加藤晴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かとう はるひこ
加藤 晴彦
本名 同じ
生年月日 (1975-05-13) 1975年5月13日(47歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
身長 175 cm
血液型 O型
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ映画バラエティCM
活動期間 1989年 -
配偶者 あり
事務所 プラチナムプロダクション
主な作品
テレビドラマ
中学生日記
走らんか!
Change!
闇のパープル・アイ
神様、もう少しだけ
Over Time-オーバー・タイム
彼女たちの時代
アナザヘヴン〜eclipse〜
早乙女タイフーン
刑事☆イチロー
アイアングランマ
小さな巨人
映画
アナザヘヴン
回路
AIKI
バラエティ・その他
どうぶつ奇想天外!
あいのり
PS
テンプレートを表示

加藤 晴彦(かとう はるひこ、1975年5月13日 - )は、日本俳優タレント司会者愛知県名古屋市出身[1]プラチナムプロダクション所属。日本福祉大学中退[2]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

愛知県名古屋市生まれ[3][4]。モノマネ芸人のコロッケとは遠い親戚である[5]

中高一貫校である名古屋大学教育学部附属中学校に入学。その後同高校にも進学[6]

1989年、テレビドラマ 『中学生日記』(NHK教育)に、生徒役として出演。また、1991年には、テレビドラマ 『前畑がんばれ』(NHK)で、主演の清水美砂の息子役を演じた。

本格デビュー後[編集]

1993年、高校時代の同級生からの誘いで応募した、第6回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞[7]。翌年放送のテレビドラマ 『アリよさらば』(TBS) への出演で、本格的に芸能界デビューした[1]。デビュー当時の所属事務所はサンミュージックプロダクション[8]

1995年には、テレビドラマ 『走らんか!』(NHK朝の連続テレビ小説)で主人公の親友、白水悦夫役を演じ、その翌年には「アルペン」のCMに出演し、広く知られるようになった。

2001年、映画『回路』で映画初主演。同年、ドラマ『早乙女タイフーン』(テレビ朝日)でドラマ初主演。2006年3月、番組開始から務めていたバラエティ番組『あいのり』(フジテレビ)へのMCとしての出演が終了した。このころから、加藤自身多忙を極めていたため精神的に参ってしまい、仕事をセーブするようになる[9]

2009年4月、1995年から所属していたロングブリッジ[10]から、アミューズへと移籍。その後はアミューズとは契約が終了[8]、プラチナムプロダクションに移籍。

2014年7月末に、2年間交際した名古屋市在住の一般女性と結婚[1]

2016年5月6日放送の『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)の番組内で、第1子女児の誕生を報告した[11]

人物・エピソード[編集]

自分から情報を発信することが苦手なため、ブログやSNS等のアカウントをもっていない。また、アナログ的な部分がありガラケーを使用しているほど[12]

私生活[編集]

親交のある芸能人として、ジュノンボーイコンテストで知り合い地元が近かった伊藤英明岐阜県出身)や、「どうぶつ奇想天外!」で共演したみのもんた、「PS」で共演した高田純次らがいる[13]。また、同時期にオールナイトニッポンを担当し「オールナイト三兄弟」と呼ばれていた、福山雅治[14]西川貴教などと交友がある。

地元名古屋について[編集]

名古屋出身であることを誇りに思っており、東京で活動していた時期も多くのレギュラー番組を在名局で抱えていた。

言葉の端々に名古屋弁を使用するとともに、「名古屋の女性が選ぶ抱かれたい男No.1」にも選ばれたことがある。

2021年現在は、名古屋市で家族と生活している[15]

中日ファンとしてのエピソード[編集]

大の中日ドラゴンズのファンで、球団外広報も務めている。 同じく球団外広報を務める峰竜太とも親交がある。

憧れの選手は立浪和義で、親交関係が深い。不定期で出演する『スーパーサタデー』内の「ドラゴンズHOTスタジオ」の春季キャンプ取材などでは、必ず立浪選手のもとを訪れる。将来は立浪が中日の監督になってくれることを夢見ている。立浪とは現在はオフシーズンに草野球をしたり、一緒に食事へ行ったりするほどの仲である。立浪の引退セレモニーにも参加した[16][17]

受賞歴[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ・その他[編集]

CM[編集]

ミュージックビデオ[編集]

イベント[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ パナソニックドラマスペシャル」として放映予定だったが、2011年3月11日の東日本大震災発生に伴う広告活動自粛のため、ノースポンサードでの放送となった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d “加藤晴彦が結婚 名古屋のTV局勤務女性”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年8月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140825-1356171.html 2014年8月27日閲覧。 
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.538
  3. ^ 名古屋観光コンベンションビューロー
  4. ^ 東日本放送
  5. ^ 加藤晴彦 現在。「どうぶつ奇想天外」の頃と「あいのり」降板の謎”. Red-Hot Topics!最新情報局 (2014年3月14日). 2014年7月3日閲覧。
  6. ^ 藤井六段が高校入学式、母校先輩・加藤晴彦エール「楽しいことも経験して」”. スポニチアネックス. 2018年4月8日閲覧。
  7. ^ 怜, 松永. “39歳で結婚、2児のパパに…加藤晴彦が語る“40代での現在地”「もうセカセカはしないです」”. 文春オンライン. 2022年12月25日閲覧。
  8. ^ a b みのと加藤晴彦が銀座で豪遊サイゾー、2014.10.02
  9. ^ 怜, 松永. “「芸能界を辞めようと思っていました」人気絶頂でレギュラー降板…加藤晴彦が初めて明かす“20年前の真相””. 文春オンライン. 2022年12月25日閲覧。
  10. ^ ロングブリッジ 会社概要
  11. ^ “加藤晴彦 第1子女児誕生、番組で報告”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年5月6日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/05/06/0009057688.shtml#btnMore 2016年5月6日閲覧。 
  12. ^ 怜, 松永. “「今、すごく楽しいです」多忙すぎた生活を経て…加藤晴彦46歳が辿りついた“揺らぐ生き方””. 文春オンライン. 2022年12月25日閲覧。
  13. ^ 怜, 松永. “39歳で結婚、2児のパパに…加藤晴彦が語る“40代での現在地”「もうセカセカはしないです」”. 文春オンライン. 2022年12月25日閲覧。
  14. ^ 怜, 松永. “「今、すごく楽しいです」多忙すぎた生活を経て…加藤晴彦46歳が辿りついた“揺らぐ生き方””. 文春オンライン. 2022年12月25日閲覧。
  15. ^ 怜, 松永. “39歳で結婚、2児のパパに…加藤晴彦が語る“40代での現在地”「もうセカセカはしないです」”. 文春オンライン. 2022年12月25日閲覧。
  16. ^ http://www.hana-haru.jp/pre.html#d0909
  17. ^ http://www.chunichi.co.jp/article/sports/news/CK2009100102000197.html
  18. ^ 第359回テレビ愛知放送番組審議会”. テレビ愛知株式会社. 2019年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]