/2ページ)”. 産経ニュース (産業経済新聞社): p. 1. (2014年8月12日). http://www.sankei.com/economy/news/140802/ecn1408020009-n1.html 2014年11月6日閲覧。 
  58. ^ “塩大好き!乙女新党わかな「エアリアル」新CMキャラに”. ナタリー (ナターシャ). (2013年9月10日). http://natalie.mu/music/news/99062 2013年10月1日閲覧。 
  59. ^ “カバンからビッツが!乙女新党わかな「ビッツサンド」新CM”. ナタリー (ナターシャ). (2013年10月1日). http://natalie.mu/music/news/100418 2013年10月1日閲覧。 
  60. ^ “気づこう、周りの気持ち”. 広報だより「トレナビ」 (西日本旅客鉄道). (2013年9月6日). オリジナル2013年12月6日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20131206232356/http://www.westjr.co.jp/fan/blog/article/2013/09/page_4412.html 2013年10月1日閲覧。 
  61. ^ “さぁ4月。新社会人の皆さん、おめでとうございます。”. 広報だより「トレナビ」 (西日本旅客鉄道). (2014年4月1日). http://www.westjr.co.jp/fan/blog/article/2014/04/page_5473.html 2014年11月6日閲覧。 
  62. ^ aoiwakana0630のツイート (564983169506504705)
  63. ^ IR・投資家情報神保悟志さん、葵わかなさんを起用した新CM 「地盤カルテ」編を先行WEB放映 (PDF)”. IRニュース. 地盤ネット (2015年2月13日). 2015年2月20日閲覧。
  64. ^ 葵わかな 「地盤ネット」新CM発表会!”. スターダスト オフィシャルサイト. スターダストプロモーション (2016年11月28日). 2016年12月31日閲覧。
  65. ^ アートコーポレーション株式会社のプレスリリース(2015年8月15日)
  66. ^ “アート引越センター新TVCMに女優・葵わかなさんを初起用 葵わかなさんが自然体であのCMソングを歌い上げる『コマソン』篇 8 月 15 日(土)から全国で順次放映開始” (プレスリリース), アートコーポレーション株式会社, (2015年8月13日), http://www.the0123.com/company/pdf/release/20150813cm.pdf 2015年10月5日閲覧。 
  67. ^ “平成27年秋季全国火災予防運動の実施” (PDF) (プレスリリース), 消防庁, (2015年11月6日), https://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h27/11/271106_houdou_1.pdf 2017年1月1日閲覧。 
  68. ^ “ベッキーCM、後釜に17歳の葵わかな 格安SIMのmineo”. ASCII.jp (株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス). (2016年2月12日). http://ascii.jp/elem/000/001/118/1118956/ 2016年2月13日閲覧。 
  69. ^ a b 葵わかな 「mineo(マイネオ)」新イメージキャラクターに決定!”. スターダスト オフィシャルサイト. スターダストプロモーション (2016年2月11日). 2017年1月21日閲覧。
  70. ^ “"新しいフツー" 「葵わかなさん」を起用した「mineo(マイネオ)」の新テレビCM放映開始” (プレスリリース), ケイ・オプティコム, (2017年1月19日), https://www.k-opti.com/press/2017/press04.html 2017年1月21日閲覧。 
  71. ^ “葵わかな、NHKフレッシャーズキャンペーンキャラクター”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年3月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2067706/full/ 2016年12月31日閲覧。 
  72. ^ 葵わかな、NHKフレッシャーズキャンペーンキャラクター”. ORICON STYLE (2016年3月1日). 2016年3月1日閲覧。
  73. ^ 神保悟志、“愛娘”葵わかなの成長に驚き「美しい女性になられて」”. ORICON STYLE (2016年8月16日). 2016年8月19日閲覧。
  74. ^ 山下達郎の新曲PVは、映画『陽だまりの彼女』のスピンオフ 葵わかなの制服姿も眩しい!”. Real Sound (2013年9月20日). 2014年2月13日閲覧。
  75. ^ 葵わかな (2015年1月10日). “ネクストガールズ!”. 葵わかなオフィシャルブログ. 2015年2月20日閲覧。
  76. ^ 葵わかなオフィシャルカレンダー”. スターダストピクチャーズ. 2015年2月20日閲覧。
  77. ^ 葵わかなオフィシャルカレンダー2015→2016”. スターダストピクチャーズ. 2015年2月20日閲覧。
  78. ^ 葵わかな オフィシャルカレンダー2016.4→2017.3”. スターダストピクチャーズ. 2016年11月10日閲覧。
  79. ^ 葵わかなオフィシャルカレンダー2016”. スターダストピクチャーズ. 2016年11月10日閲覧。
  80. ^ “葵わかな、18歳のオトナかわいい“七変化” カレンダー発売”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2081243/full/ 2016年11月10日閲覧。 

外部リンク[編集]