ゴッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゴッグ (GOGG) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1979年放送のテレビアニメ機動戦士ガンダム』。

作中の敵側勢力である「ジオン公国軍」の量産機で、水中航行能力を有した水陸両用MSの一つ。ずんぐりした巨体に、鋭い爪を持つ多関節構造の両腕が特徴で、両腕を収納して肩アーマーを閉じた巡航形態に変形する。

メカニックデザイン大河原邦男

当記事では、各バリエーション機や関連機種についても記述する。

機体解説[編集]

諸元
ゴッグ
GOGG
型式番号 MSM-03
所属 ジオン公国軍
開発 ツィマッド社
生産形態 量産機
頭頂高 18.3m[1]/17.8m[2]
本体重量 82.4t[1]
全備重量 159.4t[1]/130t[2]
装甲材質 超硬スチール合金
出力 1,740kw[1](94,000馬力[2]
推力 38,000kg×2、15,000kg×3[3]
総推力121,000kg[1]
最大速度 地上:50km/h[2]
水中:75kt[1]/19kt[2]
武装 メガ粒子砲×2
ミサイル発射管×2
アイアンネイル×2
フリージーヤード
搭乗者 コーカ・ラサ
マーシー
ジオン公国軍一般兵

機体解説[編集]

ツィマッド社が開発した、卵型のフォルムに、矢印状のモノアイカバーが特徴的な水陸両用重MS。水陸両用MSとして初めて量産化された機体である。機外の水を冷却剤として用いることで高出力のジェネレーターが搭載可能となり、ジオン公国軍の量産型MSとしては初めてメガ粒子砲を装備した機体となった。

プロトタイプゴッグの開発を経て、前期型が競作機である水中実験機と共に少数先行生産され、試験運用されている[4]。2ヶ月後[5]には本機の制式採用が決定し、改修された後期型が本格的に量産されている[4]

水中では機体各部に設けられたインテークから取り入れた海水を利用する熱核水流ジェットによって航行する。これは同じツィマッド社のドムで採用された、熱核ジェットエンジンを転用したものである。腕部は「フレキシブル・ベロウズ・リム」と呼ばれる多重関節機構を採用、さらに伸縮機構も有し、水中航行時は脚部と共に胴体内に引き込むことで抵抗を軽減する。

膨大な水圧に耐えるため、装甲は厚く機体構造自体も頑強であり、60mmバルカンや小型の水中機雷を全く受け付けないばかりか、ガンダムの打撃兵器ハイパーハンマー(改良型)を受け止めた例さえもあった。もっともビーム兵器に対しては不十分であり、テレビ版第26話ではマーシー機がGブルのビームキャノンで、第27話では水中にてガンダムが発射したビームに貫かれ[6]、第29話ではガンキャノンのビーム・ライフルで、それぞれ撃破された。加えて、大量の冷却水を積載するために地上での動きが鈍く、冷却システムの構造上作戦時間が限られていた(1、2時間といわれている)。このため、上陸侵攻作戦などで多くの戦果をもたらしたものの、水陸ともに高い性能を示した第2期開発計画での水陸両用MSであるズゴックが量産されるにつれ、急速にその座を譲ることとなった。実際に劇中でも、フラナガン・ブーンがシャアに、ゴッグよりズゴックの方があてになると報告している(第27話)。

第26話前半において、ホワイトベースを視察に来ていたレビル将軍の口から、ジオンのMS・MA開発方針が「ガンダム1機が呼び水となって」量産効率よりも少数でも強力な機体で戦場の主導権を握ることを重視する、「量より質」へ移行したことが告げられた。攻防両面、そして水中においては機動力さえもガンダムを凌ぐゴッグの登場は、それを裏づけるものだった。

後に統合整備計画にて再設計され、機動性を大幅に改良したハイゴッグが登場している。

武装[編集]

キアM-23型メガ粒子砲
腹部に2門搭載したメガ粒子砲。拡散したメガ粒子を発射する。総重量38.7tにも及ぶもので、収束率が低いために射程距離は1km程度である。劇中では何度もガンダムのシールドに防がれており、後のモビルアーマー (MA) が装備したメガ粒子砲に比べて威力が低い[7]。機体を背泳ぎのようにして腹部を向けることで、水中から対空射撃が可能である。もっとも射界も狭く、熟練パイロットでなければ運用が難しい。この攻撃方法は、テレビ版第26話後半でGファイターを相手にコーカ・ラサ機が披露した。
アイアン・ネイル
腕部に装備された巨大な爪。きわめて鋭利かつ強固で、コーカ・ラサはこのアイアン・ネイルでガンダムの頭部を掴み、引きずり込んだ。この際、ヒート兵器ではないにもかかわらず、ルナチタニウム装甲に穴が開いている。また、両腕のアイアン・ネイルを重ねて簡易シールドとすることも可能で、劇中ではガンダムの60mmバルカンを完全に防いだ。
ミサイル発射管
本機は腹部にミサイル発射管(魚雷説もある)[8]を各2門搭載する。同じ水陸両用重MSズゴックの頭部ミサイルに比べて使用回数も少なく、劇中で有効に活用されることはなかった。
フリージーヤード
本機の航行時に頭頂部から発射されるカプセルへ収納された、ゲル状の物質。機体を覆うことで、機雷や爆雷を無効化できる。これはソナーによる探知を低減する効果もあったが、ウォーターインテークの閉塞のため、長時間は使用できず使用後は速やかに排除する必要があった。本機の発展型であるハイ・ゴッグでは装備していない。
その他
テレビ版第26話でマーシーとコーカ・ラサがベルファスト基地を急襲した際、連邦軍防衛部隊が発射した魚雷をゴッグが光線で迎撃する描写がある。この光線はゴッグの側頭部から発射されているが、対応する武装は設定されていない。フォノン・メーザーとする資料もある(後述)。

劇中での活躍[編集]

『機動戦士ガンダム』第26話で、初の水陸両用MSとして登場。

マッドアングラー隊所属のユーコン級潜水艦から2機が発進し、連邦軍ベルファスト基地を海から攻撃した。61式戦車大口径バルカン砲重装甲車を主力とする連邦軍守備隊を一蹴し、MSの通常兵器に対する優越性を改めて印象づけた。その際、機雷に触雷しても何ともなかったゴッグの機体を見て、操縦していたコーカ・ラサ曹長(漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、アニメ版でのズゴックパイロットであるカラハに変更)はその装甲の強固さを高評している。パワーでもガンダムに引けをとらず、その力はパワーアップしたハイパーハンマーをも素手で受け止め、チェーンを引き千切ってしまったほどである。

だがその後はやられ役となり、ゴッグの重装甲でも防げないビーム兵器で撃破される描写が続いた(同一作画の流用)。主なパイロットはラサ、マーシーなど。ズゴックパイロットとして出撃したカラハも、ゴッグに乗っていたとうかがえる描写がある[9]。ジャブロー戦では装備したゴッグを全て失ったマッドアングラー隊に、新たに2機のゴッグが配備された。この2機も、ホワイトベース隊と戦ってあっけなく撃破された。

なお、アムロ・レイはゴッグ2機と交戦する前にゴッグの名を発言している。第26話前半でレビルが提示した画面の中にも腕を格納したゴッグの正面図が表示されているため、連邦軍が本機の名称についても情報を既に持っていたことがうかがえる。

『機動戦士ガンダムΖΖ』第40話では、スタンパ・ハロイ所有の機体として登場。全天周囲モニター・リニアシートに換装されており、熱核ジェットによるホバー走行が可能。複数機が存在しており、ルナンは通常カラーのゴッグに搭乗して槍を武器に戦闘した。ハマーンの操るアッガイに対しては、クローで腕を切断され、戦闘不能になり退散。この他に、アジア風の装飾が施された赤い機体も存在する。

設定の変遷[編集]

MSV』では、ゴッグは初期型と後期型があったとの文字設定が存在していた[要出典]が、設定画はなかった。その後、『機動戦士ガンダム 公式百科事典 GUNDAM OFFICIALS』においてテレビシリーズ『機動戦士ガンダム』用の細身のゴッグの準備稿(正しくは「参考用デザイン」[10])が「前期型ゴッグと推測される」として掲載されている[4]。ゴッグのイメージラフスケッチは富野喜幸、準備稿は大河原邦男の手によるが、決定稿は安彦良和により描かれている。準備稿は決定稿に比べてやや細身で、クローも1本少ない4本で、バックパックの形状も異なる。

また、鈎爪のアイアン・ネイルという名称[11]は、放映終了後に講談社でムック[要出典]を制作したライターが創作[要出典]した非公式設定であり、この当時はゾック同様に頭部にフォノン・メーザー砲装備(『機動戦士ガンダム』第26話にて魚雷の迎撃に使用)ということになっていた[12][13]。21世紀に入ってからサンライズの方針である「映像化された時点で公式化」が、日本サンライズ時代の当時に遡及適用されるのかは不明である。

機体名称は本来はゴッグではなくゴックであった。 『機動戦士ガンダム』劇中でゴックと呼称されていること[14]、劇場版『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』パンフレット、富野由悠季のラフ[15]にゴックと表記されていること、ズゴック・ゾゴックとともに「ゴックシリーズ」としての富野ラフが存在することなどがその裏付けとなっている(放映当時は競作設定は存在しなかった)。

目次へ戻る

バリエーション[編集]

水中実験機[編集]

諸元
水中実験機
型式番号 MSM-02
所属 ジオン公国軍
開発 ツィマッド社
生産形態 試作機
頭頂高 17.7m
重量 95.4t
装甲材質 チタン・セラミック複合材
出力 1,730kw
推力 61,400kg
センサー
有効半径
3,150m
武装 70mmバルカン砲×2
肩部6連装ミサイルランチャー×2
腕部6連装ミサイルランチャー×2
対艦・対空ミサイルランチャー×4

メカニックデザイン企画『M-MSV』(大河原邦男コレクション)に登場。ジオン公国軍の水陸両用MS。

ザク・マリンタイプを参考に第1期の水陸両用機開発計画においてゴッグとのツィマッド社内でのコンペティションにおいて開発された。航行時の抵抗を考慮したフォルムとなっているが、地上戦での運用も考慮されており、より水中戦に特化したゴッグと比べるとまだザクの面影が残っている。

ドムに搭載予定であったジェネレーターを強化して搭載しており、海水を用いた水冷システムを採用している。推進システムはザク・マリンタイプと同じく熱核水流ジェットによるもので、機体形状による効果もあり、10〜20%の運動性の向上がみられている。しかしながら、水中、陸上ともに期待した機動性には達していなかった。

武装はザク・マリンタイプのサブロックガンを固定武装化した6連装ミサイルランチャーを両肩部、両前腕部の計4基装備する。バックパック上部には収納式の70mmバルカン砲を2門、背部には対艦・対空ミサイルランチャーを4門装備する(2門との説もあり)。対艦・対空ミサイルランチャーは航行時に上方に向けて発射する。また、ゴッグと同じくキアM-23型メガ粒子砲を搭載したという記述も存在するが、現存する資料ではその搭載位置などは不明な点が多い。

本機は初期型ゴッグと同じく少数が生産されたものの、ゴッグが後期型へと移行する際に本機は生産が中止された。

設定の変遷
初出は『MSV』であり文字設定のみであった。その後『M-MSV』にて設定画が描かれている。ただし、この設定画にはメガ粒子砲が確認できないなど、『MSV』の記述とは一致しない箇所が見られる。『M-MSV』においてはメガ粒子砲を装備した初の機体はMSM-03-1 プロトタイプゴッグとされている。

目次へ戻る

プロトタイプゴッグ[編集]

諸元
プロトタイプゴッグ
PROTOTYPE GOGG
型式番号 MSM-03-1
所属 ジオン公国軍
開発 ツィマッド社
生産形態 試作機
頭頂高 17.5m[16]
本体重量 58.4t[16]
全備重量 79.6t[16]
装甲材質 チタン・セラミック複合材[16]
出力 2,690kw[16]
推力 4,300kg[16]
センサー
有効半径
3,200m[16]
武装 拡散メガ粒子砲×2[16]
ハンド魚雷ポッド×2[16]

メカニックデザイン企画『M-MSV』(大河原邦男コレクション)に登場するジオン公国軍の水陸両用試作型MS。

スペース・コロニー内で開発された[16]ゴッグの試作型。地球に移送してテストが行われた結果、水中での長時間・長距離航行時における両腕の抵抗の増加が問題となり[16]、量産型では手足の伸縮機構が採用された。メガ粒子砲は本機の段階から装備されているが、水中でのビームの拡散が予想以上に深刻であった[16]ことから、オプション装備として前腕部に装着する魚雷ポッドが計画されている。しかし、腕部の伸縮機構採用により廃案となっている[4]

曽野由大の漫画『アッガイ博士』では、プロトタイプのズゴックアッガイと共にスペース・コロニー内での運動性能評価試験に参加している。また本機の基礎設計を行ったツィマット社の設計主任コースケ・カトーが登場する。

なおデザインは1989年に大河原邦男がリライトしたゴッグ[17]をそのまま流用している。

目次へ戻る

ゴッグ(F.M.S.)[編集]

模型情報」誌のメカニックデザイン企画『F.M.S.』(福地モビルスーツステーション)に登場するジオン公国軍の水陸両用MS。

通常のゴッグ(ノーマル・ゴッグ)とハイゴッグの中間に位置する機体で、頭部と胴体はノーマル・ゴッグから大きな変更は加えられていないが、肩部と腕部の形状はハイゴッグに類似しており、全体的なフォルムもハイゴッグのものに近づいている。武装は胴体および両腕のビーム砲とクローのほか、バルカンとロケット弾を装備。作中では一貫して単に「ゴッグ」と呼ばれており、本機独自の名称は未設定。そのため、本節の名も仮のものである。

ジュアッグ改とともにジャブロー攻略戦に参加しているが、地球連邦軍のMSの迎撃を受けて撃破されている。

目次へ戻る

ハイゴッグ[編集]

諸元
ハイゴッグ
HY-GOGG
型式番号 MSM-03C
所属 ジオン公国軍
生産形態 量産機
頭頂高 15.4m
本体重量 54.5t
全備重量 79.2t
装甲材質 チタン・セラミック複合材
出力 2,735kw
推力 38,000kg×2(背部)
10,000kg×1(股間部)
(総推力)86,000kg/規格排水量253t
武装 ビーム・カノン×2
魚雷発射管×4
バイス・クロー×2
120mmマシンキャノン×2
ハンド・ミサイル・ユニット×2
搭乗者 アンディ・ストロース
ミハイル・カミンスキー
ガブリエル・ラミレス・ガルシア
その他 姿勢制御バーニア×9

OVA機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場するジオン公国の水陸両用MS。

一年戦争においてジオン公国軍の水陸両用MSの先駆けとして量産化されたゴッグは重装甲を持ち、メガ粒子砲を搭載していた。しかしジオン公国軍の地球侵攻作戦に伴い一刻も早い投入が求められており、開発に十分な時間が掛けられなかったため、完成した機体は重量過多による低い機動性やメガ粒子砲の収束率が低いなどの問題点を抱えていた。それでも実戦においてズゴックとの共同運用が有効であることが確認されていたため、統合整備計画において再設計されることとなった。他のMSと同じく、操縦性向上のためのコクピットの統一化、コストダウンを目的としたユニット化や武装のオプション化が行われた。また、軽量化による運動性能の向上と新型ジェネレーターの搭載による高出力化が行われた。これら多くの改良により、継承されたのはゴッグの機体概念のみで、実際は全くの新設計と言える機体が完成した。

武装は両腕部内蔵のメガ粒子砲。これはビーム・カノンとも呼ばれエネルギーCAPの採用により連射も可能となった。腕部先端のクロー(バイス・クロー)は新たに関節を設けたことにより格闘戦能力と作業性の向上を可能にした。また、頭部には魚雷発射管を4門、胴体部には120mmマシンキャノンを2門を装備する。追加武装として腕部にはめる形で搭載されるハンド・ミサイル・ユニットがある。これは腕部先端にミサイルを装着し、航行時の抵抗を軽減するためフェアリングで覆ったものである。発射時にはフェアリング先端が三方に展開し、ミサイルの発射と同時にそれに伴う排煙圧によりパージされる。

また、武器ではないがズゴックEと共通のオプション装備として機体背部にジェット・パックを搭載することができる。これは化学燃料式のロケットであり、機体自身のスラスターと併用することで一気に水中から飛び出し、離水、攻撃するといった高い強襲能力を持たせることができる。これらと機体の小型軽量化によってゴッグに比べて総合的な戦闘能力や運動性が飛躍的に向上した。しかしその反面、ゴッグの最大の特徴でもあった防御力は大きく低下しており、ジム寒冷地仕様のマシンガンに装甲を撃ち抜かれて撃破された例もある。

水中での航行には他の水陸両用MSと同様に熱核水流ジェットを使っている。航行時には腕を縮めて折りたたんだショルダーアーマー格納し、脚部も縮めることで抵抗を軽減させ水中航行能力も高くなっている。またその際、モノアイスリットは下部からせり上がるシャッターで覆われる。ジェット・パック基部にはサーチライトが設置されている。

機体がロールアウトしたのは一年戦争末期であり、生産数が限られていた。これには異説があり、高い完成度と生産性のため、多くが量産されズゴックEと共に運用されたともいわれる。本機は、後のネオ・ジオンによる地球侵攻の際にカプールの開発の参考となった。

劇中での活躍
『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』では、1話に登場。アンディ・ストロースミハイル・カミンスキーガブリエル・ラミレス・ガルシアが搭乗し、サイクロプス隊隊長であるハーディ・シュタイナーのズゴックEと共に地球連邦軍の北極基地を強襲した。パイロットの腕も相まって迎え撃つジム寒冷地仕様部隊を翻弄し、アンディ機が連邦軍の新型MSを格納したコンテナを発見している。しかし、コンテナを搭載する連邦軍のシャトルはすでに打ち上げまで秒読み態勢に入っており、アンディ機は僚機の到着を待たずに突出。結果、シャトルの護衛機による攻撃を受け撃破され、彼自身も戦死している。
OVA『機動戦士SDガンダム Mk-IV』収録の「夢のマロン社「宇宙の旅」」には、通常のゴッグと同様のカラーリングの機体が登場。ジャブロー攻略戦に参加しており、宇宙世紀に迷い込んだマロン社の宇宙船ガブスレイ号(SD体型)に対し、2機がズゴックEとともにジャブローの河川内で魚雷攻撃を行い、撃破している。
デザイン
デザインは出渕裕。デザイン画には「ゴッグ改」との記述もある[18]。腕部分はこれ以前にラフデザインを担当したカプールのラインを進めて自分のコンセプトを入れたと述べ、『0080』の中で一番自信のあるデザインだと語っている[19]。他の『0080』登場メカの多くは元々は新型機ではなく、テレビシリーズに登場した元機体のリメイクだったが、ハイゴックだけは大幅にデザインを変えたため、初めから別機体として考えてたという[20]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『ENTERTAINMENT BIBLE .1 機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.1 一年戦争編』(バンダイ、1989年)
  2. ^ a b c d e 『テレビマガジン』1981年2月号付録『機動戦士ガンダム大事典』上巻(講談社)
  3. ^ 『B-CLUB VISUAL COMIC 機動戦士0080 ポケットの中の戦争 VOL 2』(バンダイ、1989年)
  4. ^ a b c d 『機動戦士ガンダム公式百科事典 GUNDAM OFFICIALS』(皆川ゆか、講談社、2001年3月)292-293頁。
  5. ^ 『模型情報・別冊 MSバリエーション・ハンドブック2』(バンダイ、1983年5月)11頁。
  6. ^ テレビ版第28話の戦闘中、アムロ・レイは水中におけるビームライフルのパワーは半分以下と発言している。
  7. ^ ガンダムのシールドを破壊した射撃武器には、ザク・バズーカ、ジャイアント・バズーカ、ブラウ・ブロとジオングのメガ粒子砲、ジャブロー戦におけるガンダム自身のビーム・ライフルがある。
  8. ^ 最初の設定ではミサイル。しかし、必要に応じて魚雷も搭載できた可能性がある。
  9. ^ テレビ版第27話で、ズゴックとゴッグの乗り心地を比較している。
  10. ^ 『機動戦士ガンダム ガンダムアーカイブ』(メデイアワークス、1999年6月)97頁。なお『コミックボンボン』1982年6月号ではこれを「ゴッグ試作一号機」としている。
  11. ^ 1981年発行の『講談社ポケット百科シリーズロボット大全集[1]機動戦士ガンダム』P125などに見られる。ちなみに同書は書籍でありムックではない。
  12. ^ 徳間書店『ロマンアルバム 機動戦士ガンダム』P138
  13. ^ 講談社『ポケット百科シリーズロボット大全集[1]機動戦士ガンダム』P42、124
  14. ^ 株式会社日本サンライズ『機動戦士ガンダム台本全記録』より[要ページ番号]
  15. ^ 株式会社日本サンライズ『機動戦士ガンダム記録全集』より[要ページ番号]なお、本書にはゴック、ゴッグの表記が混在している。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l 『SD CLUB』第9号(バンダイ、1990年2月)31頁。
  17. ^ 『大河原邦男アイアンワークス』(バンダイ、1989年11月)103頁。
  18. ^ 株式会社ムービック『出渕裕メカニカルデザインワークス1』26頁。
  19. ^ 株式会社ムービック『出渕裕メカニカルデザインワークス1』27頁。
  20. ^ 株式会社ムービック『出渕裕メカニカルデザインワークス1』96頁。

関連項目[編集]