ガイア・ギア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガイア・ギア
小説
著者 富野由悠季
出版社 角川書店
掲載誌 月刊ニュータイプ
レーベル 角川スニーカー文庫
刊行期間 1987年4月号 - 1991年12月
巻数 全5巻
話数 全60話
テンプレート - ノート

ガイア・ギア』(GAIA GEAR)は、アニメ作品『ガンダムシリーズ』の流れを汲む小説。および、それを原作としたサウンドシアター富野由悠季により、月刊アニメ雑誌月刊ニュータイプ』において1987年4月号から1991年12月号まで全60話が連載され、全5巻の文庫が刊行された。

物語[編集]

かつてのスペースコロニー独立運動の英雄、シャア・アズナブルのメモリー・クローンであるアフランシ・シャアは、南の島に預けられて平和に暮らしていたが、育ての親のガバ・スーから出生の秘密を聞かされ、宇宙へ出る決心をする。宇宙へ出たアフランシはメタトロンのメンバーに迎えられるが、やがて「地球逆移民計画」を発表したダーゴル大佐率いるマハ、そして“シャアの再来”と称えられる自分の運命に立ち向かっていく。

作品解説[編集]

本作はアニメ「ガンダムシリーズ」の一つである宇宙世紀シリーズに該当し、『機動戦士ガンダム』の原作者、富野由悠季によって著述された作品としては最も遠い未来の、宇宙世紀0200年代(ラジオドラマでは宇宙世紀0203年と設定されていて、年表などではこちらが記載される)を舞台としている。本作品に登場するマン・マシーンとは、作中における人型機動兵器の呼称で、「ガンダムシリーズ」におけるモビルスーツに相当する。タイトルの「ガイア・ギア」は、作中で主人公アフランシが搭乗するマン・マシーンの名称でもある。

また、一年戦争時のコロニー落としによりパリが壊滅しており、パリ湖という湖が形成されているなど、独自の設定が設けられている。同一のものではないが、後の作品にも登場した「ミノフスキードライブ」や「ミノフスキーフライト」といった名前も出ている。ラジオドラマ版では大筋の物語はほぼ共通しているものの、人物の性格など細かい設定に異なる点は多く、こちらにしか登場しない人物もいる。

連載終了後に商業作品などメディアで扱われた例としては、カトキハジメがニュータイプ誌上で連載した『GUNDAM FIX』がほぼ唯一で、ここでは数々のガンダムと共に同列に扱われている。

作中にはシャア・アズナブルやジオンといった直接的なキーワードが登場する。ニュータイプ連載版ではギャプランとおぼしきモビルスーツが冒頭に登場するが、文庫版として発売された際に正確に文中でギャプランと呼称されることはなかった(挿絵ではほぼそれと確認できる)。ホビージャパンの解説でのみゾーリン・ソールは『閃光のハサウェイ』の後の時代U.C.110年頃が開発時期であると設定が付加されているが、小説とサウンドシアターでは言及されていない。

補足[編集]

  • 文庫化された小説は発行部数が少なく、全て絶版となっている。復刊ドットコム(復刊刊員2005年当時22万人)のランキングで8位949票を獲得するなど[1]、マニアの間では根強い人気を誇っていたが、著者の作品へのこだわりなどの理由から富野由悠季からの許可が出なかった、そしてあちこちの雑誌記事などでそれは頻出している話であるとも語られていた[2]
  • ニュータイプ連載前の予告タイトルは『機動戦士ガイア・ギア 逆襲のシャア』、連載1~5話目は『機動戦士ガイア・ギア』、連載6話目以降は『ニュータイプサーガ ガイア・ギア』で固定され、書籍化された際は『ガイア・ギア』のみとなった。予告タイトルは後の『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』へ受け継がれた。
  • CD化されたサウンドシアターも全て絶版。こちらも権利関係が複雑で、ケース裏には『ガイア・ギア』は富野、月刊ニュータイプ角川書店が、『機動戦士ガンダム』は創通エージェンシーサンライズが版権を有していると記載されている。また1~4巻には全巻購入特典応募券、5巻には応募用紙が封入されており、5枚全てを集めて送ると、メカニックデザイナーがマン・マシーンをテーマにアレンジを加えて描いたイラスト集『VIEW OF THE MAN MACHINES』が貰えたが、こちらの現存数はさらに少ない。サウンドトラック1・2は、コロムビアより「ANIMEX1200」シリーズで復刻された。
  • マン・マシーンの立体化は、権利と収益の関係から商業化に恵まれず、現時点でビルドアップからガイア・ギアα、ゾーリン・ソール、ガウッサガレージキットが出ているのみである。リリース時には「月刊ホビージャパン」において全3回の特集が組まれており、詳細なメカ設定や従来のガンダムシリーズにおける『モビルスーツバリエーション』のようなマン・マシーン・バリエーションが多数発表された。ゾーリン・ソールの回では「ガンダムシリーズ」との繋がりにも積極的に言及されている。

登場人物[編集]

登場兵器[編集]

設定・用語[編集]

ニュータイプ
スペース・コロニーという温室が、治療の根本を考え直させ免疫不全症を押さえる治療が完成した後、人類は自由になったが何をしたらいいか分からなくなって趣味の自殺までが流行る時代となった。この汚染された環境を乗り越える理性を持っているとされる人々がニュータイプである。ニュータイプは絶対安心の境地で、死に至るまで、幸福でいられる人間だと思われていた。イエス・キリストのようであっても、十字架にかけられることなく、キリストであり続けられるのが真のニュータイプである[3]。また、ニュータイプは善き人々で誤解せずに理解しあえ、永遠に共存し得る人々とも思われている[4]
ニュータイプになるには、現在の問題がどこにあるのかを見極め、その夾雑物を排除する訓練をするしかない。その過程で、理性と想像力を強化すれば、人類全てがニュータイプになれるという[5]
ニュータイプの能力というのは、武術と同じように、個にしか向かわないという問題がある。ニュータイプになった方法というのは、他人には伝えられず、あくまでも個として、習練しなければならないもので、組織に敷衍させられる能力ではない[6]
ウル・ウリアンは、ニュータイプだと噂されていた。しかし彼は、シムナウ・アバーンにこの話を振られた際、「ニュータイプという呼称は自分を識別するための呼称である。自分は多少能力があって勘が良いだけでマハ以外の人間からは嫌われているから、そんな者は真のニュータイプであるはずがない」と否定している。
アフランシ・シャアはケラン・ミードから、ニュータイプではないかと目された[7]
マン・マシーン
この世界で使われている大型の人型機械の総称[8]
ミノフスキー粒子
対電波撹乱粒子[9]。散布された空域では、ホーミング・ミサイルによる攻撃が使用不可能になる[10]。また、識別信号も使える距離が限定される[11]
光波も乱れさせるので、ミノフスキー粒子が干渉したカメラの映像にはノイズが入り、至近距離でなければ正確な読み取りは出来ない[12]。また、音声通信もノイズが混じる[13]
ミノフスキー粒子下ではレーダーが使えない。移動するマシーンはレーダーの代わりに、推力の変動と方位の変動をコンピューターに算出させて、自機の位置を特定する。しかし、この方法は大気の変動でかなりの誤差が生じるので、実視ディスプレーを映し出すカメラの性能とパイロットの勘で補うしかなかった[14]
ミノフスキー粒子下では、直線上で回線が開かれるレーザー通信でしか、通信は出来ない[15]
ノーマルスーツ
この時代のスーツは一分もあれば、一人で着られるもので、真空と放射線に対して完璧な防御性能を持っている[16]

組織[編集]

地球連邦軍
この時代では形骸化しており、マハに人口減らしの為の道具として利用された[17]
北極圏内に大陸間ミサイルが隠されている[18]

地域[編集]

ホンコン
スペース・コロニー移民時代に歪められすぎた土地だ[19]
ヨーロッパ
白人発祥の地だから連邦政府による白人逆移民計画の目的地となる。荒れた土地があるだけで食糧生産も出来ないという噂が立っていたが、それは虚報で少しずつだが森林は再生していた[20]

既刊一覧[編集]

  • ガイア・ギア 1(角川文庫 1988/9/1)
  • ガイア・ギア 2(角川スニーカー文庫 1989/9/1)
    • カバーイラスト:伊東守
    • 口絵イラスト:西井正典・伊東守
    • 本文イラスト:北爪宏幸
  • ガイア・ギア 3(角川スニーカー文庫 1990/9/1)
    • カバーイラスト:伊東守
    • 口絵・本文イラスト:北爪宏幸・伊東守
  • ガイア・ギア 4(角川スニーカー文庫 1992/2/1)
    • カバーイラスト:伊東守
    • 口絵・本文イラスト:北爪宏幸・伊東守
  • ガイア・ギア 5(角川スニーカー文庫 1992/4/1)
    • カバーイラスト:北爪宏幸
    • 口絵・本文イラスト:北爪宏幸・伊東守

※全巻共通

  • キャラクターデザイン:北爪宏幸
  • メカニックデザイン:伊東守

各話リスト[編集]

連載[編集]

  • CHAPTER.1 「ON THE BEACH」
  • CHAPTER.2 「SEPARATES WAY」
  • CHAPTER.3 「語り継ぐ者」
  • CHAPTER.4 「SEA JACK」
  • CHAPTER.5 「火つけ」
  • CHAPTER.6 「ジーク・ジオン」
  • CHAPTER.7 「サヨナラ」
  • CHAPTER.8 「海と陸を背に」
  • CHAPTER.9 「イナーシャル・フライト」
  • CHAPTER.10 「クリシュナ・パンデント」
  • CHAPTER.11 「闇のモノローグ」
  • CHAPTER.12 「ウル・ウリアン」
  • CHAPTER.13 「グレンツェ・フィール」
  • CHAPTER.14 「星のない男」
  • CHAPTER.15 「アローン・ランナウェイ」
  • CHAPTER.16 「釈放」
  • CHAPTER.17 「ウルの仕掛け」
  • CHAPTER.18 「トイレの底」
  • CHAPTER.19 「マン・マシーン」
  • CHAPTER.20 「セイ・シャア」
  • CHAPTER.21 「マスターベーション」
  • CHAPTER.22 「三十一の二乗」
  • CHAPTER.23 「シャア閣下」
  • CHAPTER.24 「メタトロン」
  • CHAPTER.25 「インプレッション」
  • CHAPTER.26 「フォールイントラップ」
  • CHAPTER.27 「レスキュー」
  • CHAPTER.28 「メタロトン・スペース」
  • CHAPTER.29 「アフランシの周辺」
  • CHAPTER.30 「ガイアの前」
  • CHAPTER.31 「地球光の中」
  • CHAPTER.32 「カミング・イン」
  • CHAPTER.33 「コントラディクト」
  • CHAPTER.34 「ミール・タイム」
  • CHAPTER.35 「レエ・セイアス」
  • CHAPTER.36 「ブレイク アウェイ アンド キャッチ」
  • CHAPTER.37 「アカマデイト 収容」
  • CHAPTER.38 「地球侵略」
  • CHAPTER.39 「フォーリン・ラブ」
  • CHAPTER.40 「リエージュのジョー」
  • CHAPTER.41 「居酒屋で」
  • CHAPTER.42 「クロス・ゲーム」
  • CHAPTER.43 「敗北の色 夜の色」
  • CHAPTER.44 「ハッシャバイ」
  • CHAPTER.45 「渦中の痛み」
  • CHAPTER.46 「ステップ1」
  • CHAPTER.47 「シャドー イン バック」
  • CHAPTER.48 「ギッズ・ギース」
  • CHAPTER.49 「スタバン・アタック」
  • CHAPTER.50 「プリズナー」
  • CHAPTER.51 「ウルの挑発」
  • CHAPTER.52 「ビフォーコンタクト」
  • CHAPTER.53 「フゥ アー ユゥ?」
  • CHAPTER.54 「コンプレックス・クライ」
  • CHAPTER.55 「エヴァリーズ・リング」
  • 最終回 「ペーパー・キャッスル」

文庫[編集]

  • 第1巻
    • 第1章 オン・ザ・ビーチ
    • 第2章 セパレーツ・ウェイ
    • 第3章 語り継ぐ者
    • 第4章 シー・ジャック
    • 第5章 火つけ
    • 第6章 ジーク・ジオンの遺産
    • 第7章 サヨナラ
    • 第8章 海と陸を背に
    • 第9章 イナーシャル・フライト
    • 第10章 クリシュナ・パンデント
    • 第11章 闇のモノローグ
    • 第12章 ウル・ウリアン
  • 第2巻
    • 第1章 グレンツェ・フィール
    • 第2章 星のない男
    • 第3章 アローン・ランナウェイ
    • 第4章 釈放
    • 第5章 ウルの仕掛け
    • 第6章 トイレの底
    • 第7章 ファー・チェイス
    • 第8章 セイ・シャア
    • 第9章 マスターベーション
    • 第10章 三十一の二乗
    • 第11章 閣下
    • 第12章 メタトロン
  • 第3巻
    • 第1章 インプレッション
    • 第2章 フォール イン トラップ
    • 第3章 レスキュー
    • 第4章 メタトロン・スペース
    • 第5章 アフランシの周辺
    • 第6章 ガイアの前
    • 第7章 地球光の中
    • 第8章 カミング・イン
    • 第9章 コントラディクト
    • 第10章 ミール・タイム
    • 第11章 レエ・セイアス
    • 第12章 ブレイク アウェイ&キャッチ
  • 第4巻
    • 第1章 アカマデイト
    • 第2章 地球侵略
    • 第3章 フォーリン・ラブ
    • 第4章 リェージュのジョー
    • 第5章 居酒屋で
    • 第6章 クロス・ゲーム
    • 第7章 敗北の色夜の色
    • 第8章 ハッシャバイ
    • 第9章 ペイシェント
    • 第10章 ファースト・ステップ
    • 第11章 シャドー イン バック
    • 第12章 ギッズ・ギース
  • 第5巻
    • 第1章 スタバン・アタック
    • 第2章 プリズナー
    • 第3章 挑発と倦怠と
    • 第4章 ビフォー・コンタクト
    • 第5章 アフター ザ スリープ
    • 第6章 ニア ザ アクト
    • 第7章 コンプレックス・クライ
    • 第8章 ワーグナーの誘惑
    • 第9章 エヴァリーズ・リング
    • 第10章 ファイティング イン エコー
    • 第11章 オール イン コクピット
    • 第12章 ペーパー・キャッスルから[21]

サウンドシアター[編集]

小説を原作としたラジオドラマ文化放送により開局40周年記念とAMステレオ放送開始に合わせて制作され、1992年4月12日から10月4日まで全26話が日曜23:30〜24:00に放送された[22]後、全5巻のCDとして発売された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「VOICE OF GAIA」
作詞:篠原仁志 / 作曲:前田克樹 / 編曲:根岸貴幸 / 唄:市川陽子
エンディングテーマ「STAY WITH YOU〜星のように〜」
作詞:篠原仁志 / 作曲:前田克樹 / 編曲:根岸貴幸 / 唄:市川陽子

各話リスト[編集]

  • 第1話 「シャア再び」
  • 第2話 「宇宙の呼び声」[23]
  • 第3話 「メモリー・クローン」
  • 第4話 「ミランダ・ハウ」
  • 第5話 「ウルの追跡」
  • 第6話 「シャトル強奪」
  • 第7話 「マザー・メタトロン」
  • 第8話 「ヘラス潜入」
  • 第9話 「囚われたアフランシ」
  • 第10話 「ゾーリン・ソール」
  • 第11話 「ランナウェイ」
  • 第12話 「目覚め」
  • 第13話 「マハ追撃命令」
  • 第14話 「大気圏突入」
  • 第15話 「季節風(ミストラル)」
  • 第16話 「コンタクト」
  • 第17話 「敗北」
  • 第18話 「ダーゴルの野望」
  • 第19話 「クリシュナの苦悩」
  • 第20話 「ヌーボ・パリ」
  • 第21話 「戦いの果て」
  • 第22話 「ギッズ・ギース」
  • 第23話 「ジャン・ウェン・フーの挑戦」
  • 第24話 「バイエルンの風」
  • 第25話 「エヴァリーの声」
  • 第26話 「ペーパー・キャッスル」

ドラマCD[編集]

全5巻。

  • サウンドシアターガイア・ギアCD-1(1992年11月21日、発売:バンダイ・ミュージックエンタテインメント、販売:アポロン)
  • サウンドシアターガイア・ギアCD-2(1993年1月21日、発売:バンダイ・ミュージックエンタテインメント、販売:アポロン)
  • サウンドシアターガイア・ギアCD-3(1993年3月21日、発売:バンダイ・ミュージックエンタテインメント、販売:アポロン)
  • サウンドシアターガイア・ギアCD-4(1993年5月21日、発売:バンダイ・ミュージックエンタテインメント、販売:アポロン)
  • サウンドシアターガイア・ギアCD-5(1993年7月21日、発売:バンダイ・ミュージックエンタテインメント、販売:アポロン)

O.S.T[編集]

  • ガイア・ギア オリジナル・サウンドトラック Vol.1(1993年3月21日、発売:バンダイ・ミュージックエンタテインメント、販売:アポロン)
  • ガイア・ギア オリジナル・サウンドトラック Vol.2(1993年3月21日、発売:バンダイ・ミュージックエンタテインメント、販売:アポロン)
  • 〈ANIMEX1200 Special〉(13) ニュータイプサーガ ガイア・ギア オリジナル・サウンドトラック Vol.1(2005年7月6日、コロムビアミュージックエンタテインメント)
  • 〈ANIMEX1200 Special〉(14) ニュータイプサーガ ガイア・ギア オリジナル・サウンドトラック Vol.2(2005年7月6日、コロムビアミュージックエンタテインメント)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『復刊ドットコム奮戦記 マニアの熱意がつくる新しいネットビジネス』152ページ
  2. ^ 『復刊ドットコム奮戦記 マニアの熱意がつくる新しいネットビジネス』171ページ
  3. ^ 小説『ガイア・ギア』第2巻, p. 216-217.
  4. ^ 小説『ガイア・ギア』第5巻, p. 230.
  5. ^ 小説『ガイア・ギア』第2巻, p. 217.
  6. ^ 小説『ガイア・ギア』第4巻, p. 195-196.
  7. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 83.
  8. ^ 小説『ガイア・ギア』第2巻, p. 9.
  9. ^ 小説『ガイア・ギア』第5巻, p. 185.
  10. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 67.
  11. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 105.
  12. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 145-146.
  13. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 107.
  14. ^ 小説『ガイア・ギア』第4巻, p. 173.
  15. ^ 小説『ガイア・ギア』第5巻, p. 251.
  16. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 145.
  17. ^ 小説『ガイア・ギア3』139頁
  18. ^ 『ガイア・ギア3』124頁
  19. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 116.
  20. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 126.
  21. ^ 文庫刊行にあたり加筆されている。
  22. ^ 選挙特番のため、日曜12:00〜12:30に放送された回がある。
  23. ^ CDレーベル面の表記は「宇宙の呼ぶ声」