真野響子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まや きょうこ
真野 響子
本名 柴本 苑子(旧姓、真野)
生年月日 1952年2月9日(64歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 168 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1973年 -
配偶者 柴俊夫
著名な家族 柴本幸(娘)
眞野あずさ(妹)
弟(一般人)
主な作品
テレビドラマ
御宿かわせみ
炎立つ
ちゅらさん
もう一度君に、プロポーズ

真野 響子(まや きょうこ、1952年2月9日 - )は、東京都港区麻布出身の女優。本名、柴本 苑子(しばもと そのこ)、旧姓、真野(まの)。

夫は俳優の柴俊夫、娘は柴本幸。妹は眞野あずさ

来歴・人物[編集]

清泉女学院中学校・高等学校桐朋学園大学短期大学部演劇科卒業。

父親の勤務先が日本航空だったこともあり、1959年から1961年までサンフランシスコで暮らし、中学時代の一時期は北海道で暮らした経験もある。

大学卒業に向けた進路選択では"一生続けられる仕事をしたい"との観点から、スチュワーデスの試験や、ドラマ出演オーディション、劇団民藝の入団オーディションなどを受け、スチュワーデスの内定が出ていたがそれに断りを入れて、1973年に劇団民藝に入団した。

舞台『血の婚礼』でデビュー。桐朋学園の卒業アルバムを繰っていた和田勉の目に留まり1973年、NHK『出逢い』でテレビデビューした。なお、苗字の読みを「まや」とした芸名の名付け親は、このデビュー作でNHKディレクターだった和田である。1974年には劇団民藝の『桜の園』でアーニャ役の大役をこなす。東宝『忍ぶ糸』で映画スクリーンデビューを果たすと、その後も数々の作品に出演。1976年、スコッチウイスキー「カティサーク」のカレンダー出演は、洋酒メーカーの女優起用第1号[1]。「名前で呼んで」というセリフが評判を呼んだ。ドラマで共演した柴俊夫との交際を経て入籍し、子育ての時期は芸能活動をセーブしていた。

2001年、NHK『ちゅらさん』で再び注目を集め、6月には、翌年に開幕を控えたFIFAワールドカップ日韓大会の日本組織委員会 (JAWOC) 理事に、三田佳子の後任として選出される。

2002年、神戸市立森林植物園の名誉園長に就任。

映画『燃える秋』ではヌードシーンがあるが、他の女優の吹き替えと言われている[誰によって?]

角松敏生のアルバム『WEEKEND FLY TO THE SUN』に収録されている「CRESCENT AVENTURE」は彼女をイメージして作られた楽曲である。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京
WOWOW

Webドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • 『私を見つけに 真野響子 あるく速さで アンダンテ』(2002年3月、扶桑社ムック)
共著
  • 『禅の心茶の心』有馬頼底共著 朝日新聞社 2006年
  • 『古寺巡礼京都 新版 相國寺』有馬頼底共著 淡交社 2007年

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  1. 響 Sounds(1978年)
    • ナレーション・アルバム。
  2. CALIFORNIA DREAM(1979年)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 妹のあずさとの、デビュー後32年目にしてドラマ初共演となった[2]

出典[編集]

  1. ^ 週刊サンケイ』1981年12月24日号、扶桑社1981年、 88頁。
  2. ^ “真野響子&眞野あずさ、32年目姉妹ドラマ初共演”. スポーツ報知. (2014年2月2日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140202-OHT1T00090.htm 2014年2月13日閲覧。 
  3. ^ “松下奈緒が“相棒”古田新太に「振り回されたい!」”. ウォーカープラス. (2015年2月10日). http://news.walkerplus.com/article/55188/ 2015年2月10日閲覧。 
  4. ^ キャスト&スタッフ|Huluオリジナルドラマ「フジコ」”. Huluオリジナルドラマ「フジコ」公式サイト. 2015年10月9日閲覧。