ジム・スナイパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジム・スナイパー (GM SNIPER) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」 (MS) の一つ。

作中の登場勢力の一つである地球連邦軍の量産型MS「ジム」の遠距離狙撃型。「ジム・スナイパー」の名を持つMSとしてはテレビアニメ機動戦士ガンダム』のプラモデル販促企画である『モビルスーツバリエーション』 (MSV) で設定された「ジム・スナイパーカスタム」が初であり、以降の作品でもジム・スナイパーの名を持つ機体が登場する。これらは同じ「ジム系」でもベース機体がそれぞれ異なるが、頭部にバイザー型の望遠カメラと、長距離用の銃器を持つ点では共通している。また、射撃以外でも通常のジムを上回る性能を持つという設定が付記されることが多い。

当記事では、「ジム・スナイパー」の名称を持つ機体以外の系列機についての解説も記述する。

ジム・スナイパーカスタム[編集]

諸元
ジム・スナイパーカスタム
GM SNIPER CUSTOM
型式番号 RGM-79SC (RGM-79)[注 1]
全高 18.5m
頭頂高 18.0m
本体重量 47.0t
全備重量 75.3t
装甲材質 チタン系合金
出力 1,390kW
推力 68,000kg
センサー
有効半径
7,300m
武装 R-4型ビーム・ライフル×1
スナイパー・ビーム・ライフル
ボックスタイプビーム・サーベルユニット×1
60mmバルカン砲×2
折りたたみ式ハンドビーム・ガン×1
2連装ビームガン×1
ハイパー・バズーカ×1
ビーム・スプレーガン
ミサイル・ランチャー×2
搭乗者 地球連邦軍兵士
フランシス・バックマイヤー
コルテス 他

『MSV』およびテレビアニメ機動戦士Ζガンダム』に登場。初期の資料ではジム重装型スナイパーカスタムと呼称されていた[1]。メカニックデザインは大河原邦男

RGM-79 ジムを原型機として開発された[2]。狙撃任務に多用されたことから「スナイパーカスタム」と称されているが、実際は熟練パイロット向けに少数生産された総合強化型であり、その性能はRX-78に匹敵する[2]。艦隊護衛任務に就いた機体は「インターセプター」などと呼称された[2]。大推力スラスターを内蔵したランドセル、腰部の増加冷却ユニット、脚部のサブスラスタ―によって高い機動性を発揮する[2]。武装などの付属装備は個体差があり、多種多様な仕様が存在する。

主兵装は、発射回数と引き換えに射程と出力を高めた専用ビーム・ライフル[2]。艦隊および狙撃部隊の護衛を兼務する「インターセプトカスタム」と「ガードカスタム」も、このスナイパーカスタムをベースに開発・改修されている。コスト面から生産数は50数機だが、その多くがア・バオア・クー戦に参戦する。一年戦争終戦後、これら3系統の機体仕様にそれぞれ個別の形式番号と機種名が与えられた[3]

エースパイロット向けのカスタム機として、パイロットの要望や適性に応じた個別チューンが施されている[2]。最も重武装だったフランシス・バックマイヤー中尉機はR-4ビーム・ライフルのほか、頭部に格闘戦用の開閉式バイザーを増設し、前腕部にボックスタイプビーム・サーベルユニットと折りたたみ式ハンドビーム・ガン、脚部側面に2連装ビーム・ガン、後腰部にハイパー・バズーカを装備しており、約半数がこの仕様に倣った[2]。大河原のデザインイラストやプラモデルはこの姿である。また、ア・バオア・クー戦に参加したシモダ小隊機は、両肩に手持ち式のものを改造したミサイルランチャーを装着し、バーニア強化を受けた機体となっている。陸軍所属のコルテス中尉機は数多くの汚れ仕事を請け負い、狙撃のみならず格闘戦を展開してネメシス隊を苦戦させる。テネス・A・ユング少佐はSC型とGS型を愛機とし、MS149機、艦船3隻を撃沈する。このスコアは、かのアムロ・レイ少尉(当時)を凌ぎ、一年戦争当時の地球連邦軍パイロットのトップスコアとして記録されている。

武装
R4タイプ・ビーム・ライフル
銃身を長くすることで、収束率を上げた狙撃用ビーム・ライフル[4]
これは後年のメディアでより詳細な設定が追加され、精密射撃専用としてボウワ社で開発された「R-4型ビームライフル」(型式番号BR-M79-L3であり、ビームスプレーガンとフレーム構造が共通[5])であるとされた。
スナイパー・ビーム・ライフル
型式番号: BOWA BR-S-85-L3[6]。センサー・システムなど一部ユニットはジムIIなどが使用するBR-S-85-C2と共通とする汎用的な設計であるが、ビームの収束率は40パーセント高く、命中精度は最大射程でザクのモノアイを撃ち抜けるほどといわれる[6]
機動戦士ガンダム 戦場の絆』では、これも「R-4・ビーム・ライフル」と呼称している。
『ガンダムエース』2018年10月号の連載「機動戦士ガンダム THE ORIGIN カトキハジメ メカニカルアーカイブス」31ページでは、「L-3ビーム・スナイパー・ライフル」と呼称している。
ボックスタイプ・ビーム・サーベル・ユニット
腕部に取り付ける固定型のビーム・サーベルで、狙撃用装備で両手が塞がっていても刀身を展開することができる。
右腕に装備している機体、左腕に装備している機体の二種類が存在する。『ガンダムエース』2018年10月号の連載「機動戦士ガンダム THE ORIGIN カトキハジメ メカニカルアーカイブス」30ページと31ページに、設定画が掲載されている。
2連装ビーム・ガン
脚部にマウントすることが可能なビーム・ガン
『ガンダムエース』2018年10月号の連載「機動戦士ガンダム THE ORIGIN カトキハジメ メカニカルアーカイブス」31ページに設定画が掲載されており、ビーム・スプレーガンを上下二連にしたようなフォルムをしている。
折り畳み式ビーム・ガン
腰部にマウントすることが可能な小型ビーム・ガン。
ビーム・スプレーガン
ジムのものと同じタイプ。
ハイパー・バズーカ
ジムのものと同じタイプ。
R-7ビームライフル
宇宙海賊「シュテンドウジ」仕様機が装備していた長距離狙撃型ビームライフル。
劇中での活躍
『機動戦士Ζガンダム』第12話では、連邦軍基地ジャブローでエゥーゴのMS部隊を迎撃する姿が描かれている。この時点では『MSV』とは異なり、スナイパー・ビーム・ライフルを装備していた。
ゲームブック『機動戦士ガンダム 灼熱の追撃』では、戦闘機からMSへ転向したエース・パイロット、レッドスター・インメルマンの駆る機体が登場する。赤い星に機体番号「8」をあしらったパーソナル・マークが描かれ(部位は不明)、2連装ビーム・ライフルとビーム・サーベルを装備している。型式番号はRGM-79Cとされ、インメルマン機以外の機体も登場するほか、分岐によっては自機として搭乗可能な機体も登場する。
漫画『虹霓のシン・マツナガ』では、ジャバウォック隊のエルネスト・ギロー少尉が搭乗し、長距離狙撃を担当する。
漫画『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』では、ガンダム試作2号機の奪還を目的とした第404空挺部隊の機体として登場。ジム・ナイトシーカーの支援機としてガンペリーのコンテナにベルトで固定され、上空からコムサイを護衛していたザクI・スナイパータイプを撃破するが、濃霧とジム・ナイトシーカーの全機撃破により撤退する。
小説『機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ』では、旧サイド4宙域で活動する宇宙海賊「シュテンドウジ」に身を寄せたカイン・ラグナードの新たな乗機として登場する。元はシュテンドウジのスポンサーである武器商人ニーゼ・ゲルバンが同組織に売りつけた機体であったが、扱える者がいなかったために当初は返品される予定だった。しかし、ジオン残党組織「ファラク」との戦いに際し、狙撃を得意とするカインが搭乗して支援している。なお、当初はシュテンドウジに合わせたグレーと浅紫色のツートーンに彩られていたが、カインの搭乗機となってからは彼の要望でダークグレーを基調とした配色に変更されている。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の『MSV』的企画『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN MSD(Mobile Suit Discovery) 』にも登場。ランドセルのスラスターの形状がシモダ小隊機と同型のものに変更される。カラーリングも一部変更され、シモダ小隊機に近いデザインになったがミサイルランチャーは装備されていない。
備考
「機動戦士ガンダム MSV」の制作に携わった小田雅弘はインタビューに際し、ジム・スナイパーカスタムは元々フルアーマーガンダムが登場するMSVのCM企画があった際に、同機と釣り合うようにデザインを起こしたことを明かしている。また、「スナイパーカスタム」という呼称は狙撃兵ではなくアメリカンフットボールのフォーメーションと、ウエスタンアームズのモデルガン「コンバットコマンダーカスタム」を元としたものであり、ジム・スナイパーカスタムのコンセプトはユーザー側でカスタムできる同モデルガンから着想を得たという。尚、ジム・スナイパーカスタムそのものは戦闘に特化したカスタムであり、異なる3機種のカスタムタイプで編成された構想がなされていたと説明している[7]

ジム・ガードカスタム[編集]

諸元
ジム・ガードカスタム
GM GUARD CUSTOM
型式番号 RGM-79HC
頭頂高 18.0m[8]
重量 90.0t(シールド含む)[8]
装甲材質 チタン系合金[9]
出力 1,390kW[9]
推力 不明[9]
武装 60mmバルカン砲×2
肩部バルカン砲×2
ビーム・サーベル×2
ビーム・ダガー×2
ビーム・スプレーガン×2
ガーディアン・シールド
搭乗者 コーマック・ブラックウッド

『MSV』の文章設定が初出で(名称は「スナイパー」に対して「ガード」とのみ表記)[10]、2009年にゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』に新規にデザインされ登場[11]。その後、メカニックデザイン企画『MSV-R』において大河原邦男による画稿とともに詳細な設定が追加された。

ジム・スナイパーカスタムをベースに開発された防御性能向上型の機体で、友軍機および艦隊や軍事施設の防衛を主任務とする[8]

専用兵装として開発された巨大な盾「ガーディアン・シールド」が特徴で、実体弾の直撃に耐えうるために合金4種の5層構造となっており、表面にはビーム兵器の熱を吸収して緩和する特殊なコーティングが施されているほか[8]、バルカン砲が2門装備されている。ほかに武装は、スナイパーカスタム系列用に再設計されたE-2ビームスプレーガンを装備[12]、通常は2丁を両腰にマウントする。近接格闘用として両前腕部甲にビーム・ダガーを装備、これは手で保持するほか、装備したままボックス・タイプのように使用も可能である。また、スペック表には通常のジムと同型のBSjG01ビーム・サーベル[9]2基も記載されているが、装備位置は不明。頭部60ミリバルカン砲は戦闘時に複合センサー装備のバイザー[12]を下ろした際に使用可能となる。ほかに固定武装として、両肩付け根にもバルカン砲を装備する。

高性能である反面扱いにくい機体でもあり、ほとんどが熟練パイロットによって運用されたといわれ、そのためか一年戦争後の残存数も多い[13]。なお、名称と型式番号は一年戦争終結後に与えられたもので、これによりジム・インターセプトカスタムと誤認されることがなくなっている[14]

作中での活躍
漫画『虹霓のシン・マツナガ』では、ジャバウォック隊のコーマック・ブラックウッド中尉が搭乗し、近接戦闘を担当する。
MSD版
機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の『MSV』的企画『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN MSD(Mobile Suit Discovery) 』にも登場。ランドセルのデザインが変更され、RX-78-02ガンダムと同型とされている(両側のビーム・サーベルは省略)[15]。また、E-2ビーム・スプレーガンは装備されておらず、通常のジムと同型のビーム・スプレーガン1丁を携行する[15]

ジム・インターセプトカスタム[編集]

諸元
ジム・インターセプトカスタム
GM INTERCEPT CUSTOM
型式番号 RGM-79KC
頭頂高 18.0m[14]
重量 43.0t[16]
51.7t(ミサイル・ランチャー含む)[14][注 2]
装甲材質 チタン系合金[17]
出力 1,390kW[17]
推力 不明[17]
武装 60mmバルカン砲×2[16]
ビーム・スプレーガン
バルザック式360㎜バズーカ
ビーム・サーベル×1
ミサイル・ランチャー×2
R-4ビーム・ライフル[14]
搭乗者 ウェイライン[要出典]
ヘルベルト[要出典]
マジャル[要出典]
ホープ・ギャロウェイ

『MSV』の文字設定が初出で(名称は「スナイパー」に対して「インターセプター」と表記)[10]、『MSV-R』で大河原邦男によって新規にデザインされ、詳細な設定が追加された。

ジム・スナイパーカスタムの後期生産型で、コストの削減と生産効率の向上、そして完成間近の「フェロウ・ブースター」の装備を前提に仕様変更され、十数機が生産されている[14]

フェロウ・ブースターは、本機の両肩付け根に背負うようにして接続するブースター・ユニットで、大気圏内用のコルベット・ブースターをベースに急ピッチで開発が進められる[14]。フレームの流用と生産ラインの共用により、宇宙世紀0079年11月初頭に1号機がロールアウト、衛星軌道上でおこなわれたテストでは予想以上の高性能を示す[18]。制式採用後、12月にはレビル艦隊をはじめとする3艦隊に配備され、迎撃任務に就いている[18]。フェロウ・ブースターの稼働率は高く、ジムの上位機種である本体との稼働率の差により運用にロスが生じ、稼働率向上のため通常のジムの肩付け根にフェロウ・ブースター接続用のジョイントを追加した代替機6機が各部隊に配備されている[18]。フェロウ・ブースターには6連装のミサイル・ランチャーが2基装備されており、装備時の本体はジム用の武装が使用可能である[18]。なお、フェロウ・ブースターは整備兵たちに "F.F." と呼ばれており、扁平な形状からヒラメ (flatfish) を想起したためとされる[16]

迎撃と艦隊護衛を主任務とすることから、現場ではジム・ガードカスタムと同一機種であると誤認されることが多いが、一年戦争終結後にそれぞれ名称と型式番号が与えられることで解消されている[14]

フェロウ・ブースター装備の本機が極めて高性能を示したため、一年戦争後に45機のフェロウ・ブースターが追加発注されている[18]。これらはむき出しになっていたエンジン部に装甲が追加され、下面には兵装用のステーションが追加されている[18]

作中での活躍
漫画『虹霓のシン・マツナガ』では、ジャバウォック隊のホープ・ギャロウェイ少尉が搭乗。バルザック式380ミリバズーカを2丁携行し、一撃離脱戦法をおこなう。フェロウ・ブースターが破壊されたあとは、以前の搭乗機であったGイグニスをその代替とし、ジム・インターセプトカスタム・イグニスと呼ばれる。
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN MSD(Mobile Suit Discovery) 』にも登場。

ジム・スナイパー[編集]

諸元
ジム・スナイパー
GM SNIPER
型式番号 RGM-79[G] / RGM-79(G)
全高 18.0m
頭頂高 18.0m
本体重量 53.8t
全備重量 66.0t
装甲材質 ルナチタニウム合金
出力 1,150kW
推力 49,000kg
センサー
有効半径
6,000m
武装 ビーム・サーベル×2
100mmマシンガン
大型ロングレンジ・ビーム・ライフル
搭乗者 地球連邦軍兵士

OVA機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場。ライフルのデザインは山根公利による。

陸戦型ジムをベースに、センサー精度の向上やロングレンジ・ビーム・ライフル用のOSを追加した機体[19]。ロングレンジ・ビームライフルの運用を想定し冷却機器や電送系にチューンが施されているものの、その他の仕様は全身がカーキグリーンに塗装されている以外は陸戦型ジムと外観や基本性能に違いはない[20]

武装
ロングレンジ・ビーム・ライフル
型式番号:BLASH XBR-X-79YK [6]。外部設備から有線でエネルギーと冷却剤を供給する方式の長距離狙撃ライフル[20]。シャトルなどの高高度の大型移動目標を一撃で撃墜するほどの威力と射程距離を発揮する反面、外部供給式ゆえに事実上の固定砲台としてしか運用できないという欠点を持つ。
エネルギー供給機器と冷媒を備えたバックパックを追加装備することで、(その際は性能が若干低下するものの)拠点から離れた運用も可能となる[注 3]
ゲーム『機動戦士ガンダム戦記』シリーズなどではジム・スナイパーIIが使用する。
劇中での活躍
イーサン・ライヤー司令官の乗艦するビッグ・トレーの護衛として数機が登場し、チベットのアプサラス開発基地攻略戦に投入される。ギニアス・サハリンが休戦協定を無視した報復措置として、負傷兵を乗せて脱出を図るザンジバル級機動巡洋艦「ケルゲレン」を撃沈し、脱出したグフフライトタイプを撃墜。さらに命令を無視してアプサラスIIIに近付こうとするガンダムEz8も狙撃し、左半身を抉り取る。続いてアプサラスIIIのミノフスキークラフトユニットを撃ち抜き中破させたが、メガ粒子砲の反撃でコクピットを撃ち抜かれ、戦闘不能となる。

ジム・スナイパーII[編集]

諸元
ジム・スナイパーII
GM SNIPER II
型式番号 RGM-79SP
所属 地球連邦軍 / ティターンズ
全高 18.5m[21] / 18.0m[22]
頭頂高 18.0m[23]
本体重量 45.0t[22]
全備重量 61.0t[22]
装甲材質 チタン・セラミック複合材[24]
出力 1,390kW[22]
推力 21,000kg×2[22]
15,000kg×4[22]
総推力:102,000kg[21]
センサー
有効半径
8,700m[24]
11,500m(ティターンズ仕様)
武装 大型ビーム・ライフル[22]
スナイパー・ライフル[22]
ビーム・サーベル×2
シールド
60mmバルカン砲(オプション)[25]
ハンド・グレネード[25]
ミドル・シールド[25]
その他連邦軍MS用兵装
搭乗者 リド・ウォルフ
マスター・ピース・レイヤー
ラリー・ラドリー
アニッシュ・ロフマン
ジャン・ディベビエ
カイン・ラグナード
その他 アポジモーター×8[24]

OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』などに登場。メカニックデザインは出渕裕

ジム・スナイパーカスタムの設計コンセプトを、ジム・コマンド系列機に反映させた機体[26][注 4]

精密射撃用センサーと高倍率カメラ(精密射撃用レーザーと光学複合センサー[26])を備えた開閉式バイザーを持ち、頭部バイザーを下ろして頭部全体を冷却することで超長距離の狙撃を可能としている[26]。非戦闘空域での突発戦闘時には専用のスナイパー・ライフルによって敵旗艦や敵指揮官機を仕留め、戦闘を短期に決着させる[27]

純粋なMSとしての性能はカタログスペックにおいてRX-78ガンダムを凌駕する水準を誇り[26]、脚部に増設したスラスターと新型のバックパックによって推力を増強[26]。ジオン軍のMSゲルググに単機で対抗できる数少ない量産機でもある[26]。その基本設計や機構の多くは、後発のネモジェガンなどに多大な影響を与えたといわれている。しかし、生産開始が戦争末期だったことと高コストのために少数しか生産されておらず、一年戦争に間に合った機体はごく少数に限られる[26]

武装
当機は汎用性も高く、一年戦争当時におけるほとんどの連邦軍MSの武装を使用できる。ジム・コマンドとは、ブルパップ・マシンガン、ビームサーベル、曲面型シールドが共通する。
陸戦型ガンダムと共通のビーム・ライフル、100mmマシンガン、ロケットランチャーについては陸戦型ガンダム#武装を参照。
75mmスナイパー・ライフル[27]
型式番号: Franz EF-KAR98K[6]
モーゼル・ボルトアクションライフル"Kar98k"を元に開発された実弾ライフル(無反動砲[26])。開発者はドイツ人。口径はオリジナルの7.92mmの拡大ではなく、陸軍の75㎜砲を転用したため、75mm砲となっている。流体炸薬を使用しており[26]、Kar98kと同じく中央部のボックスマガジンにクリップされた5発を装填した。標準装備として10×350(対物レンズ径)エレクトリック・サイトがあり、トリガーでジム・スナイパーIIのコンピューターと連結し、高い命中率を誇る。運用コンセプトとしては、後方の敵指揮官機や戦艦を一撃で沈めることで、戦闘を早期終了させるために用いられる。プラモデルのステンシルには、「ZIONIC」の文字とジオン軍マークが確認できる。ボルトアクション式ゆえに次弾装填で時間を要するために迎撃や近接戦闘には不向きであり、通常の出撃ではビームライフルなどの予備火器を携帯する。
なお、本機専用の装備というわけではなく、精密射撃を行わないのであれば一般機においても近距離から中距離までの無反動砲として利用できる[26]
『0080』発表当時にデザインそのものは存在したが、作中では登場しなかった装備である。後発のゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズや『ギレンの野望』シリーズなどに登場する。
長らくビームであったり実弾であったりと、その設定が曖昧だったが、『マスターアーカイブ モビルスーツ ジム』ではフランツ社で開発された75mmの実弾式狙撃ライフルとされている。一方、テレビアニメ『ガンダムビルドファイターズ』でジムスナイパーK9が使用したものはビーム・ライフルとして描かれている[注 5]
ロングレンジ・ビーム・ライフル
ジム・スナイパーと同型の大型ビーム・ライフル。2000年に発売されたPS2専用ゲーム『機動戦士ガンダム』にてホワイト・ディンゴ隊仕様機の装備として登場して以降、『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles[注 6]などの後発のゲームや模型でもロングレンジ・ビーム・ライフル装備機の登場機会は多い。『ガンダム戦記』の漫画版では、連続使用には機体を外部電源機器に接続する必要があり、冷却剤とエネルギーパックなしでの発射は1回のみとなっている。
漫画『機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊』に登場したネメシス隊所属の「エイプ」ことジャン・ディベビエ機も同型のライフルを使用しており、こちらはチャージにある程度の時間を要するが、連続での使用が可能とされている。
ロング・ライフル (ロングバレル・ライフル[28]) (HWF GR・MLR79-90mm[6][28])
元は「マスターグレード ジム改(スタンダードカラー)」に付属した装備。
ホリフィールド・ファクトリー・ウエポンズ社がジム・マシンガンのシステム・ウエポン構造を利用して一年戦争末期に開発したドッカブルタイプのライフル[6]。弾頭は徹甲榴弾、装弾数は120発、地上有効射程距離は6900m[6][28]。バレルは完全なフローティングタイプで下部にはバイポッドが付いている[6][28]
星一号作戦においてジム改で実戦運用試験が行われて以降、戦後にジム・スナイパーIIが使用し、7000mを超える対MS戦闘では初弾命中率95%を記録したとされる[6]
L-9ビーム・ライフル(BOWA BR-M-82L-9)[29]
ボウワ社がガンキャノンのビーム・ライフルを基に開発したロングバレルの狙撃型ビーム・ライフル[29][30]。バレルにはバイポッドを装備。Eパック式で、1回の射撃でカートリッジ1つを丸ごと消費する[29]。初出は小説『機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ』。
ビーム・ライフル (XBR-M-79S[31])
対MS戦において携行する[27]。型式番号の末尾のSは「スナイパー (Sniper)」ではなく、「スネイルタイプ (Snail type)」E-CAPの意である[32]。リド・ウォルフ専用機での使用が確認されている[33]。のちの百式のものと外観は同じだが、百式のものはEパック方式に改造し[31]、出力を強化した[34]BR-M-87である[31]
バルカン砲
当機の頭部に60mmバルカン砲は内蔵されていないが、『機動戦士ガンダム コロニーの落ちた地で…』のホワイト・ディンゴ隊仕様機は、右側頭部にパック方式のバルカン砲を追加装備している。他にも『ガンダム戦記』などの地上を舞台としたゲーム作品でも装備した機体は多く、カードビルダーではホワイトディンゴ隊以外の機体も装備している。
ミドル・シールド[35]
『機動戦士ガンダム コロニーの落ちた地で…』のホワイト・ディンゴ隊が装備。陸戦型ガンダムの小型シールドの上に、下半分にしたジムのシールドを重ねている。
カラーバリエーション
ノーマルカラー
青と水色のツートンカラーで塗られた機体。
グリーンのタイガー・ストライプ迷彩機
書籍『MS ERA 0001〜0080 ガンダム戦場写真集』に登場した機体。森林の中、ネットなどによってカモフラージュされている。撮影時期は宇宙世紀0079年10月とされている[36]。携行しているライフルは作画を担当したアニメーター、岩滝智によるオリジナルデザインである[37]
リド・ウォルフ専用機
書籍『機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑』の文字設定が初出で、ゲーム『ギレンの野望 ジオン独立戦争記』でカラーリングが設定された。連邦軍のエース「踊る黒い死神」ことリド・ウォルフ少佐が最後に使用した機体とされ、黒とライト・グレーを基調に塗装されている。
ホワイト・ディンゴ隊仕様機
ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…』に登場。オーストラリアで活躍した特殊MS小隊「ホワイト・ディンゴ隊」の機体は部隊カラーである濃淡グレーに塗り分けられているが、本機は青と白を基調とする。左肩にはディンゴをモチーフにした部隊章が描かれているほか、右側頭部にバルカン砲ユニットが追加され、陸戦型ガンダムの小型シールドに追加装甲を貼り付けた、ミドル・サイズのシールドが装備されている[38]
ジャン・ディベビエ専用機
漫画『機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊』に登場する教導団「ネメシス」隊のジャン・ディベビエ中尉が搭乗する機体。ネメシス隊の部隊カラーである濃淡ブルーとオレンジで塗装されている。
カイン・ラグナード専用機
小説『機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ』に登場する特殊部隊「シャドウズ」チーム5の隊長、カイン・ラグナード大尉が搭乗する機体。「シャドウズ」の部隊カラーであるダーク・グレーに塗装され、左肩に漢字の「影」をモチーフにした部隊章が描かれているほか、頭部の狙撃センサーの変更やバルカン砲ユニットの追加、左大腿部には携行武装のL-9ビームライフルの交換用Eパックを装備する。ジオン軍残党が潜伏する「ヘルズゲート」攻略の際に中破するが、パイロットは脱出し基地内に侵入している。
ティターンズ仕様
ウェブ小説配信サイト「矢立文庫」の企画『アナハイム・ラボラトリー・ログ』に登場。光学式カメラシステムを新型のものに換装するなどの近代化改修が施されており、L-9ビームライフルを装備している。カラーリングはダーク・ブルーを基調としたティターンズ・カラー。アレキサンドリア級重巡洋艦アル・ギザ」に所属している。
劇中での活躍
連邦軍の強襲揚陸艦グレイファントム所属の「スカーレット隊」に配備されている。これはサイド6周辺での度重なる戦闘が問題になり、戦闘の早期決着が求められたためである[27]。サイド6「リボー」コロニー内に現れたジオン軍サイクロプス隊ケンプファーの迎撃に、ジム・コマンド数機と量産型ガンキャノン2機とともに本機2機が、ジム・コマンドと共通のプルバップ・マシンガンを装備して出撃するが、スカーレット隊は全滅する。なお、一部のジム・コマンドは脚部に本機と同様の特徴が見られ、「ジム・コマンド(コロニー内仕様)カラーのジム・スナイパーII」であるとの見方もある。
マスターグレード』の本機の説明書では、「スカーレット隊」ではなく、同じくグレイファントム所属の「ディープブルー隊」に配備されたとしている。スカーレット隊がジム・コマンド3機と量産型ガンキャノン1機、ディープブルー隊が本機3機と量産型ガンキャノン1機の編成であるとされ、映像に登場しない本機1機はグレイファントムに1丁のみ支給されたスナイパー・ライフルでデッキからケンプファーを狙撃しようとするが、動きが早く照準が定まらないまま終わっている。
ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…』では、終盤にホワイト・ディンゴ隊に配備される。ジオン軍のHLV発進を阻止する緊急特別任務に際し、ジャブロー基地でロールアウトして間もない本機が急遽ホワイト・ディンゴ隊へ届けられ、陸戦型ゲルググライノサラスと交戦する。小説版では小隊長のマスター・ピース・レイヤー中尉機のみビーム・ライフルを装備し、ほかの2機は100㎜マシンガンを装備している。
漫画『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles』では、MS特殊部隊第3小隊へ1機配備され、射撃を得意とするラリー・ラドリー少尉が搭乗する。ジャブロー防衛戦の際にはロングレンジ・ビーム・ライフルによる狙撃任務につくが、隊長であるマット・ヒーリィ中尉の判断ミスによりザクIIの攻撃がコクピットに被弾し、機体は小破で済むがラリーは戦死する。修理後は同僚のアニッシュ・ロフマン曹長が搭乗し、100㎜マシンガンを携行して戦線に復帰している。

ジム・スナイパーIII[編集]

諸元
ジム・スナイパーIII
GM SNIPER III
型式番号 RGM-79SR
頭頂高 18.0m
装甲材質 チタン・セラミック複合材
武装 ブルパップ・マシンガン
バズーカ
ビーム・サーベル
60mmバルカン砲
強化ビーム・スナイパーライフル
キャノン付きバックパック
腰部ミサイルポッド
大型ランドセル付きビーム・ランチャー
搭乗者 カール・マツバラ

雑誌企画『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場。

ジムIIのティターンズにおける評価試験のために作られたジム改高機動型を狙撃仕様にカスタマイズしたもの。主な変更点は増設バイザー(ジム・スナイパーIIのバイザー・センサーの強化版)、ロングレンジ・ビーム・ライフル(ベースはガンダムTR-1 ヘイズルのビームライフル、XBR-M84a。

ジム・スナイパーIII 中距離試験型
ジム・キャノンと同型のキャノンパック、ハイザック用の腰部ミサイルポッドを装備。バイザーは外されている。
ジム・スナイパーIII 高機動型
ハイザック・カスタムの装備となる大型ランドセル、及びビームランチャー、後のジムIIIの足の追加スラスターを装備に改修。バックパック部や武装などにおいて、ハイザックタイプMSとの互換性が図られている。

その他[編集]

ジム狙撃兵[編集]

ホビージャパン刊行の書籍『GUNDAM GAMES TACTICS別冊』に登場[注 7](型式番号:RGM-79)。

一年戦争中に運用されたジムの狙撃仕様。全身にカモフラージュが施されており、タイガーストライプの迷彩塗装のほか、胴体上部に擬装ネットや木の枝が被せられ、頭部にはゴーグル型センサーの反射光を抑えるための装甲バイザーを装備している。武装はビームスナイパーライフルで、こちらもバレルに迷彩目的のテープが巻き付けられている。第五航空軍MS兵団に配備され、東南アジア方面で戦闘に参加した。

ジム・スナイパー,EX[編集]

漫画『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』に登場。

背中に装備されている大型のバーニアが特徴的な機体。超大型MS調査のために木星空域へ派遣された。連邦軍屈指のニュータイプであるシマ・八丈と鉄面皮が搭乗し、アムロ・レイジュドー・アーシタが乗るメガゼータの援護や巨神のデータ分析を行う。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『MSV』では型番が通常のジムと同じ「RGM-79」であるとされており、末尾に略号を付加した「RGM-79SC」は『ENTERTEINMENT BIBLE1MS大図鑑 機動戦士ガンダム一年戦争編』(バンダイ・1991)以降の紙媒体で記されるようになったものである。
  2. ^ 『大河原邦男画集 機動戦士ガンダム MSVスタンダード』では、フェロウ・ブースター装備の重量としている(ミサイル・ランチャー含むとの括弧書きはそのまま)。
  3. ^ 2006年に発売されたプラモデル「マスターグレード ジム・スナイパー」では、強制冷却用のヒートタンク増設型のランドセルが新規にデザインされている。
  4. ^ 「“エース・熟練パイロット+量産型の高性能版”というコンセプトの成功を踏まえ、RGM-79Dをはじめとするジム・コマンド系統をベースに新規設計・開発された機種」だとする通説が語られているが、実際にはSC型とSP型が実戦に投入されたのはほぼ同時期であり、現実にはSC型のコンセプトを反映させてから開発する時間的余裕はなかった点が『マスターアーカイブ モビルスーツ ジム』107頁で指摘されている。
  5. ^ ただし、同作は「ガンプラバトル」を題材とした作品であり、宇宙世紀を舞台としたものではない。
  6. ^ 『ガンダム戦記』では一般機(ノーマルカラー)とホワイト・ディンゴ隊専用機カラーの2種類が登場するが、機体そのものはミドル・シールドを搭載するなど、後者のデザインとなっている。
  7. ^ なお、機体名の文中での表記は「GM狙撃兵」。

出典[編集]

  1. ^ 模型情報』Vol49、バンダイ、1983年9月、裏表紙。
  2. ^ a b c d e f g 『1/144ジム・スナイパーカスタム』バンダイ、1983年12月、付属解説書。
  3. ^ 『機動戦士ガンダム MSV-R 連邦編』角川書店、2012年3月、25頁。(ISBN 978-4041202104)
  4. ^ 「R4タイプ・ビームライフル」『ガンダムカードビルダー』収録カード。
  5. ^ 『U.C.ARMS GALLERY02 地球連邦軍兵器開発史』バンダイ、2006年3月。
  6. ^ a b c d e f g h i 『マスターアーカイブ モビルスーツ RGM-79 ジム』ソフトバンククリエイティブ、2010年9月、92-98頁。(ISBN 978-4797371239)
  7. ^ 『MS図鑑 ジム』双葉社、2018年4月、113-114頁。ISBN 978-4575465075
  8. ^ a b c d 『機動戦士ガンダム MSV-R 連邦編』角川書店、2012年3月、28-29頁。
  9. ^ a b c d 『大河原邦男画集 機動戦士ガンダム MSVスタンダード』KADOKAWA、2018年2月、99頁。
  10. ^ a b プラモデル『1/144 RGM-79 ジム・スナイパーカスタム』付属説明書、バンダイ、1983年12月。
  11. ^ バンダイナムコ、AC「機動戦士ガンダム 戦場の絆」新機体6機種投入(GAMEWACH,2009年3月16日)
  12. ^ a b 『機動戦士ガンダム MSV-R グラフィックドキュメント』アスキー・メディアワークス、2012年1月、99頁。
  13. ^ 『機動戦士ガンダム MSV-R 連邦編』角川書店、2012年3月、108-109頁。
  14. ^ a b c d e f g 『機動戦士ガンダム MSV-R 連邦編』角川書店、2012年3月、24-27頁。
  15. ^ a b プラモデル『HG RGM-79HC ジム・ガードカスタム』付属説明書、バンダイ、2018年7月。
  16. ^ a b c 『機動戦士ガンダム MSV-R グラフィックドキュメント』アスキー・メディアワークス、2012年1月、87-88頁。ISBN 978-4048862127
  17. ^ a b c 『大河原邦男画集 機動戦士ガンダム MSVスタンダード』KADOKAWA、2018年2月、98頁。ISBN 978-4041067017
  18. ^ a b c d e f 『機動戦士ガンダム MSV-R 連邦編』角川書店、2012年3月、104-107頁。
  19. ^ 『機動戦士ガンダムMS大全集2009』アスキー・メディアワークス、2009年8月、217頁。(ISBN 978-4048679732)
  20. ^ a b 『RGM-79[G] ジム・スナイパー』バンダイ、2006年11月、説明書。
  21. ^ a b 『ガンダムメカニクスI』ホビージャパン、1998年5月。(ISBN 978-4894251786)
  22. ^ a b c d e f g h 『B-CLUB VISUAL COMIC 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 VOL.2』バンダイ、1989年11月、108頁。(ISBN 978-4891890476)
  23. ^ 『データコレクション3 機動戦士ガンダム 一年戦争外伝』メディアワークス、1997年4月、18頁。(ISBN 978-4840205849)
  24. ^ a b c 『機動戦士ガンダム 新MS大全集Ver.3.0』バンダイ、1992年6月、120頁。(ISBN 978-4891892258) スペックが隣の量産型ガンキャノンと入れ替わっている。2003年版で修正。
  25. ^ a b c ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…
  26. ^ a b c d e f g h i j 『HGUC 1/144 ジムスナイパーII』バンダイ、2012年9月、組立説明書。
  27. ^ a b c d 『B-CLUB』41号、バンダイメディア事業部・出版課、1989年4月、24-25頁。執筆/出渕裕。
  28. ^ a b c d 『マスターアーカイブ モビルスーツ RGM-79 ジム Vol.2』ソフトバンククリエイティブ、2015年3月、125頁。(ISBN 978-4797371239)
  29. ^ a b c 『月刊ガンダムエース』2013年8月号、角川書店、89頁。
  30. ^ アナハイム・ラボラトリー・ログ[第2話:アクシズからの帰還①] - 矢立文庫。2017年1月20日、2017年1月24日閲覧。
  31. ^ a b c 玩具『U.C. ARMS GALLERY 03』バンダイ、2006年8月。
  32. ^ 『電撃ホビーマガジン』2006年10月号、メディアワークス[要ページ番号]
  33. ^ 「GAME'S MSV」『ガンダムエース』2005年10月号、角川書店。
  34. ^ 『マスターグレード MSN-00100 百式』説明書、バンダイ、2001年3月。
  35. ^ 『機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で… コンプリートガイド』アスキー、1999年9月。(ISBN 978-4757205420)
  36. ^ 『MS ERA 0001〜0080 ガンダム戦場写真集』バンダイ、1990年3月、83頁。(ISBN 978-4891894740)
  37. ^ 『MS ERA 0001〜0080 ガンダム戦場写真集』バンダイ、1990年3月、145頁。
  38. ^ 『機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で… 戦術マニュアル』ソフトバンク・パブリッシング、1999年10月、17頁。(ISBN 978-4797311242)

関連項目[編集]