滑腔砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

滑腔砲(かっこうほう[1]:smoothbore、スムーズボア)は、砲身内にライフリング(施条)が無い砲のこと。

概要[編集]

L16 81mm 迫撃砲の砲身内部(滑腔砲)。ライフリングが刻まれていない
120mm迫撃砲 RTの砲身内部(施条砲)。ライフリングが刻まれている

銃砲身の内側に螺旋状のスジを刻み、射出される弾に回転を与え弾道を安定させる、ライフリングの概念が発明されたのは15世紀末頃だが、前装式(先込め式)での装填作業性が大きく劣るという問題から、本格的な普及は砲尾を開閉できる後装式大砲と共に19世紀も末頃からであった。それ以前の砲身は火器の誕生以来の、素通しの筒である滑腔砲身であった。 20世紀の前半までにほとんどの大砲は命中精度・有効射程に優れるライフル砲に取って代わった。一方、滑腔砲には抜弾抵抗(銃砲身内を進む弾が受ける抵抗)が小さく、砲身への負荷も抑えられ、同じ初速のライフル砲よりも薄弱な砲身で済むメリットがある(右図の砲身の肉厚の差にも注目されたし)。20世紀の後半以後、この点を活かし高初速化を図った戦車砲と、軽量・低コストを追求した小口径迫撃砲グレネードランチャーにおいて滑腔砲身が復活した。

戦車においては第二次世界大戦後、技術レベルの向上に伴い装甲の防御力増強が顕著になり、これを撃破するために高威力の砲が求められたものの、実用上の重量制限から砲の大口径化には制限が付いていた。そこで、HEAT弾APDS弾が開発され、以後の対戦車戦闘における主力となったが、この二つの弾種には以下のようにライフリングによって加わる弾体の回転が不利に作用する特徴があった。

HEAT弾
収束させたメタルジェットで相手の装甲を撃破するため、ライフル砲で発砲すると、着弾時にメタルジェットが遠心力の影響を受けて収束せず、威力が減衰してしまう。
APDS弾
細長い弾体を高速回転させた場合、逆に安定性が低下してしまい、威力・命中率がともに低下してしまう。

上記理由により、戦車砲の分野においては再び、滑腔砲が主流となっている。APDS弾から発展したAPFSDS弾についても同様のことが言える。戦車用砲弾の開発は、現行主力である滑腔砲用が優先され、後で旧式戦車の戦力底上げにレトロフィットされるのがセオリーとなっているが、これらのライフル砲でAPFSDSやHEATを射撃する場合は、ライフリング付き砲身内での回転運動を弾頭に伝えないよう、弾頭の外周にスリッピングバンドやベアリングを仕込むという二度手間状態になっている。

一方、滑腔砲がライフル砲に比して弾道の安定性が劣り有効射程が短いという定性には依然変わりがない[2]。戦車を中距離から近距離で用いる戦闘兵器と割り切って遠距離戦は他の対戦車ミサイル等に任せる、あるいは砲弾ではなく砲発射型対戦車ミサイルを用いる等して補っている。それでも、21世紀現在の戦車がなおも歩兵支援や建造物内への攻撃に使用する通常榴弾の射撃における不利はカバーできない。むろん装甲貫通力を重視せずAPSFDSやHEATを射撃しない艦砲榴弾砲などは全てライフル砲である。

世界最初の滑腔戦車砲は、イギリスロイヤル・オードナンス105mm ライフル砲L7に対抗するためにソ連T-62に搭載された55口径115mm滑腔砲U-5であるが、これは、APDSにおける装弾筒の分離に問題が生じたためで、積極的な滑腔砲の採用とまでは言い切れない。U-5に続き、T-64戦車に採用されたD-68 115mm滑腔砲、T-64とT-72に採用された2A46 125mm滑腔砲など、戦車への滑腔砲搭載はソ連が先んじた。西側ではラインメタル社の44口径120mm滑腔砲Rh120の採用が最初である。このように1960年代-1970年代以降に開発された戦車の大半は滑腔砲を装備しているが、イギリス軍チャレンジャー2戦車など、一部の戦車はライフル砲を装備している。

脚注[編集]

  1. ^ 「滑腔」の表音は「かっこう」であるが、「かっくう」と誤読される場合がある。「腔」自体の音読みは本来の「こう」以外に慣用読みとして「くう」が複数の漢和辞典で認められ、また、医学分野においては「腔」の字を「くう」と読むものの、「滑腔」を「かっくう」と表音することは認められていない。
  2. ^ 湾岸戦争アフガニスタン戦争における、第3世代主力戦車の長距離狙撃におけるレコードホルダーは、いずれもライフル砲に敢えてこだわったイギリスのものである

関連項目[編集]