機動戦士ガンダムSEED ASTRAY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ > 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
漫画:機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
原作・原案など 千葉智宏
作画 ときた洸一
出版社 角川書店
掲載誌 ガンダムエース
レーベル 角川コミックス・エース
発表号 No.007 - No.016
巻数 全3巻
話数 11話
漫画:機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R
原作・原案など 千葉智宏
作画 戸田泰成
出版社 角川書店
掲載誌 月刊少年エース
レーベル 角川コミックス・エース
発表号 2002年12月号 - 2004年7月号
巻数 全4巻
話数 20話
小説:機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
著者 千葉智宏
イラスト 緒方剛志
出版社 角川書店
掲載誌 ザ・スニーカー
レーベル 角川スニーカー文庫
連載期間 2002年12月号 - 2004年6月号
巻数 全2巻
話数 10話
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B
テンプレート - ノート

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』(きどうせんしガンダムシード アストレイ)は、アニメ『機動戦士ガンダムSEED』の各種媒体で掲載された公式外伝である。

概要[編集]

機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ』の第1作であり、漫画と小説の複数の媒体で展開された。

漫画はジャンク屋のロウ・ギュールを主人公とした、ときた洸一の『SEED ASTRAY(以下漫画版)』と戸田泰成の『SEED ASTRAY R(以下R)』の2作品。傭兵の叢雲劾を主人公とした小説版『SEED ASTRAY(以下小説版)』とジオラマを組み合わせた『SEED ASTRAY B(以下B)』の2作品。合計4作品が展開された。

アニメ『機動戦士ガンダムSEED』の主人公キラ・ヤマトをはじめとした主要人物はサブとして登場。またアニメ本編では語られなかった部分を補完するエピソードが描かれている。

物語[編集]

遺伝子調整され優れた能力を持った人間『コーディネイター』と、そうでない人間『ナチュラル』との間で戦争が起こり、すでに11ヶ月が経過した。激化する戦争でメカの需要は供給を上回り、リサイクルの重要性が上がったことで『ジャンク屋組合』の規模は拡大。そして両陣営は、使い捨てや危険な任務のための傭兵を必要とし、傭兵部隊は数を増やしていった。

中立コロニーヘリオポリス。そこでは地球連合のMSが極秘開発されていたが、それを知ったザフトは5機の内4機を奪取。その際の戦闘によってコロニーは崩壊した。そして数時間後、掘り出し物を求めてコロニーへとやって来たジャンク屋組合のロウとそのメンバー達は、赤と青のMS、そして金色の腕を発見した。思わぬ発見に歓喜するのも束の間、そこにMSの目撃者の抹殺を依頼された傭兵部隊「サーペントテール」の叢雲劾が現れた。プロの傭兵を前に為す術もない状況に追い込まれるも、依頼者の裏切りを知った劾は青いMSを使い、ロウと協力してその場を脱出する。

こうして、ロウの赤いMS「アストレイ レッドフレーム」、劾の青いMS「アストレイ ブルーフレーム」、そして金色のMS「アストレイ ゴールドフレーム」の3体のMSによる物語が始まった。

登場人物[編集]

ジャンク屋組合[編集]

  • ロウ・ギュール - 18歳。自称「宇宙一悪運の強い男」。天才的なメカニックであり、ジャンク屋として誇りを持っている。乗機はアストレイ レッドフレーム
  • 山吹樹里 - 16歳。ロウとは対照的に常にネガティブ思考な少女。ファーストコーディネイター、ジョージ・グレンのファン。
  • リーアム・ガーフィールド - 20歳。ナチュラルの双子の兄を持つコーディネイター。物静かで論理的。常識はずれなロウの観察が日課。
  • プロフェッサー - 本名・経歴・その他一切謎な、卓越した頭脳を誇る年齢不詳の美女。オーブのエリカとは旧知の仲。
  • 8(ハチ) - 擬似人格コンピューター。量子コンピューターが普及している現代では珍しく、量子コンピューターではない。MSの操縦も可能で、ロウのMS操作のサポートを行う。
  • キャプテンG.G - 人類初のコーディネイター、ジョージ・グレンその人。既に故人だが「ジョージ・グレン友の会」が保管していた脳がジャンク屋に譲られ、以後ロウ達の船「リ・ホーム」のコンピューターとリンクし、艦長として活躍する。

サーペントテール[編集]

  • 叢雲劾 - 26歳。冷静沈着な凄腕の傭兵。乗機は豊富なオプションを持つアストレイ ブルーフレーム。連合に作られた戦闘用コーディネイター。
  • イライジャ・キール - 15歳。コーディネイター。美形であること以外コーディネイターらしい能力を持たない事がコンプレックス。乗機は専用のジン
  • ロレッタ・アジャー - 30歳。部隊の紅一点。作戦立案・爆破工作のスペシャリスト。シングルマザー。
  • 風花・アジャー - ロレッタの娘。6歳だが非常に聡明で仕事もこなす。
  • リード・ウェラー - 50歳。元地球連合士官。飲酒問題で軍を辞めさせられたが、未だに連合に太いパイプを持つ。情報収集担当。

オーブ連合首長国[編集]

  • ロンド・ギナ・サハク - オーブ五代氏族の一人。コーディネイター。世界を影から支配しようと企んでいた。度々ロウや劾の前に立ち塞がった。搭乗機はアストレイ ゴールドフレーム
  • ロンド・ミナ・サハク - ギナの双子の姉。ギナと共に世界支配を目論んでいたが、ロウの「国とは人」の言葉を聞き、考えを違えた。搭乗機はアストレイ ゴールドフレーム天ミナ
  • エリカ・シモンズ - アストレイシリーズの開発技術主任。ジャンク屋のプロフェッサーとは旧知の仲。サハク家寄りだったが、オーブの代表首長の娘カガリ暗殺の任を受けた際に、劾の力を借りて決別した。アニメ『SEED』本編にも登場した。

地球連合[編集]

  • ソキウス - 『小説版』に登場。ラテン語で「戦友」の意味の名前をもつ、心理コントロールによってナチュラルを攻撃できないように作られた戦闘用コーディネイター達。ナチュラルがMSを操縦可能となってからは廃棄処分の予定だったが、内セブン・ソキウスとイレブン・ソキウスは自分らの有用性を示すため、ロングダガーを駆り劾に戦いを挑んでいく。

ザフト[編集]

その他[編集]

  • シニスト・ガーフィールド - 『漫画版』に登場。リーアムの双子の兄だがナチュラル。廃棄されたコロニー・リティリアを使い、地球圏を脱出し争いの無い新天地を目指す人々のリーダー。
  • グゥド・ヴェイア - 『R』『小説版』に登場。「英雄」と呼ばれた元ザフトのエースパイロット。自分の中に凶悪な人格があることに気付き軍を脱走し、シニスト達の地球圏脱出の手伝に従事。その後イライジャと友人となるが、もうひとつの人格が目覚め戦うことに。最後は劾によって止めを刺された。
  • 蘊・奥 - 『R』に登場。時代に取り残された技術者達が住んでいた居住衛星・グレイブヤードに住む老人。剣術の達人であり、MSサイズの日本刀を作れる刀工。ロウに剣術と刀の製法を伝授するが、後に病に倒れ死亡。
  • ケナフ・ルキーニ - 裏世界最強の情報屋。情報を操ることで世界を動かすことが最大の喜び。ロウや劾に対しては、情報を与える味方となったり、コンピュータウイルスを操るゲルフィニートを使って攻撃したりと、時には味方となり敵にもなる存在。
  • マーチン・ダコスタ - 地球に降りた直後にロウ達が出会ったザフト軍人。ロウとの出会いで、戦争を止めるために軍を抜けることを決意する。
  • アンドリュー・バルトフェルド - ザフト軍人。キラとの戦闘で瀕死の重傷を負ったが、部下のダコスタによって救出され、医療ポッドの中で治療を続けていた。後に戦争を止めるためザフトを抜け、キラ達と共に戦う。
  • キラ・ヤマト - アニメ「SEED」の主人公。ロウが目撃したMS同士の死闘で、白いMSに乗っていたパイロット。コックピットがむき出しの状態で敵の自爆攻撃を食らうが、セーフティーシャッターのおかげで辛うじて生存。その後ロウに救出され、マルキオ導師によってプラントに運ばれている。

登場兵器[編集]

ジャンク屋
サーペントテール
オーブ連合首長国
地球連合
ザフト
その他・民間

書籍[編集]

漫画 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
  1. ISBN 978-4047135475(限定版 ISBN 978-4047135505
  2. ISBN 978-4047135659
  3. ISBN 978-4047136021
Re:Master Edition
ASTRAYシリーズ10周年を機に発行された新装版。『X ASTRAY』も含めた全6巻となっている。収録順を時系列順に変更し、描き下ろしエピソードを追加している[1]。他の3作で語られたエピソードは千葉智宏の書き下ろしによるショートストーリー「INTERMISSION」として収録されている。
  1. ISBN 978-4041206386
  2. ISBN 978-4041206393
  3. ISBN 978-4041207024
  4. ISBN 978-4041207031
  5. ISBN 978-4041207918
  6. ISBN 978-4041207925
漫画 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R
  1. ISBN 978-4047135468
  2. ISBN 978-4047135666
  3. ISBN 978-4047136045
  4. ISBN 978-4047136595
小説 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
  1. ISBN 978-4044297015
  2. ISBN 978-4044297039
模型・小説 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B

スタッフ[編集]

  • 原作 - 矢立肇富野由悠季
  • SEEDキャラクターデザイン - 平井久司
  • ASTRAYキャラクター原案 - 植田洋一
  • SEEDメカニックデザイン - 大河原邦男・山根公利
  • ASTRAYメカニック・デザイン - 阿久津潤一(ビークラフト)
  • 設定・企画協力 - 森田繁(スタジオぬえ)
  • 設定・協力 - 吉野弘幸
  • マーク・デザイン - 神宮司訓之
  • 制作 - サンライズ
  • 小説・シナリオ - 千葉智宏(スタジオオルフェ)
  • コミック作画 - ときた洸一、戸田泰成
  • 小説さし絵 - 緒方剛志
  • 協力 - 電撃ホビーマガジン編集部、少年エース編集部、ガンダムエース編集部、ザ・スニーカー編集部、バンダイホビー事業部

脚注[編集]

  1. ^ ときた版『DESTINY ASTRAY』1巻収録の「SPECIAL SCOOP.01 切り裂きエド」が3巻に収録されている。

外部リンク[編集]