主力戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

主力戦車(しゅりょくせんしゃ、英語main battle tank、略称:MBT)は、戦車の分類の1つである。現代の戦車はほとんどが主力戦車に分類され、戦力の要となっている。

来歴[編集]

第二次世界大戦までの戦車は、エンジン性能に起因する設計の制限から機動性・防護力・攻撃力をバランス良く実戦レベルで実現できなかった。そのため、戦術に応じた優先順位に応じて、重戦車中戦車軽戦車豆戦車駆逐戦車などの多様な戦車が造られた。戦後、戦術の確立と技術の発展(特に1,000馬力以上のエンジン)を背景に、戦車に求められるあらゆる任務をこなせるようにバランス良く備える主力戦車へ統合が進んでいった。

主力戦車は第3世代までとそれ以後におおよそ区分される。これは冷戦中の東側西側2大陣営に割拠された構造において、同盟軍としての共同交戦を念頭に共通化・平準化が志向されたこと、対抗陣営の新兵器に拮抗しうる装備が求められたことによる。特に消費が大きい、戦車砲を含む銃砲弾は幅広く共通化がなされた。

冷戦終結後は、主要国では主力戦車をはじめ重装備の新規開発が停滞気味であることと、同盟の統制が緩み横並び志向が働かなくなり、各国は独自の思考のもとに戦車開発を進めるようになったことで従来のような明確な世代区分が現れがたい状況になっている。また、特に第3世代からの改修型で重量は60~70トンと往年の重戦車並みに肥大化し、運用での支障や高コスト化の弊害が現れており、補完戦力としてより軽量な装輪戦車軽戦車が復権しつつある。

世代別[編集]

第1世代[編集]

主に大戦中までに開発されていた中戦車の優等なものないし軽快な部類の重戦車から改めて再定義されたもの。なお、当時の分類はあくまで「中戦車」であり、同時並行でより高火力・重装甲の重戦車[注 1]が、特に決戦場と想定されたヨーロッパ正面を睨む各国で生産・配備されていた。

大戦で打撃を被った多くの国で戦車開発は停滞し、陣営宗主国であるアメリカおよびソ連からの供与に頼ったが、日本は敗戦国ながら立ち直りが早く、旧軍戦車の系譜からも独自の61式戦車を国産開発した[注 2]。主砲口径は西側で90mmあるいは84mm(20ポンド)、東側では100mmが標準。

第2世代[編集]

1960年代頃から、軽便な発射機から大威力の投射が可能な成形炸薬弾を用いた対戦車ミサイルないし対戦車ロケット弾等が猛威をふるい、戦車無用論も唱えられたが、対戦車に限らず幅広い目標に威力を発揮する戦車砲と、対戦車ミサイルより多数存在する機関砲以下の火力に耐えうる重装甲車両の意義は覆らなかった。

第2世代は、対戦車弾頭を装甲で凌ぎきることは困難との想定のもと、機動性と遮蔽物を利用したハルダウンなど回避に重点を置いたデザインがトレンドとなっている[注 4]。実用化されたStrv.103(Sタンク)の他にも無砲塔・駆逐戦車型のレイアウトが各国で試みられた[注 5]。またガンランチャー装備あるいは対戦車ミサイルを主武装とするミサイル戦車も試みられた[注 6]が、M60A1E4が部分的に実戦配備されたに留まった。またこの頃から戦後復興を果たしたヨーロッパなど各国で主力戦車開発がなされるようになった。主砲は西側が105mm、東側では115mmが標準。

第2.5世代[編集]

主力戦車の世代区分は主に西側圏の観点によるもので、対向する東側戦車の発展段階には必ずしも一致しない部分もある。

たとえばT-72の初期型は設計思想的に第2世代だが、次世代を先取りする125mm砲と初歩的ながら複合装甲を採用していた。また冷戦終結前後の頃から、国力を伸長させてきた中進国でも旧式戦車をベースに一部先進的な機能の導入(台湾など)、逆に第3世代からのデグレード(韓国)、特にソ連製戦車を運用していた旧東側圏などでT-72等をベースに独自の近代化改修や国産化の動きが起こり、第2世代と第3世代の中間的な主力戦車が多く現れた。

第3世代[編集]

複合装甲により戦車はAPFSDSHEATなど想定される脅威に堪える防御力を再び回復した。また、各種センサーを用いて弾道計算や目標捜索を行う高度な火器管制システムを備えるようになった。主砲は西側が120mm滑腔砲(イギリスのみ120mmライフル砲)、東側では125mm滑腔砲が標準。

第3.5世代(暫定)[編集]

冷戦終結後に戦力化された戦車で、第3世代からの改修と新規開発が入り混じる。さらなる装甲・武装の強化の他、非対称戦に対応した装備やC4IシステムなどのIT技術が取り入れられている。現時点ではこの3.5世代が主力戦車の最新型である。T-14メルカバ Mk410式戦車などはそれよりもさらに新しい第四世代に当たるのではないかという意見も多いが、今日における世界の最新の主力戦車は、どれも国情や運用する環境などに合わせてそれぞれ独特な設計になっているものが多く、これといった定義がない。

主砲は抜本的な世代交代・防御力水準の飛躍が見られないことと、今以上の大口径化は弾薬の大型化に伴う装填での支障や搭載段数減少などの問題が多く目下試作レベルに留まり、従来砲弾と互換性を持たせつつ長砲身化や高腔圧化した上位互換型、あるいは性能はそのままに軽量化、砲弾側の改良などが主になっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ アメリカ(M103ファイティングモンスター)、イギリス(コンカラー)、ソ連(T-10など
  2. ^ 西ドイツは主力戦車よりもコストが安い駆逐戦車カノーネンヤークトパンツァー、フランスはAMX-13軽戦車を戦力化している
  3. ^ a b 当時は中戦車と呼称
  4. ^ ただしM48の強化改良型であるM60を採用したアメリカや、イギリスのチーフテンはこれに迎合しなかった
  5. ^ FV3807 通称ヤークトチーフテン、MBT-70試案、二連砲駆逐戦車VT1など
  6. ^ AMX-30ARCA、IT-1など
  7. ^ T-72B以降及び事実上の改良型であるT-90

出典[編集]