アストナージ・メドッソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アストナージ・メドッソ (Astonaige Medoz) は、アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する架空の人物。いくつかの作品に出ており、その当時の主力艦艇にメカニックマン(整備士)として乗り込んでいる。階級は曹長:広森信吾(現:森しん)。

劇中での活躍[編集]

一年戦争時代[編集]

地球連邦軍宇宙戦艦に搭乗し、実戦を経験するうちに銃座担当から情報解析やモビルスーツ (MS) のメンテナンス技術に至るまで、ノウハウを吸収していく。やがて、戦後にはアナハイム・エレクトロニクス社 (AE社) との関係を持つ。また、アクシズから来たクワトロ・バジーナと知り合い、兵器に関する知識が豊富な点で才能を見い出される。

劇場アトラクション『ガンダムクライシス』では上記当時の様子が描かれており、モスク・ハンのもとでマグネット・コーティングの研究にも携わっていたことが描かれている。

機動戦士Ζガンダム[編集]

エゥーゴに所属。新造巡洋艦アーガマにメカニックとして乗艦する。テレビ版ではカミーユ・ビダンが素案を起こしたΖガンダムを、AE社へ送っている。

なお、OVA『GUNDAM EVOLVE2』は後述の劇場版アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』での死後、遺品整理の際に発見された「趣味で録画していたガンダムMk-IIの演習風景などを編集したディスク」という設定となっている。

機動戦士ガンダムΖΖ[編集]

引き続きアーガマにメカニックとして乗艦。序盤はパイロット不足からΖガンダムで出撃することもあったが、終盤にはΖΖガンダムに耐ビームコーティング化や追加装甲といった強化改修を施すなど、高性能で整備性が煩雑な機体を見事に整備し続けている。

プロ意識の高さから、ジュドー・アーシタビーチャ・オーレグを叱咤する場面も見られたが、本質的には彼らにも慕われており、アクシズの小惑星モウサへ出撃するジュドーを談笑の後に見送っている。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア[編集]

地球連邦軍第13独立艦隊ロンド・ベル隊に所属。旗艦ラー・カイラムでチーフメカニックを担当する。エゥーゴ時代からの付き合いであるブライト・ノア大佐やアムロ・レイ大尉とは、引き続き親密な仲である。また、MS隊のケーラ・スゥ中尉とは恋仲であったが、作戦中の戦死で先立たれる。やがて、自身も大破したリ・ガズィで出撃しようとするチェーン・アギを制止しようと甲板へ出た際、ビームの流れ弾が付近へ命中して命を落とす。

その他[編集]

  • ゲーム「スーパーロボット大戦シリーズ」においてメカニックのチーフとして登場する機会が多い。作品の性質上モビルスーツ以外の整備も手掛けている。そのため「伝説のメカニック」「何でも整備してしまうメカの天才」などと呼ばれ、ゲーム中に登場する他作品のメカニック達からも尊敬されている。

関連項目[編集]