Developers 機動戦士ガンダム Before One Year War

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Developers
機動戦士ガンダム Before One Year War
漫画
作者 山崎峰水
出版社 角川書店
掲載誌 ガンダムエース
発表期間 2001年12月 - 2003年10月号
巻数 全1巻
話数 全11話
テンプレート - ノート

Developers 機動戦士ガンダム Before One Year War』(デベロッパーズ きどうせんしガンダム ビフォア ワン イヤーウォー)は、山崎峰水の漫画。原作は矢立肇富野由悠季角川書店の漫画雑誌『ガンダムエース』にて2001年12月号から2003年10月号まで連載された。

概要[編集]

一年戦争が始まる数年前を舞台に、ジオニック社のテオ・パジトノフが作業機器建造会社「ホシオカ」に、ジオニック社の社運をかけた核融合エンジン搭載の新型作業機器の開発を依頼。社員に問題はあるが、腕のいい職人気質がそろうホシオカがいまだ誰も作ったことのないモビルスーツを完成させ、MS-05ザクIの基礎を築き上げるという物語。

ホシオカの面々はあくまでも作業用機械としてのモビルスーツを制作しているつもりであり、潰れかけた会社を立て直すという意欲はあっても、軍用兵器を作っているという意識はない。

登場人物[編集]

テオ・パジトノフ
ジオニック社社員で、モビルスーツ外注開発主任。どこかしらのんびりした人柄で、失言が多い。日本酒に弱く、脱ぎ上戸。
ミオン・ホシオカ
「ホシオカ」の社長令嬢(といっても、そうは見えないとテオ主任はつぶやく)。負けず嫌いで好奇心が強く、使命感も高い。作業機器の扱いもうまく、モビルスーツの操縦能力はかなりのもの。宇宙世紀0076年に設立された教導機動大隊で使用されたシミュレーターのエグザンプル・データは、彼女のシミュレーションデータが元になっていると言われている。
ゲンザブロウ・ホシオカ
「ホシオカ」の社長。宇宙世紀に残る江戸っ子大工といったところ。社訓は「来る仕事こばまず」で、傾きかけた「ホシオカ」を立て直すべく危険極まりない熱核エンジン搭載のモビルスーツ製造を引き受ける。エンジニアとしての知識は見た目によらずかなりのもの。ただし、機密保持能力はゼロで、軍事機密を平然とマスコミに話したり、モビルスーツのテスト機を屋外に持ち出したりして(あまりのザル振りに、当のジャーナリストは記事にはせず取材データを「5億」でジオニック社に売りつけた)上層部を慌てさせた。
ヤス・ニシカワ
「ホシオカ」社員。メカニック開発担当。かなり頭が切れる中小企業にはもったいない逸材。普段着は「その道」の人風。
オバちゃん
宇宙世紀に生き残るまさにオバちゃん。密輸品のお菓子をどこからともなく調達してきては食べているシーンが多かった。
おじいちゃん's
お茶を注いでもらわないと仕事をしないわがままな人たち。しかし技術者としての腕前は本物で、Å単位の作業を長年の勘と経験で難なくこなす。その技術は、ジオニック社のエンジニアを驚愕させた。
部長
テオの直接的な上司。「ホシオカ」社員の素行や機密保持能力ゼロの対応を問題視し、「ホシオカ」を下請けから外す決定を下した。しかし、コンペの結果からモビルスーツの開発には「ホシオカ」の技術が必要な事を認識し、全面的なバックアップを行っていく。
エリオット・レム
ジオニック社のモビルスーツ開発主任・及びテストパイロットでサイド1出身。テオの上司。計り知れない能力の持ち主として描かれている。しかし、モビルスーツのコンペで、AMBACを見事に使いこなすミオンに破れる。モビルスーツの基礎設計を行った人物として宇宙世紀の歴史にその名を残す。
ギレン・ザビ
ザビ家の長男。後半のいたるところで登場。ミオンの操縦技術に感嘆している。ミオンが使ったシミュレーターに自ら搭乗して、モビルスーツの操縦を体験したらしい。

その他[編集]

各話リスト[編集]

  1. Project.01 出向! ホシオカ工場
  2. Project.02 激論! 受注説明会
  3. Project.03 新設! 放射能防御工区
  4. Project.04 導入! バーチャルオペレーターシステム
  5. Project.05 発覚! コンピューター・バグ
  6. Project.06 入力! モーションキャプチャー
  7. Project.07 暴露! ホシオカの秘密?
  8. Project.08 哀愁! やさぐれゲンザブロウ
  9. Project.09 白熱! コンペティション
  10. Project.10 画策! 軍事介入
  11. Project.11 誕生! MS-05ザク

単行本[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「MSV-R 虹霓のシン・マツナガ」コミックス3巻 p.82
  2. ^ 『アッガイ博士』コミックス2巻 p.38