永島暎子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ながしま えいこ
永島 暎子
本名 水永 輝子
生年月日 1955年7月28日(58歳)
出生地 日本の旗 日本熊本県
民族 日本人
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1976年 - 現在

永島 暎子ながしま えいこ、本名:水永 輝子1955年7月28日 - )は、日本の女優熊本県出身。ユマニテに所属していたが、現在フリー。

来歴・人物[編集]

熊本県立八代高等学校を卒業後、東北地方でのこけし制作や北海道での牧場労働を経験したのち、1976年に日活テレビ映画芸術学院(現・日活芸術学院)に入学。同年、『四畳半青春硝子張り』のヒロインに抜擢され映画デビュー。

1977年、日活ロマンポルノ作品『女教師』で主役を演じて注目を集め、1978年のエランドール賞新人賞を受賞。

1983年の『竜二』の演技では、ブルーリボン賞報知映画賞キネマ旬報の各助演女優賞を総なめにした。

演技派で、かつ、脱ぎっぷりのいい女優として1980年代以降の日本映画を支え、数多くの作品に出演している。代表作として、映画『はるか、ノスタルジィ』『棒の哀しみ』『身も心も』『みすゞ』、テレビドラマ『居酒屋兆治』『永遠の仔』『ヤンキー母校に帰る』などがある。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

インターネット・配信[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

  • 永島暎子写真集 叙情の虚構(大陸書房、1992年) 谷口征・撮影

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 放送予定は1985年8月9日だったが、夏目雅子の追悼番組のために放送延期となっていた。