池内博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いけうち ひろゆき
池内 博之
生年月日 1976年11月24日(40歳)
出生地 日本の旗 日本茨城県[1]勝田市(現・ひたちなか市[2]
身長 176cm[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
事務所 レプロエンタテインメント
公式サイト レプロエンタテインメントによるプロフィール
主な作品
テレビドラマ
GTO
八重の桜
S -最後の警官-

池内 博之(いけうち ひろゆき、1976年11月24日[1] - )は、日本の俳優レプロエンタテインメント所属。茨城県[1]勝田市(現・ひたちなか市)出身[2]。日本人の父親とエルサルバドル人の母親との間に生まれたハーフ[2]。特技は柔道[1]

茨城県立佐和高等学校在学中にスカウトされて芸能界入り[2]。モデルとして活動した後、1997年の日本テレビ系テレビドラマ『告白』で俳優デビュー[2]。映画『13の月』では初監督を務めた。

出演[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

ドキュメンタリー[ソースを編集]

  • 池内博之の漂流アドベンチャー 黒潮に乗って奇跡の島へ(2016年7月18日、NHK BSプレミアム)[7]

CM[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

PV[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e 池内博之|アーティスト”. レプロエンタテインメント. 2015年9月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e 池内博之”. KINENOTE. 2016年1月20日閲覧。
  3. ^ 斎藤工主演『最上の命医』2・10放送 池内博之、泉谷しげるも出演”. ORICON STYLE (2016年1月18日). 2016年1月20日閲覧。
  4. ^ 池内博之『怪盗山猫』で亀梨和也のライバル役に決定”. ORICON STYLE (2016年1月21日). 2016年1月31日閲覧。
  5. ^ 池内博之、日中合作映画でリン・チーリンとW主演”. ORICON STYLE (2012年3月27日). 2014年10月13日閲覧。
  6. ^ 女子アナ・長澤まさみがキャスター・中井貴一を脅迫?「グッドモーニングショー」”. 映画ナタリー (2015年9月8日). 2015年9月8日閲覧。
  7. ^ 池内博之の漂流アドベンチャー 黒潮に乗って奇跡の島へ(NHK)(2016年8月14日時点のアーカイブ)、2016年7月17日閲覧
  8. ^ 安里洋輔 (2010年8月23日). “【池内博之】電車 目力 直感 日本初の舞台化「イリアス」出演「自分のルール」貫き射止めた大役”. zakzak. 2013年7月27日閲覧。
  9. ^ 尾上そら (2012年10月25日). “生命がけで人間の尊厳を問う・池内博之、鈴木杏ら白熱のパワープレイ”. チケットぴあ. 2013年7月27日閲覧。
  10. ^ “池内博之と中越典子、翻訳戯曲で描く断ち切れない未練”. YOMIURI ONLINE. (2013年7月23日). オリジナル2013年7月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130729221006/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/theater/20130723-OYT8T00563.htm 2014年10月13日閲覧。 
  11. ^ 池内博之 (2014年7月16日). 音楽劇初挑戦の池内博之に独占インタビュー!「イヤだと思ったらそれはやるべきこと」. (インタビュー). Entame Plex.. http://www.entameplex.com/archives/13193 2014年10月13日閲覧。 
  12. ^ 三浦大輔演出、愛とセックス描くブラジル戯曲『禁断の裸体』追加キャストに池内博之”. CINRA.NET (2014年12月26日). 2016年1月20日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]