田中咲帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たなか さほ
田中 咲帆
生年月日 (2003-01-09) 2003年1月9日(19歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 155cm
職業 タレントアイドル
事務所 スターダストプロモーション制作3部
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

田中 咲帆(たなか さほ、2003年1月9日 - )は、CROWN POPのメンバー、日本タレントアイドルである。STARDUST制作3部所属。

人物[編集]

  • 趣味:ゲーム、料理(お菓子作り)。
  • 特技:ダンス(HIPHOP、チアダンス、エアロビクス)、バイオリン、ギター、動画編集。
  • 資格:英検3級、実用数学技能検定3級、パンシェルジュ検定3級、公式書写検定3級[1]
  • 愛称は「さほるん」「田中」[2]
  • 裁縫が上手な母の影響もあり、手芸が好きで、中学校では家庭科部に入り、洋服を型紙から1着作れる手先の器用さも併せ持つ。生誕祭で着る衣装を自作したり、ライブ衣装のリメイクにも挑戦したことがある[3][4]
  • グループ1の食いしん坊。食べるだけでなくお菓子を作るのも好き[5]
  • スタコミュ「もちもちくらぶ」会長。
  • 田中について、メンバーの雪月心愛は「優しい子なんですよ。いつも微笑んでみんなを見守っているんですよ。」[5]三田美吹は「素直な性格で正直者です。振り入れも完璧に覚えてくるし、一緒にフォーメーションも考えてくれるし、すごく信頼のできる子です。ただ時々、飲み物をこぼしたりとかドジなところもあって可愛いです。」と語る[4]
  • アニメやゲームが好き、今までで一番好きなゲームはポケモンで、テレビ東京「ポケモンゲット☆TV」に出演したこともある。かわいい戦闘系が好き[6]
  • 田中の歌について、楽曲「なりたいガール」を提供したONIGAWARAの2人は次のようにコメントしている。「いい意味で完全に飛び道具ですね。最強の武器だと思います」「高いところが出てるというか、一番聴こえる音域の声なんです。きゃぴきゃぴって感じで、この子の声はすごい武器になるなって思いました。」(斉藤伸也)、「そうね、声が耳にポーンって入ってくるもんね」(竹内サティフォ)[7]
  • 2021年5月2日、Zepp Tokyoにて開催した無観客配信ライブ「CROWN POP STYLE」にて最後のMCで「Zepp単独は昔からの夢だったので、無観客ながらでも開催できてすごく嬉しいです。本当は2月に行う予定だったのですが、延期になって、こうやって中止にならずに皆さんの元に届けられているということが嬉しいし、感慨深いです。やっぱり無観客は心さみしい部分もあるし、皆さんのコールとかが糧になっているので次は絶対に有観客でZeppを埋めたいなって思っています。それまで皆さんついてきてください。」と語った[8]
  • 田中咲帆フィーチャーソング『HARE BARE』がアルバム「LIFE」〈is beautiful盤〉に収録されている。

略歴[編集]

  • 小学5年生の時、家族と一緒に出かけた原宿でスカウトされたのがきっかけで芸能界入り。憧れはももいろクローバーZ佐々木彩夏。ダンスは幼稚園の年長から習っていて、大会で入賞したこともある。[3]
  • 2015年、CROWN POPの結成メンバーとなる。
  • 2018年1月20日、Live House rebirthにて「CROWN POP Challenge 2017年度ラスト〜さほるんのこと田中っていうな!〜」を開催。
  • 2018年7月28日、埼玉・メットライフドームにて開催された「夏S 2018 ももクロトリビュート 〜みんなで10周年をお祝いしちゃうぞ!〜」で、アニソン好きユニット「七福みゅ〜ず」に参加[9]
  • 2019年2月9日、Studio Freedomにて「OKANMURI祭2018年度〜新元号は田中(るん)!〜」を開催。
  • 2020年2月16日、錦糸町rebirthにて「CROWN POP生誕ソロミッション〜田中咲帆のソロみが深い〜」を開催。
  • 2022年1月9日、Yokohama Bay Hallにて「CROWN POP BOMB×2〜田中咲帆生誕祭2022〜」を開催。

出演[編集]

TV[編集]

配信ドラマ[編集]

  • きょうも片想い Episode.15「#半透明の恋」(2019年3月15日 -、WATCHY) - 滝川未来 役

ラジオ[編集]

雑誌[編集]

  • フォトテクニックデジタル2020年4月号(2020年3月19日、玄光社[11]
  • 愛犬と行く旅 2020-2021(2020年9月29日、交通タイムス社) - 表紙・インタビュー
  • 横浜LOVEWalker 2022(2022年3月22日、KADOKAWA) - 「ハマのLOVEアイドル」No.1決定戦[12]

その他[編集]

  • 読売KODOMO新聞 特集ページ「パズルカフェ」(2015年1月)
  • note配信連載「髪は短し 恋せよ乙女 Short Hair Fan Club」モデル出演(2020年3月14日 - )[13]
  • 青山裕企 写真展「髪は短し 恋せよ乙女」(2020年11月)[14]
  • 柚姫の部屋(2021年6月7日 11月1日、YouTube)
  • 第5回 ももいろ歌合戦(2021年12月31日、日本武道館) - 世代を超えたアニソンヒットメドレー、最強アイドルメドレー2021に出演

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ スターダストプロモーション制作3部 田中咲帆のプロフィール
  2. ^ 【時短】3分で分かるCROWN POP【紹介動画】 - YouTube
  3. ^ a b スターダストプラネット公式Special Book(日経BPムック)
  4. ^ a b 次世代ダンスアイドルユニット・CROWN POP“メンバー愛強めの”他己紹介しちゃいます”. ENTAME next. 株式会社 徳間書店 (2020年3月24日). 2021年7月5日閲覧。
  5. ^ a b ももクロ、エビ中の後輩「今年の夏はこの曲でアイドル界を盛り上げたい」CROWN POPが体現する令和のアイドル像”. ENTAME next. 株式会社 徳間書店 (2019年7月4日). 2021年7月5日閲覧。
  6. ^ CROWN POPは自然体の“#クラポかわいい”!【特集】「ミツカル・ガールズ’19夏」インタビュー!!”. 蜜柑通信 (2019年7月31日). 2021年7月5日閲覧。
  7. ^ CROWN POP『なりたいガール』コロナ禍ならではの片思いソングについて、ONIGAWARAと7者対談!”. Mikiki. タワーレコード株式会社 (2021年6月29日). 2021年7月5日閲覧。
  8. ^ CROWN POP無観客配信「CROWN POP STYLE」開催!”. スターダスト オフィシャルサイト (2021年5月9日). 2021年7月5日閲覧。
  9. ^ ももクロ10周年をみんなでお祝い!スタプラアイドル全12組が輝き放った「夏S」”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年7月28日). 2021年7月4日閲覧。
  10. ^ “クラシック”を愛する現役アイドルが、NHK-FMに大集合! AKB48グループメンバーほか、意外な顔ぶれが驚くべき才能を発揮”. M-ON! MUSIC編集部 (2019年4月26日). 2020年3月2日閲覧。
  11. ^ フォトテクニックデジタル2020年4月号”. 玄光社. 2020年3月23日閲覧。
  12. ^ @crownpop_staff. "「横浜LOVEWalker 2022」に CROWN POPから田中咲帆&藤田愛理が掲載" (ツイート). Twitterより2022年3月22日閲覧
  13. ^ 髪は短し 恋せよ乙女|Short Hair Fan Club
  14. ^ 青山裕企 写真展「髪は短し 恋せよ乙女」東京・原宿にて開催!|髪は短し 恋せよ乙女|Short Hair Fan Club

関連項目[編集]

外部リンク[編集]