ゾロ (ガンダムシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゾロ (Zolo) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」 (MS) の1つ。初出は、1993年放送のテレビアニメ機動戦士Vガンダム』。

作中の敵側勢力である「ザンスカール帝国軍」(ベスパ)の地上用量産機。腕に装備されたエネルギーの回転翼ビームローター」が生み出す斥力により、有重力下での単独飛行を可能としている。さらに、機体の上下半身が単体の飛行メカに分離・変形する可変MSとしての特徴も併せ持つ。

『Vガンダム』劇中で登場する最初のベスパ製量産機だが、設定上の開発順は中盤以降に登場する宇宙用量産機「ゾロアット」の後となっている。一般機のカラーリングはダークグリーン、ベスパ将校「クロノクル・アシャー」の専用機は赤に塗装されている。

本記事では、発展機である「トムリアット」と「ドムットリア」の解説も記述する。

機体解説[編集]

諸元
ゾロ
Zolo
型式番号 ZM-S08G
頭頂高 14.8m
本体重量 8.9t
全備重量 21,2t
装甲材質 チタン合金ネオセラミック複合材
出力 5,120kw
推力 11,890kg×2
7,630kg×2
合計 39,040kg
武装 ビーム・ライフル
ビーム・ガン兼用ビーム・サーベル×2
ビーム・ローター
ビーム・バズーカ
ガトリング・ガン
マルチ・バズーカ
対地爆雷コンテナ
ミサイル・ポッド×2
バルカン砲(トップターミナル)
搭乗者 クロノクル・アシャー
ワタリー・ギラ
ライオール・サバト
ゲトル・デプレ ほか
その他 アポジモーター×30

ベスパの宇宙用主力MSゾロアットを重力下用に設計変更した分離可変型MSで、V-MSV上で設定された改造試験機「ゾロ・ローター」を経て開発された機体。

ベスパの地上先発部隊「イエロージャケット」は少ない戦力で地上への橋頭堡を確保するにあたり、長距離行動可能で多目的に運用できるMSが必要だった[1]。ベスパの旧サナリィ技術陣はこの要求に対して、ビーム・シールドの技術を応用したビーム・ローターを完成させ、従来では高出力のジェネレータを備えた重MSでしか実現できなかったミノフスキー・クラフトを、量産用のジェネレータで可能とした[2]。これによりMS単機での長距離飛行が可能となった。

単機で様々な任務に対応するため、分離変形機構を採用した。分離後は上半身が戦闘ヘリコプターを模したビーム・ローターを装備した「トップターミナル」に、下半身は「ボトムターミナル」となる。ボトムターミナルの操作は有人機のトップターミナルからのミノフスキー・コントロールという、ミノフスキー粒子の光子振動を利用した無線誘導技術で行われている[3]。劇中では長距離移動などの移動時は分離変形した状態で行われている[4]。合体時の誘導はレーザー通信で行われるためミノフスキー粒子散布下でも影響を受けない[2]。トップターミナルだけで運用されることもあった[5]。またボトムターミナルはそれ自体を突撃させて質量爆弾としての運用も可能であった[6]。多くの内装火器やオプション兵装を採用しているが、これは開発時に寄せられた様々な部署の要求にこたえる必要があり、また宇宙移民で構成されたベスパは地上での兵器運用のノウハウが不足していたためといわれる[7]。オプション兵装はボトム・ターミナルにマウント可能だが、そのほとんどがMS形態での運用を前提としており可変時には使用できない[2]。分離後の武装はトップターミナルは固定武装のみ[8]となる。

全天周囲モニター・リニアシートを採用しておらず、第一世代MS(一年戦争時代の機種)のようなコクピット仕様となり、MS形態時は座席が回転し、機種底面がモニター兼コックピットハッチとなる[7]。また脱出時はヘリコプターのコックピット部がそのまま射出されて脱出ポットとなる[9]。操縦系統はベスパ製MSの標準タイプとは異なる、トップターミナル形態での運用に合わせた1スティックタイプとなっている(後継機となるトムリアット、ドムットリアも同一の仕様)。コックピットは複座型も用意されており、トップターミナル時に露出するグラス部分が延長された箇所が外観上の差異となっている[10]

しかし突出した能力は持っておらず、戦闘時においても分離型のため合体の隙を突いて撃破されることもあるため、チームでの戦いでは互いに援護しながら変形を行うこともあった。[11]

画期的な技術を備えた機体だったが対MS戦闘能力は十分なものではなく[12]、後継機に押される形で一線から退いていき、戦争終盤では完全な旧式機となる。

武装
ビーム・ライフル
標準装備の携帯火器。マニピュレーターで使用するだけでなく、可変時にはボトム・ターミナルのハードポイントにマウントすることもできる。
ビーム・サーベル
接近戦用の斬撃兵装。背部にマウントされ、トップターミナル時にはビーム・ガンとなる。
ビーム・ローター
ベスパの開発した飛行ユニット兼用の防御装置。通常時は飛行のための浮力として用いられ、戦闘時にはビーム・シールドとして展開される。可変時にはトップ・ターミナルにマウントされる。ローター動作時は特有の振動音が鳴動する。回転させていないビームローター発信機から棒状のビームを伸ばしたり[9]、ビームを出していない発信機を単体で飛ばして手裏剣のような使い方も可能である[13]
ガトリング砲
MS形態での使用を前提とした7門の砲口を持つ大型の機関砲。可変時にはボトム・ターミナルにマウントされる。発動時の制御が難しく、とり回しにやや難がある[14]。後継機でも運用されたほか、ゾリディアのオプション兵装としても使用された。
ビーム・バズーカ
MS形態での使用を前提とした大型のビーム兵器。外観の割に連邦軍で運用されたビーム・バズーカと比べても威力は今一つだった[14]。可変時の障害とならないようマウント用に折り畳み機能が付与されている。
マルチ・バズーカ
ビームと実弾を併用できる多目的バズーカ[14]。小型で取り回しが良いため、兵士たちは好んで使用したといわれる。
ミサイル・ポッド
トップターミナルの翼部パイロンに懸架される対人・対地兵装。ミサイルポッドの代わりに増槽を懸架することもできた。
対地爆雷ポッド
ボトム・ターミナルに懸架される対地攻撃兵装。都市部などへの空襲に使用された。
デザイン
機体デザインは大河原邦男。ゾロのヘリコプター形態に変形するというコンセプトは、もともとVガンダムの作品企画が進んでいた際に新ガンダム案として提案されたものがベースとなっている[15]
劇中での活躍
第1話よりラゲーン基地に多数配備されているベスパの地球侵攻の主力兵器として登場。劇中序盤のベスパの戦力の要として、ウーイッグの爆撃やポイント・カサレリアでのリガミリティアとの戦闘で活躍する。クロノクルがカサレリアを訪れた際にウッソ・エヴィンがクロノクルに奪取されたヴィクトリーガンダム(Vガンダム)を取り戻すために乗り捨てられた本機を使って交戦している。後継機のトムリアットの登場により一線を退く。
劇中後半にはラゲーン基地からの脱走兵がボトムターミナルのみを大量に持ち出し、それぞれを突撃させる質量爆弾として用いるための罠を張るが、ウッソ・エヴィンのV2ガンダムに破られる。

クロノクル専用機[編集]

クロノクル・アシャーがラゲーン基地所属時に使用していた機体。クロノクルが隊長となった第3戦闘中隊は試作MS試験中隊を兼ねており、同隊配備のゾロはすべて先行量産試験機である[16]。その中でもクロノクル機はスラスターとアポジモーターがチューンナップされて[16]、機体色が赤に変更されている。ウッソ・エヴィンに奪われた試作機シャッコーを取り戻すのに使用された。その後カミオン隊を襲撃した際にVガンダムと交戦、中破させられ機体は放棄される。

ゾロ改[編集]

ラゲーン駐留部隊指揮官マチス・ワーカーが使用する機体。頭部左側のセンサーが改造され、索敵能力が向上している。それ以外は通常のゾロと差はない。ザンスカール戦争中期においてベスパのMS技術は飛躍的に進化しており、もはや旧式と化している[12]。ウッソのV2ガンダムと交戦、機体を大破させられながらもV2ガンダムへ特攻をかける。デザインは石垣純哉

トムリアット[編集]

諸元
トムリアット
Tomliat
型式番号 ZM-S09G
頭頂高 15.0m
本体重量 8.6t
全備重量 20,7t
装甲材質 チタン合金ネオセラミック複合材
出力 5,440kw
推力 36,940kg
武装 ビーム・ライフル
ビーム・トマホーク×2
ビーム・ローター
ビーム・バズーカ
ガトリング・ガン
マルチ・バズーカ
2連マルチミサイル・ポッド×2
4連マルチミサイル・ポッド×2
バルカン砲(変形時のみ)
搭乗者 アルベオ・ピピニーデン
ルペ・シノ
クワン・リー
クロノクル・アシャー ほか
その他 アポジモーター×29

ゾロに次いで配備された地上用MS。ゾロ同様ヘリコプター形態への変形が可能であるが、ゾロで採用していた分離式は対MS戦では問題があったため廃止された。外観はゾロとは似て非なるものとなっているが、ジェネレーターや各部のパーツを共用している[17]他、分離方式を廃したことにより機体の効率化が図られ、その戦闘力はゾロの2倍と言われている。さらに単独での変形となったことで高速で変形を行うことが可能となり、対MS戦では変形機構を生かした柔軟な運用を行うことが可能となった。推力も向上し、Vガンダムと同程度の飛行能力を有する[18]。武装面でも2連・4連マルチミサイル・ポッドを追加されて強化された[19]。頭部はさらに前身のゾロアットと共通だが、ヘリ形態に変形の際ボディ内に収容できるよう、前後の奥行が薄くなっている。コックピットの仕様はゾロと同様だが、操縦性が改善されており[20]、またゾロと異なりMS形態では機種の天蓋部がコックピットハッチとなる[20]。オプション兵装はゾロ用に開発されたものを引き続き使用したほか、新兵装としてビーム・トマホークが用意された。

本機は基本的には地上用MSであるが、宇宙空間での運用も可能である。本機は当初カイラスギリー艦隊に配備されており、単体での大気圏突入を可能としているため地上へ転籍になる際には艦艇などを用いずに地球へと降下する。

劇中での活躍
第7話よりアルベオ・ピピニーデン率いる部隊(ピピニーデン・サーカス)とともにラゲーン基地に配属という形で登場。第11話にはゾロが登場しなくなるなど、ゾロに替わるラゲーンの主力MSとして描かれた。ゾロ部隊を圧倒していたシュラク隊を苦戦させ、シュラク隊のヘレンとマヘリアがそれぞれ相討ちに持ち込まれる。
クロノクルがアーティ・ジブラルタルから宇宙へ上がる際にも使用され、宇宙へ上がった直後にカイラスギリー艦隊と交戦していたバグレ隊のクラップを中破に追い込む。
劇中中盤でも登場し、31話ではモトラッド艦隊所属機が月面離脱時にシュラク隊と交戦を行った。

トムリアット偵察タイプ[編集]

『NEWモビルスーツバリエーションハンドブック(1)』で設定された機体。型式番号:ZM-S09GE。トムリアットの偵察用改修機。肩部と腰部に各種レーダーや暗視カメラを装備し、翼部を大型化して安定度を高め、メインスラスターは廃熱の少ないステルスタイプに換装されていた。勢力を広げる反抗勢力を偵察するために編成された部隊「ブラックウィドウ隊」に配備された。

ドムットリア[編集]

諸元
ドムットリア
Domuttlia
型式番号 ZM-S27G
頭頂高 14.8m
本体重量 8.2t
全備重量 19,9t
装甲材質 ハイチタン合金ネオセラミック複合材
出力 5,960kw
推力 75,820kg
武装 ビーム・ライフル
ビーム・トマホーク×2
ビーム・ローター
ビーム・バズーカ
ガトリング・ガン
ショックバイト×2
4連マルチ・ポッド×2
バルカン砲(変形時のみ)
搭乗者 レンダ・デ・パロマ
シシリー・フィツィーネ
その他 アポジモーター×31

トムリアットの後継機。トムリアットはゾロのパーツを多数流用していたが、本機は生産性に配慮しつつ基本設計を大幅に見直している[21]。 背面に可動式バーニアを制式採用し、ヘリコプター形態での安定した飛行が可能となった。ビームローターも発信器が2か所のものに変更されている。スラスターも多数追加され、機動性と巡航時の最高速度が向上している。武装面においてはトムリアットと大差はなくオプション兵装も共通だが、接近戦用装備として新たに頭部のショックバイトが追加されている。また、装甲材質はハイチタン合金ネオセラミック複合材に変更されている。

地球浄化作戦にともない実戦配備されたが、地上ではすでにアインラッド対応の非ビーム・ローター搭載機が主力になりつつあり、ヘリタイプとしては本機が最後の機体となる。

劇中での活躍
停戦協定を破って出撃したドゥカー・イク部隊のレンダ・デ・パロマとメカニックのシシリー・フィツィーネが搭乗。ツインラッドを使用したトリッキーな戦術でホワイトアーク隊を追い詰めるがシシリー機はウッソに撃破され、レンダ機は被弾後、リシテア艦に帰投する。

脚注[編集]

  1. ^ 角川書店「ニュータイプ100%コレクション 機動戦士VガンダムVol.1 USO'S BATTLE」33頁
  2. ^ a b c 『NEWモビルスーツバリエーション・ハンドブック(1)』18頁。
  3. ^ 講談社「総解説 ガンダム辞典ver1.5」P143
  4. ^ アニメ第1話、3話、4話等で使用。ただし第5話で対地爆雷コンテナを使用した際にはMS状態で移動している。
  5. ^ アニメ第10話より。
  6. ^ アニメ第39話で使用。
  7. ^ a b 角川書店「ニュータイプ100%コレクション 機動戦士VガンダムVol.1 USO'S BATTLE」56頁
  8. ^ ビームガン兼用のビームサーベルもトップターミナルに固定されているものの劇中では使用されておらず、分離状態で使用できるかどうかは不明。
  9. ^ a b アニメ第6話より。
  10. ^ バンダイ出版課「B-CLUB 91号」85頁
  11. ^ アニメ第4話でサバトが互いに援護しながらの変形を指示するも変形中の隙を突かれて1機撃墜される。
  12. ^ a b 講談社「総解説 ガンダム辞典ver1.5」P336
  13. ^ アニメ第3話より。
  14. ^ a b c 『NEWモビルスーツバリエーション・ハンドブック(1)』27頁。
  15. ^ 『ニュータイプ100%コレクション21 機動戦士VガンダムVOL.1 ÜSO'S BATTLE』角川書店、61頁。
  16. ^ a b 『NEWモビルスーツバリエーション・ハンドブック(1)』19頁。
  17. ^ 『ニュータイプ100%コレクション21 機動戦士VガンダムVOL.1 ÜSO'S BATTLE』角川書店、58頁。
  18. ^ 講談社「総解説 ガンダム辞典ver1.5」P337
  19. ^ 変形後も使用できるため変形時の武装強化にも寄与している。
  20. ^ a b 『ニュータイプ100%コレクション21 機動戦士VガンダムVOL.1 ÜSO'S BATTLE』角川書店、59頁。
  21. ^ 講談社「総解説 ガンダム辞典ver1.5」P345

参考文献[編集]

  • NEWモビルスーツバリエーションハンドブック(1)
  • 角川書店『ニュータイプ100%コレクション21 機動戦士VガンダムVOL.1 ÜSO'S BATTLE』ISBN 4-04-852463-1