ハサウェイ・ノア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハサウェイ・ノア(マフティー・ナビーユ・エリン)Hassaway Noa、U.C.0080年以降 - 0105年)は、アニメ作品群『ガンダムシリーズ』のうち、宇宙世紀を舞台とした作品に登場する、架空の人物(:花中康子(Ζ)、佐々木望逆襲のシャア、その他ゲーム))。

小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』では主人公として登場する。

人物[編集]

ブライト・ノアミライ・ノアの長子。妹はチェーミン・ノア

第二次ネオ・ジオン抗争時にパイロットとして戦場へ出た経験を持ち、このとき13歳ながらニュータイプとしての素養や、MS操縦技術の才覚の片鱗を見せている。

劇中での活躍[編集]

グリプス戦役(『機動戦士Ζガンダム』)[編集]

宇宙世紀0087年、母ミライに連れられ妹チェーミンとともにホンコンへと渡り、そこにアウドムラで到着したアムロ・レイと出会う。しかしその直後、アウドムラを追ってホンコンに到着したベン・ウッダーに拉致され、アウドムラのクルーを脅迫するための人質とされてしまう。また、チェーミンと遊んでいる時に、フォウ・ムラサメと出会っている。当時7歳。

第二次ネオ・ジオン抗争(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』)[編集]

  • 小説、アニメ作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』において

当時13歳。宇宙世紀0093年、シャア・アズナブルの地球寒冷化作戦を受けて、ミライとチェーミンと共に宇宙に上がり、父親のブライトと合流しようとしたが、政府高官のアデナウアー・パラヤとその娘クェス・パラヤが政治特権を用いて割り込んだため、シャトルに乗れなくなってしまう。だが直前になってアデナウアーの愛人が同行を拒否したことから、アデナウアーは空いた一席をノア一家に譲ることにした。ミライは息子の成長を期してハサウェイをシャトルに乗せる。

宇宙に上がってブライトと再会した後は、クェスと行動を共にし好意を抱くようになる。しかしアムロ・レイとクェスと3人でロンデニオンをドライブしている際にシャアと遭遇し、シャアの言葉に惹かれたクェスはシャアの元に走る。ハサウェイはクェスを追うため、ラー・カイラムに密航するが、ブライトに発覚して鉄拳による「修正」を受ける。アムロに引き止められても何としてもクェスを取り戻したいハサウェイは、そのためなら自分もMSで戦う覚悟はあると譲らず、乗艦を許されることになる。

戦闘が激化したため、艦内でほぼ軟禁状態にあったハサウェイだが、周囲への敵意に満ち、戦場での全ての生死を感じて苦しむクェスを強く感じ取る。ブライトの指示で遺書をしたため、ブリッジにいることを許されるが、クェスを感じていてもたってもいられないハサウェイは、ジェガンを強奪して無断出撃をする。α・アジールに取りつき、クェスを説得するも失敗。そこにハサウェイを追ってきたチェーン・アギの乗るリ・ガズィが現れる。チェーンに説得されてもクェスの元を離れず、そのためα・アジールを目標にしてリ・ガズィが放った1発のグレネードから、クェスはハサウェイをかばう形で[1]直撃し戦死。それを見てしまったハサウェイはクェスの死によって錯乱状態となり、逆上して味方であるはずのリ・ガズィを撃墜し、チェーンを殺害してしまう。

皮肉な結果だがハサウェイがリ・ガズィを撃ち墜としたことによって、チェーンの持っていたサイコフレームのサンプルから大きな光が発散され、それを切っ掛けとしたかのように、周辺空域の連邦軍がアクシズ落下阻止のために集結し始める。取り返しのつかない人の死を体験したハサウェイは、アクシズが巨大な光の虹の中で地球への軌道を変えていくのを、放心状態で泣きながら見送る。

  • 『GUNDAM EVOLVE 5 RX-93 ν GUNDAM』において

クェスを止めようとジェガンで出撃し、α・アジールの前に立ち塞がるものの、説得を聞き入れないクェスにバルカン砲で撃たれ、大破したジェガンごと戦域外へ飛ばされてしまう。その様子を見てハサウェイが死んだと思い込んだクェスは錯乱してしまい、同じく説得にやってきたアムロも拒絶する。しかし、無事生存していたハサウェイは思念を通してクェスを優しく諭し、彼の生存に安堵したクェスはアムロとの戦闘をやめる。そして、α・アジールの武装を放棄してハサウェイを迎えに行くところで物語は締めくくられる。この短編は富野由悠季自身が、映画版にのっとる必要はないというコンセプトで書き下ろした脚本であり、チェーンが登場せずクェスも死亡しない。

  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』において

映画と同様ジェガンに搭乗し、戦場に飛び出すところまでは共通しているが、こちらではアムロを殺そうとしているクェスを目撃、放ったビームライフルの一射が、たまたまコクピットに直撃してしまい彼女を殺害してしまう。この後ジェガンの無断搭乗の軍規違反で裁判にかけられるがα・アジール撃墜の戦果と戦勝ムードが功を奏し無罪となり、一連の件は軍の公報にまで載せられている。こちらが後述の『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』へとつながる歴史となっている。

第二次ネオ・ジオン抗争終結後(『機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男』)[編集]

戦闘終結後、ロンド・ベル隊によって収容されたがクェスの死とチェーンを殺害したショックにより、ハサウェイはジェガンのコクピット内で立ち直れない状態となり、1ヶ月経った後も何があったかを吐露出来ずにいたとブライトは回想している。ジェガンのフライト・レコーダーの故障とラー・カイラムクルーの温情で戦闘記録は残っていなかったが、MSの無断搭乗による軍規違反でブライトが戦後の査問会にかけられた際、核を無断で持ち出したカムランと共に嫌疑をかけられる事となる。しかし、アクシズ・ショック真実の隠蔽工作にブライトが同意したことにより訴追は免れている。

マフティー動乱(小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』)[編集]

小説版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』から連なる設定であり、シャアの反乱後、鬱病を患い治療したハサウェイが主人公として登場する。

初恋の少女であったクェス・パラヤは子供のようなあどけない瞳で「シャアの反乱」を見てその感性を飽和させ戦場で死んでいった。同じく戦場に出撃していたハサウェイ・ノアは、シャアの反乱の終末で多くの人々が敵も味方もなく地球を守るため火に焼かれながら死んでいく魂の声を聞いていた。これらの経験がハサウェイに個人の人と組織の人の問題を学ばせ、シャア・アズナブルの経歴を学ばせるに至った。そしてシャアの唱えた思想が「ただひたすら人類を産んだ地球を滅亡させてはならない。保全すべきだ」という一点にあることを知り、彼に共感するようになっていく。

シャアの反乱終結後、クェスを自らの手で殺めた罪に苦しむ彼は植物監査官候補として地球に降下する事となった。生まれ故郷である地球の環境と不法居住者で恋人であるケリア・デースとの巡り合わせは、鬱病の治療にいい方向に働いていた。そんな中、植物観察官の実習のためにアマダ・マンサン教授が住むスラウェシ島を訪れた際、教授の元に来訪していたクワック・サルヴァー(インチキ医者)と自称する人物から、マフティーの組織の存在とマンハンターの活動内容を教えられる。不法地球居住者をマンハンターの手で時には虐殺しある時には宇宙に強制的に送り出し、地球を特権階級のみで独占し汚染しながらまだ一億の人間を移住させる気である連邦の実態を知った彼は、どこかきな臭いことを考えているクワックの事を怪しげに思いながらも、現実が黙視できない状況にありクワックの精悍さはパイロットしての資質を刺激するには充分であったため、恋人のケリアと共にマフティーに参加。一年を経つ頃にはハサウェイは組織中枢の戦闘員となっており、組織の表向きのリーダーへと上り詰めていく。

宇宙世紀0105年、アデレードの地球連邦閣僚会議は、地球を一部の特権階級が私物化できる法案を可決しようとしていた。それを阻止すべくミノフスキークラフト搭載型モビルスーツ「Ξガンダム」を駆り、アデレードを襲撃する。しかしその前に立ちふさがったのは、互いに友として認めあったケネス・スレッグ率いるキルケー部隊だった。持ち前の卓越したパイロット能力とΞガンダムの性能を最大限まで引き出しペーネロペーを互角以上に追い詰め、アデレードをもう一息で陥落させるところだったが、ペーネロペーの撃墜に失敗した上にビーム・バリアー設置場所まで誘導されてしまう。徹夜の工事で地下に電源を埋設され、アデレードの全電力を用いたビーム・バリアーに接触したΞガンダムは機能を停止し、襲撃は失敗。Ξガンダムのコクピット内の防御バリアーが発動せず、全身火傷と打撲の軽傷を負ったハサウェイは捕らえられ、ブライトに変わって責任を負ったケネスの指揮によりマフティーとして銃殺刑に処された。処刑される際に「地球を守る、健やかな精神」を未来の人類が持つことを信じ、その可能性に希望を託した。25歳没。

搭乗機[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』監督の富野由悠季は、映画公開時に刊行された『月刊ニュータイプ1988年4月号「クェスのように最後の3秒間だけ人の気持ちを考えても遅いんです」において、「クェスは、死ぬ間際には、ちゃんとハサウェイを救けようとするんです」と語っている。

関連項目[編集]