クスコ・アル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クスコ・アルは、小説『機動戦士ガンダムII』(富野喜幸著)に登場する架空の人物。

モビルアーマーエルメス」の専属パイロット(ゲーム作品での榊原良子)。

劇中での活躍[編集]

サイド6船籍の貨物船「カセッタIII」の乗組員として登場。一年戦争終盤、テキサス・コロニーララァ・スンの操縦するエルメスと相打ちになり、ガンダムを放棄してコア・ファイターの中で宇宙空間を漂っていたアムロ・レイを救助する。機密保持のためコア・ファイターを破壊するアムロを手助けし、カセッタIIIの船長に詰問された際には、コア・ファイターが爆発した時間帯には2人で自分のベッドに居たと主張するなど、彼に協力的な立場を取る。実はこの時点で既にフラナガン機関によってニュータイプ兵士としての訓練を受けていたとされる。

アムロをサイド6に届けた直後、シャア・アズナブルキシリア・ザビの命で編成したニュータイプ部隊に配属される。階級は中尉。最初の模擬戦ではシャアの部隊のリック・ドム6機を一瞬のうちに単機で殲滅し、パイロットとしての極めて高い能力を見せつける。

テキサス・コロニーでのペガサス(小説に登場するホワイトベース級1番艦)大破後、新たにホワイトベース級2番艦「ペガサス・ジュニア」を核に編成された地球連邦軍のニュータイプ部隊「127戦隊」とは、グラナダ攻防戦の緒戦で初接触。サラミス級巡洋艦2隻を短時間で撃沈する戦果を挙げる(うち1隻はリック・ドムによるものとも考えられる)。しかしこの戦闘でアムロの操縦するガンダム(識別ナンバー「G3」と呼ばれ、3機製造されたガンダムの3番機をオーバーホールしてマグネット・コーティング処理をした機体という設定)にかすり傷を負わされる。

二度目の接触は「コレヒドール暗礁」と呼ばれる小惑星帯での戦闘で、ここでアムロのガンダムに撃墜され戦死。死亡の瞬間、アムロはクスコ・アルの過去を幻視する。

作中では、エルメスのパイロットとしてララァよりも優秀であり、ニュータイプ能力も高いとされる。幼少時にはバイオリンを父から習っており、「G線上のアリア」を弾く際には左手小指のフィンガリングが甘く、半音もズレた音を出していたらしい(作中の描写から、両親は地球連邦軍兵士に虐殺されており、彼女自身も性的暴行を受けた事が示唆されている)。髪の毛は栗色(ゲーム作品ではピンク色)で、アムロを「坊や」と呼んでいた。

MSV』においても、エルメス2号機のパイロットとして存在が確認されている。しかし、どういう活躍をしたのかは不明。

『ガンダム記録全集』の「トミノメモ」によれば、『機動戦士ガンダム』の4クール放映時にデギン・ザビの秘書として登場する予定であった。それによれば、連邦へ降伏するデギンに付き添いホワイトベースに乗船するが、ジオン公国の生命線といえる木星船団への襲撃を知った為に艦を脱出。それを知ったブライト・ノアに射殺されるというものであった。

戦闘中の思念交錯でアムロから肉体関係を迫られ了解している。最後はアムロとララァと共に霊体となって昇天した。

関連項目[編集]