115mm滑腔砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
U-5TS/2A20 115mm滑腔砲搭載のT-62戦車

115mm滑腔砲(115ミリかっこうほう)は、ソビエト連邦で開発された滑腔砲

概要[編集]

T-44-100以来、ソビエト連邦軍中戦車においてはD-10 100mm ライフル砲が標準的な戦車砲として搭載されてきた。しかし、西側諸国主力戦車主砲が105mm口径ロイヤル・オードナンス L7 ライフル砲に更新されはじめたことから、東側諸国においても主砲の火力強化が求められることとなった。

D-10シリーズを設計した第9火砲工場設計局(旧:国営第9ウラル重機械工具製造所)のペトロフ技師の設計チームは、まず、従来の100mm ライフル砲をもとに高初速化したD-54 100mm ライフル砲を開発したが、これはコストが高く、また、APDS弾使用時の装弾筒の分離などに不具合があった。このことから、同砲をもとにして115mm口径の滑腔砲を開発することが決定された。

バリエーション[編集]

U-5TS
GRAU名は2A20、通称はモロート(Molot)。
D-54 100mm ライフル砲を元に、大口径化・滑腔砲化して開発された。滑腔砲化によって、長射程における精度ではD-54にやや劣るものとなっている。
本砲では、砲身の中ほどに排煙器が装備されたほか、2軸のメテオール砲安定装置が導入された。また、本砲は滑腔砲であることから、D-54のAPDSにかえてAPFSDSが採用されており、本砲向けの3BM3弾が世界で初めて実戦配備されたAPFSDS弾となる。
本砲はT-62において主砲として採用された。
D-68
GRAU名は2A21
T-12 100mm対戦車砲を元に、大口径化・滑腔砲化して開発された。事実上、U-5TSを分離装薬式としたものであり、また、自動装填装置として「コルジナ」が導入された。
本砲はT-64(オブィエークト432)において主砲として採用されたが、T-64A(オブイェークト434)においては、より強力で改良された2A46 125mm滑腔砲によって代替された。

諸元・性能[編集]

諸元

性能

砲弾・装薬

  • 弾薬: 完全弾薬筒(U-5TS)、分離装薬筒(D-68)
  • 砲弾: APFSDS弾:3BMシリーズ(3,4,6,21,28)
    HEAT弾:3BKシリーズ(4,4M,15M)
    高性能炸薬弾:3OFシリーズ(11,18,27)

参考文献[編集]

関連項目[編集]