マゼラアタック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マゼラ・アタックMAGELLA-ATTACK, MAZELLA ATTACK)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。初出は、1979年に放送されたテレビアニメ機動戦士ガンダム』。

作中の軍事勢力の一つ「ジオン公国軍」の大型戦車。現実の戦車よりも取り付け位置の高い砲塔が特徴で、この部分を切り離して短時間の飛行を行うことができる。作中では、おもに人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」の後方支援を担当する。

近藤和久の漫画作品では「マゼランアタック」と表記される。

機体解説[編集]

諸元
マゼラ・アタック
型式番号 PVN.42/4[1] または HT-01B[2]
(成立の経緯については本文も参照)
全高 13.4m[3]
全長 10.2m[4]/15.9m[3]
全幅 7.4m[3]
全備重量 62t[4]/42.4t[3]
動力源 ガスタービン・エンジン[4]
最高速度 120km/h[4]/99.4km/h[3]
マゼラ・トップ:300km/h[3]
武装 175mm砲×1[4]
/155mm榴弾砲×1[3]
35mm機関砲×3[4]
/3連装バルカン砲×1[3]
使用弾種 成型炸薬弾(HEAT)[5]

装弾筒付翼安定徹甲弾(APFSDS)[5]

乗員人数 2名[4]
搭乗者 クラウレ・ハモン
ボーン・アブスト
バリー
ルネン
ジオン公国軍一般兵

ジオン公国軍の地球降下作戦に先立ち、高価で大量配備がむずかしいMSを補完するべく[6]、ほかの陸上、航空兵器とともに開発された[7]一年戦争では、実質的なジオン軍地上戦力の中核として活躍する[8]

地球連邦軍側の主力戦車61式戦車と異なり、MSを火力支援するコンセプトで開発された自走砲に近い戦闘車輌で[6]、戦車としては非常に高い位置に設置された非旋回式の砲塔を持つ[9]

VTOL機能を持つ有人の砲塔部「マゼラ・トップ」と、無人の車体部「マゼラ・ベース」構成され[5][10]、マゼラ・トップ単体での空中戦闘が可能となっている[6]。ただし、一度分離すると現地での再接続はできず[11]、飛行時間も5分と短い。この特異なメカニズムのため取りうる戦術の幅は広く[6]、運用によってはMSに匹敵する戦力となった。

またマゼラ・トップの搭載砲を降ろし、ザク用の携行兵器「マゼラ・トップ砲(型式番号ZIM/M・T-K175C)」として使用することもできる[12]

派生機として、マゼラ・ベースにザクの上半身を乗せたザクタンクがある。アニメには登場しない派生作品での非公式なバリエーションとして、分離機能を排除しマゼラ・トップのコックピット部にカメラセンサーを据え付けたもの、排気口を砂漠戦に適した形状に変更したデザートタイプ[13]、対空戦車に改装された「マゼラフラック」、自走迫撃砲「マゼラベルファー」などがある。

設定の変遷[編集]

テレビ放映当時は具体的な公式設定は存在せず、上記の設定の大半はムックや模型、漫画での非公式設定で補われた。このうち、火砲の口径や射程などはムック『ガンダムセンチュリー』の設定である。

マゼラトップ砲は、『機動戦士ガンダム』では十分な補給の受けられなかったランバ・ラル隊残党が臨時に用いた兵器として登場。その後、模型やゲーム、OVA機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場し、一般的なザクの装備と設定変更される。

ザクタンクは雑誌「コミックボンボン」の模型改造企画に登場したものがMSVとして模型化され、『機動戦士Ζガンダム』に登場することで、公式の存在となった。

型式番号[編集]

型式番号「HT-01B」は個人のウェブサイトで創作された非公式設定を元に、Wikipediaの当記事に無断で転載・改変されたものが『第08MS小隊』WEBに再転載されて以降、広まったものである。この設定は当記事に転載される際に改変がされているため、事実上Wikipedia上で創作された設定を元に定着した結果となっている[14]

後発の資料で異なる型式番号(PVN.42/4)が掲載されたこともあるが、一方でROBOT魂などで現在もHT-01Bは使用されている。

劇中での活躍[編集]

『機動戦士ガンダム』の物語序盤に登場。ガルマ・ザビ大佐率いるドップやザクとともにホワイトベース隊に攻撃を行う。また、マ・クベの部隊でも多数使用され、オデッサ作戦では連邦軍の61式戦車隊と交戦する。マゼラトップやマゼラトップ砲はランバ・ラル隊の貴重な戦力としても使用され、マゼラトップの飛行機構を駆使してガンダムを追い詰める。マゼラトップをカーゴサムソンの荷台に載せ、移動砲座とする描写もある。

OVA機動戦士ガンダム第08MS小隊』では、第9話に登場。オデッサで敗退し、撤退するジオン軍部隊のための時間稼ぎとして、ボーン・アブスト大尉率いる3両のマゼラアタックが第08小隊に対し待ち伏せ攻撃を行う。この際、車体を塹壕に隠し砲塔だけを出し、周囲にスクラップを散らして金属反応を欺瞞する。結果、HEAT弾により陸戦型ガンダム一機の脚部を損傷させる。一両を撃破されるも戦死者はなく、作戦の目的を果たす。 OVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線』第1話では、歩兵の誘導ミサイルによって撃破される場面がある。第2話(0079年7月設定)では、マゼラアタック部隊が連邦軍欧州方面軍の61式戦車部隊と交戦するも、一方的に撃破され後退する。第3話のオデッサ作戦では、マゼラアタック部隊が陸戦強襲型ガンタンク3輌と交戦。ガンタンクのミサイルや火炎放射攻撃により、まともに反撃できずに殲滅される。

脚注[編集]

  1. ^ 『機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線』第2巻ブックレットなどより。
  2. ^ 機動戦士ガンダム第08MS小隊WEB、およびROBOT魂「マゼラ・アタック」。
  3. ^ a b c d e f g h 『TV版 機動戦士ガンダム ストーリーブック1』講談社、1981年3月、126頁。
  4. ^ a b c d e f g 『ファンタスティックコレクション・スペシャル 機動戦士ガンダム・マニュアル』(大河原邦男・松崎健一監修、朝日ソノラマ、1981年3月)。
  5. ^ a b c OVA『機動戦士ガンダム第08MS小隊』での描写より。
  6. ^ a b c d 機動戦士ガンダム第08MS小隊WEB「メカ-ジオン軍-マゼラアタック」
  7. ^ 『講談社ポケット百科シリーズMSV』では、「公国軍M1戦車をベースとして開発された」としている。マゼラ・アイン空挺戦車との関連性は不明。
  8. ^ 機動戦士ガンダム公式Web「メカ-ジオン軍-マゼラアタック」
  9. ^ 2006年発売のプラモデル「EXモデル マゼラアタック」では旋回する。
  10. ^ テレビ版第21話、ハモンとタチ中尉の会話から砲塔部分の名称が明らかになる。
  11. ^ ガンダムアサルトサヴァイブ」では、何度も分離飛行・現地での再接続が可能。
  12. ^ テレビ版第21話、タチや、『第08MS小隊』第8話のデルのザクが装備する。
  13. ^ 「EXモデル マゼラアタック」組立説明書およびパッケージ。
  14. ^ 創作元サイト「Fly on the Cloud! オータム マガジン」宇宙世紀の駄ッ作機・創作形式に関するメモ参照。ただし創作元の記事[1]ではHT-01Aとしており、HT-01Bの出典は同サイトの別記事[2]で創作された非公式バリエーションの型番である。改変状況については型番が掲載された「Wikipedia:マゼラアタック」の2006-6-17の版も参照。