リック・ドム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リック・ドムRICK DOM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」 (MS) の一つ。初出は、1979年放送のテレビアニメ機動戦士ガンダム』。

作中の敵側勢力「ジオン公国軍」の宇宙用量産機。陸戦用MSである「ドム」の改修機だが、放送当時は外観上のはっきりした違いはつけられていなかった。のちに発売されたプラモデルガンプラ)などの設定で、推進器や一部装甲形状の違いが表現された。「黒い三連星」が搭乗するドムと違って名のあるパイロットが搭乗する場面はなく、主人公たちに倒される「やられ役」的存在だが、小説版ではテレビ本編のゲルググに代わる「シャア・アズナブル」の搭乗機となっている。

当記事では、OVAやゲーム、雑誌などのメディアミックス企画で設定された各派生機の解説も記述する。陸戦型のドム系列については、「ドム」の項目を参照。

機体解説[編集]

諸元
リック・ドム
RICK DOM
型式番号 MS-09R[1](MS-R09[2])
頭頂高 18.6m[3]/18.2m[4]
本体重量 43.8t[3]
全備重量 78.6t[3]/90t[4]
装甲材質 超硬スチール合金[4]
出力 1,199kW[3]
推力 22,000kg×2、1,000kg×9[5]
総推力53,000kg[3]
センサー
有効半径
5,400m[3]
最高速度 宇宙:マッハ6[4]
地上:110km/h[5]
武装 360mmジャイアント・バズ
胸部拡散ビーム砲
ヒート・サーベル
120mmザクマシンガン
ビーム・バズーカ(小説版
搭乗者 バタシャム
フランシィ
ドズル・ザビ
リベリオ・リンケ(漫画『ミッシングリンク』)
ルロイ・ギリアム(小説版)
黒い三連星(ゲーム「戦士達の軌跡」のみ)
ジオン公国軍一般兵

MS-09ドムの宇宙仕様機[2][注 1]

ジオン軍は一週間戦争やルウム戦役で多数のパイロットともにザクを喪失した事と、地上降下に伴い多数のザクを同地に回したため、ジオン宇宙軍の戦力不足を埋めるためドズル・ザビが申請し開発がスタート[2]。ザク2F型の後継機開発が遅延していた事から、完成したばかりのドムを改修し、製作は2ケ月で行われた[7]。RX-78の情報が入ってきたことから持ち上がった次期主力空間戦闘用MSの一つで、その際はこのリックドムのほか、高機動型ザクII(R-2型)、MS-14、MS-15とともにプランが提出された[8][注 2]。一方で、RX-78登場以後の軍の要望にビーム兵器の採用が加わったため、次期主力開発MSのスケジュールは先送りされ、生産性の高いリック・ドムが導入される事となる[1]。その過程でジオニック社の高機動型ザクII(R-2型)とは競合したものの、ツィマッド社のリックドムはドムの装備を宇宙用に変更するだけで完成するため、その生産性を含めたトータルスペックで採用を勝ち得ている[1][注 3]。ドムからは主に脚部や腰部のバーニアが強化されているものの、外観上の差はほとんどない[10]。宇宙用MSとして、MS-14Aが完成するまでの暫定的な主力機として活躍した[11]

機体構造[編集]

腕部
基本構造はドムと同様だが、防塵機構をオミットしその空きスペースにプロペラントタンクを配置している[1]
脚部
インテーク周囲の吸入機構が不要となったため、それに代わりプロペラントタンクを配置している[1]
スラスター
ドムで導入されていた熱核ジェットに代わり熱核ロケットを採用[1][注 4]。脚部およびスカート部の推進器を改変している[7]。コンプレッサーを廃止し燃焼室を拡大。これによって熱核ジェットと比較し4倍の推力を実現している。その一方でエネルギー変換効率は低下したものの、推進剤の消費量は化学燃料と比較し1/2~1/6に留めている。また、宇宙用冷却システム、航法システム、マグネット等の装着により、推進タンクのスペースはかなり減少した[2]。リックドムは6G程度の高加速を40秒持続する事が可能で、ザクの3倍近い推進能力を獲得[2]。重量増したものの、運動性ではザクを凌駕する[7]。ジオンでは戦争により優秀な人材が喪失した結果、宇宙戦において推進剤を使い切ってしまうパイロットの質的低下が発生していたものの、リックドムの仕様では未熟なパイロットが推進剤を多少無駄使いしても戦闘が続行可能である[2]

武装[編集]

基本的にドムと共通である(ドム#武装を参照)。なお、ビーム・バズーカについては小説版およびリック・ドム(RS型)を参照。

劇中での活躍[編集]

TVシリーズではシャアザンジバルやキャメル艦隊の搭載MSとして、次いでコンスコン隊の主力MSとして第31〜34話に初登場し、以後ソロモンア・バオア・クーの決戦でも多数が登場した。カイ・シデンは本機をその形状から「スカートつき」と評した[注 5]

初登場の第31話では、トクワン大尉がシャアに「ザクよりはるかに使える」と報告したが、ニュータイプとして覚醒を始めたアムロ・レイガンダムの敵ではなかった。特にTV版第33話では、コンスコン機動部隊のリック・ドム隊が連邦軍のホワイトベース隊に圧倒され、3分も経たずに12機が撃墜された[注 6]。その後ソロモン戦やテキサスコロニー戦でも登場している。ベテランが搭乗し、優れた機動や連携を披露する機体を多く確認できるが、アムロを初めとするホワイトベース隊に次々と撃破されていった。劇場版では、マゼラン級宇宙戦艦をジャイアント・バズで攻撃した直後にジムのビームサーベルで斬られるシーンが追加された。

第40話では、連邦軍と初めて直接交戦するララァ・スン少尉とニュータイプ専用モビルアーマー (MA) エルメスの護衛として、バタシャム中尉と部下が本機に搭乗して出撃する。エルメスの活躍を見たバタシャムと部下はララァに嫉妬し、任務を放棄。護るべきエルメスの後方に下がるという醜態を見せた。

第42話、第43話のア・バオア・クーの戦いでは、多数のリック・ドムが参加した。同要塞に不時着したホワイトベースの右舷エンジンを後方より狙撃し止めを刺したリック・ドムも確認できる。一方でリック・ドムには主に学徒動員兵が搭乗しており、戦局を変えるほどの活躍は出来なかった[注 7]

OVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』第9話では、オペレーターの発言の中でアプサラスIIIのジェネレーターにリック・ドムのものが流用されていることが確認できる。

漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、キャメル艦隊に搭載機として登場し、ホワイトベースを後方から挟み撃ちにしようとしたザンジバルのシャアは、キャメル艦隊から発艦したのがザクではなくリック・ドムと聞き意外そうな反応を見せている。

漫画『機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』では、ギレン親衛隊所属機が登場する。ヒートサーベルの他に、円形の盾とランスを合わせた装備「シールドランス」、MMP-80マシンガンを装備し、親衛隊員のバネッサ・バーミリオンとガイウス・ゼメラが搭乗した。

ゲーム『機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡』では、オリジナルである黒い三連星専用機のリック・ドムが登場する。三連星専用ドムと同じく左肩にエンブレムが施されているが、性能面の変更はない。

漫画『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』では、リベリオ・リンケが搭乗し、ア・バオア・クー防衛戦攻防戦でも出撃したが、ヴィンセントが抑え込んだペイルライダーを斬撃しようとするが、逆に返り討ちにあい戦死。

小説版[編集]

小説版『機動戦士ガンダム』では、他のMS同様、頭頂高が一回り小さい16メートルとなっている。ジオン軍初のビーム兵器搭載機であるとされ、実質的にゲルググの役どころを担って登場する。携行火器として「ビーム・バズーカ」、斬撃兵装として「ビーム・サーベル」を装備。ただ、ビーム・サーベルはビーム集束性能が連邦軍に比べ劣っており、RX-78 ガンダムのそれほどには細く鋭い刃を形成することができない。またビーム・バズーカも連邦軍より劣っており、リック・ドム本体のジェネレータが低出力すぎ、またエネルギーCAP方式も実用化できなかったため、ビーム・バズーカ本体に専用のジェネレーターを搭載せざるを得なかった(そのために、ライフルではなくバズーカサイズにまで大型化してしまった)。

挿絵に描かれている姿を見る限り、サイズを除く外観はアニメ版のリック・ドムと全く同じであり、ビーム・バズーカもその形状はアニメ版の「ジャイアント・バズ」と全く同じである。また、『ガンダムセンチュリー』(みのり書房・1981)以降、MSの機体各部には数多くの補助カメラがあることになっているが、少なくとも小説『機動戦士ガンダム』に登場するMSは頭部のカメラが唯一の視覚センサーである。作中、乗機であるリックドムの頭部を破壊されたシャア・アズナブルは、自らコックピット・ハッチに穴を開けて視界を確保している。

シャア・アズナブル率いるニュータイプ部隊は本機を主力としており、シャア自身も赤く塗装したリック・ドムに搭乗している。劇中、この機体に乗るルロイ・ギリアム中尉の手によりガンダム (G3) は撃破され、アムロが戦死している。のちにこの小説版を原典として、「シャア専用リック・ドム」をはじめビーム・バズーカ装備のリックドムは「RS型」であると設定されたが、ビーム・バズーカ自体は新規デザインが起こされた。

設定の変遷[編集]

テレビ版ではドムの動画が使いまわされ、直立したままの移動シーンも目立ったが、劇場版では新作部分で脚部やスカート内部にバーニアが描かれ、ドムとの違いが表現された。また、ジャイアント・バズの砲身後部のカバーが開いて発射ガスを後方に逃すといった描写もある。しかし、特に名のあるエースパイロットが乗ることもなかった。

バーニア以外の外観はドムと同一であったが、「マスターグレード リック・ドム」から背部とスカート後部の外観の違いが設定された。

リック・ドムの「リック」の語源について富野は「リメイク」の意であると答えたが、それを聞いていたテレビシリーズの原画マンの1人は、「当時、怪盗リックサック[注 8]から採ったと監督が言っていた」と訂正を入れている[12]

パーソナルカスタム機
ドズル・ザビ専用機
諸元
リック・ドム(ドズル・ザビ中将専用機)
型式番号 MS-09R
頭頂高 18.6m
重量 63.7t
武装 胸部拡散ビーム砲
ジャイアント・バズ
専用大型ヒートホーク
メカニックデザイン企画『MSV-R』に登場。ドズル・ザビ中将のためにリック・ドムの初期生産型通算100号機をカスタマイズした機体。
ザクII(ドズル・ザビ専用機)と同様にコックピットを改修し、機体の縁に金色のエングレービングが施され、胸部上部の左右と両手の甲に3本ずつのスパイクが装着されている。エングレービングはドズルの趣味ではなく、とある技術士官の発案であるとされる(ザクIIのエングレービングも、同士官の発案であった)[13]
ドズル自身の要望により、ヒート・サーベルに代わってザクIIで使用していた専用ヒートホークを背面に装備している。宇宙世紀0079年末には観兵式に参加している。
エギーユ・デラーズ専用機
OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場(型式番号:MS-09R)。
ア・バオア・クーの戦いでアナベル・ガトーエギーユ・デラーズ大佐専用機を借りて決死の出撃をしようとするが、デラーズに説得されて止められている。この機体は「MS-09F ドム・フュンフ」と長年にわたって混同されていたが、小説版では「09R(リック・ドム)」との描写があるうえ、カードゲームで「試作型リック・ドム(エギーユ・デラーズ専用機)」が設定されたことから、その後は両者は別物という見方がされている。試作の経緯や機体性能など、形式そのものについての詳細は不明だったが、ゲーム『機動戦士ガンダム0083カードビルダー』において設定が加えられた。外見はドム・トローペンに近く、胸部の拡散ビーム砲も搭載されていない。
なお、漫画版『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』にも同形状の機体が登場し、カードゲーム「ガンダムウォー」においてリック・ドムとしてカード化されている。
シン・マツナガ専用機
漫画『MSV-R 虹霓のシン・マツナガ』に登場。
ソロモン防衛戦の際には留守であったシン・マツナガ大尉が、ソロモンから脱出したゼナおよびミネバ・ザビらを乗せたグワジン級を救援する際に搭乗。パーソナル・カラーの白ではなく一般塗装であるが、左肩に「白狼」のパーソナル・エンブレムが描かれている。通常のヒート・サーベルのほかにグフカスタムのヒート・サーベルを携行し、火器は装備していない。

リック・ドム(RS型)[編集]

小説版でシャア・アズナブルらが搭乗するリック・ドムを原典として、ゲーム『SDガンダム GGENERATION』に「シャア専用リック・ドム」として登場(型式番号:MS-09RS)。のちに『マスターグレード』や『HGUC』でキット化された。プラモデルではあくまで小説版に登場するMSとしての扱いであったが、その後一部ゲームなどでアナベル・ガトーの搭乗するリック・ドムもこのタイプであるとされている。名称は単に「(○○専用)リック・ドム」と呼ばれる。

グラナダで生産されたリック・ドム[14]のジェネレーターを、ア・バオア・クー工廠で強化改装した機体[15]。ジェネレーター出力の向上により[14]、ビーム兵器のドライブが可能となっている[15]。スラスター推力も向上している[15]

主な武装
ビーム・バズーカ
型式番号:EX-T3-2[15] / EX-T2-2[16]
本機の主兵装。エネルギーのチャージに時間がかかるものの、その威力は連邦軍のMS用ビーム兵器やのちのゲルググのビーム・ライフルを凌駕するものであったとされる[16]ムサイ級の主砲に準ずるともいわれる[17])。通常のリック・ドムでも発射可能ではあり、ドズル・ザビ中将麾下のリック・ドム部隊やキャメル艦隊でも試験的に運用されていたといわれるが、暴発事故が多発したという[16]
機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のMSV的企画である『Mobile Suit Discovery(MSD)』では、ドム試作実験機によって射撃試験がおこなわれていたとされ、連射性能に難があるためビーム兵器の小型化は連邦軍に先んじられたという[18]
パーソナルカスタム機
シャア・アズナブル専用機
出典は上記の通り。シャア・アズナブル(小説版では中佐)が搭乗し、一般塗装の紫の部分がパーソナル・カラーの赤で塗られている。
ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望』シリーズでは、ネオ・ジオン(キャスバル)のシナリオ開始時にキャスバル・レム・ダイクンが搭乗している。
アナベル・ガトー専用機
ゲーム『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙』の「エースパイロットモード」、『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』のシナリオ「ミッシングリンク」、および漫画『MSV-R 虹霓のシン・マツナガ』に登場。ソロモンでの撤退戦においてアナベル・ガトー大尉が搭乗し、パーソナル・カラーの青と緑に塗装されている。また『めぐりあい宇宙』の「ストーリーモード」でも、ルート次第ではアムロ・レイガンダムで本機と対戦することが可能となる。しかし、彼が強力なビーム兵器を得て「ソロモンの悪夢」とおそれられることになるのは、撤退戦でゲルググに乗り換えてからであるとも言われる[19]
なお、彼がリック・ドムに搭乗していたとされるのは、『いけ!いけ!ぼくらのVガンダム!!』掲載漫画「ソロモンの悪夢」が初出であるが、撤退戦前のソロモン防衛戦の際であり、ジャイアント・バズを携行している。連邦軍のソーラー・システムの照射に巻き込まれるが、ケリィ・レズナー大尉のビグロが盾となり、右脚とジャイアント・バズの砲身の損壊で済んでいる。撤退戦ではゲルググ(MS-14H)に搭乗する。

リック・ドム[シュトゥッツァー][編集]

雑誌企画『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場(型式番号:MS-09R)。

ジオン残党軍のガブリエル・ゾラが搭乗していたリック・ドムを強化改造したもの。頭頂高は18.6m[20]。固定武装が大幅に増強され、機体正面にウインチユニット、肩部の上部にミサイルポッドを、後部に機雷投下ユニットを装備する。ちなみに「シュトゥッツァー」とはドイツ語で「伊達者」の意味。

本体のベースは「リック・ドム」となっているが、そのデザインはほとんどドム・トローペンと同じで、このドムの模型作例もまずトローペンに基づく仕様で作られていた[21]が、シュトゥッツァーとして発表される際のラフ画で足首はトローペンのものではないと指摘されており、ホバーユニットを外した足首やリックドムIIの足首が指定されている。カラーイラストではホバーユニットを外した足首となっている[22]が、作例の足首はリック・ドムIIのものを選んでおり、足首はジャンクとして回収したリック・ドムIIのものと解説している[23]。なお作例ページではベースは「ドムF型」としている。

リック・ドム(サンダーボルト版)[編集]

漫画・OVA『機動戦士ガンダム サンダーボルト』に登場(型式番号:MS-09R)。

関節部にはシーリングが施されている。バックパックはザクIIと共通で、肩アーマーはドム・トローペンを髣髴とさせるデザインや配色になっている。また、脚部やリア・スカートのスラスターが装甲上面に露出しており、首や胸部には動力パイプが追加されている。

武装はジャイアント・バズの他にMMP-50マシンガンを装備。ヒート・サーベルの代わりにヒート・ホークを装備する。これらはすべてバックパックに装着可能。

かつてサイド4であった暗礁宙域「サンダーボルト宙域」で活動するリビング・デッド師団に数機配備され、フィッシャー・ネス曹長の乗機は長距離ビーム砲「ビッグ・ガン」を運用する。ムーア同胞団との決戦の際には救援を求めてセイレーン機動艦隊に保護され、同師団の生き残りを救うことになる。

リック・ドムII[編集]

OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』および『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場。デザインは出渕裕

諸元
リック・ドムII(ツヴァイ)
RICK DOM II(ZWEI)
型式番号 MS-09R-2(MS-09RII)
頭頂高 18.6m
本体重量 45.6t
全備重量 79.9t
装甲材質 チタン・セラミック複合材
出力 1,219kW
推力 21,000kg×5(後腰部)
2,500kg×2(背部)
(総推力)110,000kg
センサー
有効半径
5,400m
武装 360mmロケット・バズーカ
胸部拡散ビーム砲
ヒート・サーベル
シュツルムファウスト
90mmマシンガン
超大型ヒート・サーベル(ギー機)
搭乗者 カリウス・オットー
ギー・ヘルムート
リリア・フローベール
ギュスター・パイパー
ユイマン・カーライル
アイロス・バーデ
ジオン公国軍(デラーズ・フリート)一般兵
その他 姿勢制御バーニア×9
プロトタイプ・リック・ドムII
PROTOTYPE RICK-DOM ZWEI
型式番号 YMS-09R-2
全高 18.5m
本体重量 45.3t
全備重量 79.4t
推力 107,500Kg(20,500kg×5、2,500kg×2)
搭乗者 アナベル・ガトー

統合整備計画によって再設計され、全体的にリック・ドムから性能の向上が図られている。特に稼働時間の問題はゲルググJ同様に、背部へ2本のプロペラントタンクを装備可能とすることで、ある程度の解決を見た。急遽宇宙用に改修されたリック・ドムと違い、元から空間戦闘用として開発されたため、装甲およびフォルムは空気抵抗を度外視した平面的なものへと変更されている。攻撃面については胸部拡散ビーム砲の出力が上がっており、武器としての信頼性が改善された。また、ドム・トローペンのように追加装備としてシュツルム・ファウストを携行する。一年戦争末期の機体のため生産数は少ないが、宇宙世紀0083年のデラーズ紛争ではドラッツェザクIIF2型と共にデラーズ・フリートが多数保有している。後にドライセンの開発母体となった。

『0080』にて緑色に塗られた当機がコロニー内部で登場したこともあり、ゲーム作品では地上でも運用可能という解釈は珍しくなく、ゲーム『機動戦士ガンダム0079カードビルダー』では、緑色の当機を地上用機としている。なお、初期の『スーパーロボット大戦シリーズ』では「ドムII」と呼ばれていた。また、OVA『機動戦士SDガンダム Mk-IV』収録の『夢のマロン社 「宇宙の旅』では、地上で運用されている機体が登場し、ホバー走行している描写がある(特典映像では「リック・ドムII陸戦用」という名称で紹介されている)。

ヒート・サーベルは『0080』では設定されておらず、『0083』登場時にバックパック左側に装備する形で描き足されている。

もともとは他の『0080』登場MS同様、旧シリーズの機体のリメイクデザインだったが、プラモデル化の際に別の機体という設定となり、「統合整備計画」もこれに合わせ模型メーカー側により設定された。

劇中での活躍
『0080』では、第1・2話に登場。前述の緑色の機体はコロニー用、通常カラーの機体は宇宙用とどちらもジム・コマンド相手に戦った。
『0083』では、舞台が宇宙に移ってから多数が登場。多くがMMP-80・90mmマシンガン(後期型)を使用している。一方でドムより出力向上しているはずの胸部ビーム砲を使用する場面は無い。なかでもアナベル・ガトーの腹心、カリウス・オットーの機体が代表的であり、彼はこの機体単機でガトーを追ってきたジム部隊を撃退している。
『夢のマロン社 「宇宙の旅』では、一年戦争中の宇宙世紀に迷い込んだマロン社の宇宙船ガブスレイ号(SD体型)を宇宙で攻撃しているほか、前述のリック・ドムII陸戦用がジャブロー攻略戦に参加している。
漫画『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』では、外宇宙用に外装・脚部・ランドセルなどが変更された当機が登場。アクシズに配備され、主にラカン・ダカランが搭乗した。
ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』では、ドム・グロウスバイル用の超大型ヒート・サーベルを装備したギー・ヘルムートの機体が登場する。マルコシアス隊がレムリア隊と合流した際に受領した機体であり、超大型ヒート・サーベルはソロモン攻防戦で出撃する際に装備された。ア・バオア・クー攻防戦でも出撃したが、ペイルライダーとの戦闘で大破し、パイロットのギーも戦死した。

プロトタイプ・リック・ドムII[編集]

『0083』Blu-Ray Boxに収録のピクチャードラマ『宇宙の蜉蝣2』に登場(型式番号:YMS-09R-2)。

リック・ドムIIの試作型。各部の形状が熱帯地仕様であるドム・トローペンに似通っている。ア・バオア・クーのドック内で眠っていた機体をガトーが徴用し、デラーズ艦隊の撤退戦で使用する。

ドム・バインニヒツ[編集]

ゲーム『SDガンダム GGENERATION ギャザービート』が初出(型式番号:MS-09F/Bn)。

ドム・フュンフのバリエーション機とする資料[24]、リック・ドムの高機動型とする資料がみられる[25]。バインニヒツはドイツ語で足なしを意味する。脚部を廃して高機動スラスターと換装しており、宇宙空間での機動性はMAにも匹敵する。モノアイは頭頂部まで動かすことができる。コクピットは腰部にある。

他の機体のパーツを流用するなど生産性も考慮されたが、設計段階で終戦を迎えたため実機は建造されなかった。

ドム・グロウスバイル[編集]

ゲーム『SDガンダム GGENERATION ギャザービート』が初出(型式番号:MS-09F/Gb)。

グロウスバイルはドイツ語で大ナタの意。格闘戦に特化した機体でMS本体に匹敵するほど巨大なスラスター付きヒートサーベルと小型のヒートナイフのみを装備し、射撃武器は一切搭載していない。ドム・バインニヒツとのセット運用が計画されていたが、設計段階で終戦を迎えたため、実機は建造されなかった。

機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』では、ア・バオア・クー戦にてギー・ヘルムート搭乗のリック・ドムIIに本機の巨大なスラスター付きヒートサーベルが受領され運用した。

ドワス[編集]

プラモデル「フルカラーモデル リック・ドム」の組立説明書の挿絵に(背面のみ)描かれた、MS-09シリーズの最終生産型(型式番号:MS-09S[10])。

高機動戦闘を目的として開発された機体で、バックパックのスラスター出力が強化されている。実戦を経験せずに終戦を迎えたが、機体はアナハイム社にわたり、後のリックディアスの原型となった[10][注 9]。資料によっては実在を疑われる機体ともされる[27]

大型化したバックパックと刀状のヒートサーベルを持ち、リアスカートの上面にはスラスターが増設されて、頭部にはバルカン砲のようなパーツが描かれている。

雑誌「MJ(模型情報)」で連載されたメカニックデザイン企画『F.M.S』では、ドワス・デザートという同名の系列機が登場している。

ドワス改[編集]

諸元
ドワス改
DOWAS CUSTOM
型式番号 MS-09SS
所属 アクシズ
頭頂高 18.6m
本体重量 42.6t
全備重量 61.2t
装甲材質 チタン・セラミック複合材
(一部第三世代ルナ・チタニウム合金
出力 1,360kW
推力 (総推力)65,000kg
センサー
有効半径
5,400m
武装 胸部バルカン×2
高出力型ビーム・バズーカ
胸部拡散ビーム砲
ヒート・サーベル
搭乗者 アンディ

矢立文庫のWeb企画『アナハイム・ラボラトリー・ログ』に登場するドワスの改良型。

宇宙世紀0084年にアクシズからアナハイムへ届けられ、リック・ディアスの開発母体になった。設定上リック・ディアスから逆算したようなデザインとなっている。ドワスのリック・ドムに対し、ドワス改はリック・ドムIIやドム・フュンフがデザインの基(準拠)になっている。

装甲は第三世代ルナ・チタニウム合金に変更され、機動性やジェネレーター出力も向上している。

移送任務ではガンダリウム合金のサンプルを所持するサングラスをかけた金髪の青年の囮となり、アンディの乗機として高機動型ガルバルディα(リカルド機)等の僚機と共に、ティターンズ部隊をグラナダ宙域で殲滅した。移送されたドワス改は赤色にペイントされているが、アンディ曰く「大佐」の機体らしく、色に付随するネームバリューも敵の目を引き付けるには適している。

シュネー・ヴァイス[編集]

漫画『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』に登場。アクシズの試作型ニュータイプ専用MSである(型式番号:MS-09R4またはMS-09RN)。

本機は旧ジオン軍のMAエルメスで実用化されたビットをMSで運用すべく、リック・ドムをベースに大幅に改修した機体である。そもそもMAという大きな機体に搭載されていたサイコミュシステムをMSへと搭載しようとしたため、背部に接続されたサイコミュ・コントロール・ユニットだけでもMSに匹敵する巨大なものとなってしまった。それでもエルメスの1/3の大きさに小型化されてはいる。

ビットは機体には搭載されず、ビット・キャリアーと呼ばれる装置を母艦から射出し運用する。このビット・キャリアーもまたMS大程の巨大なもので、MS側からの指令により内部に搭載された8基のビットを射出し、オールレンジ攻撃を行う。サイコミュ・コントロール・ユニット装着時は固定武装を持たないが、バックパックを換装することでヒートサーベルの使用が可能である。

脚部は宇宙戦に特化した形状となっており、バックパックにもスラスターを有してはいるが、重いサイコミュ・コントロール・ユニットによりMSとしての運動性は従来のものを下回る。そのため、非常時(ビット使用不可等の状況)ではバックパック及びショルダーブロックを切り離すこともできる。加えて、姿勢制御スラスターの出力を向上させる(従来より120%向上)など運動性能の改善が図られたものの十分でなく、MSにサイコミュを搭載する本来の目的を達成できずにいた。このことがビットシステムの根本的な見直しであるファンネルの開発に繋がっていったとも考えられる。

なお、本機のテストパイロットは後のアクシズの実質的指導者ハマーン・カーンが務めていた。シュネー・ヴァイス(Schnee Weiss)とは、ドイツ語で「白い雪」(白雪)のこと。

劇中での活躍
作品上ではバックパックを外した状況でジム・コマンド(アムロ・レイの射撃回避運動がプログラム化されインプットされていた改造型)との戦闘シーンがある。この際はスクランブル発進により武装はヒートサーベルだけであり、その性能を十分に発揮できる状況ではなかった。結果的に辛くも勝利は収めたものの直後の2機のジムとの戦闘においては数的不利もありハマーンは捕虜となってしまう。宇宙世紀0083年7月にアクシズ内で勃発した強硬派によるクーデター騒動においても、ハマーン機として投入されたが、強硬派の擁する後継機トゥッシェ・シュヴァルツとの交戦時には性能差は否めず、中破している。

トゥッシェ・シュヴァルツ[編集]

漫画『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』に登場。アクシズの試作型ニュータイプ専用MSである(型式番号:MS-09RN-2)。

本機はシュネー・ヴァイスの後継機であり、対照的に黒く塗装されている。トゥッシェ・シュヴァルツ(Tusche Schwarz)とは、ドイツ語で「黒い布生地」という意味。サイコミュ・コントロール・ユニットはその大きさと過重性に問題があったが、サイコミュ・システムの運用方法を見直し再構築することで小型化に成功。ビット・キャリアーを介することなくMSへの内装を実現している。また、ビットはより小型化したショートビットに変更したため、搭載数は12基に増加している。しかし、当の再構築したサイコミュ・システムが完成されておらず、ビットコントロールの困難さや薬物投与によるシステムへの適応など、かえって搭乗者に高い負荷を与える結果となった。

本機の運用実験から得られたデータを元にキュベレイの開発に繋がったとされている。

劇中での活躍
アクシズでの挙兵に備え、強硬派のエンツォ・ベルニーニ大佐によって極秘に開発され、宇宙世紀0083年7月に勃発した強硬派によるクーデター騒動において主力機と運用された。テストパイロットのレベッカ・ファニング少尉が搭乗するが、戦闘中にサイコミュ・システムからの高い負荷により心身が崩壊したため、代りにヤヨイ・イカルガ伍長が搭乗。ハマーンの駆るシュネー・ヴァイスも圧倒するが、リカルド・ヴェガの説得の隙を突いたハマーンによって撃破された。

ジュピターゴースト[編集]

雑誌企画『ソロモンエクスプレス』に登場。「ジュピターゴースト」は地球連邦軍側による呼称であり、正式名称は不明。

惑星間クラスの超長距離侵攻を目的とした宇宙用のMAで、ドム系MSのボディを中核として大型プロペラントやブースターユニットを装備しており、武装として複数の核弾頭のほか、大型ビームカノンと大出力Iフィールド発生ユニットを搭載しているが、脚部は存在しない。また、長期間に渡る航行に備えるため、コックピットにはパイロットの長期生命維持装置が備えられている。

宇宙世紀0080年に12機分の残骸が月面に墜落しているのが発見され、所属や製造元などは一切不明だが、木星圏(アクシズ)に到達したジオン軍がア・バオア・クー攻撃の準備を進める連邦軍を核攻撃すべく投入したものと、作中では考えられている。発見されたのがグラナダ条約締結直後だったため、ジュピターゴーストの存在は公開されなかったが、その後にアナハイム・エレクトロニクス社が「MAの中枢部にMSのボディを置く」というジュピターゴーストのコンセプトを自社のガンダム開発計画に取り入れ、ガンダム試作3号機デンドロビウムを開発した。また、アクシズが開発したノイエ・ジールも、ジュピターゴーストの系譜に連なるものとされている。

ズオム[編集]

諸元
ズオム
ZUOM[28]
型式番号 ATMS-09R[28]
所属 ジオン軍残党
建造 エージス・ソートン
生産形態 ハンドメイド[28]
頭頂高 18.6m[28]
本体重量 33.3t(1番機)[28] / 39.4t(2番機)[28]
装甲材質 超硬スチール合金[28]
出力 1,840kW(1番機)[28]/ 1,199kW(2番機)[28]
推力 59,900kg[28]
センサー
有効半径
17,300m[28]
武装 ビーム・ライフル(1番機)
ビーム・ナギナタ(1番機)
ハンマー・ショットガン(2番機)[28]
シールド(2番機)
搭乗者 エミコ・ジェラード
ガンズ・ラン

漫画『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』に登場する専守防衛用のハンドメイドMS[28]

ジオン軍残党のムサイ級軽巡洋艦「メイルメル」のメカニックであるエージス・ソートンによって2機が製造される。リック・ドムをベースにしているが、内装は長年集めたジャンクパーツを加工流用しているため、2機のスペックと操縦特性にはかなりのばらつきがある[28]。なお、1番機はゲルググ用のビーム兵器も使用可能となっている。外観は頭部、胸部、脛部以外はリック・ドムと変わらない。胸部にもモノアイ・レールがあり、索敵・偵察時にはモノアイが移動し広域モードとなる[28]。1番機は頭部にブレード・アンテナをもち、エミコ・ジェラードのパーソナル・カラーである青銅色を、2番機は緑を基調に塗装されている。

宇宙世紀0096年、「袖付き」に合流するための手土産として、連邦軍の式典用に建造された多用途輸送艦「アンヴァル」を襲撃。1番機にエミコ、2番機に初陣であるガンズ・ランが搭乗する。作戦は失敗に終わるが、直後に襲来したフェネクスにより1番機は頭部と右腕を破壊される。その後も修理されぬまま出撃している。2番機は戦闘に参加せずに終わり、その後も登場しない。

RFドム[編集]

ゲーム『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』に登場。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ドムは陸戦用ではあるものの、その基本設計は良好であったため空間戦闘用に再開発された[6]
  2. ^ ただし、このプランそのものはゲルググが本命であり、他の計画はその繋ぎに過ぎなかった。そのため、ゲルググの開発完了に伴い、他の機体の生産設備はゲルググのものへと切り替えられた[8]
  3. ^ 開発の折には地上用機体の生産ラインを転用可能であったため、そのコストは低く抑えられた[9]
  4. ^ ドムでは熱核ジェット・ロケットエンジンが導入されていたが、それに代わり純ロケットを採用したとかる資料もみられる[2]
  5. ^ 劇場版『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』のコンスコン艦隊戦より。
  6. ^ 12機撃墜の内訳は、アムロ・レイ操縦のガンダムが9機、カイ・シデン操縦のガンキャノンが1機、スレッガー・ロウセイラ・マスGファイターがそれぞれ1機である。
  7. ^ ア・バオア・クーの戦いで、キシリア・ザビ少将トワニング准将に対し、リック・ドムとゲルググが戦果をあげていない事を咎めた際に、この2機種に学徒動員兵が多数搭乗していると報告した。
  8. ^ 正しくは「怪盗リュックサック」。1971年のバラエティ番組『テレビはこれだ!ドラマが3つも』内の第2部「大活劇カンチョーマン」に登場。
  9. ^ 一方で、ドワス改がリック・ディアスの原型になったとする媒体もみられる[26]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『MG 1/100 リック・ドム』バンダイ、1999年10月、組立説明書。
  2. ^ a b c d e f g 『ガンダムセンチュリー』みのり書房、1981年9月、銀河出版、2000年3月(復刻版)、40頁。ISBN 4-87777-028-3
  3. ^ a b c d e f 『ENTERTAINMENT BIBLE .1 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.1 一年戦争編】』バンダイ、1989年2月20日初版発行、52-53頁。(ISBN 4-89189-006-1)
  4. ^ a b c d 『講談社のポケットカード8 機動戦士ガンダム モビルスーツコレクション』(1982年)
  5. ^ a b 『B-CLUB VISUAL COMIC 機動戦士0080 ポケットの中の戦争 VOL 2』バンダイ、1989年9月、ISBN 4891890479
  6. ^ 『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション(2) ジオン軍MS・MA編』講談社、1984年4月30日、2006年7月(復刻版)、17頁。ISBN 978-4063721768
  7. ^ a b c 『ENTERTAINMENT BIBLE .1 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.1 一年戦争編】』バンダイ、1989年2月20日初版発行、42頁。(ISBN 4-89189-006-1)
  8. ^ a b 『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション(2) ジオン軍MS・MA編』講談社、1984年4月30日、2006年7月(復刻版)、72-73頁。ISBN 978-4063721768
  9. ^ 「040 リック・ドム」『機動戦士ガンダムMSV COLLECTION FILE 宇宙編』講談社、1999年11月。(ISBN 4-06-346550-0)
  10. ^ a b c 『1/144 フルカラーモデル リック・ドム』バンダイ、1988年7月、組立説明書。
  11. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .1 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.1 一年戦争編】』バンダイ、1989年2月20日初版発行、120頁。(ISBN 4-89189-006-1)
  12. ^ 映画秘宝』関係者の中にいたガンダム野郎編「第4章 脱出 そして、ディープ・ガンダムの世界へ あなたの疑問に素早く回答! 『機動戦士ガンダム』なぜ?なに?質問箱 リック・ドムの"リック"ってどんな意味?」『ガンダム・エイジ ガンプラ世代のためのガンダム読本』洋泉社、1999年4月9日、ISBN 4-89691-379-5、209頁。
  13. ^ 『ガンダムエース』2012年3月号、角川書店、525頁。
  14. ^ a b 『SDガンダム ジージェネレーション ウォーズ 公式コンプリートガイド』バンダイナムコゲームス、2009年9月、396頁。ISBN 490237224X
  15. ^ a b c d 『マスターグレード MS-09RS シャア専用リック・ドム』付属説明書、バンダイ、2003年1月。
  16. ^ a b c 『マスターグレード MS-09R リック・ドム』付属説明書、バンダイ、1999年10月。
  17. ^ 『SDガンダム GGENERATION-F.I.F パーフェクトガイド+MS名鑑』ソフトバンク パブリッシング、2001年7月、191頁。
  18. ^ 『HG ドム試作実験機』解説書、バンダイ、2016年2月。
  19. ^ 『マスターグレード MS-14A「ゲルググ(アナベル・ガトー専用機)」』説明書、2003年2月。
  20. ^ 『機動戦士ガンダムMS大全集2013』(アスキー・メディアワークス、2012年12月、50頁。ISBN 978-4048912150
  21. ^ 『ADVANCE OF Ζ 〜ティターンズの旗のもとに〜 Vol.1』メディアワークス、2003年5月、ISBN 978-4840223997
  22. ^ 『ADVANCE OF Ζ 〜ティターンズの旗のもとに〜Vol.2』メディアワークス、2003年12月、25頁。ISBN 978-4840225892
  23. ^ 『ADVANCE OF Ζ 〜ティターンズの旗のもとに〜Vol.2』メディアワークス、2003年12月、87頁。ISBN 978-4840225892
  24. ^ 「U-97 ドム・バインニヒツ」『ガンダムウォー 新世紀の鼓動』バンダイ、2001年2月、収録カードの記述。
  25. ^ 『電撃ホビーマガジン』2000年11月号、メディアワークス、62頁。
  26. ^ アナハイム・ラボラトリーログ 第4回矢立文庫、2017年2月20日。
  27. ^ 皆川有伽『総解説ガンダム辞典Ver1.5』講談社、2009年8月、171頁、ISBN 978-4063757958
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 関西リョウジ『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part2』角川書店、2016年7月、138-139頁。ISBN 978-4041046685

関連項目[編集]