ジャブロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャブロー (Jaburo) は、

  1. アニメ作品のガンダムシリーズに登場する架空の地名、及び軍事基地の名前。一年戦争以前からグリプス戦役初期までの地球連邦軍の総司令部である。
  2. 漫画HELLSING』に登場する架空の基地の名前。南米にあるミレニアムの地下基地。名称は「1」に由来する。

本項では、「1」について説明する。

概要[編集]

南米アマゾン川流域にあるとされ、地下の巨大な鍾乳洞を利用している。地下空洞は大小複数の空洞を連結したもので、広い箇所は工場などが林立し、全高18メートルのモビルスーツ (MS) がジャンプ出来るほど大きい。全長は280kmにも及ぶとされる[1]

広大なジャングルに覆われた、強固な地盤の深地下にある。そのため通常兵器はもちろん、核兵器による爆撃にも耐え得る。地上には火砲やミサイルが多数配備されているうえ、防衛用の戦闘機を発着時のみ開口するカタパルトから発進させられる。その他の外部との出入り口も、植物や地面にカモフラージュされていたり、水面下に隠されていたりして位置を特定しにくい。長期間自給できる膨大な物資を蓄えた、難攻不落の要塞である。

更には基地施設だけでなくMSや艦船の工場、艦隊クラスの数の艦艇が停泊できるだけのドック、複数の宇宙艦艇を同時に打ち上げる事が出来る簡易マスドライバーの宇宙港、大規模兵器庫、保険庁、参謀本部までも備えており、名実共に連邦軍の心臓部・頭脳部である。このため連邦軍高官の一部、特に守旧派・官僚主義者は、前線で指揮せず安全なジャブローに引き篭もっており[2]スペースノイドのみならず、連邦軍のレビル将軍ですら、このような連邦軍高官らを「(ジャブローの)モグラども」と軽蔑している。

一年戦争時、前線に出ずキャリアを積み出世コースを歩もうとする軍人にとっては、ジャブロー勤務は憧れであったようである。これはOVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』でのイーサン・ライヤーがコジマを懐柔すべく発した「ジャブローのオフィスは快適だよ」の台詞にも表れている。一方で、最前線などで戦う兵士からは、現場を知らないエリートという皮肉を込めて「本社」などとも呼ばれている。

なお、「地球連邦本部」とする記述もあり、政府機関が疎開していた可能性がある。この場合、地球連邦の政軍中枢が集中したことになり、ジオンがジャブロー攻略に固執した一因になる。漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』ではア・バオア・クー攻防戦中の会議に多数の連邦政府関係者が参加しており、連邦政府も疎開していたと思われる描写がある。

作中での描写[編集]

一年戦争時[編集]

一年戦争時の描写。

ジオン公国軍はジャブローの大まかな所在は把握しており、開戦当初、連邦軍の大本営であるジャブローを目標としてコロニー落とし(ブリティッシュ作戦)を実施した。だが連邦軍宇宙艦隊の迎撃で損傷したコロニーは大気圏突入後に崩壊し、破片がオーストラリア大陸東海岸、太平洋北アメリカ大陸に落下。大被害を及ぼしたものの、ジャブロー自体は無傷だった。

南極条約で再度のコロニー落としを封じられたジオン軍は、占領地からガウによる空爆を度々実施した。厚い地盤と対空砲火に阻まれてジャブローが受けた被害は少なく、連邦軍兵士からは「定期便」と揶揄された。

一年戦争後期、それまで地球をほぼ1周してきたホワイトベースが到着する(『機動戦士ガンダム』第29話「ジャブローに散る!」)。この時、ホワイトベースの行動を察知していたシャア・アズナブル指揮するマッドアングラー隊が尾行しており、入港の際に宇宙船用ドックを発見されてしまう。

これを機にジオン軍は、オデッサ作戦の敗北以降劣勢となっていた地上でのミリタリーバランスを覆すべく、キャルフォルニアベース等の北米方面軍を中心とした多くの戦力を投入し、宇宙船ドックを主要な攻撃目標としたジャブロー攻撃を敢行する[3]。この時、シャア率いる工作部隊は水陸両用MSを使って潜入に成功するも、工場内に置かれていたMS(これからの一大反攻作戦のため、ジムの初期生産型を改良した機体が量産され、待機していた)の爆破工作に失敗し、ホワイトベース隊の活躍もあり、部隊はシャアを除いて全滅する。

また、ガウにより空輸されたMS部隊も、降下前に輸送機ごとまたは降下中に対空砲火の餌食となったり、着地したところを砲撃されたりして、侵入前から相当数を損耗。地上に降下できた戦力も大規模な侵入口は確保できなかった。地下施設に突入できた一部MSも、洞窟内や連結部の隘路ではMSの優位性を発揮できず、連邦軍防衛隊の必死の抵抗に攻めあぐねる。

この結果、ジオン軍は攻略の見通しが立たないままMSの半数を損耗し、撤退を余儀なくされた。この作戦で地上戦力を損耗したジオン軍は戦力の立て直しと守勢に回らざるを得なくなり、連邦軍の本格的な反撃が始まるきっかけとなる。

連邦軍にほとんどMSが無かったにもかかわらず、ジオン軍の総力を挙げた猛攻撃に耐え抜いたことからも、ジャブローの堅牢さと戦力の充実ぶりがうかがえる。

密林に隠されたジャブロー宇宙港からはその後、反攻作戦のためマゼラン級戦艦サラミス級巡洋艦が多数打ち上げられた。ジオン軍はジャブロー直接攻撃ではなく、宇宙からジャブロー上空に改造MSを降下させて、打ち上げ途中の連邦軍艦艇を襲撃する戦術に切り替えたが、連邦軍のミサイルや戦闘機に迎撃され、戦果は数隻の撃沈にとどまった(『機動戦士ガンダム MS IGLOO -黙示録0079-』第1話「ジャブロー上空に海原を見た」)。

デラーズ紛争時[編集]

デラーズ紛争時(『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』)での描写。

序盤はデラーズ・フリートに奪取されたガンダム試作2号機による核攻撃の標的と考えられており、終盤ではコロニー落としの標的にされるものと思われていた(小説版では、ソーラ・システムIIによる破壊失敗時に、ジャブロー全域に総員退去命令が発令されている)。最終的に、コロニーは北米大陸の穀倉地帯に落着し、ジャブローは難を逃れた。しかし、コロニー落としの攻防戦の最中、ジャブローの中では権謀術数が渦巻いていた。

グリプス戦役の時に確認された「大型滑走路」が設営されている(ただし、作品としてはこちらが後発である)。

グリプス戦役時[編集]

グリプス戦役時(『機動戦士Ζガンダム』)での描写。

前作に引き続き、地球連邦軍の拠点として描写されたが、グリプス戦役初期にエゥーゴが地球軌道上に展開した艦隊からMS部隊をジャブローに降下させ、グリプス戦役では初の大規模な地上戦が繰り広げられた。この時、既にティターンズが基地の実権を握り、地球連邦軍は最高司令部を移転させた後であった。エゥーゴの襲撃を事前に察知したティターンズは本拠地を移動した上で、地下に核爆弾を設置し、エゥーゴの降下部隊を、ティターンズの追撃隊やジャブロー守備隊もろとも抹殺しようとした。結果的にはエゥーゴ、ティターンズ、連邦軍のほとんどが脱出したが、これによりジャブローは壊滅した。

なお、ティターンズは「核爆弾を使用したのはエゥーゴやカラバだ」と発表し、自分たちの行為を隠蔽した。事の真相を知っていたのはティターンズの上層部と同地にいた者のみで、大多数のティターンズ将兵はこの発表を信じて、エゥーゴを危険視することとなった[4]

この時、基地防衛隊に配備されていたのは航空機や『MSV』に登場するMS、即ち一年戦争時代の旧式ばかりであり、基地防衛隊が捨て石であったことを暗に示している。『機動戦士Ζガンダム』第12話「ジャブローの風」では、ジム・キャノンジム・スナイパーカスタムグフ飛行試験型ザクタンクガンタンクIIなどが登場している。

なお、一年戦争時のジャブローは上空からカモフラージュされた秘密基地で、砲台など一部の地上施設を除き、マスドライバーなどは地下収納式として描かれていた。ジオンの脅威がなくなった戦後は、滑走路などの地上設備が大幅に増設された模様である。脱出時にはガルダ級などの輸送機がそこから離陸した。

機動戦士Ζガンダム Define』ではこの後、機能は南太平洋のポートモレスビー基地へ移っている。

その後[編集]

U.C.0090年を舞台とした漫画『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』においては、核爆弾で壊滅したのは司令部などの中枢部のみで、外縁部などの施設は無事であるとされている。外縁部の西区宇宙船建造ドック兼発射台にザンジバル級機動巡洋艦「サングレ・アスル」が秘匿され、民間軍事会社「テミス」によって防衛されている。

U.C.0093年を舞台とした漫画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の時点では、連邦軍中枢機能はチベットラサに移転していた。

U.C.0153年を舞台とした漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』においては、半世紀以上前に放棄された、とされており、爆心地は巨大な地底湖となっている。

宇宙世紀終焉後の遥かな未来、リギルド・センチュリーと呼ばれる時代のR.C.1014年を舞台としたアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』では第26話に地下遺跡となって登場。ベルリ・ゼナムの操縦するG-セルフとマスク大尉の操縦するカバカーリーの決戦の舞台の一つとなった。中には朽ち果てたズゴックが2体残っていた。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』での変更点[編集]

漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、アマゾン川流域の地盤などを考慮するとアマゾン川流域という設定には無理があるため、所在地はギアナ高地ロライマ山に変更されている。劇中ではジャブロー建設に伴う周辺地域の急速な開発による治安の悪化や現地住民との軋轢などが描かれており、南米ブラジリアにジャブロー計画推進本部が設置され、建設の総責任者としてゴップが担当部長を務めていた。またそれに合わせて『ガンダムエース』誌上にて、前田建設ファンタジー営業部により建設費用見積もりもなされている。

アニメ版ではジャブロー侵攻戦が地球上での物語のクライマックスであったが、本作ではクライマックスはオデッサ作戦に変更されており、ホワイトベースの進行経路もジャブロー侵攻戦とオデッサ作戦の順番が入れ替わっている。侵攻戦でのジオン側の司令官は、作品オリジナルキャラクターのガルシア・ロメオ少将。

アニメ版のような、地球上での雌雄を決する総力戦というほどではなく、出入り口確保によるガウ編隊とザクIIを中心とした奇襲戦として描かれている。また、参加したMSもザクIIの他はMAのアッザム程度である。開戦と同時に、開いたハッチからほぼ全軍が内部に突入したため、大規模な地上戦は行われず地下での戦いがメインとなった。罠によってジオン主力部隊が落盤で壊滅し、あっさりと殲滅された。

この戦闘でジムが実戦に大量投入されており、ジムをガンダムと誤認したザク部隊が怖気ついたため、ジムに圧倒されて戦線崩壊する様子が描かれている。なおガンダム自体はコアポッド内蔵式に改装中だったためアムロもジムに搭乗して出撃、操縦系の反応の悪さに苦労しながらもシャアのズゴックを辛うじて撃退している。

名称[編集]

放映当時に監督の富野由悠季が雑誌のインタビューで、最初は「シャングリラ」という名称にしようと思ったが、オカルト的な名称に批判的だった安彦良和に反対されたので「ジャブロー」にしたと語っている[要出典]。なお「シャングリラ」は後に『機動戦士ガンダムΖΖ』でスペース・コロニーの名称に用いられた。

脚注[編集]

  1. ^ 『ロマンアルバム・エクストラ44 機動戦士ガンダムII 哀 戦士 編』徳間書店、1981年9月、88頁。
  2. ^ 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、内部に映画館が存在している描写、飲酒をする軍高官などが描写されている(第8巻)。
  3. ^ 総攻撃とする解説もあるが、テレビ版、映画版ともに、ゴップ提督などが「かなりの大部隊だな」「とはいってもジャブロー全体を攻撃するのには少なすぎる」「狙いは宇宙船ドックのあるAブロックのみ」と語っている。
  4. ^ 30バンチ事件などのバスク・オム配下のティターンズ部隊の蛮行は、大多数の連邦正規軍とティターンズの一般将兵には知らされていなかった(『機動戦士Ζガンダム』第7話、『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』)。

関連項目[編集]