ケリィ・レズナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ケリィ・レズナー (Kelley Layzner)は 、OVA機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する架空の人物。(声:玄田哲章

人物[編集]

OVA版第6話「フォン・ブラウンの戦士」に登場。

元ジオン公国軍宇宙攻撃軍所属のモビルスーツパイロットで、当時の階級は大尉。左腕を失っており、この負傷が原因でモビルスーツの搭乗資格を剥奪されたらしい。一年戦争後は月面都市フォン・ブラウン市でジャンク屋として生計を立てていた。

アナベル・ガトーの戦友であり、ガトーからのビデオメッセージの内容から、固い信頼関係で結ばれていることが窺える。ニナ・パープルトンとも面識がある。

一年戦争時のケリィを描いた作品はいくつかあり、漫画『機動戦士ガンダム0083 星屑の英雄』ではジャイアント・バズを2丁装備したリック・ドムで出撃し、アムロ・レイガンダムに左腕を落とされている。一方、漫画『いけ!いけ!ぼくらのVガンダム!!』に収載されている『ソロモンの悪夢』では、搭乗したビグロごとソーラ・システムに焼かれ負傷する様子が描かれている。また、ゲーム『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙』では、ケリィ自身がアムロに撃退される場面があり、こちらの搭乗機もビグロである。

劇中での活躍[編集]

劇中では、月面上の都市、フォン・ブラウン市の歓楽街でチンピラに絡まれ裏路地に倒れていたコウ・ウラキを、自宅に運びこんで以後、コウと暫し同居生活を送る。倉庫に眠っていたヴァル・ヴァロに興味を寄せたコウと共に、その修繕作業を行う。その間シーマ・ガラハウと接触し、星の屑作戦への参加意志を表明する。ガトーからもビデオメッセージで星の屑作戦への参加を要請されている。

しかしシーマの目当てがヴァル・ヴァロのみで、自分は放り出すつもりと知ったケリィは激怒。フォン・ブラウン市街への攻撃を脅迫材料に、アルビオン搭載のガンダムへ勝負を挑む。ケリィのヴァル・ヴァロは、コウの駆るガンダム試作1号機フルバーニアンに善戦するも、詰めを誤って撃墜される。コウに脱出を促されたが、脱出装置は最初から積み込んでおらず、結局は乗機と運命を共にしたことから、始めから戦って死ぬつもりだった模様。その際、ヴァル・ヴァロが掴んでいたガンダム試作1号機フルバーニアンの下半身ブロックを、自機の巻きぞえにさせないためか爆発直前に放出している。

劇場版『機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光』にも登場するが、前述の決闘がカットされ、ただの街のジャンク屋という端役で終わっている。 

漫画『機動戦士ガンダム0083 星屑の英雄』では月に潜伏中のガトーを匿っていた。ガトーにヴァル・ヴァロの存在を仄めかすものの、星の屑作戦には参加しない。終盤に月でガトーの死を感じ「十分に生きたよな」と彼に弔いの言葉を掛けた。

搭乗機[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]