88式戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
88B式戦車
性能諸元
全長 9.32 m
車体長 6.32 m
全幅 3.37 m
全高 2.29 m
重量 38.5t
懸架方式 トーションバー方式
速度 57 km/h
行動距離 430 km(最大600km)
主砲 83式51口径105 mmライフル砲
副武装 54式12.7mm機関銃
59式7.62 mm機関銃
装甲 鋳造砲塔・溶接鋼板
(一部複合装甲)
エンジン 12150ZL
4ストロークV型12気筒ディーゼル
730 hp
乗員 4名
テンプレートを表示

88式戦車(88しきせんしゃ 88式主战坦克・ZTZ-88/WZ-122A)は中華人民共和国の戦車で、80式戦車の開発着手後に入手した技術情報を反映させるために80式戦車と平行する形で開発が進められ、80式戦車と同じ1988年に正式採用された。

80式戦車は輸出仕様だったのに対して88式戦車は主に国内仕様となった。NATO規格の105mmライフル砲イギリス製の射撃統制システム、西ドイツ製のエンジンなど積極的に西側諸国の技術を積極的に導入し、ある程度の発展を遂げるも、いわゆる第2世代戦車であり、際立った特徴の無い仕上がりとなった。

概要[編集]

車体、砲塔とも80式戦車と基本的に同じである。主砲は100mm砲からNATO規格オーストリア製105mmライフル砲へ変更され、砲塔部には複合装甲も取付可能。発煙発射機も2発→4発へ増強した。

69式戦車で採用されていた580hp ディーゼルエンジンにスーパーチャージャーを装着した12150ZL 4ストロークV型12気筒ディーゼルエンジンを搭載。馬力は730hpと大幅に向上し、対重量比馬力は19.2hp/tとなった。

中国陸軍向けに80年代後半から配備が進むも、登場時期の時点で時代遅れの存在であり、戦車先進国では既に第3世代戦車が主流となりつつあった。

1991年の湾岸戦争ではイラクに輸出した59式戦車69式戦車が西側の第3世代戦車になすすべなく撃破され、世界における中国製戦車のブランドイメージは失墜した。中国自身も西側に対抗出来る新たな戦車開発の必要性に迫られ、1995年に約500輌をもって生産を終了させた。

88式戦車は主力戦車としては短命だったが中国の戦車開発技術の向上には多大な貢献を果たしたと言える。

武装[編集]

当初はNATOの標準規格であるL7系105mmライフル砲のオーストリア版を搭載。より命中制度の高いイスラエル製射撃統制システムを装備した。88A式戦車以降は自国ライセンス生産版の83式105mmライフル砲に変更。APFSDS弾、HEAT弾、HE弾など各種砲弾を発射可能。125mm滑腔砲を搭載した試作タイプも造られたと言われる。

バリエーション[編集]

88式戦車
当初は80-I式戦車と呼ばれた。ラバー素材のスカートを装着。新型の射撃統制システムなどを盛り込む。
88B式戦車
B型の名称ながらA型より先に配備される。自動装填装置を新たに搭載。新型105mm弾発射機能。ISFCS-212新型射撃統制システムを搭載。88式の中で最も多く生産された車種。
88A式戦車
国産型の58口径83A式105mmライフル砲を搭載。新型の2層型ERA(爆発反応装甲)を装備。
88C式戦車
別名を96式戦車という。99式戦車とハイローミックスのローとして安価で実用的な戦車として配備が進んでいる。

外部リンク[編集]