ヘンケン・ベッケナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘンケン・ベッケナー (Henken Bekkener) は、アニメ機動戦士Ζガンダム』、劇場アトラクション『GUNDAM THE RIDE』に登場する架空の人物。階級は中佐。担当声優小杉十郎太

劇中での活躍[編集]

一年戦争時は地球連邦軍に所属。第7艦隊所属サラミス改フジ級輸送艦スルガの艦長として、宇宙移民者をソロモンからサイド6へ移送する任務にあたっている。ア・バオア・クー攻略戦時には戦闘宙域へ侵入したために戦闘に巻き込まれ、宇宙移民者を乗せたランチを護衛部隊ジャック・ザ・ハロウィン隊に託す。この後、ザクレロの攻撃を受けたスルガは撃沈されるが、ヘンケンは無事救出される[1]。この時期に、シャア・アズナブルの存在(プレッシャー)を感じていたという話もある。

その後、エゥーゴに身を投じた宇宙世紀0087年、アーガマの初代艦長に就任。アーガマへ逃れてきたカミーユ・ビダンニュータイプであることには、ブレックス・フォーラクワトロ・バジーナと共に期待し、ガンダムMk-IIのパイロットとして登用する。なお、当時の台詞から、クワトロとシャアが同一人物であることには勘付いていたことがうかがえる。

エゥーゴに参加したブライト・ノアにはアーガマの艦長を引き継がせ、自らは新造戦艦ラーディッシュの艦長に就任。この時点でブライトとヘンケンは同じ中佐であったが、ブライトは先任であるヘンケンに対しては敬語を使っている。

宇宙世紀0088年2月21日、グリプス2を巡る最終決戦でエマ・シーン中尉のガンダムMk-IIがティターンズヤザン・ゲーブル大尉が操るハンブラビの攻撃を受けて危機に陥ると、危険を承知でラーディッシュを前進させてエマを援護する[2]。しかし、ヤザンの反撃によりラーディッシュは大きなダメージを受け、沈む。死の直前までエマのことを気にかけ、ノイズの走るモニター越しにエマのガンダムMk-IIの健在を確認し、息を引き取る。なお、エマは駆けつけたカミーユに対し、ヘンケンの死の衝撃を放心状態で語っている。

ちなみにヘンケンは正規の軍人であるが、表向きは月面都市アンマンのハンバーガーショップ「マクダニエル」で店長を務めていることになっている。

人物[編集]

強面ながら豪快な性格で部下に尊敬されているが、恋愛に関しては不器用。エマ・シーンに一目惚れしてプレゼントを贈ったり、作戦直前にもかかわらず「中尉、お茶しないか?」とナンパしたり、果てには核パルスによる放射能汚染を気遣うあまり「君が赤ちゃんを産めんようになったら」と言うなど、愚直なところがあるため、素直な思いは伝えられずにいる。部下からタイミングの悪さを冷やかされ、膨れっ面をするシーンもある。

その一方、小説版『機動戦士Ζガンダム』第1巻の人物紹介では、「離婚経験者?」とされている。

備考[編集]

  • 大日本絵画発行の書籍『ガンダムウォーズI・プロジェクトΖ』掲載の小説『THE FIRST STEP』では、宇宙世紀0082年頃に第6艦隊所属サラミス級巡洋艦ツシマの艦長として、アステロイドベルトから地球圏への航路を巡回警備に携わる様子が描かれている。アクシズからモビルスーツを搭載した偽装船を率いて地球圏へ潜入するクワトロの艦の臨検を試みるが、木星からの資源運搬船だと説明する彼の嘘を信じてしまい、これを見逃している。ただし、この作品自体は公式設定というわけではない。
  • 雑誌「ΖガンダムエースNo.003」で掲載された赤津豊の読み切り漫画『クロスディゾルブ side:ヘンケン』では、同じ部隊のエマに好意を寄せていたシーンが描かれている。ただし、この作品自体は公式設定というわけではない。
  • 劇中において主要人物の1人であるが、担当声優の小杉がナレーターも兼任しているため、彼がクレジットされている役名はヘンケンではなくナレーターとなっている。なお、劇場版にてヘンケンの名がクレジットされた。

脚注[編集]

  1. ^ 『GUNDAM THE RIDE ‐宇宙要塞A BAOA QU‐』での設定
  2. ^ テレビ版『Ζ』第49話、劇場版『Ζ』3作目。この操艦にかかる経緯は、テレビ版と劇場版とで少々異なる。

関連項目[編集]