M-MSV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

M-MSV』(ミッシングモビルスーツバリエーション)は、バンダイ発行の雑誌『SD CLUB』誌上で1990年1月~7月にかけて連載された大河原邦男による『ガンダムシリーズ』のメカニックデザイン企画、及び、その中で発表された一連のバリエーションを指す。なお、連載時のタイトルは「モビルスーツコレクション 大河原邦男MS最新設定集」であった。

なお、本項では企画公開と同時に発表された関連小説『モビルスーツコレクション・ノベルズ』についても併せて記載する。

概要[編集]

本企画は、宇宙世紀において本来は秘匿とされていたが、情報公開法の改正によって公開された「失われたモビルスーツバリエーション」という設定である[1]一年戦争グリプス戦役第一次ネオ・ジオン抗争第二次ネオ・ジオン抗争の時期に登場したモビルスーツのバリエーションタイプが多数設定された。

発表当時はSDガンダムブームであり、また商品化可能なMSが残っていなかったため、従来のMSVにおいて、文字設定のみが存在していた機体にイラストレーションをつけるという形で企画された。それ以外は既存の機体のプロトタイプ、量産型、フルアーマーなどが多い。これらはバンダイ発行の雑誌『SDクラブ』(No.8~NO.14)にて連載され、発表機体を題材にその活躍を描いた小説『モビルスーツコレクション・ノベルズ』(No.8~NO.14)や漫画『シークレットフォーミュラ』(No.13~NO.19)などの関連作品も併せて発表された。

しかし、デザインした大河原は当時『機動戦士ガンダムF91』などで、MS一体一体の接合性を過度に意識したデザインのMS(オプション機能を考慮したマウントラッチが多数ある、それを意識した窪みのようなものが機体の至るところにある、といった特徴を持つ)を数多く発表した時期であった。そのためデザイン面では、それぞれの元となった機体が設定されている各年代よりも、これらがすべて同じ年代のMSと言っても不思議ではないほど統一感のある内容になっている(特にガンダム7号機は『F91』の時代のMSといっても過言ではないデザインとなっていた)。

また、OVA機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場するガンダムNT-1は、元々ガンダムの4号機を改造したという設定だった[2]が、本シリーズにおいて別デザインのガンダム4号機が設定され、さらにはア・バオア・クー宙域にてビグロ改と交戦したという小説まで発表されたため、混乱が起こった。

近年、本企画の機体はゲーム作品や模型商品などでも用いられるようになる。しかし、その際に前述のデザイン問題を克服するため、主にカトキハジメによる各時代設定の整合性を持たせたデザイン修正や機体設定の変更が行われている。

設定されたモビルスーツ[編集]

一年戦争[編集]

名称の後に「●」の付いている機体はMSVで文字設定のみ存在していた機体である。

ジオン公国軍
地球連邦軍

グリプス戦役〜シャアの反乱[編集]

ティターンズ
エゥーゴ、カラバ
地球連邦軍

モビルスーツコレクション・ノベルズ[編集]

バンダイ発行の雑誌『SDクラブ』にて連載された小説作品。『M-MSV』で企画されたMSの活躍を描いたオムニバス形式の内容で、全7作が発表された。1〜3作は沢藤健、4〜7作は境秀樹がそれぞれ執筆を担当している。

連載誌の休刊のため未だに単行本化されていない。また、現在のガンダムシリーズとは設定面で矛盾点もあり、特に第2作「ア・バオア・クー攻防戦」はゲーム『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙』内の外伝作品『機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…』の題材となるものの、前述のデザインや設定の変更の影響からか大幅に内容が改変されており、わずかにゲーム内のifルートとして名残を示す程度である。

作品一覧[編集]

  • Act.1 破滅の機体 (SDクラブ No.8)
一年戦争後、「プロトタイプサイコガンダム」の運用テストにおいて、ユウジ・シイナ中尉とムラサメ研究所の強化人間サード・ムラサメの模擬戦を描いた内容。
  • Act.2 ア・バオア・クー攻防戦 (SDクラブ No.9)
一年戦争終盤、ア・バオア・クー攻略作戦で投入された「ガンダム4号機・5号機」とそれを迎え撃つバルスト中佐の「ビグロ改」の戦いを描いた内容。
  • Act.3 宇宙の咆哮 (SDクラブ No.10)
グリプス戦役、アレキサンドリア級4番艦メソポタミアにおいて、「プロトタイプΖΖガンダム」の高機動分離テスト中に発生した騒動を描いた内容。
  • Act.4 砂漠の狐 (SDクラブ No.11)
一年戦争後半、オデッサ作戦後ジオン軍の反抗作戦の噂を知った「デザート・ジム」乗りハンスと「砂漠の狐」の異名を持つ名将デザート・ロンメルの戦いを描いた内容。
  • Act.5 宿敵の幻影 (SDクラブ No.12)
グリプス戦役初頭、「ガンマガンダム」(プロトタイプ・リック・ディアス)のシミュレーションに参加するクワトロ・バジーナを描いた内容。
  • Act.6 Fifty-Fifty (SDクラブ No.13)
一年戦争、ジャブローの戦いで友人を失った過去を引きずる「水中型ガンダム」乗りキースと、「アクアジム」乗りキムとの交流を描いた内容。
  • Act.7 閃光の源 (SDクラブ No.14)
一年戦争後半、「高機動型ザク(ゲルググ先行試作型)」の運用実験に携わるトーマス・マイヤー軍曹とウエノ技術大尉を描いた内容。

脚注[編集]

  1. ^ 書籍『機動戦士ガンダムMS大図鑑〈PART.4 MS開発戦争編〉』より。
  2. ^ 「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 VOL.2」 バンダイ刊 1989年
  3. ^ ハーモニー・オブ・ガンダム』に登場するアクア・ジムはこの機体のリファインである。
  4. ^ 「ジーライン」という名称が付けられるのはゲーム『機動戦士ガンダム戦記』(プレイステーション3)のリファイン版からである。